化粧水

スキンケアをするときに初めに買ったのは化粧水だという方、多いのではないでしょうか。 大人になっても使い続ける化粧水はお高めの高級化粧水からプチプラ商品まで数えきれない種類が! 自分がほしい効果を持った化粧水でさらにきれいになりましょう!
「季節の変わり目になると、とくに肌が荒れやすい」と悩みを抱えている女性は、多いようです。 季節の変わり目は、さまざまな刺激で肌が敏感になります。 肌が敏感になると、いつも使っている化粧品が合わなくなったり、刺激を感じるケ
「乾燥肌で化粧水がしみる」という悩みをもつ方にとって「保湿もシミ予防もしっかりできる化粧水を使いたい」という声があります。 美白成分のなかに、肌刺激になるものがあったり、乾燥によって「いつも使っている化粧水がヒリヒリして
「ヒアルロン酸」という成分を聞いたことがありますか。 さまざまな化粧品に保湿成分として配合されている成分です。 ヒアルロン酸は知っていても「本当に効果があるのか」疑問を持っている方もいるでしょう。 今回はヒアルロン酸につ
「20代や30代の頃の乾燥肌とは、なにかが違う」と感じながら、「いまさら同年代の女性に、スキンケア方法なんか恥ずかしくて聞けない」という40代の女性は多いようです。 また、肌のきれいさに、大きな個人差が出てくるのもこの年
50代になると、肌に変化が出てきて、乾燥に悩む女性が多くなります。 また肌の乾燥は深いシワやたるみ、くすみ、シミにつながり悩みが深くなりがちです。 しかし、最近では芸能人はもちろん一般の人でも美魔女と呼ばれる、50代に見
肌は、気温や湿度からの影響を受けやすく、とてもデリケートです。 とくに乾燥肌に悩んでいる方は、個人差はあるものの、夏・冬の季節それぞれに肌トラブルの危険性があります。 気温だけでなく、エアコンや暖房の室内環境も肌に影響し
「Tゾーンや鼻の周りはテカテカなのに、頬はカサカサ…」「鼻だけメイクが崩れる」「メイク直しをしたときに、キレイにならない」という悩みがある方は、とても多いといわれています。 これらで悩んでいる方は、日本人の8割が悩まされ
30代に入ると、それまで乾燥知らずだった肌でも、乾燥しやすくなることがあります。 そのため、化粧水などを使わなくても問題なかった人だとしても、油断すると肌荒れにつながってしまうケースもあるのです。 そこで、なぜ30代から
20代の女性は、社会人になってからの生活環境やライフステージの変化、仕事によるストレスなどで肌トラブルが増えがちです。 以前は「25歳がお肌の曲がり角」といわれていましたが、現代は「10代からメイクを始める女性が増え、お
一年中肌が乾燥して、化粧品を使うとヒリヒリと痛むという女性が増えています。 ライフスタイルの変化などによって乾燥肌になりやすい昨今、自分の肌質にあったスキンケア商品を選ぶことはとても大切です。 しかし、毎日のスキンケアに
1 2 3 4 9

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー