乾燥肌が原因の肌トラブルを自分で治すには?

「顔がカサカサして、つっぱる感じがする」
「化粧直しをしたらモロモロになっちゃう」

など肌の状態をみて「なんとかならないかなぁ」と感じている方は、とても多いといわれています。

空気が乾燥する冬はもちろんですが、梅雨時期のように空気が潤っているはずなのに、肌は乾燥しているということも、意外と多いようです。

なぜ、このようなことがおこるのでしょうか。

そこで今回は、乾燥肌になるさまざまな原因をみてみましょう。

自分でできる解決策は、あるのでしょうか。
食事をはじめとした、季節ごとの肌トラブルの解決方法をまとめてみました。

乾燥肌とは?どんな症状が出てくるの?


乾燥肌とは、肌の水分や皮脂が少なくなっている状態です。

もともと肌の表面は、皮脂膜が天然の保湿クリームとなり、肌を保護しています。

しかし、なんらかの原因で皮脂が乱れると、肌の中にある水分は蒸発しやすくなるのです。

肌が乾燥すると、ホコリや菌などの外敵からの刺激から、肌を守るバリア機能が低下し、肌荒れ・粉拭き・かゆみなど、さまざまな症状を引き起こす原因となります。

乾燥肌はこれらの症状だけでなく、周りの人から顔が老けて見られたり、自分に自信を持てずに、人前に出たくなくなるといったメンタル面でのデメリットがでてくることも。

乾燥肌になる原因はたくさんありますが、原因と自分の体質を把握し、ベストなケアを心がければ、健康的な肌を常に維持することができます。

乾燥肌になるさまざまな原因


乾燥肌の原因は、さまざまです。

そこで、自分自身と照らし合わせて、どれが当てはまるかチェックしてみてください。

間違った入浴時やスキンケア

入浴時やその後のスキンケアが、肌を乾燥させていることがあります。

熱いお湯は肌を乾燥させる

熱いお湯は、肌の乾燥させます。

熱いお湯で洗うと、肌の表面にある皮脂は溶けてしまい、肌のバリア機能が機能しなくなるため、一気に乾燥するのです。

こするのは乾燥のもと

顔や体の汚れを落とそうと、ついつい力が入ってしまいがちですが、摩擦は乾燥肌の最大の原因といっても過言ではありません。

一生懸命やろうとゴシゴシすればするほど、つい力が入るため、肌をこすってしまいます。

間違ったスキンケアは肌の敵

スキンケアをする方に、わざわざ肌に悪いことをしようと思っている方はいません。

しかし、よかれと思ってやっている行動が、間違っているケースはあります。

    NGなスキンケア

  • 徹底的にクレンジングと洗顔をして汚れを落としている
  • 濃いメイクを落とせるクレンジングを、顔全体に使っている
  • 朝晩石けんや洗顔料で、肌がサッパリするまで洗う
  • ふき取りクレンジングや、ふき取り化粧水をよく使う
  • 毛穴汚れや角栓が落ちるクレンジングを普段使いしている
  • 洗顔後は化粧水だけ
  • 化粧水をなじませるために、パッティングをする
  • クリームを肌に塗りこむ
  • 日焼け止めやファンデーションを塗りこむ

上記で思い当たるものがあった方は、間違ったスキンケアをしてしまっているかもしれません。

乾燥肌の原因になる食事

健康な肌を維持するには、肌に必要な栄養を、血管を通じてたくさん供給しなければいけません。

しかし、食事によっては、肌に悪影響を与えるものがあるのです。

そのため、以下のような食べ物はできるだけ避けるようにしましょう。

カップラーメンなどの加工食品

カップラーメンなどの加工食品は、塩分や油分・食品添加物がとても多く含まれています。

これらは、血液をドロドロにして血行を悪くしたり、カロリーが高いため太る原因になるのです。

脂質を極端に避けるダイエットが原因で、乾燥肌になっている方には、「簡単に脂質やエネルギー」を取れるという点で、肌に必要な油分が吸収できますが、添加物が肌に悪影響を及ぼすこともあります。

インスタントなどの加工食品は、できるだけ避けたほうが、肌にも健康にもよいといえるでしょう。

お酒

乾燥肌に悩まされている女性は、お酒は控えたほうがよいようです。

お酒は、肝臓にとても負担をかける飲み物です。

肝臓は、体内に入ってきた毒素や栄養を適切に分解する働きがありますが、アルコールを飲みすぎるとアルコールの分解で手一杯になってしまいます。

肝臓が十分に機能しなければ、分解できなかった悪い成分が、血液内に流れたり、必要な栄養素が足りない状態になるのです。

こうなると、肌に必要な栄養素は、足りない状態になり、乾燥肌に近づきます。

アルコールの飲みすぎは、肌状態の悪化だけでなく、体調不良。睡眠不足・疲労などのきっかけにもなるため、とくに注意が必要です。

スナック菓子やケーキは危険?

お菓子が好きな女性は多いようですが、ケーキやクッキー・スナック菓子などは、肌の天敵です。

大量の砂糖や油は、血糖値や悪玉コレステロールを高めることから、血液をドロドロにするため、腸内環境を悪くします。

血液がドロドロになると血流が悪くなり、腸内環境が悪化すると、老廃物がしっかりと排泄されないため、血中に老廃物が残った状態になります。

すると、細胞のすみずみに栄養がいきわたらず、肌に必要な栄養が足りなくなるのです。

そのため、頻繁にお菓子類を食べている方は、量や頻度を減らしましょう。

しかし、逆に我慢をしすぎてストレスをためてしまうのは、よくありません。

今度はストレスが、肌に悪影響を与えてしまう原因になるので、極端に我慢せずに「自分へのご褒美」としてたまに食べるようにすると、よいでしょう。

ストレスは乾燥肌の元

ストレスを抱えると、血管が収縮してしまうことから、肌に必要な栄養がいきわたらなくなり、乾燥肌を招く原因となります。

それだけではなく、ストレスはエストロゲンという、女性ホルモンの分泌を減らすのです。

エストロゲンは肌の環境を守ったり、女性らしさを高めるだけでなく、妊娠をするためにも必要なので、女性にとって大切なホルモンといえるでしょう。

仕事や人間関係で嫌なことがあったときは、なかなか夜に眠れなかったり、ついつい暴食をしたりしがちです。

それらは、肌に悪いさまざまな原因を引き起こすきっかけとなるので、ストレスを溜めないよう心がけましょう。

生活習慣は肌の健康を左右する

肌の乾燥は、食生活だけでなく、生活習慣や環境にも深い関りがあります。

睡眠不足

肌は、常に新しく生まれ変わっているのです。

新しい肌が内側から作られ、シミと一緒に古い細胞は、少しずつ肌の表面からはがれ落ちる新陳代謝のことを、ターンオーバーといいます。

ターンオーバーは、成長ホルモンが重要な役割を担っています。

成長ホルモンは、眠ることで分泌されるため、睡眠不足は肌の生まれ変わりを阻害する原因となるのです。

また睡眠時間が短くなるほど、内臓の休憩時間が少なくなり、体調不良を引き起こすため、さらに肌の環境を悪化させます。

暴食や間食

暴食や間食は、内臓機能の低下や、睡眠時の内臓の休憩を妨げる原因です。

とくに、脂質や糖質が多く含まれる食べ物を、たくさん食べすぎるのはやめましょう。

暴飲暴食は、消化器官を疲労させます。

消化器官が疲れてしまうと、食べ物を分解しきれなかったり、老廃物を適切に排出できなくなり、血液がドロドロになっていきます。

そうなると栄養分は、肌に届きにくくなり、適切なターンオーバーができずに、肌状態を悪化させることになるのです。

間食するときは、フルーツや野菜など、健康面に配慮した食べ物を選ぶようにしましょう。

エアコンの使い過ぎ

エアコンで冷房や暖房を付けた部屋は、空気が乾燥します。

夏場の寒すぎる冷房は、冷えや体調不良の原因にもなり、肌に悪影響を与える原因です。

もし職場でも自宅でもエアコンを頻繁に使い、部屋を密室にしているのであれば要注意。

こまめな水分補給は、欠かさずにおこないましょう。

夏場であれば、熱中症の対策にもなるので、水分は年間を通して意識的に摂ることが大切です。

加湿器を使うなどをして、自分の生活環境が乾燥しないように、気を付けましょう。

アトピーなどの皮膚疾患

肌乾燥の原因が、アトピー性皮膚炎などの、皮膚疾患の場合があります。

肌の乾燥だけでなく、かゆみ・赤み・乾癬(かんせん)などの症状があるので、自己流でなんとかするのではなく、まずは皮膚科を受診しましょう。

1年中できる乾燥肌対策は?


乾燥肌を改善するには、どのような対策をすればよいのでしょうか。

正しいスキンケアは効果抜群?

まずは、肌のバリア機能を回復させるように、正しいスキンケアを心がけましょう。

1:クレンジング

洗浄力の強いクレンジングは、それだけ肌に負担がかかります。

アイメイクなどのポイントメイクにだけ、強力なクレンジングを使用し、ほかは肌に優しいクレンジングを選びましょう。

編集部がオススメするのは、W洗顔が不要なジェルクレンジングやクリームクレンジングです。

W洗顔がいらないということは、それだけ肌をこすらないで済むので、乾燥肌を増長させません。

クリームタイプとジェルタイプ、どちらも肌のすべりがよいので、摩擦が少なくすみます。

2:洗顔石けんは低刺激を選ぶ

石鹸を選ぶときは、泡立ちがよいものを選びましょう。

しかっかりとした泡は、肌をこすらずにすみます。

また、低刺激で汚れを落とせるものであることが大切です。

3:朝はぬるま湯で洗顔

夜は化粧をしていなくても、肌に汚れがつくので、石けんで優しく洗うとよいでしょう。

しかし、朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで、洗顔すると乾燥肌を改善できます。

ぬるま湯の温度は「ちょっと冷たいかな」と感じる30~32度くらいが理想です。

4:タオルは顔にそっと押し当てて水分をとる

洗顔後は、清潔なタオルを使って、ポンポンと優しく顔に押し当てるように、水分をおさえましょう。

このときに、タオルでゴシゴシとこすらないように注意してください。

5:化粧水はたっぷり

洗顔後の清潔な手で、化粧水を手にとり、しっかりと肌になじませます。

このときメーカーが推奨する適量の、半分~1/3程度にして、複数回に分けるとよいでしょう。
推奨する量がわからないときは、500円玉が1回分と覚えておくとよいですね。

化粧水を、手を肌にじっくりと押し込むように、ハンドプレスを丁寧に行うと、角質層までしっかり浸透します。

2~3回繰り返して、肌にしっかりと水分をなじませます。

しっかりなじむと、肌が手に吸い付く感覚があるので、目安にしてみましょう。

6:美容液で保湿力アップ

美容液は豊富な美容成分を含み、しっかりと角質層まで浸透させることで、乾燥肌をモチモチ肌に導きます。

手のひらに美容液を適量とり、顔の内側から外側に向けて、やさしく押さえるようにつけてください。

しっかりとハンドプレスをし、こすらないように注意しましょう。

7:乳液や保湿クリームで保湿力が高いのはクリーム

乳液も保湿クリームも、皮脂の代わりに肌を保護するという役割があります。

保湿クリームには、美容成分をたっぷり配合してあるものが多く、乳液よりもテクスチャーは重めです。

油分が多いため、肌の上をなめらかに滑りますが、こすらないように注意をしましょう。

まず、手のひらに適量をとって温め、力を入れないように顔全体になじませます。

乾燥肌によい食事をする

あなたの体と肌は、食事から作られているのです。

日ごろから食生活が偏っている方は、バランスのよい健康的な食事をするだけでも、肌の状態は改善されます。

それだけではなく、生活習慣病や病気などの予防にもなるので、食生活に気を配ってみてはいかがでしょうか。

ビタミンが豊富な食べ物

ビタミンは、肌の健康を守るのに必要不可欠な成分です。

ビタミンのなかにも、さまざまな種類がありますが、すべてがそれぞれ違ったアプローチで肌の健康を守ります。

ビタミンCは、肌を保湿するコラーゲンの生成にかかわる成分です。
また、シミのもとになる黒色メラニンが、できるのを抑える働きもあります。

キウイフルーツやいちご、レモンなどに多く含まれています。
水に溶けやすい成分なので、なるべく生で食べるとよいでしょう。

ビタミンAは、レバーやニンジンなどに含まれる脂溶性ビタミンです。
皮膚や粘膜を丈夫にする働きはあり、抵抗力を高める栄養素。
炒め物にすると、吸収率がアップします。

