化粧水

スキンケアをするときに初めに買ったのは化粧水だという方、多いのではないでしょうか。 大人になっても使い続ける化粧水はお高めの高級化粧水からプチプラ商品まで数えきれない種類が! 自分がほしい効果を持った化粧水でさらにきれいになりましょう!
50代は肌の曲がり角。 女性ホルモンの減少に伴い、シミやシワといった悩みがドッと現れやすくなります。 ですからスキンケアのポイントは「今の肌をキープする」こと。 いくつになっても美しさを追い求められるのは、女性ならではの
毛穴が開いていると目立ってしまいついつい気になってしまいますよね。 毛穴の開きをケアするアイテムには、引き締め効果のある収れん化粧水が良いと言われています。 しかし、種類がありすぎてどんな収れん化粧水を選べば良いのか分か
鏡を見ると小ジワやホウレイ線が目立っている。 自分ってこんなに老けていたっけと愕然としてしまうことありませんか? 昨日まですべすべだった肌に、ある日突然シワが表れてくることだってあるのです。 シワは放置することが何よりい
シミ、シワ、たるみ、乾燥、ほうれい線…。 急激に気になりはじめたのは、30代になってからではないですか? 30代は、体や肌が大きな変化を迎える年齢。 これまでのスキンケアは通用しません。 とはいえ妊娠・出産を考えれば、ス
気になる鼻や頬に出来た毛穴の黒ずみ。 出来れば毎日のスキンケアでケアしたいですよね。 そこで今回は、毛穴の黒ずみタイプ別に合わせたおすすめプチプラ化粧水と自宅で出来るセルフケア方法をご紹介します。 毛穴タイプ別に効果のあ
メイクはしたい、だけど肌は休ませたい…。 そんなあなたにおすすめの方法がこちら。 その名も「シンプル スキンケア」。 「最低限のケアで、肌本来の力を取り戻す」ことを目的とした方法です。 この機会に立ち止まり、美しい肌につ
本当なら、肌を健やかに導くために日々使っているはずの化粧水。 それなのに使えば使うほど肌がヒリヒリ、カサカサ、おまけにニキビがポツポツと…。 「毎日ケアしている意味って何!?」 なんて、思わず叫びたくなってしまいますよね
通勤電車の窓に映った自分の顔を見て、愕然としたことはありませんか? 年齢とともにハリがなくなってくると、たるみで目元や口角が下がって見えます。 しかし、しわやたるみは年齢にあった化粧品を使ったり、ケアをすることで目立たな
肌や唇のカサカサに悩まされる秋から冬は、保湿中心のスキンケアが欠かせません。 しかし1年中乾燥肌という方は、食事や生活習慣なども見直してみましょう。 乾燥肌を根本から改善するには、内側からのケアも重要になってくるのです。
つい最近まではなかったはずのニキビ、肌のカサつき、ベタつき。 いつもと違う肌を見て「どうして!?」と慌てるよりも「あぁ、やっぱり」となぜか納得…。 誰に言われたわけでもないのに心当たりを覚えてしまうのは、自分の体だからで
1 2 3 4 10

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー