ニキビに効く?オススメ保湿クリームランキング!正解のケア方法は?

ニキビに効く?オススメ保湿クリームランキング!正解のケア方法は?

気づくと出来ているニキビ。
あなたは、ニキビが出来ている時のスキンケアはどうしていますか?

通常のスキンケアをする時に、保湿クリームを塗る方も多いと思います。
しかし、保湿クリームは、油分が多いイメージがあるため、ニキビの時も使ってもいいのか気になりますよね。

そんな今回は、ニキビケアもできるオススメの保湿クリームランキングをご紹介します。
また、ニキビケアもできる保湿クリームの選び方や正しいケア方法、効果を上げる保湿クリームの使い方などもあわせて参考にしてみてくださいね。

ニキビケアに保湿クリームは必要?

保湿クリームは、スキンケアで使った化粧水や美容液などの保湿成分や美容成分を閉じ込め、油分でフタをする役割があります。

しかし、保湿クリームの油分は、ニキビを悪化させるのではないかと気になりますよね。

そもそも大人ニキビは、10代の思春期に出来るニキビとは異なり、乾燥が原因となります。

肌が乾燥する事で、外的刺激から肌を守るバリア機能が低下したり、過剰分泌された皮脂がアクネ菌の餌になってしまうわけなんですね。

スキンケア後は、油分のあるクリームでフタをしないと、せっかくつけた保湿成分や美容成分がどんどん蒸発していく事に。

保湿が充分にされずバランスが崩れて、余計にニキビを悪化させる事につながるのです。

スキンアドバイザー

ニキビを防ぐためにも、保湿クリームを使ったスキンケアが大切ですよ!

ニキビケアもできる保湿クリームの選び方

一言で保湿クリームと言ってもさまざまなものが売られています。

ニキビケアもできる保湿クリームを選ぶには、どんな所に注目すればよいのかまとめてみました。

保湿成分が多いもの

本来お肌が持つバリア機能を高めるセラミドや保水力を高めるヒアルロン酸

肌にハリを与える年齢肌対策もできるコラーゲンなどがオススメです。

ニキビに効果的な美容成分が配合されている

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸アラントイン

ニキビの赤みや炎症を抑えたり、肌を保湿しニキビ予防するビタミンE(トコフェロール)もいいですね。

ノンコメドジェニックテスト済みのもの

ノンコメドジェニックテストとは、ニキビの初期段階にもなる、毛穴に皮脂や角質が詰まった状態にならないかを調べる試験の事。

ニキビが出来にくい成分を使っているかがわかるので、ニキビの元になりにくい化粧品選びが可能なのです。

無添加のもの

ニキビが出来ている時の肌は、外部からのダメージを受けやすくなっています。

いつもよりバリア機能が低下しているため、少しの刺激でもニキビを悪化させてしまう事に。
刺激性の少ないものや添加物を含まないクリームがおすすめです。

ニキビに効果的!コスパ優秀保湿クリームおすすめランキング

ここで、ニキビに効果的なおすすめの保湿クリームランキングをまとめてみました。
保湿成分はもちろん、ニキビに効果的な美容成分が入った成分もコスパも優秀なアイテムばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位 ルナメア ACジェルクリーム

ルナメア ACジェルクリーム 初回限定¥1,080(税込)

ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ステアリルとビタミンE誘導体のトコフェロール酢酸エステルを配合。

この有効成分と植物エキスやグリセリンなどの保湿成分を富士フイルム独自のナノ化技術で、お肌の角質層へ浸透させます。
そのため、肌の表面ではなく内側から潤わせる事が出来るのです。

ノンコメドジェニックテスト済みなのも安心なポイントですよね。

こちらのジェルクリームの他に、洗顔料とノーマルタイプとしっとりタイプの2つの化粧水がトライアルセットになっています。

こちらは、楽天やamazon の他、ドラッグストアなどでも購入できますが、一番お得なのは公式サイトになります。

公式サイトだと、1週間分14回使えて初回限定¥1,080(税込)。

この価格で、ジェルクリームを始め、スキンケアラインで試せて送料無料なのが嬉しいですよね。
価格が安いのはもちろん、質もいいのでコスパ抜群です。

ルナメアACの詳細を見てみる

2位 パルクレールジェル

パルクレールジェル 通常価格¥9,700(税抜)
美肌パックコース¥4,980(税抜)

日本人の肌に合わせて作られた有効美容成分98.8%配合の薬用保湿クリーム。

保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、スクワランなど高保湿成分を配合。
有効成分には、ニキビの炎症を抑えるアラントインや肌リズムを整えるプラセンタエキスが配合されています。

乾燥した肌にアプローチしながら、ニキビを予防する効果がある1本です。

美容成分がしっかり配合されているのに、アルコールフリーや着色料フリーなど肌の刺激になりやすい成分が含まれていません。
そのため、敏感肌の方でも安心ですよね。

こちらは、オールインワンゲルとしても使用できますが、スパチュラが付いていないので、別に用意をする必要があります。

公式サイトのみの取り扱いとなり、美肌パックコースだと、通常価格¥9,700(税抜)のところ¥4,980(税抜)。

さらに、ニキビをしっかりと隠し美肌ケアができる美容成分配合のカラーコントロールが付いているのが嬉しいポイント。(¥2,500相当)

また、期限のない永久返金保証書ニキビコンシェルジュによるお悩みサポートも完備しているのも魅力的です。

購入者へのサポート保証や美白ケアしながらしっかりニキビを隠せるコントロールカラー付きなので、お得感もたっぷり!

敏感肌にも優しいオールインワンゲルなので、他のスキンケアアイテムを揃える必要がなくコスパがいいのも嬉しいですね。

パルクレールジェルの詳細を見てみる

3位 メルライン

メルライン ¥7,000(税抜)
集中ケアコース¥4,980(税抜)

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kを配合。
赤ニキビに効果的で、悪化を防ぎながら保湿をしていきます。

また、4種類の美白成分が配合されているため、ニキビ跡も残しにくいケアが出来るのです。

あごやフェイスラインに出来る乾燥しがちな大人ニキビをターゲットにしているため、刺激になりやすい成分も入っていません。

3つのヒアルロン酸やコラーゲンを始めとした10種類の保湿成分を配合しているのに、ベタつかない使用感がポイント。
水のようなテクスチャーは、肌馴染みも抜群です。

スパチュラ付きなので衛生面でも安心ですし、オールインワンゲルとしても使えるので、あれもこれも使わず1個で済むコスパの良さも嬉しいですよね。

メルラインは、公式サイトのみの販売。
定期発送の集中ケアコースだと1ヶ月分55g¥7,000(税抜)のところ、¥4,980(税抜)+送料無料となります。

さらに、クレジットカード決済だと初回のみ¥500オフの¥4,480(税抜)となり、送料無料にプレゼントも付きます。
180日間の全額返金保証付きなのもポイントですね。

ニキビの炎症を抑えながら保湿するオールインワンゲルで、コスパがいい点に加え、スパチュラ付きで衛生面も安心です。

メルラインの詳細を見てみる

市販の保湿クリームはニキビに効果あり?

では、市販で購入できる保湿クリームは、ニキビに効果はあるのでしょうか?

保湿クリームとしてよく知られる3つの商品で検証してみました。

ユースキンA

【指定医薬部外品】ユースキンA 120g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

薬用成分が配合された保湿クリームのユースキンA。
肌が敏感な方向けのユースキンSもおすすめです。

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸が配合されているので、赤ニキビの炎症を鎮めてくれます。
また、血行を促進するビタミンEが配合されており、ニキビ跡にも効果的と言われているのです。

保湿成分は、グリセリンなど安い保湿剤なので、季節により周りの湿度に影響されやすく、保湿剤の役割を果たせない事もあります。

ニベアの青缶

ニベア クリーム 大缶 169g

保湿クリームとして有名なニベア青缶。

Yahoo!知恵袋では、ニベア青缶をニキビに塗っても大丈夫なのか?という質問がありました。

ニベア青缶には、アクネ菌を殺菌するスクワランやビタミンが含まれるホホバ油なども入っていますが、主な成分は油分の多い保湿成分が中心

これでは、毛穴の詰まりを促進してしまうばかりか、抗炎症作用も配合されていないので、ニキビを悪化させてしまう恐れがあるのです。

しかし、乾燥肌の方やニキビがない時の普段のスキンケアに使う分には、潤いを補い、肌リズムを整えるため、ニキビ予防としては有効です。

また、TVで紹介されたガッテン塗りなども、肌にトラブルがない時は有効ですが、ニキビがある時は控えてくださいね。

オロナイン

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

アクネ菌を殺菌するクロルヘキシジングルコン酸塩液が有効成分のニキビの市販薬。
抗炎症作用があるので、赤ニキビにも使えます。

保湿成分は、ワセリンやオリーブオイルなど油分が中心なので、保湿効果はあっても保水効果はないに等しいでしょう。

また、オロナインは保湿クリームではなく薬なので、副作用が出る恐れがあります。

かゆみや発赤が出る場合もあるので、注意が必要です。
▼その他の保湿クリームについて知りたい方はこの記事をチェック!

保湿クリームの正しい使い方

保湿クリームは、たくさん塗ればいいというものではありません。
正しい使い方をする事で、はじめて効果が期待できます。

ここで、保湿クリームの正しい塗り方をまとめてみました。
更に詳しい使い方は「乾燥肌必見!顔用保湿クリームの効果を高める正しい塗り方!」でも紹介しているので参考にしてみてくださいね。

水分補給はしっかりと!

洗顔後は、化粧水でしっかりお肌に水分を与える事が大切です。

クリームを塗ってからだと、油分が邪魔をして水分が角質層までうまく浸透しないので、必ずクリームのに保湿してくださいね。

1回の使用量を守る

1回の使用量は、多すぎるとニキビの原因となるだけでなく、ベタつきやテカリを招く事も。
また、少なすぎても、保湿効果が充分に得られず、ニキビケアが出来ません。

製品に書いてある1回あたりの使用量を必ず守りましょう。

乾燥しがちな部位は重ね塗りする

顔の部位によって、とくに油分が多い所や乾燥しがちな所があります。
皮膚が薄い目元や乾燥しがちな口元など乾燥が気になる部分には、クリームを重ね塗りするのもおすすめです。

さらにとくに乾燥が気になる所には、クリームをのせて5分ほど置いてから、馴染ませるとより保湿力が高まります。

スキンケアタイプに合わせたおすすめの使い方

肌質は人それぞれなので、油分や水分の量も違いますよね。
また、肌状態はちょっとした環境の変化でも変わります。

その日の自分の肌への馴染みやすさや使い心地に合わせて保湿クリームを使うのも大切なのです。

乾燥肌

乾燥肌の人には、保湿成分がたっぷり入った保湿クリームがピッタリ。

その日の乾燥具合によって、肌表面を滑らかにするオイルをプラスするのもおすすめです。

脂性肌

オイリー肌の人は、皮脂分泌を気にして、油分が多いイメージの保湿クリームを省いてしまいがちですよね。

10代の肌なら使わなくても大丈夫ですが、大人ニキビを招く乾燥肌には小量でも必要です。
美容成分で肌に栄養をプラスする事で、肌のphバランスも整いやすくなりますよ。

とくに油分の分泌量が気になる日は、クリームよりも水分量の多い乳液で仕上げるのもおすすめです。

インナードライ肌

乾燥の自覚がなくても、肌の中が乾いているインナードライ肌で皮脂が多く出ているケースもあります。

普段、クリームを使ってない人ほど乾燥しやすい傾向にあるので、スキンケアの後は、必ずクリームでフタをしましょう。

混合肌

Tゾーンはベタベタで他は乾燥しているという混合肌の方は、肌が水分不足の状態。
ターンオーバーが乱れているので、潤いバランスも崩れています。

Tゾーンは保湿クリームの量を少なめに、乾燥しがちな所は量を多めにつけましょう。
▼保湿クリームの詳しい使い方について知りたい人はこの記事をチェック!

さらに効果を上げる保湿クリームの塗り方のポイント!

ここで、さらに効果を上げる保湿クリームの塗り方のポイントを見てみましょう。
ちょっとしたポイントで効果がUPするので、ぜひチェックしてみてくださいね。

保湿クリームを手の平で温める

スキンケアアイテムは、人肌で温めると肌になじみやすくなります。

保湿クリームを手に取ったら、人肌で温めてから塗るようにしましょう。

あいちゃん

保湿クリームの塗り方にもコツがあるんだね~!私も実践してみよう!

顔の5箇所に分けてクリームを置く

保湿クリームをそのまま顔に伸ばしてしまうと、肌を摩擦し刺激を与えたり、ムラになる可能性があります。

そのため、保湿クリームは、1回分の使用量をおでこ・鼻・両頬・あごの5箇所に分けてから内側から外側へ優しく広げましょう。

夜はベッドに入る2時間前に塗る

保湿クリームは、浸透し始めるまで時間がかかります。
睡眠前に保湿クリームを塗っておく事で、寝ている間に美容成分をお肌に届ける事が出来るのです。

ティッシュオフでメイク崩れを防ぐ

朝のメイク前に使う時は、肌に付いた余分な保湿クリームを軽くティッシュオフしましょう。

余分な油分が取れるため、化粧崩れも防げます。

保湿クリームの間違った使い方

次に、保湿クリームの間違った使い方をご紹介します。
この機会に、保湿クリームの使い方を見直してみてくださいね。

大量塗りを毎日行う

保湿クリームの大量塗りを毎日繰り返してしまうと、水分と油分のバランスを崩してしまうだけでなく、肌が保湿も皮脂も足りていると勘違いする事に。

すると、肌が本来持つ皮脂の分泌や保湿成分の生成がうまく機能しなくなるのです。
保湿クリームのパックは、とくに乾燥がひどい時だけに留めましょう。

顔が濡れた状態でクリームを塗る

顔が濡れた状態で保湿クリームを塗って、水分を全部閉じ込めようと勘違いしている方がいらっしゃいます。

これは、とくにオールインワンゲルタイプの保湿クリームを使っている方に多いです。

顔に付いた水分は、分子が大きいので浸透せずほとんどが蒸発してしまいます。
また、水分によってクリームの成分が薄まる可能性もあるので、軽く水気を取ってから使いましょう。

クリームをすり込んだり擦っている

クリームを塗るときに、擦ったりすり込むようにつけていると肌への負担となります。

肌トラブルの元になるだけでなく、ニキビに刺激を与えてしまう可能性もあります。
クリームは、優しくなじませるように塗りましょう。

ニキビができにくいその他のおすすめスキンケア商品

保湿クリームでニキビをケアするのも大切ですが、クリームの前に使う化粧水などを見なおす事も大切です。

ニキビが出来てしまった時は、いつものスキンケアをお休みして、ニキビの出来にくいスキンケアアイテムに切り替えるのが効果的です。

化粧水編

まずは、ニキビが出来てしまった時の肌にオススメの化粧水成分を見てみましょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧水

ビタミンC誘導体は、余分な皮脂を抑える作用があります。

また、ビタミンC誘導体は、通常のビタミンCよりも肌になじみやすいので、ニキビか出来てしまった時に効果的なのです。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naやリン酸アスコルビルという表記のあるものを選びましょう。

ハトムギ化粧水

ハトムギには、肌機能を活性化する効果があります。

余分な老廃物を排出したり、肌の生まれ変わりをサポートするので、ニキビが出来た時にオススメなのです。

ハトムギには、免疫力がUPするゲルマニウムという成分も含まれているため、炎症ニキビを抑える効果もあります。

アロエ水

アロエには、殺菌作用や抗炎症作用があるため、炎症ニキビにも効果的。

他にも、ダメージを受けた肌を整えコラーゲンを増やしたり、肌リズムを整える作用もあるため、ニキビ跡にもピッタリです。

アロエ水を自分で作ろう!

ここで、アロエ化粧水の作り方をまとめてみました。
用意するものは、アロエ1枚・エタノール・グリセリン・精製水。

  1. 空の化粧水容器にカットしたアロエを入れたら、被る位エタノールを注ぎます。
  2. 2〜3日放置し、液体が茶色になったら、アロエを取り出します。
  3. 2にグリセリンと水を加えて完成です。

グリセリンは、多めに入れるとしっとりと、少なめに入れるとさっぱりしたテクスチャーに。
グリセリンと水のバランスは、肌質や使用感に合わせて調節してください。

また、肌が敏感な人は、使う前にパッチテストを行ってくださいね。

オイル編

ニキビにオイルはNGなイメージがあると思います。
しかし、オイルの成分をきちんと選べば、ニキビが出来てしまった時でもOKなのです。

美容オイル

オイルと一言で言ってもさまざまな種類があり、使う人との肌の相性にもよります。

酸化しやすい植物性オイルと皮脂の中にも多く含まれるオレイン酸が多く含まれるオリーブオイルなどは、ニキビが良くなった人もいれば悪化してしまった人がいるようです。

この2つは、ニキビを悪化させる可能性があるので注意が必要です。

ホホバ油

ホホバオイルは、植物性のオイルですが、ニキビに対して効果的。

アクネ菌を殺菌する作用や抗炎症作用、消炎作用があるので、ニキビに直接働きかけてくれます。

また、高い保水力を持ち、肌の乾燥を防ぐ効果やビタミン群が豊富なので、肌リズムを整える作用もあるのです。

ホホバオイルは、ニキビに積極的に使っていきたいオイルなのですね。

ニキビを繰り返さないために肌環境を整える

すでに出来てしまったニキビをスキンケアでケアしながら、内側からニキビのできにくい肌を作りましょう。

繰り返しがちなニキビを予防するには、普段の生活習慣から見なおす事も重要です。
これは、すべての肌タイプに共通する事なので、ぜひ参考にしてくださいね。

毎日の保湿ケアを怠らない

保湿が充分でないと、皮脂を過剰に出してしまうのはもちろん、ターンオーバーを乱す原因になります。

肌の潤い成分の基礎となるコラーゲンやヒアルロン酸を補う事が大切です。

睡眠不足の解消

ダメージを受けた肌は、睡眠中に修復されます。
そのため、睡眠のリズムが乱れたり、睡眠不足になると、それがストレスにつながるのです。

結果的に、充分に肌が修復されないばかりか、男性ホルモンが優位になり皮脂分泌量が多くなって、ニキビを悪化させてしまうのですね。

ニキビ解消のためには、質のいい睡眠を心がけましょう。
質のいい睡眠につながるポイントをまとめてみました。

・肌再生がもっとも活発になる22:00〜2:00の間に眠っていること。

・無音にして部屋を真っ暗に。
・寝る3時間前までに食事を済ませる。
・寝る直前にTVやPC・スマホなどを見ない。
7時間以上の睡眠を心がける。

より睡眠について詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてくださいね。

ストレスをためない

ストレスを溜めると、自律神経のバランスが崩れて、男性ホルモンが優位になります。

男性ホルモンは、皮脂を過剰に分泌する働きがあるため、ニキビが出来やすいのです。

食生活の改善

油っぽい食事や肉中心の食生活は、ホルモンバランスを崩すだけでなく、油自体を過剰に分泌させます。

栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

スキンアドバイザー

スキンケアは体の内側から!食事や睡眠にも気を配りましょうね!

ニキビに効果的な保湿クリームと生活習慣の改善で根本からしっかり治そう!

今回は、ニキビに効くオススメの保湿クリームランキングをご紹介しました。

どんな肌質であれ、大人になって出来たニキビこそ保湿が一番重要なのですね。

スキンケアで保湿を心がけ、生活習慣の改善で、体の外側と内側からニキビを撃退しましょう!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

ニキビに効く?オススメ保湿クリームランキング!正解のケア方法は?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…