ビタミンEは、魚卵やアボカドなどに多く含まれており、抗酸化作用が高いため、エイジング効果を期待できます。

亜鉛が豊富な食べ物

亜鉛はミネラルのなかでも、群を抜いて多くの働きがあり、細胞を作るのに必須な栄養素といえるでしょう。

亜鉛が不足すると、肌がくすんだり、カサカサしたり、ニキビなどの肌トラブルがでてきます。
さらにひどくなると、皮膚炎や貧血、味覚障害などの症状がでてくるのです。

亜鉛を多く含む食品は、牡蠣やレバーがあります。
煮干しでだしをとった味噌汁や、卵もおすすめです。

セラミドが多く含まれる食べ物

セラミドは、肌を守る角質内にあります。

細胞と細胞の間で、水分や油分を抱え込んでいる細胞間脂質といわれるものです。

セラミドが不足すると、水分や油分を抱え込むものが減少するため、肌荒れや乾燥肌の原因となります。

セラミドは、米やこんにゃく、コーヒーや牛乳などにも含まれているので、普段から摂取しやすいといえるでしょう。

意識してセラミドを摂ることで、肌の水分低下を予防できるので、季節に限らず乾燥肌に悩む方は、積極的に摂ってみてください。

忙しいときはサプリもOK

NGな食べ物を避けることはできても、なかなか自炊して乾燥肌によい食べ物ばかりにするのは、難しい場合もあります。

そんなときは、サプリに頼るのもひとつの方法です。

乾燥肌用のサプリメントは、肌の保湿に効果的な成分をチョイスして、バランスよく配合されています。

春夏秋冬ごとの自分でできる肌対策


日本は、季節によって気温も湿度も異なります。

そこで、季節に合わせた肌対策をみていきましょう。

春は肌の乾燥に気を付けよう

春の空気は、思いのほか乾燥しています。

「冬が過ぎたから大丈夫」と油断しがちですが、花粉が飛んだり、紫外線が強くなるため、肌ケアは意識していきましょう。

紫外線は、肌のバリア機能を低下させます。

また花粉症だと、目をこすったり頻繁に鼻をかんだりして、肌へ摩擦を与えることで、細胞間脂質に隙間ができてしまい水分が抜けやすくなります。

肌の表皮は0.07~0.2mm程度しかないため、こするとはがれてしまい、乾燥や赤み・かゆみ・腫れという症状がでてくることも。

春は、なるべく肌をこすらないことが大切。
洗顔やスキンケアでゴシゴシこすらないように、意識してください。

日焼け止め対策を行い、しっかりと保湿するスキンケアを怠らないようにしましょう。

夏はエアコンと紫外線に要注意!

夏は部屋を密室にして、エアコンをつけるので、空気が乾燥してしまいます。

また紫外線が強くなりますので、家でも外でも常に肌に負担をかかるのです。

夏にはきちんと水分をとり、室内の湿度を上げることを心がけましょう。

また、紫外線は屋内にいても入ってきます。

「家の中だから大丈夫」と油断するのではなく、日焼け止め対策は必ずおこなうことが、乾燥肌にならないコツです。

秋は気候の変化にご注意を!

夏の厳しさが終わり、秋は過ごしやすい季節なので、このタイミングで肌を整えるとよいでしょう。

夏はどうしても、紫外線カット効果の高い化粧品を使うため、肌は負担がかかります。

秋は、肌のダメージをしっかりリカバリーするために、保湿や美白を意識して徹底的にケアをしましょう。

紫外線量は、夏よりは少なくなるものの、肌の真皮まで届くUV-Aは季節に関係なく降り注いでいます。

肌の奥から乾燥するので、紫外線対策は引き続き、行うことが大切です。

また、秋は天気が乱れやすく、長雨が続いたと思ったら、すぐに空気が乾燥することがあります。
平均的に湿度が低くなるので、空気の保湿も意識しましょう。

冬は乾燥と運動不足にご注意を

冬は、1年のなかでもとくに空気が乾燥する季節です。

空気の乾燥は、顔だけでなく、手のひび割れなど、体のあちこちに悪影響を及ぼします。

保湿力の高いスキンケア用品に切り替えたり、加湿器や保湿機使って、空気を保湿することが大切といえるでしょう。

ボディクリームやハンドクリームなどのアイテムも、しっかり使ってお手入れをすることが大切です。

また冬は、汗をかく機会が減るため、肌の水分が低下するので、適度な運動や水分補給も心がけるようにしてください。

乾燥肌は正しいスキンケアと食事が大切


乾燥肌になる原因は、間違ったスキンケアや食生活が、大きな要因のようです。

乾燥肌で化粧直しをすると、よけいに崩れることも…。

カサカサで粉がふいたような肌は、見た目も実年齢より老けさせてしまいます。

乾燥肌を改善するためには、正しいスキンケアを行い、食生活の見直しをしつつ、しっかりと睡眠をとって、ストレスをためないことが大切です。

そのうえで、季節に応じた対策をできると、1年中乾燥しない、しっとりモチ肌に近づけるでしょう。

まずは、自分にとってハードルが低いものから、はじめてみませんか。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の美白とは、メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすを防ぐこと(医薬部外品)、また、メーキャップ効果によってお肌を白く見せること(化粧品)です。
※本記事のエイジングケアとは、年齢に応じた化粧品でのケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

乾燥肌が原因の肌トラブルを自分で治すには?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…