クリーム

温泉旅行や水着を着る機会があると気になるのが、デリケートゾーン(陰部)の黒ずみ。 ワキや乳首とともにメラニンの働きが活発なので、黒ずみが起こりやすい部分です。 人にはなかなか相談しにくく、何とか自分でケアしたいパーツです
肌の漂白剤とも呼ばれ、非常に効果が高いといわれる成分「ハイドロキノン」。 メラニン色素の生成を抑制し、シミや色素沈着を解消する効果があるといわれる成分です。 このハイドロキノンを使用することで、ニキビ跡を解消したいという
年齢と共にだんだん増えたり目立ったりしてくるシミ。 30代頃から気になるようになった方も多いのではないでしょうか。 増える肌トラブルの中でもシミは女性を悩ませますよね。 シミは若い頃と同じスキンケアでは不十分なため、美白
現代の日本人の1~2割の人が、アトピー性皮膚炎ともいわれています。 根本的な原因が解明されていないため、長年の悩みとなっている方も多いのではないでしょうか。 繰り返す乾燥や炎症、その予防やケアには、毎日の保湿が大切です。
【b.glen(ビーグレン)】とは? 肌の悩みは人それぞれですよね。 b.glen(ビーグレン)では8つのプログラムの中から、自分の悩みに合ったセットを選んでケアすることができます。 特に3、40代は肌の衰えを感じる年代
赤ちゃんの肌は水分量が多いため乾燥しにくいと思われがちですが、デリケートなため湿度の低下などで肌の水分が失われてしまいやすいのです。 こまめにケアをしてあげないと、肌が乾燥してしまいかゆみや湿疹の原因となります。 赤ちゃ
使っているクリームがヒリヒリして痛い…保湿をしたいのにクリームを使うと皮がむけたり赤くなってしまう。 そんな敏感肌にお悩みの皆さんは必見です! 今回は敏感肌でも使える、ヒリヒリしない保湿クリームをご紹介します。 敏感肌に
気づくと出来ているニキビ。 あなたは、ニキビが出来ている時のスキンケアはどうしていますか? 通常のスキンケアをする時に、保湿クリームを塗る方も多いと思います。 しかし、保湿クリームは、油分が多いイメージがあるため、ニキビ
美白クリームはプチプラから高価なものまで種類も様々。 でもせっかく使うなら、効果がしっかり表れるものが良いですよね。 安いもの、肌に優しいもの、人気のもの。 美白クリームに求めるものは色々あると思いますが、その中でも良い
秋冬に足が乾燥…粉吹き肌はなぜおこる?  みなさん、乾燥=秋冬のものと思っていませんか。実はこれ夏の残りかすでもあるのです。 どういうことかといえば、夏のエアコンを冷やし過ぎ、つけ過ぎによる循環不良等々。 急に寒くなった
1 2 3 4 5

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー