【医師監修】消えない頬の赤みも簡単にケア!赤ら顔を抑える化粧水7選

赤ら顔がひどくて酔っぱらっているように見える…急激な温度変化で顔が赤くなってしまう。
でも、赤ら顔を治したくてもどうしたらいいのかいいのかわからない!
そうお悩みの方は多くいらっしゃると思います。

実は、赤ら顔のタイプはいくつかあり、その中にはスキンケアや生活習慣で良くなるものも!
原因を知り、正しいケア方法で悩みの赤ら顔を解決しましょう!

赤ら顔におすすめの化粧水

監修 小野健太郎

◆ 監修【スキンクリニック藤枝】理事長 小野健太郎

東京大学教育学部を卒業後、群馬大学医学部に編入、医師免許取得。
日本形成外科学会専門医・日本美容形成外科学会(JSAPS)・アメリカ形成外科学会(ASPS)・日本皮膚科学会所属。
2016年に静岡県藤枝市に「スキンクリニック藤枝」を開院。
スキンクリニック藤枝 >>
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3020575 >>

赤ら顔にオススメの化粧水は原因によって異なる!

アドバイザー

なかなか治らない赤ら顔。
その実態は拡張した毛細血管が透けて見えている状態なのですが、そこに至る原因はさまざまです。
自分の原因に合わせて最適な化粧品を選びましょう!

まず、赤ら顔にはタイプがあります。
タイプによって最適な化粧水が異なりますので、軽くでもいいので確認しておきましょう。

  1. もともと皮膚が薄く、毛細血管が透けて見えているタイプ
  2. 乾燥による肌荒れor間違ったスキンケアでいわゆる「ビニール肌」になっている
  3. ニキビ・ニキビ跡
  4. 皮脂が原因で炎症を起こしている脂漏性皮膚炎

元々赤ら顔で悩んでいる方には、皮膚が薄く、毛細血管が透けて見えているタイプが多いようです。
このタイプの方は毛細血管を収縮する効果のある化粧水を使うのがオススメ。

また、どのタイプでも保湿ケアは必要不可欠なので、保湿力の高いアイテムを使うよう意識しましょう。

④の脂漏性皮膚炎で、皮がむけ、かゆみがある場合はまずは皮膚科を受診することをオススメします。
より詳しく赤ら顔の原因について知りたい方はこちらへ。

それでは総合的に赤ら顔にオススメの化粧水をご紹介します。

赤ら顔対策にオススメの化粧品

アドバイザー

まずは保湿効果が高く、毛細血管を収縮する赤ら顔専用化粧水でケアしてみましょう

86%赤みが減少!医師も注目する敏感肌向け化粧水【白漢しろ彩】

全成分をチェック

水、BG、グリセリン、ベタイン、DPG、1,2-ヘキサンジオール、プランクトンエキス、アルギニン、クエン酸Na、シクロヘキサシロキサン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、オクタカプリル酸ポリグリセリル-6、PEG-60水添ヒマシ油、プラセンタエキス、グリコシルトレハロース、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ステアリルアルコール、PPG-6デシルテトラデセス-30、加水分解水添デンプン、リン酸アスコルビルMg、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、クエン酸、メタリン酸Na、コンフリー葉エキス、キサンタンガム、酢酸トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、ポリ-ε-リシン、シクロペンタシロキサン、ヒアルロン酸Na、ショウガ根茎エキス、センキュウエキス、セラミドNG、カンゾウ葉エキス、セラミドNP、水溶性コラーゲン、ブクリョウエキス

白漢 しろ彩 ¥5,600→¥4,480(税抜)

【公式HPを見てみる】

86%が実感!海洋性エキスで顔の赤みを抑える

フランスの地中海から抽出した「海洋性エキス」を配合した「しろ彩」。
被験者に28日間使ってもらったところ、なんと「86%の被験者の赤みが軽減する」、という結果がでています。

皮膚科医実感!93%が高評価の安全性

敏感肌を対象に実験をしたところ、「93%が刺激、肌荒れが見られない」という結果に!
アルコールやパラベン、着色料なども無添加となっています。

セラミド配合の保湿バッチリ化粧水

保湿に必要不可欠な「セラミド」が配合。
その他、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、美白にも優れている「高浸透型ビタミンC誘導体」も含まれています。

さらに、成分がお肌により浸透するよう、肌の角質層と同じ「ラメラ構造」を採用。
徹底的に乾燥ケアをしてくれます。

公式HPを見てみる

アドバイザー

しろ彩は赤ら顔をケアする化粧水として、医学誌にも紹介されています。
毛細血管ケアのほか、低刺激&保湿力と赤ら顔対策に必要な要素が詰まった化粧水です

白漢 しろ彩の口コミ

実際に白漢 しろ彩を使っている人の口コミもチェックしてみましょう。

これはかなりお気に入りです!!すごくいい!!肌が敏感なので合わないものが多いのですが、これは口コミで見たように全然刺激もなくしみなかったです!引用:白漢しろ彩 公式HP

30を過ぎたあたりから赤ら顔が気になりだし、色々試していましたが、これはHITでした。1ヶ月くらいで赤みも前より引いてきましたし、肌が乾燥しなくなりました!肌にも浸透しやすく、何回つけても肌に入っていくのが感動的!わたしは4回くらいはかさねづけしてます。引用:白漢しろ彩 公式HP

サイト知人の勧めで購入しました。赤ら顔で悩んでいたのですが、使い始めてから徐々に赤みが引いてきて、いまはほとんど自分では気にならなくなりました。ナチュラルメイクができるようになって嬉しいです。引用:白漢しろ彩 公式HP

アドバイザー

口コミを見ても赤ら顔のケアに良かったという声が多く上がっています。
悩んでいる方は1度試してみるのがよいでしょう。

もちろん化粧品は人によって合う合わないがあります。

>>白漢しろ彩の公式サイトを見てみる

これ一本でOK!ULUシェイクモイストミルク

全成分をチェック

水、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6Ⅱ、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸Na、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、ホホバ種子油、ノバラ油、ダイズステロール、水添レシチン
※水は特殊浸透水を使用。(角質層まで浸透)※ダイズステロール・水添レシチンはセラミド原料の含有成分。

ULUシェイクモイストミルク ¥4,500→¥3,600(税抜)

【公式HPを見てみる】

お肌のバリア機能を強化するセラミドをたっぷり配合

赤ら顔の一つの原因として、お肌のバリア機能の低下があげられます。

潤いが少なくなったお肌は炎症を起こしやすくなり、結果的に赤ら顔になってしまうのです。
セラミド配合のULUを使うことによって、お肌に不足してしまう潤いをキープしてくれます。

余分な成分を入れない完全無添加

浸透力が高いため、お肌に負担になる成分は配合していません。
防腐剤、鉱物油、着色料、界面活性剤…美容成分100%なので、どなたでも使える商品です。

公式HPを見てみる

アドバイザー

オールインワンだから1本でケアができる人気商品!
無添加なので敏感肌でも使いやすく、みずみずしいお肌へと導いてくれます。

ULUの口コミ

小さい頃から赤ら顔で運動したり寒かったりすると顔が真っ赤になるのが悩みでした。
また、軽い敏感肌でもあったので自分に合うものを見つけるのが難しかったです。
シェイクモイストミルクは混合肌の私にとって肌の水分量と油分量を調節してくれてとても良かったです。
乾燥することもなく過剰な皮脂分泌も無くなりました。
また、敏感肌の私でも優しく使えてつっぱりもピリッとすることも無く快適に使えました。
肌の水分量が整ったので化粧ノリも良くなったし、化粧崩れも減りました。引用:ULU 公式サイト

子供の頃から乾燥肌と赤ら顔でした。
赤ら顔の関してはイジメられるぐらい、いつも赤く大人になってからはもう諦めてました。
油断すると乾燥が酷くなり肌が荒れて疲れた感じになってたんですが、ULUシェイクモイストミルクを使ってすぐに乾燥は気にならなくなり、潤いとハリがしっかりと出てきました。
翌朝になっても持続しているので嬉しいですね!
今までだとその時は潤っても時間が経つと乾燥してしまう事があったので違いを実感できました。
赤ら顔に関してはやや弱まった感じがします。
メイクしても目立ってた赤ら顔が目立たなくなった気がします。引用:ULU 公式サイト

お肌がもっちりふっくらしてくれました。
赤みのあるお肌が悩みのわたしなのですが…このように。だいぶ赤みもひいて、つややかなお肌になりました。
ここまでとは思っていなかったので、とってもうれしい変化です。
加齢と日々、戦っている私のお肌なのに、ほんとにぷるるんベビー肌に近いてきていて、感激です!
お風呂上がりのお肌に、冷んやりして、ぐんぐん入ってくれるので、気分もあがります。
お肌がワントーン明るくなったようで、嬉しすぎる変化でした!
引用:ULU 公式サイト

アドバイザー

これ1つでスキンケアが完了するところに人気があるようです。
セラミドを5種類配合し、保湿力も高いので、一度使ってみるのがオススメ

>>ULUの公式サイトを見てみる

より手軽に試したいのならピオリナ!

しろ彩よりもお手頃なのがピオリナです。
実験結果などのデータがあまり見られなかったため、2位での紹介となりましたが、血液環境を正常に戻す成分などが配合されているので、赤ら顔への効果も期待できます。

全成分をチェック

水、BG、グリセリン、メチルグルセス―20、ベタイン、アラントイン、グリコ汁トレハロース、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、加水分解ヒアルロン酸アルキル、グリセル、オタネニンジン根エキス、ブクリョウエキス、マグワ根皮エキス、グリチルリチン酸2K、ラウロイルグルタミン酸ジ、セラミドAP,セラミドNP、加水分解水添デンプン、加水分解コラーゲン、カルボマー、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、水酸化K、PEG-60水添ヒマシ油、ペンチレングリコール、メチルパラベン、プロピルパラベン

ピオリナ ¥6,980→¥2,138(税込)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

赤みの原因にアプローチする3つの漢方成分

お肌のターンオーバーを活性化させる高麗人参の根のエキス、保湿力の高いブクリョウ、美白効果が期待できるマグワ根皮エキスを配合。
赤みの原因にアプローチしつつ、高い保湿力で透明感を与えてくれます。

お肌のバリア機能を向上させるバリア機能をサポート

お肌の保湿力を高める機能に、バリア機能があります。
そのうちの主成分であるセラミドや、ヒアルロン酸を配合しているため、保湿効果も期待できます。

公式HPを見てみる

アドバイザー

漢方を配合し、血液循環とバリア機能を同時にケアしてくれるピオリナ。
雑誌でも多く紹介されている注目の化粧水です

>>ピオリナの公式サイトを見てみる

このほかにも、血流の流れをスムーズにするビタミンK配合の化粧水もおすすめです。
ただ、商品によってはビタミンKの刺激が強いものもあるので注意しましょう。

薄肌&乾燥肌対策の保湿化粧水2選

肌が薄いタイプや乾燥肌の人は保湿ケアから行うのが大切。
高保湿成分でお肌に刺激の少ないセラミドが配合されたものを選ぶようにしましょう。

また、できるだけ無添加処方で敏感肌向けに開発されているものがおすすめ。
低刺激で敏感肌でも使いやすい商品をご紹介します。

保湿力抜群!66種類美容成分配合の「メディプラスゲル」

メディプラスゲル ¥3,996→¥2,996(税込)
medy

赤ら顔に必要なセラミドは3種類配合

赤ら顔に必要不可欠な成分、セラミドを、メディプラスゲルは3種類配合しています。
オールインワンゲルでもしっかり必要な成分をお肌に補給してくれるので、赤ら顔も目立たなくなっていくのです。

66種類の美容成分で美肌に!

メディプラスゲルのすごいところは美容成分が多く配合されているところ。
赤ら顔にセラミドをはじめとした保湿成分は必要不可欠です。
メディプラスゲルにはヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなど、保湿成分がたっぷり!

赤ら顔専用化粧品ではありませんが、赤ら顔に必要な成分が配合されている毛消費何度エス。

敏感肌向けに開発!4つのフリーで低刺激

お肌に不要だと思われるもの、香料、合成着色料、合成乳化剤、防腐剤をフリーにしています。
また、パラベンやフェノキシエタノールも無配合。

さらに、皮膚科医指導のアレルギーテストも行っているため、安全性に配慮していることが分かります。
とはいえ、すべての人のアレルギーがおこらないわけではありませんので、パッチテストは必要です。

公式HPを見てみる

アドバイザー

赤ら顔専用ではないものの、高い保湿力を持つメディプラスゲル。
乾燥やバリア機能低下が原因の赤ら顔にオススメです

>>メディプラスゲルの公式サイトを見てみる

敏感肌専門ブランド!雑誌でも大人気の「アヤナス」

アヤナス ¥2,700→¥1,480(税込)

通常より潤いを届けるセラミドナノスフィアを配合!

乾燥肌や敏感肌に必要不可欠な高保湿成分、セラミド。
通常のセラミドよりも4倍の浸透率のセラミドナノスフィアを配合。
不足していた潤いをお肌の隅々まで届けることで、乾燥知らずのお肌を手に入れることができます。

敏感肌専門ブランドだからこその低刺激処方

アヤナスは敏感肌向けに商品づくりをしているディセンシアのブランドです。
そのため、お肌に優しい化粧品づくりをしており、アルコール不使用・合成香料不使用を公言しています。
お肌にとって刺激となる成分をいれないことで低刺激性を実現しているのです。

独自の技術で外部刺激をブロック!お肌を守る

アヤナスではヴァイタサイクルヴェール®という特許技術があります。
これは、お肌をラップのように包み込み、ほこりや乾燥など、外部刺激からお肌を守ってくれるもの。

それと同時に潤いをお肌に閉じ込めてくれるため、ずーっと潤いが続くのです。
保湿不足でお肌が弱っている敏感肌、乾燥肌には嬉しい効果ですね。

公式HPを見てみる

アドバイザー

アヤナスは敏感肌向けの化粧品。高保湿と低刺激を両立させることで、うるおいの高いお肌へとサポートしてくれます

>>アヤナスの公式サイトを見てみる

ニキビの炎症を抑える化粧品2選

ニキビの炎症で赤ら顔になってしまっている方は、抗炎症成分が配合されていたり、ニキビになりにくい処方がされているノンコメドジェニックテスト済みの化粧品を選びましょう。

ニキビ肌&いまあるニキビに!「NOV ACアクティブ」

NOV AC ¥1,620(税込)

敏感肌向けに作られたニキビ化粧品!低刺激で使いやすい

NOVは臨床皮膚医学に基づき、乾燥肌・敏感肌・ニキビ肌ケアを提案する化粧品ブランドです。
定期的な皮膚科医への訪問や、大学との交流で専門家の意見を積極的にとりいれるほか、大学との共同研究も行っています。
様々な試験も行い、安全性・品質ともに高い評価を得ています。

ニキビに有効な成分をしっかり配合!

ノブACアクティブはニキビ肌予防に効果的な有効成分サリチル酸を配合。
ニキビの原因であるアクネ菌に殺菌効果を発揮するので、ニキビをしっかりケアしてくれます。

また、ニキビの原因になりかねない皮脂のてかりを整えるビタミン群も配合。
お肌に優しいながらもしっかりとしたニキビケアができます。

美白効果もあるので炎症を抑えながら色白肌を目指せる

美白有効成分であるビタミンC誘導体を配合しているので、メラニンの生成を抑えてしみやそばかすを防いでくれます。

ニキビの炎症を抑えて、赤ら顔をケアするのはもちろん、より透明感のあるお肌を目指すことができるので、このシリーズを使うだけで美肌を目指すことができます。

公式HPを見てみる

アドバイザー

臨床皮膚医学に基づいたNOVはドクターズコスメに近い存在。
ニキビ肌で悩んでいるならまずは一度試してみて

>>NOV ACの公式サイトを見てみる

気になるニキビ跡におすすめ「リプロスキン」

リプロスキン ¥2,689(税込)

ニキビ後の炎症を抑える有効成分がたっぷり配合!

炎症を起こしているニキビのケアに抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムと、透明感のあるお肌にしてくれるプラセンタエキスを配合。
ニキビがおさまったあとでもひかない赤みに積極的にアプローチします。

浸透率を高める独自システムを採用!成分がしっかりお肌に浸透する

リプロスキンではナノBテクノロジー3.0という独自の浸透力向上技術を採用。
有効成分を超微細化することでお肌への浸透率をあげています。
有効成分がしっかりお肌に浸透するから、ニキビ跡の赤みに効果が高いのです。

公式HPを見てみる

アドバイザー

ニキビ跡に使えるリプロスキン。
ニキビの赤みが残っているお肌に使うことで、透明感のある状態へと導いてくれます

>>リプロスキンの公式サイトを見てみる

緊急!市販で買える赤ら顔向け化粧品

とにかくいますぐ化粧水が欲しい!という方は以下の2つがおすすめです。
ただ、赤ら顔用に作られているわけではなく、保湿に特化したものなので、本格的に治したいと思うのであれば赤ら顔専用の化粧水を使った方が効果的です。

無印良品 オーガニック保湿化粧液

無印良品 オーガニック保湿化粧液 ¥1800(税込)
無印良品 オーガニック保湿化粧液 200ml

シンプル処方で人気の無印良品。
乾燥肌でもしっとりと潤うと人気の保湿化粧水です。
合成香料不使用・無鉱物油・無着色・弱酸性でお肌に優しい化粧水となっています。

キュレル

キュレル ¥1944(税込)
キュレル 化粧水 III (とてもしっとり) 150ml

うるおい成分(ユーカリエキス)を配合し、なめらかなお肌に整えるキュレルの化粧水。
消炎有効成分のアラントインを配合しているので、肌荒れを防ぐ効果もあります。

赤ら顔になってしまう5つの原因

赤ら顔と一言でいっても、原因はいくつか種類があり、以下の5つが主なパターンとなっています。

①皮膚が薄い
②乾燥などによる肌荒れ
③ニキビ・ニキビ跡
④毛細血管の拡張
⑤皮脂が炎症を起こしている脂漏性皮膚炎

原因によって対策方法が変わってくるので、まずは自分がどういう原因で赤ら顔になってしまうのか、しっかり確認しましょう。

① 皮膚が薄い


皮膚が薄くなると、血管の色が透けて見えるため、顔が赤いように見えてしまいます。
もともと皮膚自体が薄い方もいますが、普段のスキンケアによって肌が削られることによって皮膚が薄くなっていく、いわゆる“ビニール肌”という現象もあります。
必要な角質までもがはがれてしまい、皮膚が薄くなり、血管の赤が目立ちやすくなるのです。

皮膚が薄いと外部の刺激に弱くなるので、敏感肌になりやすく、少しの刺激でもヒリヒリしてしまう人が多いようです。

では、元々皮膚が薄い、もしくはビニール肌の判断はどのようにすればいいのでしょう?
特徴と対策法をご紹介します。

元々皮膚が薄い人の特徴

  • よくみると下の血管が透けて見える
  • お肌のキメが細かい
  • お肌がカサカサしている
  • 刺激に弱く、敏感肌である

元々皮膚が薄い人の場合、あとからスキンケアで皮膚を厚くすることはできません。
ただ、保湿をすることでお肌の状態を整えれば、皮膚の炎症も起こらないので刺激により赤くなることもありません。
また、血管が透けて見えるタイプなので、血管を細くする化粧水を使うといいでしょう。

このタイプの人のおすすめスキンケアは毛細血管を収縮する化粧品(白漢しろ彩)保湿クリーム(アヤナス)
血管を補足しつつ、敏感肌向けの保湿ケアでお肌の状態を整えましょう。

ビニール肌の特徴

  • 一見ツヤツヤしているが、お肌のキメがない
  • 洗顔後はお肌がつっぱる
  • お肌がカサカサしている
  • 化粧品がしみて痛い

ビニール肌はやりすぎなスキンケアでお肌の角質がなくなってしまった状態。
そのため、まずはお肌を健康的な状態にしてあげましょう。

このタイプの人のおすすめスキンケアは皮膚の薄さをカバーする保湿化粧品(メディプラスゲルorアヤナス)

また、洗顔なども見直す必要があります。
まずはお肌を直接こすらず、洗顔料の泡で優しく洗うように意識しましょう。

② 乾燥などによるお肌の荒れ


乾燥によるバリア機能の低下が原因のタイプ。
乾燥することで皮膚のバリア機能が弱くなり、外からの刺激や菌、汚れが肌が傷つきやすくなってしまいます。
その刺激が肌の奥、角質層まで到達すると、肌が敏感に働いたり、乾燥をもたらします。

その結果、敏感になった肌が炎症をもたらし、赤ら顔を引き起こすのです。

このタイプはとにかく保湿化粧品を使うことが大切です。
保湿化粧品(メディプラスゲルorアヤナス)でまずは乾燥をカバーしましょう。

③ ニキビ・ニキビ跡


炎症を起こしたニキビやニキビ跡が複数あることで顔全体が赤く見える状態のこと。
この状態の場合は該当箇所の炎症を抑えるケアが必要です。

このタイプの人のおすすめスキンケアはニキビの炎症を抑える化粧品(NOV ACorリプロスキン)
赤ニキビなのか、それともニキビ跡なのかでおすすめの商品も変わってくるので、自分にあったものを使いましょう。

④ 毛細血管が拡張している


血管が太くなり、それが透けて見えるタイプがこのタイプ。
「毛細血管拡張症」という症状で、毛細血管が広がったまま血が流れる量が調整きかなくなってしまい、普段よりも多い量になってしまうと血流が滞ります。

それが顔の皮膚に出ることで赤く見えるのです。

主な症状は次の2点です。

  • 皮膚が薄く、血管が透けて見える
  • 冬など、室内外の寒暖差が激しいと目立つ

毛細血管を収縮するような成分が配合された化粧品を選ぶといいでしょう。
毛細血管が拡張しているのが外から見て分かる人は「皮膚が薄い」人でもあるので、保湿も忘れずに行う必要があります。

また、人前に出たりする際に顔が赤くなってしまう方は、緊張やストレスを感じると血管が膨張する「赤面症」といわれるタイプ。
この場合はスキンケアでカバーするというよりは、心理面でのトレーニングも必要となります。

すぐに隠したい場合はメイクなどで隠す方法もあるので、併用しながら赤面症を治すトレーニングをするといいでしょう。

⑤ 皮脂が炎症を起こしている脂漏性皮膚炎


皮脂が過剰分泌され、マラセチアというカビが増殖しておこる炎症で、赤みやかゆみが特徴です。
炎症がひどくなるとお肌が荒れ、ポロポロと剥がれてきます。
赤みだけでなく皮がポロポロとむけ、かゆい症状がでている場合はまずは皮膚科を受診しましょう。

皮膚科にいって適切なケアをうけることが大切です。
また、症状を和らげようとするあまり、間違った洗顔を行っている可能性があるので、お肌に優しい方法で洗顔することを意識しましょう。

赤ら顔を治すために直したい習慣

赤ら顔をよくするためには、化粧水だけ気をつければいいわけではありません。
普段の習慣も赤ら顔の原因になりますので気を付けていきたいところ。

やってしまいがちなクセやケアをピックアップしたので、これらをしないように注意です!

洗顔にスクラブ入り

お肌の角質を必要以上にとりすぎてしまうとビニール肌に…。
そのため、角質をとる「スクラブ入り」の洗顔料はできるだけ避けた方が無難。
お肌への負担はかなり大きめです。

汚れ以上に正常な皮膚の成分を削り取ってしまうので、赤ら顔が気になる方は極力使用は避けたほうが無難です。

スキンケアの時にお肌をこすっている

乾燥の原因になりかねないスキンケア時のこすり。
洗顔の際もゴシゴシこするのはNGです。

擦るのではなく、優しくなでるようにお肌には触れましょう。

アルコール・カフェインの摂取

アルコールが自律神経を刺激することで血管は拡張し、顔が赤くなります。
もともとの肌質に加え、繰り返しこの刺激が重なることで毛細血管は拡張していくのです。

その結果、お酒を飲むと顔が赤くなるのです。

また、カフェインも1日500mg以上とると赤ら顔の原因になると言われています。
ほどほどの量なら問題ありませんが、どちらも飲み過ぎには注意しましょうね。

赤ら顔Q&A

その他にも、赤ら顔に関する疑問をまとめてみました。
参考にしながら、赤ら顔ケアに取り組んでいきましょう!

ハトムギ化粧水で赤ら顔は良くなる?

公式には保湿効果はあると書いてあるものの、赤ら顔の効果までは保証していません。
シンプルな処方ですし、敏感肌でも使いやすい商品ですが、赤ら顔を本格的にケアしていきたい場合は専用の化粧水を使った方が効果的でしょう。

肌が健康になったら化粧水の量は減らすべき?

お肌が健康になってもまた乾燥肌になっては意味がありません。
必要以上に使うことはありませんが、お肌がしっかり潤う程度の化粧水は使いましょう。

スキンケアの時にお肌をパッティングしていますがこれは大丈夫?

あまりよくありません…。
叩くことで毛細血管が刺激されるので、さらに赤ら顔になってしまう可能性があります。
ハンドプレスでゆっくり浸透させるようにしましょうね。

正しいケアと化粧水で赤ら顔とおさらば!

普段の化粧水を見直すことで、赤ら顔の症状が軽減されたり、赤みが薄くなったりすることもあります。
普段、とくにスキンケアにこだわりがなかった方は、ぜひ赤ら顔用の化粧水に切り替えてみましょう。

また、化粧水以外でも日ごろからの体内へのケアも心掛け、体全体を調整していくことで治りは早くなっていきます。

※記事内で紹介する商品は、リリップ編集部において選定しています。
当該商品および商品の紹介文は、リリップの監修医・専門家による推奨や監修を受けたものではございませんのでご注意ください。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

【医師監修】消えない頬の赤みも簡単にケア!赤ら顔を抑える化粧水7選

この記事が気に入ったら