下まつげのオススメマスカラ7選!塗る時のコツやにじむときの対策とは?

ぱっちり印象的な目を叶えるには下まつげがポイント。
「でも、塗るのが難しかったり似合わない…」
「にじんでパンダ目になる…」

と、下まつげにマスカラを塗らない人も多いかもしれません。

この記事では、簡単にデカ目になれるマスカラのアイメイク方法やメリット、にじみ予防法をご紹介します。

下まつげメイクにオススメのマスカラやつけまつげを使ったアイメイク法まとめもご紹介するので参考にしてみて下さいね。

下まつげにマスカラを塗るメリット

下まつげにマスカラを塗るとどんなメリットがあるのでしょうか。
メリットは具体的に6つあります!

(1)デカ目効果アップ

上下のまつげの毛先が長く見えることによってぱっちり大きい目になれます
また、目の印象が強くなるので必然的にデカ目効果アップ。

眉メイクとのバランスも重要です。

(2)目元に立体感が出る

まつげがしっかりカールすることで、目元に立体感が生まれます。
上まつげだけではなく下まつげもカールさせることで、下まぶたの光・影を、コントロールし、立体感のある目元に仕上がります。

(3)小顔効果

まつげの長さを出すことで顔の下半分の面積が狭く見えます。
それによって小顔効果も期待できます。

面長顔の方にもオススメです。

(4)童顔に見える

顔の重心が下に下がることによって、童顔に見える効果もあります。
可愛らしい雰囲気に憧れる方にオススメです。

つけすぎると見た目が老けることも

あまりつけすぎるとまつ毛が影になってしまい、見た目が老けることもあります。
適度な分量をつけるようにしましょう。

(5)印象を自由自在に変えられる

下まつげの中でもどの部分にしっかりマスカラを塗るかによって、印象を変えられます!
目尻をしっかりつけたならたれ目に、中心なら黒目がちの目に、目頭なら求心顔になり、大人っぽい雰囲気に。

他のアイメイクとのバランスを考えながら仕事先でのメイク、休日メイクと使い分けるのも楽しいですね!

(6)アイメイクのバランスが良くなる

上まつげはしっかりメイクしていても、下まぶたは何もしていない状態だとアンバランスになりどこか垢抜けない印象になってしまいます。
上まつげにマスカラを塗るなら、下まつげにもこだわりましょう。

マスカラを塗るときのコツ

上まつげに比べて、短くて細い下まつげにマスカラを塗るのは難しいですよね…。
そこで綺麗に塗るコツを紹介します!

先にマスカラ液をティッシュオフ

マスカラを塗る前に、一度ティッシュでダマをオフするようにしましょう。
マスカラが目元に付着するのも防ぐことが出来ます。

目元の油分をオフ

瞼が美容液や乳液などの油分でベタついている状態でマスカラを塗ると、にじみの原因にもなります。

目元の油分は、マスカラを塗る前にティッシュオフをしましょう。
このひと手間で、アイラインやアイシャドウもメイク崩れしにくくなります。

目元にもフェイスパウダーをのせる

スキンケア用品の油分をオフしたらベースメイクの際にフェイスパウダーを目元にもしっかりとのせましょう。
とくにBBクリームなど油分が多いアイテムは崩れやすいので注意が必要。

この時、アイシャドウ用の小さいブラシを使うと細かい部分にまでパウダーが行き届くのでオススメです。

ビューラーを使う

上まつげにビューラーをする方がほとんどだと思いますが、下まつげにもビューラーをすると綺麗に真っ直ぐ伸びるのでその後にマスカラを塗りやすくなります。
更にスクリューブラシでまつげの絡まりをとるのも効果的です!

マスカラを縦に持つ

いっぺんに広い範囲にマスカラを塗るのではなく、マスカラを縦に持ち一本一本伸びるように塗っていくようにしましょう。

ベビーパウダーでボリュームアップ

いつも通りにマスカラを塗った後ベビーパウダーを綿棒にとります。
それを均一にまつげにのせ、再度上からマスカラを塗るだけでボリュームアップします!
マスカラの密着力も高まるので一石二鳥です。

マスカラがにじむときの対策

季節にもよりますが朝綺麗にマスカラを塗れても時間の経過とともに外出先で汗や皮脂が原因でパンダ一直線に…絶望感に苛まれることもありますよね。
そのような時の対策について説明します。

クレンジング綿棒でオフ

目元が黒くにじんだ場合に指などで擦ると皮膚を傷めてしまいます。
その様な場合は薬局などに販売しているクレンジング剤が綿棒に付いている物を外出先で持ち歩くようにし、丁寧に汚れをオフするのがオススメです。メイク直しはそれからしましょう!

下地・トップコートを使う

地まつげに直接マスカラを塗るよりも下地を塗ってからの方がカールキープ、にじみにくさ共にレベルアップします。
さらに透明のトップコートを最後に塗ることによってにじみにくく、艶が増しより印象的な目元に。

下まつげにオススメマスカラ

実際に人気で口コミも高評価のマスカラをピックアップしました。

フローフシ / モテマスカラ TECHNICAL 3


フローフシ モテマスカラ TECHNICAL 3

本体価格 1,800円(税抜)
発売日 2017/9/23
ブラック
特徴 @cosmeマスカラランキング9位

まつ毛の根元にしっかり入り込む、四角柱×2.5mmの長極細マクロブラシマスカラ。
自然界と同じ、高濃度マイナスイオンを発生する独自の美容成分「エンドミネラル(R)」が従来の120%配合されています。
ウォータープルーフと、お湯落ちタイプの両立を叶えた新技術「WPフィルム(R)」を採用!
汗・水・皮脂に強く、にじまないのに簡単にお湯オフ可能です。

口コミ

まつげがボリュームアップされ、にじまない点が評価高めです!

クリニーク / ボトムラッシュマスカラ


クリニーク ボトム ラッシュ マスカラ # 01 ブラック

本体価格 2,200円(税抜)
発売日 2011/4/8
ブラック
特徴 2011年上半期ベストコスメマスカラ部門第3位

下まつげ専用の小さめブラシで、下まつげの1本1本にぐんぐんと伸びる力を与えます。
簡単にお湯オフ可能!

口コミ

ブラシが短く塗りやすい点が評価され、一度使うと長く愛用する人が多く見受けられます。

デジャヴュ / タイニースナイパーa


デジャヴュ タイニースナイパーa ピュアブラック

本体価格 1,000円(税抜)
発売日 2015/11/1
ピュアブラック
特徴 リニューアル発売

Wまつげケアでまつげをやさしくいたわる塗るつけまつげ(マスカラ)です。
まつげ1本1本をフィルムコーティングしながら、傷んで広がったまつげのキューティクルを閉じ、潤いの蒸散を防ぎます。
皮脂・汗・涙をはじいて1日中キレイな目元をキープし、オフする時は負担をかけずお湯で簡単にオフ。

口コミ

ブラシが斜めになっていて珍しい形なので細かい部分にも塗れると評価高めです。
目尻に重ね塗りするとより横幅間を強調することが出来ます。

オペラ / マイラッシュアドバンスト


オペラ マイラッシュアドバンスト 5g

本体価格 951円(税抜)
発売日 2017/2/15
ブラック
特徴 @cosmeベストコスメアワード2017ベストマスカラ第1位

簡単キレイに、自然に際立つまつげに仕上げるマスカラ。
繊維なしで自然な長さが出る新処方です。

にじまずお湯でオフ可能!
ブラシもさらにスリム化され、根元やキワまで簡単に届き、まつげを1本1本セパレートできます。

口コミ

乾きが早く、まつげが長くなるという口コミが多く見受けられます!

メイベリン / ボリュームエクスプレスビッグアイ


メイベリン ボリューム エクスプレス ビッグアイ 01 ブラック

本体価格 1,500円(税抜)
発売日 2014/11/22
ブラック・ブラウン
特徴 上まつ毛用、下まつ毛用が1本になったマスカラ

下まつげ用マスカラは、ミニブラシで短いまつ毛まで1本1本くっきり強調。
美容成分配合で艶が増し、ぱっちり印象的な目元に仕上がります。

お湯で簡単オフできるフィルムタイプです!

口コミ

こちらはとくに下まつげ用部分の評価が高いアイテムです。

ケイト / ラッシュマキシマイザー


カネボウ ケイト ラッシュマキシマイザー<カラー:EX1>

本体価格 1,200円(税抜)
発売日 2013/8/1
EX-1
特徴 @cosmeベストコスメアワード2017殿堂入り

ロング・ボリューム・カールキープ処方。
汗・水に強いウォータープルーフタイプです!

口コミ

つけまつげいらずとの声も上がっています!
ケイトは薬局の化粧品コーナーで割引で販売していることが多いので定価より安く手に入れることができます。

キャンメイク / クイックラッシュカーラー


キャンメイク クイックラッシュカーラーBK ブラック 6g

本体価格 680円(税抜)
発売日 2012/10/1
ブラック・透明
特徴 @cosmeベストコスメアワード2014殿堂入り

マスカラの上から重ね塗りすることで、上向きまつ毛をキープするトップコート。
とく殊型ダブルコームでまつ毛を持ち上げ、きれいにセパレートします。
ウォータープルーフ・スマッジプルーフ!

口コミ

透明タイプ、ブラックタイプがあるのでお好みで使い分けも可能です。
何より下地とトップコート両方を兼ね備えている点での評価が高く見受けられました!
化粧品自体の値段が安いのでとてもコスパが良いアイテムと言えます。

下まつげが少ないならつけまつげでボリュームアップ!

下まつ毛が少なくてマスカラが塗れないという方もいますよね。
その時はつけまつげでボリュームアップさせましょう!
今ではとても地まつげに近いナチュラルな商品も多く出ているので自然にぱっちり目になれます。

つけまつげのつけ方のコツ

つけまつげを付けるのは細かい作業なので難しく感じますよね。
そこでつけまつげを上手に付けるコツを紹介します。

  1. 先が平たい毛抜きを使う
  2. 短めにカットしておく
  3. 硬くなっている芯を指で柔らかくする
  4. 中心部分からつける

上記のポイントを意識してつけまつげを付けましょう。

まつげメイクはクレンジングも重要

パンダ目予防のためにトップコートは重要ですが、逆にクレンジングが大変になってしまいます。
いつも通りのクレンジングでは綺麗にマスカラが落ちきれず、まつげが痛み抜け毛の原因にもなります…。

ポイントメイクリムーバーがオススメ

洗顔前にクレンジングをしますよね。

アイメイクを楽に落とすためにオイルクレンジングを使われている方も多いと思います。
ただし、ベースメイクまでオイルクレンジングで落としていると、肌の乾燥が進んでしまうのであまりオススメ出来ません。

ポイントメイクリムーバーでアイメイクだけオフし、肌に優しいクレンジング剤でベースメイクを落としましょう!
最初は少々面倒に感じますが習慣化してしまえば問題ありません。

目元用のリムーバーは通常のクレンジングよりも洗浄力が高めになっています。
そのため落ちにくいマスカラも楽に落とすことが出来ます!

ポイントメイクリムーバーの使い方

  1. リムーバーをコットンに染み込ませる
  2. コットンを2枚に裂く
  3. 1枚を下まつげ、目のきわに置いてもう1枚を上からゆっくり押しあてリムーバーを馴染ませる
  4. 取れにくいマスカラの場合は優しくコットンを滑らせる

細かい部分は綿棒などで落としましょう。
擦って落とそうとするのはとても危険です!

とくに敏感肌の方は、目が腫れたりする可能性があります。
その後のスキンケアでは最初にオイルで肌を柔らかくし、化粧水・美容液・乳液・目元用クリームを塗るなどしてしっかり保湿してあげましょう。

下まつげメイクでぱっちりデカ目に!

下まつげメイクまとめはいかがでしたか?少しの工夫と対策でぱっちりデカ目が叶う下まつげメイク。
仕上がりの好みによってアイテムの選び方も様々です。
今まで挑戦していなかった方もまずはプチプラアイテムから試してみるのもオススメです。

下まつげにマスカラを塗って明日からぱっちり印象的な目を手に入れましょう!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

下まつげのオススメマスカラ7選!塗る時のコツやにじむときの対策とは?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…