くすみオフして透明感アップ!美白クレンジングでワントーン明るい肌になる方法

お肌の色がなんとなく黒くなったような気がする…顔がくすんで見える…。
こんなときは「お肌がもっと白くなったらな」と美白を意識しますよね。

くすみが気になる人に見直して欲しいのが「クレンジング」。
クレンジングはお肌のくすみをオフするのにも効果的なので、顔がくすんで見える人には特に効果的です。

今回は美白に関する正しい知識と、美白になるためのオススメのアイテムを紹介します。

くすみをオフするクレンジングはこちら!

最初に…美白について知っておきたいこと

一般的にイメージする美白は「お肌を白くするもの」ですよね。
しかし、美白の本当の意味とは「メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐもの」と薬機法で定められています。

厚生労働省から認められた美白有効成分が配合されていなければ、「美白化粧品」とは言えない決まりです。
クレンジングに関してはシミ・そばかすを防ぐ効果が認められているものが少ないのが現状です。
詳しく知りたい方は美白化粧品でケアできる肌トラブルをチェックしましょう。

基本的にクレンジングや洗顔でケアできるのは「角質汚れによるお肌の黒ずみ」「お肌のくすみ」と考えましょう。

シミ・そばかす・日焼けによる黒ずみで悩んでいる方は美白美容液や美白クリームなどを使うことをおすすめします。

お肌がくすんでいる原因は?

“]
日焼けや年齢によるシミ・そばかすじゃないのに、なんだかお肌が黒い…それはくすみであることがほとんど。

そもそも、顔がくすんで見えるのは、なぜなのでしょうか。
このくすみの原因は次の4つがあげられます。

  • 肌をこすることでの摩擦
  • 洗いすぎによる皮脂不足
  • 落としきれなかった汚れの蓄積
  • 角質が溜まっている

最初の2つはターンオーバーの乱れを招きます。
ターンオーバーが乱れることで、お肌のメラニンや角質が剥がれ落ちるスピードが変わってしまいます。

およそ28日間で新しいお肌に生まれ変わるはずなのに、古い角質がお肌の表面に残ることでお肌がくすむのです。

さらに、落としきれなかった汚れや角質に関しては、しっかりと取り除くことが大切です。
ここで大切になるのがクレンジングなのです。

クレンジングの種類と選び方


次に、クレンジングについて詳しくご紹介していきます。

クレンジングの種類

クレンジングは主に7種類あります。
クレンジング力の強い順にご紹介します。

シート クレンジング力は最強!
その分肌への負担も大きく、時短時の最終手段
アイメイクリムーバー ウォータープルーフのアイメイクを落とすのに必須!
確実に落とすことが重要!コットを使用してこすらないことが原則
オイル 油性汚れつまり、メイクを油分で落とすクレンジング。
洗顔ポイントはオイルを乳化させること
リキッド 水分ベースのクレンジング。
さっぱりとした使用感でマツエクをしている人はオイルフリーのリキッドがおすすめ
ジェル クリーム状のクレンジング。
クレンジング力は弱いが、油分も含んでいるので肌の潤いもキープできる。
ミルク なめらかな使い心地のミルクタイプのクレンジング。
肌負担も少なく、保湿力も高いので乾燥肌や肌荒れのひとにおおすすめ。

クレンジング選びのポイント

クレンジング選びのポイントは、ベースメイクに合わせて、クレンジングの特徴を理解して選ぶことです。

ベースメイクが濃い場合は、オイル、リキッド、ジェルがおすすめです。
ベースメイクが薄い場合は、ミルク、クリームをお勧めします。

これは、肌への負担を最小限にしながらも、肌にメイクを残さないことが肌のダメージを残さない一番の方法だからです。

また、肌負担を指用言にするためには、クレンジングの際は、絶対にこすらないこと。
ポイントメイクはコットを使用して、優しくなでるように落とします。

すすぎは、30度前後のぬるま湯を使用してください。
これは、皮脂を必要以上に落とさないためです。

そして、一番のポイントは、その日のうちにメイクを落とすことです。

くすみをオフするおすすめのクレンジング

ここでおすすめのくすみオフクレンジングをご紹介します。

アテニア スキンクリアクレンズオイル

2か月分 ¥1,836

おすすめする1番の理由、それは実績です。
「@コスメ ベストコスメアワード2016年」で、堂々のランキング第1位に輝きました。
そんなクレンジングオイルの効果について紹介します。

このクレンジングオイルの1番の特徴は、「肌ステイン」を洗い流して、肌のくすみを改善するというものです。
ワインやコーヒーを飲んだりタバコを吸うと、歯にステインが付きますよね。

お肌の場合も同じイメージで、肌の上で増えた活性酸素が角層のタンパク質に付着し、これが肌の黄ばみに変わっていきます。これを肌ステインと呼んでいます。
この肌ステインは年齢を重ねるごとに多く溜まってゆき、洗顔料や美白化粧品ではなかなか落とすことができないと言われています。
アテニアのクレンジングオイルは、この肌ステインをしっかり落とすことに着目した美白化粧品です。

汚れをしっかり落とすと言われると洗浄力が強すぎるイメージをされるかもしれません。
しかし、アテニアのクレンジングオイルは程良い感じでお肌に必要な油を残してくれるため、乾燥の心配をする必要もありません。

公式HPを見てみる

マナラホットクレンジングゲル

2か月分 ¥2,990

マナラホットクレンジングゲルはお肌に透明感を与えるハイドロキノン誘導体をはじめ、お肌にうるおいを与えるセラミド、ヒアルロン酸などを配合。

94.4%が美容成分だからこそ、キメの整った透き通るようなお肌へと導いてくれます。

また、温かいホットゲルで、頑固な毛穴汚れもスッキリ。
お肌全体の透明感をあげるのはもちろん、小鼻の頑固な毛穴もスッキリします。

公式HPを見てみる

RAFRA バームオレンジ

100g ¥3,240
ラフラ バームオレンジ ホットクレンジング 100g [ダブル洗顔不要・毛穴対策・角質除去]

ジェルタイプのクレンジングです。
マナラホットクレンジングゲルと同じで、温感マッサージができます。

美容液成分もたっぷり入っているので、肌に潤いも与えられます。
最後は、オイルクレンジング同様、乳化させてから、ぬるま湯で洗い流します。

オレンジの香りがするのでリラックスしたい人にオススメです。

カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

200g ¥3,240
カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク 200g

独自の「アクアクレンジングゲル構造」を採用。
肌に乗せるだけで、メイクが浮き上がり、肌に負担をかけずに洗い流すことができます。

美容液成分、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ「MCキトサン」を配合、肌に潤いを与えてくれます。

クレンジング以外のくすみ対処法


クレンジング以外のくすみ対処法をいくつかご紹介します。

酵素洗顔

肌表面に蓄積されたタンパク質がくすみの原因の一つです。
そのタンパク質を溶かすプロテーゼ酵素は、本来人が保有する酵素ですが、加齢とともに減少していきます。そのため、年齢を重ねるごとに肌のくすみが気になり始めるのです。
そんなプロテーゼ酵素を使った酵素洗顔で肌の蓄積したタンパク質を除去し、クリアな肌に導きます。

最近ではドラッグストアなどでも酵素を使った洗顔料が豊富に売られています。
日々のクレンジングと合わせて使用してみてはどうでしょうか

ビタミンCと睡眠

美白には何といってもビタミンCが必要不可欠
食事からも摂取できますが、より効率よく取り入れるためには睡眠も不可欠です。

人は寝ている間に肌を修復するため、睡眠時間が少ないとせっかくビタミンCを摂取しても肌が再生することができません。
一日6時間、最低でも3時間は熟睡できる時間を確保しましょう。

ハーブティーで体の中から

ハーブの中には美白効果のあるものもあります。
例えば、メラニンの生成を抑制する効果のある「ヒース(別名:エリカ)」やビタミンCを多く含む「ローズヒップ」、美白効果として医薬部外品にも認められている「カモミール」など。
ハーブティーを飲んで、体の中から美白しながら、心も体もリフレッシュしてみてはどうでしょうか。

そもそも美白化粧品って?


くすみをオフするのに効果的なクレンジングをご紹介してきました。
しかし、実はこれらは美白化粧品ではありません。

一般的に美白化粧品はシミやそばかすの生成を防ぐこと。
そのため、美白成分が入った化粧品の正しい使い方としては、シミ対策として使うことになります。

美白化粧品は“メラニンによるシミ・そばかすを防ぐ”化粧品ですので、角質汚れやくすみに関しては劇的な効果を得られるわけではありません。

つまり美白しようとしても、メラニンが原因であるシミと、ターンオーバーの乱れによるくすみでは選ぶ化粧品が変わってくるのです。

くすみをなくしたいのであれば、“汚れをしっかり落とし、ターンオーバーを正常にして透明感をアップする”方が大切です。

自分の肌の状態に合わせた化粧品選びが大切です。
くすみをオフするクレンジングを知りたい方はおすすめのくすみオフクレンジング

美白成分で対処できるシミとできないシミ

シミの原因は紫外線によりメラニン成分ができたものです。
美白成分を使うことによって改善できるのではと考えてしまいがちです。
しかし、シミはもう少し複雑なものなんです。

