敏感肌のニキビを治すには?正しいスキンケアと根本的な改善

敏感肌は、ちょっとした刺激でも炎症や肌荒れを起こします。
ニキビも敏感肌にできやすい肌トラブルのひとつです。

今回は敏感肌にできるニキビの原因と予防策、正しいスキンケア方法などを紹介します。

敏感肌だからと諦めず、ニキビの根本的な改善を目指しましょう。

スポンサーリンク

脂性肌となにが違うの?敏感肌のニキビとは


ニキビは脂性肌にできるものだと思われがちですが、敏感肌や乾燥肌にもできます。

では、敏感肌にできるニキビとは、どのようなものなのでしょうか。

脂性肌にできるニキビの症状

脂性肌にできるニキビの大きな原因は、皮脂の過剰分泌です。

ホルモンバランスの変わる思春期にできることが多く、皮脂に古い角質やホコリ、汚れなどが混ざって毛穴を詰まらせます。

詰まった毛穴にアクネ菌が入り込み、炎症が起こることでニキビができるのです。

脂性肌にも白ニキビや黒ニキビはできますが、炎症の強い赤ニキビができることが多いのも特徴でしょう。

スポンサーリンク

敏感肌にできるニキビの症状

敏感肌にできるニキビの大きな原因は、肌の潤いが不足していることです。

肌が敏感になっていることにより、ダメージを受けた角質が潤いを保てなくなると、さまざまなトラブルが起こります。

ニキビができるのも、潤いが不足することからくるトラブルのひとつです。

敏感肌の場合は、アクネ菌以外の原因が多く、皮脂が溜また状態の白ニキビができやすいのが特徴です。

潤い不足だけじゃない。敏感肌ニキビの原因は?


次に、なぜ敏感肌の潤いが不足するかをはじめ、ほかにもある敏感肌ニキビの原因を細かくみていきましょう。

肌のバリア機能が低下している

正常な肌は、角質層がセラミドをはじめとした潤い成分で満たされ、外部からの刺激が肌の内側まで届かないようになっています。

しかし敏感肌はホコリや花粉、化学物質などさまざまなものが刺激となり、角質にダメージを受けるのです。

角質がダメージを受けることで潤いを保つ力を失い、角質の間に隙間ができるため、肌バリア機能が低下します。

肌バリア機能が低下してニキビができる仕組み

潤いを失った肌は、肌が生まれ変わるサイクルのターンオーバーの乱れを引き起こします。

ターンオーバーが乱れると、新陳代謝が正常に行われないため、角質が厚くなるのです。
厚くなった角質がはがれ、皮脂や油分の多い基礎化粧品などと混ざり合って毛穴を詰まらせます。

その結果、外へ出てこられなくなった皮脂が毛穴にたまり、ニキビができます。

間違ったスキンケアをしている

敏感肌でニキビができる方の多くは、間違ったスキンケアをしているようです。

敏感肌は潤いを保つ力が低下した状態のため、乾燥肌でもあります。

そのため、保湿クリームに油分の多く含まれたものを選ぶ方が多いのですが、それがニキビの原因になるケースがあるのです。

乾燥肌のケアには肌内部の保湿と、水分蒸発を防ぐために肌表面の保湿の両方が必要でしょう。

肌内部の潤いが不足すると、肌はバリア機能を回復させるために、過剰に皮脂を作り出すのでインナードライ肌になっていきます。

また、ターンオーバーが乱れがちな敏感肌は、角質が厚くなりがちです。
クリームの油分が、厚くなった角質とともに毛穴を詰まらせます。

毛穴が詰まると、過剰につくられる皮脂が外に出られなくなり、ニキビができてしまうのです。

インナードライとは?

インナードライとは、肌表面は皮脂でべたついているのに、肌の奥が乾燥している状態のことです。

脂性肌だと思いこんでスキンケアをし、肌の乾燥をさらに悪化させていることがあります。

インナードライ肌の主な症状

以下の症状がひとつでも当てはまるなら、あなたはインナードライ肌かもしれません。
脂性肌ケアから敏感肌、乾燥肌ケアに切り替えて、肌に潤いを与えましょう。

□ 肌にごわつきを感じる
□ 肌のキメが粗く毛穴が目立つ
□ 顔を洗ったあとの肌にツッパリ感がある
□ 皮脂でベタつきがあるのに小じわが目立つ
□ 化粧ノリが悪い

脂性肌と思ったら乾燥肌?インナードライの見分け方と違いを解説

男性ホルモンの分泌が活発になっている

敏感肌は外部刺激だけでなく、内部刺激からも影響を受けます。

内部刺激であるストレスや生活習慣の乱れが原因で、男性ホルモンの分泌が活発になるケースがあるのです。

男性ホルモンが多くなると、肌の潤い成分が減少したり、皮脂分泌量が増えたりします。
そのため、乾燥や皮脂が原因のニキビができやすくなるのです。

敏感肌のニキビを予防・改善するには?


敏感肌ニキビの悩みを解決するために、ニキビの予防と改善方法をチェックしていきましょう。

スキンケアを見直す

敏感肌のニキビを予防するために、もっとも大切なことは、肌の保湿です。

敏感肌の方には、肌に合う化粧品が見つけられなかったり、しみたりすることが原因で、十分な保湿ケアをできていない方がいます。

肌バリア機能を補うためにも、しっかりと肌に潤いを与えましょう。

洗顔や化粧水など、ステップごとの正しいスキンケア方法は、このあと詳しく紹介します。

肌にあう化粧品を見つけるために

敏感肌の方がパッケージや成分表だけをたよりに、自分の肌に合う化粧品を見つけるのは、なかなか難しいものです。

化粧品カウンターで肌状態をチェックしてもらったり、サンプルやトライアルセットを使ってパッチテストを行ったりするとよいでしょう。

肌コンディションによっては、肌にやさしいといわれている化粧品でも、痛みや赤みを感じるようなケースはあります。
このような場合は、皮膚科で相談してみましょう。

生活習慣の改善

睡眠不足ストレス食生活の乱れなども、敏感肌ニキビの原因です。

規則正しい生活をこころがけ、ストレスをためないように気分転換も意識的に行いましょう。

食事は栄養のバランスが偏らないよう、気を付けましょう。
食材の中には敏感肌ニキビの予防に効果的な栄養素を持つものがあります。

自炊をする時はもちろん、外食をする時でも摂取するようにして、体の内側からも敏感肌ニキビを予防しましょう。

セラミドを多く含む食材

セラミドは、角質層の保水力を高めるサポートをします。

  • 大豆
  • 小豆
  • こんにゃく
  • しらたき

など

敏感肌はなんでなる?スキンケアや食べ物が原因?改善するには?

ビタミンAを多く含む食材

ビタミンAは、潤いや肌の生まれ変わりをサポートします。

ただしビタミンAは脂溶性のため、過剰摂取には注意が必要です。
ビタミンAの含まれる食品だけに偏らないよう、ほかの栄養素とバランスよく摂取するようにしましょう。

  • 緑黄色野菜
  • 乳製品
  • 緑茶
  • レバー
  • うなぎ

など

ビタミンBを多く含む食材

ビタミンBは、肌の生まれ変わりや乾燥からくる炎症に役立ちます。

  • 大豆
  • 納豆
  • カツオ
  • マグロ
  • 豚肉

など

ビタミンCを多く含む食材

ビタミンCは、肌の保湿に大切なコラーゲン生成をサポートします。

また、効果酸化作用もあるため、エイジングケアにも効果的です。

  • レモン
  • アセロラ
  • キウイ
  • ゴーヤ

など

乾燥肌の改善にビタミンを!おすすめ食べ物とその理由

肌に刺激を与えない

敏感肌の乾燥や炎症は、ヒリヒリとした痛みだけでなく、かゆみを感じることがあります。

しかし顔を触ったり、かいたりこすったりすると、それだけで肌にダメージを与え、敏感肌を悪化させてしまうことに。

肌のお手入れをするとき以外は、なるべく肌を触らないようにしましょう。

敏感肌のための正しいスキンケア方法


ニキビを予防するために、敏感肌の正しいスキンケア方法を知ることは大切です。

普段から、自分で行っているスキンケアが、合っているかどうか、見比べてみましょう。

クレンジング

メイクを落とそうと、指や手に力を入れて洗ってしまうと、肌に刺激となる摩擦を与えてしまいます。

肌への刺激を与えたり、汚れを落とそうと必要以上にうるおいを取り除くことは、敏感肌を悪化させてしまうことがあるため、おすすめしません。

クレンジングには、さまざまなタイプがありますが、敏感肌にはミルクタイプのクレンジングがおすすめです。

オイルタイプは、ミルクタイプよりも肌の潤いを取り除く力が強く、拭き取りシートタイプは刺激となる摩擦が起こります。

ほかにジェル(ゲル)タイプもありますが、油性のものはオイルタイプと同じように潤いを取り除く力が強いため、おすすめしません。
水溶性はクレンジング力が弱いものの、ミルクタイプと同じように肌の負担が少ないため、敏感肌にも使えます。

ミルクタイプのクレンジングで、肌を優しくなでるようにしてクレンジングを行い、丁寧に洗い流しましょう。

髪の生え際やフェイスラインなどは、クレンジング剤の流し残しがないように注意しましょう。

せっかく肌に負担の少ないミルクタイプを使っても、肌に残ってしまうと汚れやクレンジング剤が毛穴につまり、ニキビの原因になってしまいます。

【敏感肌用】人気クレンジングランキング|負担ナシで安心!

洗顔

洗顔料は汚れだけでなく、肌に必要な潤いまで洗い流してしまいがちです。

敏感肌は潤いが不足しているため、たくさん汗をかいた日や、汚れがついたとき以外は洗顔料を使わなくても問題ありません。

熱すぎるお湯は、肌に必要な皮脂や保湿成分を洗い流してしまうため、30℃前後のぬるま湯で洗うようにしましょう。

40℃以上になると皮脂が溶け始め、冷たい水では毛穴が締まって中の汚れを洗いきれないことがあります。

顔を拭くときの、タオルの使い方にも注意が必要です。
タオルを上下、または左右に動かして顔をこすりながら水分をふき取ると、肌に摩擦が起こり、敏感肌に刺激を与えます。

摩擦を起こさないように、タオルを皮膚に軽く押し当てるようにして水分を拭き取りましょう。

敏感肌の洗顔料厳選10選!選び方や改善できる正しい洗顔方法

化粧水

敏感肌の方は、化粧品だけでなくホコリや花粉、湿度などにも影響されるため、肌状態も毎日同じではありません。

1回で使う化粧水の量を一気に肌につけるのではなく、肌にしみないかを確かめながら、少量ずつ肌になじませましょう。

保湿も大切ですが、しみるのを無理して化粧水をつけると、肌が炎症を起こしてしまいます。

保湿には、化粧水のパッケージや説明書に書かれている適量を使うことが大切ですが、しみるときには無理をせずに、途中でもつけるのをストップしましょう。

敏感肌にも優しい!刺激が少なく安心して使えるおすすめ化粧水7選!

美容液

基本的に美容液を省いても問題ありませんが、化粧水と乳液・クリームだけで、まだ乾燥が気になる場合には美容液をプラスするとよいでしょう。

美容液には、美容成分や保湿成分が濃縮されているため、目的にあった成分を効率よく使うことで、肌をうるおせるのです。

美容液を使うときは、手のひらに出し、手のひらを合わせて、体温で温めることで肌なじみをよくできます。

手のひらを軽く押し当てるようにして、顔全体になじませましょう。

敏感肌の低刺激美容液・目的別12選!選ぶポイントは?

乳液・クリーム

乳液とクリームは、どちらかひとつを使います。

敏感肌は肌表面の潤いが不足し、肌バリア機能も低下しているため、乳液やクリームの油分で肌を保護することが大切です。

高保湿のクリームを、パッケージなどに書いてある適量を使います。
保湿力を高めようとして過剰な量のクリームを使うと、ケアをするどころか逆に毛穴をふさいでしまう可能性があります。

乾燥が気になるところには、部分的に重ね塗りをするなどして対応しましょう。

敏感肌の乳液選び!高保湿オススメ10選!肌に優しいのはコレ

敏感肌用クリーム厳選10選!肌に優しいアイテムの選び方と使い方

敏感肌ニキビにオススメの化粧水3選

エトヴォス/モイスチャライジングローション


【公式サイト】

美容・保湿成分:グルコシルセラミド、ヒアルロン酸、リピジュア、植物性プラセンタエキスなど
不使用成分:シリコン、パラベン、界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料

エトヴォスは、大人ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを抱えていた女性が立ち上げた化粧品ブランドです。

モイスチャライジングローションは、敏感肌や乾燥肌の原因となる肌の潤い不足をサポートする、保湿力の高い化粧水です。

低刺激処方で、乾燥肌やインナードライに悩まれている方だけでなく、敏感肌にももちろんおすすめです。

内容量 150ml
価格(税込) 3,456円
トライアルセット(税込) 2,592円
トライアルセット初回WEB限定(税込) 2,052円
定期購入(税込) 3,110円

エトヴォスの詳細をチェック

NOV/ACアクティブ フェイスローションモイスト(医薬部外品)


【公式サイト】

美容・保湿成分:リピジュア、ベタイン、ビタミンC・E誘導体、ビタミンB2など
不使用成分:香料、着色料

敏感肌用化粧品NOVの大人ニキビケアシリーズ、ACアクティブの化粧水です。

保湿成分に加え、皮脂バランスを整えるサポートをするビタミンC・E誘導体や、ビタミンB2が配合されています。

ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しづらい、弱酸性です。

内容量 135ml
価格(税込) 3,240円
トライアルセット(税込) 1,620円/クレンジング、洗顔料、化粧水2種、乳液

ノブの詳細をチェック

オルビス/薬用クリアローション しっとりタイプ(医薬部外品)


orbis
【公式サイト】

美容・保湿成分:紫根エキス、浸透型コラーゲン、ヨクイニンエキスなど
不使用成分:油分、香料、着色料、界面活性剤、アルコール

オルビスの薬用ニキビ対策、クリアシリーズの化粧水です。

オイルがまったく使われていないため、サラッとした質感をしています。
高い保湿成分の浸透型コラーゲンが配合されていて、肌にしっかりと潤いを与えます。

内容量 180ml
価格(税込) 1,620円
トライアルセット(税込) 1,296円/洗顔料、化粧水、保湿液

オルビスの詳細をチェック

敏感肌のニキビを悪化させること

生活習慣の乱れや肌の乾燥以外にも、敏感肌のニキビを悪化させることがあります。

ニキビをつぶすのはNG

皮脂を押し出すと、一時的によくなったような気がしますが、炎症が悪化したり、跡になったりするので止めましょう。

紫外線の強い時期にしかUVケアをしない

紫外線は、肌のバリア機能を壊すため、敏感肌に刺激を与えます。

紫外線を浴びることで肌は乾燥し、ニキビだけではなく、シミしわなど、新たな肌トラブルの原因になるのです。

春夏の紫外線量が多い時期は、もちろんUV対策が必要ですが、秋冬も紫外線は降り注いでいます。
年間を通して日焼け止めを使うなどして、UV対策を行いましょう。

敏感肌を正しくケアしてニキビの予防と改善をしよう


敏感肌のニキビケアには、保湿や肌バリア機能を補うなどの正しいスキンケアが大切です。

肌に摩擦を与えたり、紫外線を浴びたりするなどの、肌への刺激にも気を付けましょう。

生活習慣や食生活も見直すことによって、敏感肌のニキビの予防や改善が期待できます。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー