【ぬるま湯vs冷水】洗顔するならどっちがいいの?それぞれのメリットとデメリットは?

洗顔は、毎日のスキンケアの中で最も大切なものです。
洗顔をすることで、汚れや余分な皮脂を落すだけではなく、お肌のターンオーバーを促す効果を期待することができます。

効果的に洗顔をするには、洗顔料の選び方も大切ですが。
洗顔の時の水の温度が、大きなポイントとなります。
ここでは、洗顔にはぬるま湯と冷水では、どちらを使ったら良いか見ていましょう。

ぬるま湯での洗顔

メリット

ぬるま湯は、その適度な温度によって、心地良く洗顔をすることができます。
一般的に、洗顔の時に使用するお湯は、ひと肌くらいの温度がちょうど良いと言われています。
人肌くらいの温度とは、約35℃から37℃くらいの温度のことを差しています。

ぬるま湯で洗顔をすると毛穴がほど良く開いて、毛穴の奥の汚れが落ちやすくなります。
また、余分な皮脂なども落ちやすくなるので、脂性肌の方に最適かもしれません。
適温のぬるま湯によって、ほど良く皮膚の血行が促されるところもメリットのひとつです。

デメリット

肌質によっては、ぬるま湯で洗顔をすると、お肌が乾燥しやすくなることがあります。
ぬるま湯と言っても、その温度に違いがあります。
手で触ってみて心地良く感じる場合でも、顔の皮膚にとっては熱く感じることがあります。

同じ温度のぬるま湯で洗顔をしたとしても、脂性肌の方にとっては調度良くても、乾燥肌の方にとっては、お肌の乾燥を招いてしまうことがあります。
このように、ぬるま湯は、温度調節がむずかしいという特徴を持っています。

また、洗顔後に毛穴が開きやすくなるのも、デメリットのひとつです。

冷水での洗顔

メリット

セレブ達の間で人気を博した美容方法のひとつに、冷水洗顔があります。
冷水洗顔は、毛穴を引き締める効果を期待することができます。
毛穴が開いていると、皮脂が詰まりやすくなる上に、メイクが崩れやすくなります。

冷水洗顔をすることで毛穴が引き締まると、メイクのノリが良くなるというメリットがあります。
また、お肌のたるみの改善対策をとることができるのも大きな魅力です。
冷水洗顔は、シンプルな方法でお肌の悩みの改善を目指すことができるので、世界中で注目されているようです。

デメリット

洗顔は、汚れや余分な皮脂を落す大切なスキンケアですが。
冷水洗顔をすることで、毛穴の奥の汚れが取りづらくなります。
毛穴の奥に汚れや皮脂が詰まった状態でいると、肌トラブルに原因となります。

また、肌質によっては、冷たい水に対して強い刺激を感じることもあるようです。
冷水で洗顔をすることで血行が悪くなると、ターンオーバーに悪影響を与えてしまうことがあります。
敏感肌の方の場合、顔が赤くなってしまうこともあるので注意が必要です。

脂性肌な人はぬるま湯、毛穴が開きがちな人は冷水を

ぬるま湯と冷水を比較すると、それぞれにメリットとデメリットがあります。
それぞれの特徴を踏まえた上で、自分の肌質に合った洗顔をすることが、美しい素肌のために必要なことなのかもしれませんね。
注意したいのは極端になりすぎないこと。ぬるま湯も冷水も適温を心がけましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

【ぬるま湯vs冷水】洗顔するならどっちがいいの?それぞれのメリットとデメリットは?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…