スキンケアをより効果的に…!パックをするなら朝と夜のどっちが効果的?

パックはシートタイプのものや洗い流すタイプのものなど、その種類も豊富です。
また、パックの特徴にも違いがあるので、お肌の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。
効果的にパックをするには、朝と夜のどちらに使用したら良いのでしょうか。

ここでは、朝のパックと夜のパック、それぞれのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

朝にパックをする

メリット

寝ている間にお肌のターンオーバーが促されます。
このことから、朝の丁寧な洗顔は、余分な汚れや皮脂だけではなく、角質も落ちやすくなります。
朝の洗顔後にパックをすることで、パックに含まれている美容成分がお肌に浸透しやすくなります。

また、パックの後に化粧水や美容液を使うことで、スキンケアの効果をより高めることができます。
パックをすると、お肌の潤いがアップするので、メイクの仕上がりがより美しくなるでしょう。
お肌の水分や油分のバランスを整えることができるので、メイクの持ちも良くなります。

デメリット

パックの中には、即効性を期待できるものもあるかもしれませんが。
定期的にパックをすることが大切で、そうすることによってお肌の乾燥対策をとることができます。
しかし、忙しい朝の時間帯にパックをするとなると、毎日実践するのが難しい場合があります。

また、お肌の血行をサポートするタイプのパックは、パックの直後にメイクをすることで、ファンデーションに含まれている成分がお肌に浸透してしまう可能性があります。

朝にパックをするのであれば、保湿や美白などを目的としているものが良いでしょう。

夜にパックをする

メリット

お肌についた余分な汚れや皮脂を綺麗に洗い流すためにも、夜の洗顔はとても大切です。

洗顔後、保湿成分配合のパックをすることで、お肌を十分に保湿することができます。
また、炭酸パックのように、お肌の血行をサポートするタイプのパックであれば、その後に使用する化粧水や美容液の成分が、よりお肌に浸透しやすくなります。

夜はスキンケアの後、そのまま就寝するので、お肌のコンデションが整いやすくなります。

デメリット

皮膚は適度に皮脂を分泌することで、外部の刺激からお肌を守っています。
お肌の水分と油分のバランスが良い状態であると、美しいお肌を保つことができます。

寝ている間は、皮脂という天然の潤い成分が最も分泌されやすい時間帯なのですが。
夜にパックをすることで、お肌を甘やかせてしまうことがあります。
パックによる過剰な保湿や美容成分の補給によって、肌本来の機能が働きにくくなることがあります。

適度なケアは大切ですが、お肌を甘やかし過ぎないように気をつけるようにしましょう。

メイクのノリを良くしたいなら朝に、肌をしっかりケアしたいなら夜にパックを

パックは、それぞれ違った働きを持っています。
朝と夜にパックを使いわけることで、その効果をより高めることができます。
パックを上手に使うことで、より美しい素肌を目指すことができますね。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

スキンケアをより効果的に…!パックをするなら朝と夜のどっちが効果的?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…