What's New

なんだかメイクをしても顔色が優れない、顔の皮膚がゴワゴワと固そうに見えるというお悩みはありませんか? そんな時は、黄ぐすみのサインかもしれません。 気ぐすみはその名の通り、肌が黄色くくすんでしまう現象です。 黄色くくすん
インナードライ(脂性乾燥肌)、それは肌内部が乾燥しているために過剰反応として皮脂分泌が増え、肌の表面に皮脂が浮いている状態を指します。 肌の水分量が低いため、これ以上乾燥が進まないように、肌表面に皮脂の分泌を増やすことに
時短メイクは忙しい女性の味方です。 しかし、スキンケアからベースメイクまで多くの工程があり、とても時間がかかります。 最近は、1本でスキンケアからベースメイクまでできるタイプもあります。 コスメブランドからBBクリーム、
スッピンメイクとは、日中のメイクとは少し違ったテクニックが必要です。 彼氏とお泊まりデートをするとき、スッピンを見せたくない時もあります。 朝まで綺麗なお顔をキープさせる「ナイトメイク」のテクニック。 マスターすると、日
敏感肌の方は、ムダ毛処理にも人一倍気を使います。 多くのムダ毛処理は、敏感なお肌にダメージを与えてしまうからです。 丈夫な肌の人には気にならない刺激も、敏感肌では肌荒れの原因になってしまいます。 「普通の肌なら気を使わな
1 2 3 4 138

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー