クリーム

カサカサ肌にサヨウナラ!乾燥に万能な定番の「クリーム」。スキンケアはもちろん、化粧品でもクリームの保湿力はピカイチです。 上手に取り入れてしっとり肌を手に入れましょう♪
温泉旅行や水着を着る機会があると気になるのが、デリケートゾーン(陰部)の黒ずみ。 ワキや乳首とともにメラニンの働きが活発なので、黒ずみが起こりやすい部分です。 人にはなかなか相談しにくく、何とか自分でケアしたいパーツです
肌の漂白剤とも呼ばれ、非常に効果が高いといわれる成分「ハイドロキノン」。 メラニン色素の生成を抑制し、シミや色素沈着を解消する効果があるといわれる成分です。 このハイドロキノンを使用することで、ニキビ跡を解消したいという
年齢と共にだんだん増えたり目立ったりしてくるシミ。 30代頃から気になるようになった方も多いのではないでしょうか。 増える肌トラブルの中でもシミは女性を悩ませますよね。 シミは若い頃と同じスキンケアでは不十分なため、美白
アトピー肌の方にとって、よい肌状態を維持するために毎日の保湿は必須。 しかし、市販の保湿化粧品から安心して使えるものを選ぶのは難しいものです。 使ってみたらヒリヒリしたり、赤みが出た経験のある方も多いでしょう。 今回は、
【b.glen(ビーグレン)】とは? 肌の悩みは人それぞれですよね。 b.glen(ビーグレン)では8つのプログラムの中から、自分の悩みに合ったセットを選んでケアすることができます。 特に3、40代は肌の衰えを感じる年代
赤ちゃんの肌は大人よりも薄くてデリケート。 つるつるモチモチのお肌に見えても、実はとても乾燥しやすいのです。 乳児湿疹におむつかぶれ、あせもなど何かとトラブルが多い赤ちゃんの肌。 ぜひベビー専用保湿製品で日頃からケアを行
保湿クリームを使ってニキビケアをするということに対して、皆さんはどんなことを想像しますか? 油分でべたつく肌にさらにべたつくクリームを塗ったら、ニキビを悪化させてしまうのではないか…と不安になるかもしれません。 実はニキ
美白クリームはプチプラから高価なものまで種類も様々。 でもせっかく使うなら、効果がしっかり表れるものが良いですよね。 安いもの、肌に優しいもの、人気のもの。 美白クリームに求めるものは色々あると思いますが、その中でも良い
秋冬に足が乾燥…粉吹き肌はなぜおこる?  みなさん、乾燥=秋冬のものと思っていませんか。実はこれ夏の残りかすでもあるのです。 どういうことかといえば、夏のエアコンを冷やし過ぎ、つけ過ぎによる循環不良等々。 急に寒くなった
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の
1 2 3 4 5

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー