できてしまった“シミ”に…!口コミで「効く」と話題の化粧品ランキング

年齢を重ねるごとに、肌の悩みは増えていくばかり。
なかでも紫外線によって日常的に増えていくシミは、なかなか改善することの難しい肌の悩みの1つです。
ミができる原因は紫外線によるものだけではありませんシ。
まずは自分はどのシミのタイプなのかを知りましょう。

今回はそんなシミにお悩みの方に向けて、シミに効果的な美肌成分や化粧品など、さまざまな美白ケア法をご紹介します。

セルフケアで対応できるシミの種類って?

残念ながら、どんなシミでも自宅でケアできるというわけではありません。
化粧品などでセルフケア可能なシミは、おもに次の2つです。

  • 老人性色素班:
    紫外線によるメラニンが蓄積したもので、シミのなかでもっともメジャーなものです。
    顔のなかでは、頬のように骨格の高い部分にできやすく、くっきりしたシミができやすいという特徴があります。
  • 炎症性色素沈着:
    ニキビや傷跡といった炎症の跡がのこってできたシミです。
    敏感肌の方や、お肌のコンディションが悪いときにできやすくなります。

>>シミの種類について、くわしくはこちら!

シミ対策におすすめ!優秀化粧品6選

 

 

化粧品でシミ対策をしたい場合には、シミにはたらきかける成分がきちんと配合されている製品を選ぶことが重要になってきます。

シミのケアに有効なおもな成分は、以下のとおりです。

ハイドロキノン メラニン色素生成のもと「メラノサイト」の活動をおさえます
プラセンタエキス 肌の新陳代謝をうながし、肌リズムにはたらきかけてメラニン色素の排出をうながします。

これ以上シミができるのを防ぐのも、重要なシミ対策です。
シミ生成のメカニズムにはたらきかけ、シミを予防するのに効果的な成分には、つぎのようなものがあります。

アルブチン チロシナーゼ酵素のはたらきをおさえることにより、シミをできにくくします。
ビタミンC誘導体 上記と同じくチロシナーゼを抑制する作用のほか、メラニン色素の還元作用もあります。
トラネキサム酸 体内でメラニン生成指令をストップすることにより、あらたなシミができにくくします。

シミをセルフケアするには、上記成分に着目してみましょう。

>>シミケア成分について、くわしくはこちら!

これからご紹介するおすすめ化粧品には、どれも上にあげた成分が配合されているので、効率的にシミ対策を行うことができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

1位:b.glen QuSomeローション

価格 5,000円(税抜)
内容量 120ml
トライアルセット 通常6,412円(税抜)→1,944円(税込)
トライアルセット内容量 7日分

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • 17時間保湿効果が継続

ビーグレンが注目したのは、ほとんどのシミに効果をもつ「ハイドロキノン」。
しかし、従来のハイドロキノンは、浸透しづらく肌奥まで届かない、高濃度だと刺激が強い、酸化しやすいといったマイナスポイントありました。

そこで、皮脂に近い成分の超微小カプセルでハイドロキノンを包み込む、独自の浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」を開発。
これによって、ハイドロキノンを肌の奥の深部にまで浸透させることに成功しました。

ビタミンC誘導体とのW効果で、効率的にシミケア可能です。

b-glenをチェックする

2位:アンプルール ラグジュアリーホワイトローションAO II

価格 5,400円
内容量 120ml
トライアルセット 1,890円(税込)

  • ハイドロキノン
  • プラセンタエキス
  • ヒアルロン酸

できてしまったガンコなシミの一点集中ケアができる美容液と、顔全体の美白を促してくれる薬用美容液のダブル効果で、シミを薄くしさらにくすみのない明るい美白肌へ導いてくれます。

ピンポイントでシミに働きかけてくれる、夜用スポット集中美容液「ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ10」。
マイクロカプセル化されたハイドロキノンが配合されており、ハードジェル状の美容液によって肌にピッタリと密着してくれます。

また、顔全体の美白を促す、薬用美白美容液「ラグジュアリーフォーミュラ 薬用アクティブフォーミュラ」。
美白有効成分のハイドロキノン誘導体と、ビタミンC誘導体とセレブロシドなどの保湿成分によって、美白効果と保湿効果をしっかり得ることができます。

アンプルールをチェックする

3位:サエル ホワイトニング ローション クリアリスト

通常価格 4,860円(税込)
内容量 125ml
トライアルセット 通常2,160円→1,480円(税込)
トライアルセット内容量 10日分

ポーラ・オルビスグループから誕生した、敏感肌の人のための化粧品ブランド『ディセンシア』。

  • ビタミンC誘導体
  • 抗炎症成分配合
  • セラミドの生成を促す
  • 敏感肌でも安心して使える

シリーズのなかの美白ライン『サエル』は、敏感肌だけどシミのない美白肌を手に入れたいという人にピッタリのブランドです。

ディセンシアだけの特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が肌表面のバリア機能をサポートし、セラミドナノスフィアが角質層にしっかりと浸透し保湿してくれます。
さらに、過剰に生成された黒くなったメラニンを還元できる美白有効成分のビタミンC誘導体によって、シミのない白い肌に戻してくれます。

コウキエキスなど、敏感肌特有の赤みやかゆみ、過剰なメラニン生成などのトラブルの原因となる肌内部の炎症を抑制します。
敏感肌にも安心して使えるのでおすすめです。

サエルをチェックする

4位:HAKUメラノフォーカス3D

価格 10,800円(税込)
内容量 45g(約2.5か月分)
トライアルセット 1,080円(税込)
トライアルセット内容量 7日分
資生堂 ハク HAKU メラノフォーカス3D 45g

  • m-トラネキサム酸
  • ヒアルロン酸

HAKUメラノフォーカス3Dでは、パックのように肌に美容液を密着させ、メラニンの生成をあらゆる方向から抑えて肌の奥まで美白有効成分を届けてくれます。
また、メラニンを含む角層にうるおいを与えて整え、整肌・保護成分も配合で透明感あふれるつるつる肌に導いてくれます。

5位:エリクシール ホワイト リセット ブライトニスト

価格 6,048円(税込)
内容量 40g(約4か月分)
資生堂 エリクシール ホワイト リセット ブライトニスト 40g

  • m-トラネキサム酸
  • 独自成分ブライトインパクト配合

肌色の印象が、見た目年齢を左右してしまう…そんな事実に着目した、大人向け美白クリームです。
独自成分「ブライトインパクト(塩酸リジンとオリーブ葉エキス(角質保護))」、「m-トラネキサム酸」の配合で紫外線ダメージを溜めこまない明るい肌へと導いてくれます。

メラニンの生成をあらゆる方向から抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます。
また、うるおいも保ってくれるのでシミ予防にもおすすめです。

6位:ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト

価格 4,860円(税込)
内容量 150ml(朝晩に使用して約1.5か月分)
ポーラ ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト L 150ml 化粧水

  • 透明アクアプール処方
  • 複合保湿成分トリプルブライトカプセル配合

メルティングモイストオイルA配合で、適度なとろみがあるテクスチャーです。
透明アクアプール処方で各層全体を水分で覆ってくれるため、うるおいを保つとともに、有効成分が肌になじみやすい状態を作り出してくれます。

プチプラでシミに有効なものはある?

ここまでシミに効く、化粧品情報をご紹介しました。

シミ対策化粧品に重要なのは「続けること」。
しかし、あまりにも高いと続けるのも難しいですよね…。

高価なものは、そのぶんシミへの効果も期待できますが、ドラッグストアなどでも購入できるプチプラなシミに効く化粧品はないのでしょうか?

じつは、シミ対策において、欠かせないことは「保湿」
乾燥してしまうとバリア機能が低下し、肌が傷つきやすい状態になってしまいます。
それが原因となってシミとなったり、できてしまったシミをさらに悪化させてしまう場合も…。

「保湿」をメインに考えたものであれば、プチプラでもシミに効果のある化粧品はたくさんあります。

その際には価格が安くても、保湿成分が配合されているか、効果的な美白成分が配合されているかをしっかりと見極めて使用しましょう。

ここからは、お近くのドラッグストアでも購入できる「保湿力」「シミに効果的な美白成分配合」の化粧品を紹介していきます。

アクアレーベル シミ対策美容液

価格 2,268円(税込)
内容量 45ml(約1.5か月分)
アクアレーベルシミ対策美容液 45mL 【医薬部外品】

  • ベビーアミノ酸
  • m-トラネキサム酸

肌にうるおいを蓄えてくれる新成分「ベビーアミノ酸」と、メラニンの生成を抑えるm-トラネキサム酸を配合しています。
シミ・そばかすを防ぐのはもちろん、開いた毛穴周りの肌荒れまでケアしてくれる優れものです。
価格も3,000円以下と購入しやすいのが嬉しいですね!

明色薬用ホワイトモイスチュアローション

価格 756円(税込)
内容量 170ml
明色化粧品薬用ホワイトモイスチュアローション 170mL (医薬部外品)

  • プラセンタエキス
  • 弱酸性

1,000円以下のこの価格で、美白をしながら潤いもたっぷりの薬用化粧水です。
メラニンの生成を抑えて、透明感のある肌に導いてくれます。

シミの種類とその原因

できてしまったシミのタイプによって、ケアに必要とされる成分も変わってきます。

また、シミのタイプによっては「自分でケアできるもの」「医療機関でしか悪化を防げない」「自分でのケアでは改善を目指せないもの」とがあります。

ここからは、原因、症状を元に自分のシミのタイプについて見ていきましょう。

セルフケアができるシミ

まずは自分でケアすることが有効なタイプのシミを紹介します。

※化粧品で即効性を期待したり完全に消すことはできないため、あくまで改善を目指して使うものとなります。

老人性色素班

シミの中でも一番多いのが、この老人性色素班と呼ばれるシミのタイプ。
紫外線によってメラニンが過剰に生成され、肌の内部で蓄積し、早い人では20代のころから肌の表面にシミとなって突然現れます。

頬など骨格の高い場所にできやすく、シミの境界がハッキリしています。

ケアで一番効果的なのはレーザー治療や光治療などのプロによる治療です。
自力で直したい場合は、メラニンの合成を防ぐハイドロキノンクリームや、肌のターンオーバーを高めてくれるレチノイン酸クリームが効果的です。

肌内部の深部まで浸透してしまうと自分では改善することが難しいシミなので、紫外線からの予防も大切になります。

炎症性色素沈着

過去の肌への炎症や肌トラブルの跡が残ったものです。
通常は消えていくニキビ跡や傷跡が、褐色や黒褐色のシミとなります。
肌状態が悪いときや敏感肌の人は肌の刺激を受けやすいため、このシミタイプになりやすいので気をつけましょう。

炎症性色素沈着によるシミは、比較的自分で改善を目指せるタイプのシミです。
フラーレンと呼ばれる美白成分や、ハイドロキノンなどの美白効果成分が配合されている化粧品で美白効果が得られる可能性が高いです。

医療機関で診てもらう必要があるシミ

つぎに、自宅でのケアが難しく、医療機関を受診する必要があるシミをチェックしてみましょう。

肝斑

CMなどで一躍有名になったのが、この肝斑と呼ばれるシミです。
目の下や額、口の周りなどに、薄褐色のぼんやりとしたシミが左右対称にあらわれます。
30~40歳代で発症することが多く、女性ホルモンのバランスが崩れることによって発生します。

肝斑の治療は、トラネキサム酸という内服薬によって内側から改善を目指していきます。
トラネキサム酸は、メラニンを増加させる酵素のはたらきを抑制し、さらに色素沈着を抑制する効果も併せてもっています。
トラネキサム酸は皮膚科で処方してもらうほかに、市販薬を薬局で購入することもできます。

そばかす

思春期のころから悩んでいる人が多いのが、雀卵斑と呼ばれるそばかすによるシミ。
このシミができるそもそもの原因は外部刺激によるものだけではなく、遺伝的なものが多いことが特徴としてあります。

医療機関での治療方法は、レーザー治療、フォトフェイシャル、イオン(超音波)導入、ケミカルピーリング、トラネキサム酸という内服薬の服用での防止が挙げられます。

そばかすを増長させる紫外線によるメラニンの生成を防ぐため、美白成分配合の化粧品を選びましょう。
肌の酸化を防ぐために、ビタミンCやL-システインが配合された美白化粧品を使用しましょう。
抗酸化作用のあるビタミンCは、食事からもたくさん摂取することをオススメします。

脂漏性角化症

別名「老人性いぼ」とも呼ばれています。
段々と大きくなっていくので、シミやホクロが小さな段階であれば簡単にキレイに取り除けます。
ただし、悪性黒色腫(皮膚がん)ともよく似ているので、気になる場合は病院で診察してもらいましょう。

医療機関での治療法は、液体窒素による凍結療法や、ホクロやいぼを治療する際にも使われているレーザーによる切除術、電気メスを使用した焼灼治療などが中心となります。

治療法によっては健康保険が適用されることもあります。

花弁状色素班

強い紫外線によってできてしまうシミ。
「強烈日焼けじみ」とも呼ばれています。

背中、肩、胸元などの様々な場所にでき、花弁が散っているかのように見えます。

時間が経てば徐々に消えていく方もいますが、場合によっては長い間シミとして残ってしまう可能性もあります。

クリニックや皮膚科などの医療機関での早期治療がおすすめです。
塗り薬や軟膏、内服薬、レーザー治療などで治療を行います。

悪化させないためには、強い日差しを浴びないよう心がけましょう。

シミに効果のある美容成分

シミをどうにかしたい!そう思った時に、「ケア」「予防」の両方が必要になってきます。
ここでは、それぞれに効果的な美容成分について見ていきましょう。

シミのケアに効果的な成分

まず「ケア」に効果的な成分から紹介しましょう。
紹介する成分の効果によって、悪化を防いだり、改善に近づく効果が期待できます。

※化粧品で即効性を期待したり完全に消すことはできないため、あくまで改善を目指して使うものとなります。

ハイドロキノン

肌の美白剤としてご存知の方も多いのではないでしょうか。
メラニン色素を作る元となるメラノサイトの動きを止める働きがあるため、色が抜けて「白斑」となってしまうリスクもあります。

濃度は1~3%のものと、4~5%のものとがあります。
濃度によって効果や肌で感じる刺激などは異なるため、ハイドロキノンが含まれる化粧品をお使いの際は事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

プラセンタエキス

サプリメントにも多く使われ、様々な美容効果が期待できるプラセンタエキス。

肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーにはたらきかけ、メラニン色素を体外に排出しやすいように整えてくれます。

シミを予防するのに効果的な成分

続いて、予防に効果的な成分を見ていきましょう。

アルブチン

メラニンによって肌を色素沈着させ黒くしてしまうチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑えてくれます
美白やシミへの予防に効果が期待できる物質です。

ビタミンC誘導体

「ビタミンC」は効果が高いものの、肌への浸透力は低いことをご存知ですか?
「ビタミンC」を、肌への浸透力の部分を改良して、生み出された成分が「ビタミンC誘導体」ということになります。

厚生労働省が効果を認めている13種類の美白成分一つで、医薬部外品に分類されます。

ビタミンC誘導体は、メラニン色素が作られないように妨害する作用があるため、シミの予防にも最適です。

トラネキサム酸

アミノ酸類の一つで、肝斑の治療にも多く使われ、シミへの効果が期待できます。
紫外線を浴びて生成される「プロスタグランジン」などのシミを発生させる物質をブロックしてシミ、そばかすを防いでくれます。

シミを作らないための予防法

できてしまったシミをケアするのはもちろん、なるべくシミができにくい生活を心がけることも大切です。
シミを作らないためには、つぎのことに注意しましょう。

なるべく紫外線をさける

シミの大きな原因は紫外線です。

紫外線をなるべく浴びないよう、日焼け止めでしっかりケアしましょう。
日焼け止めと併用して、帽子やサングラス、サンカット効果のある衣類を利用するのも有効です。

日差しが弱い秋~冬の季節にも、肌老化につながるUV-A波はたくさん降り注いでいます。
年間を通して紫外線対策をしましょう。

活性酸素対策をする

活性酸素は、酸化させる力によって、体内にある細菌などを駆除してくれる働きをもつ物質です。
体に必要なものですが、増えすぎてしまうと、体内の組織が衰えてしまい老化の原因にもなってしまいます。
また、老化の現象が進むことでシミやしわも増えていってしまうのです。

活性酸素を増やす要因としては、以下のものがあげられます。

  • 激しい運動
  • 強いストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 食生活が乱れる
  • 電磁波

規則正しい生活を心がけたうえで、なるべくこれらを避けるよう、気を配りましょう。

保湿やニキビケアを心がける

日常的に保湿を心がけ、乾燥肌やニキビといったトラブルがおこらないようにしましょう。

乾燥すると、肌のバリア機能が弱まり、先に述べた紫外線や活性酸素などにさらされやすい肌状態になってしまいます。

またニキビなどの肌の炎症は、跡として残ってしまうとシミになる可能性があります。
炎症を回復させるために、メラノサイトも活性化されてしまうため、メラニンが作られて色素沈着の原因にもなります。

これらを防ぐためにも、つねに肌のコンディションを整えるよう、毎日ていねいにケアしましょう。

美白化粧品を使って簡単にシミケアしよう!

シミの原因からシミに効く化粧品までをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

なかには医療機関でしかケアが難しいシミもありますが、「老人性色素班」や「炎症性色素沈着」など、自己ケア可能な原因のことも多いものです。

日頃からの予防はもちろん、シミができてしまったら、シミに効果的な成分の入った化粧品で、肌のケアを忘れずにしましょう!
シミを防いで、美しい肌を目指していきましょう!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の美白とは、メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすを防ぐこと(医薬部外品)、また、メーキャップ効果によってお肌を白く見せること(化粧品)です。
※本記事のエイジングケアとは、年齢に応じた化粧品でのケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

できてしまった“シミ”に…!口コミで「効く」と話題の化粧品ランキング

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…