シミにはいくつか種類があり、正しい対処法でなければしっかりとした効果は期待できません。

各シミの特徴と美白成分を使ってシミを消す上で、ぜひ覚えておいていただきたいことがあります。
それは、美白化粧品で対処できるシミとできないシミがあるということです。

シミの種類に合わせた美白方法を見ていきましょう。

老人性色素班

このシミは日焼けの積み重ねによって出来るシミです。
若い時から日光に当たって蓄積した紫外線による肌ダメージが、40歳前後になると急に増えてきます。

化粧品でケアする場合、はじめのうちのうっすらとしたものには美白成分が効果を発揮します。

しっかりとお肌に定着してしまったシミは皮膚の構造自体にシミが及んでいるため、美白成分ではなく他の改善方法を用いることとなります。

肝斑

肝斑の原因は女性ホルモンの乱れが大きく影響しています。
特に30代から40代の女性に目立つシミです。このシミは、美白化粧品でのケアが有効です。

特にピーリングと合わせて行うと良い効果が高まります。

炎症性色素沈着

こちらは紫外線というより、ニキビや傷肌に起きた炎症が跡になって、それがシミに変わったものです。

そもそも傷になることを防げばこのシミも防げるはずですが、シミができてしまった場合、美白化粧品でお手入れをすると効果があるでしょう。

このシミもピーリングが一番即効性があります。それからビタミンC イオン導入も効果的です。

脂漏性角化症

ぼつぼつと干しぶどうの表面のような見た目のしみです。
このシミは皮膚の構造そのものが変化しているため、美白成分の効果は期待できません。
レーザー治療等で直す事になります。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは10代の頃から少しずつでき始め、鼻の周りに小さい茶色いシミが散在するようになるのが特徴です。

美白成分の効果が期待できるはずですが、遺伝的な要素もあるため、あまり薄くはならないことが多いようです。

美白成分の入った化粧品の正しい使い方


美白成分が入った化粧品の正しい使い方をもう少し詳しくご紹介します。

美白化粧品は毎日使うこと

美白化粧品はどの季節に使えばいいと思いますか?多くの人が春から夏にかけてと思っていることでしょう。

なぜなら、その季節になると化粧品メーカーが一斉に美白化粧品や日焼け止めのCM を流し出すからです。

でも、これまで説明したように、シミはこれまで浴びてきた紫外線がお肌に蓄積し、それがある時シミとなって現れてくるのです。

そのため、美白成分は季節や天気に関係なく、1年を通して毎日お肌に与え続けてこそ効果が期待できるものです。

繰り返しますが、美白化粧品はシミを消すということが目的ではなく、シミができないように予防するものです。

美白化粧品の効果を高める方法

ビタミンC 誘導体の成分は美白成分のなかでも、とても効果が期待できるものです。
ビタミンC 誘導体は、紫外線によるメラニン生成の働きを抑え.メラニンの一部を薄くしてくれる効果が期待できます。

コットンに化粧品をつけてお肌に塗るのでも効果がありますが、さらに、効果を高めたい人は、美顔器を使ったイオン導入がおすすめです。

ビタミンC の化粧水をコットンや手のひらでつけた場合と比べ、約20倍も浸透率がアップするといわれています。

なお、サプリメントからビタミンC を摂取しようとする方もいますが、実際のところ、お肌の奥には届きません。
そのため、シミを薄くすることができないのです。

極力化粧品を使ってビタミンC 誘導体をお肌へ与えてください。

毎日使うことが大切!美白クレンジングでキレイなお肌へ


美白とは、紫外線などによるお肌の色の変化を防ぐことで、しっかり予防すれば、本来のお肌の輝きを保つことができるはずです。

日頃紫外線対策をしていても、どうしても日光の影響は受けてしまうものです。
シミができる前からアテニアのクレンジングオイルを使って予防すれば、周りの方より明らかにシミの少ないお肌になることができます。

また、今すでにシミがある方でも、まだ初期段階であれば十分改善することが期待できます。
今回紹介したクレンジングで、あなたが目指す「美白」になれるといいですね!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の美白とは、メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすを防ぐこと(医薬部外品)、また、メーキャップ効果によってお肌を白く見せること(化粧品)です。
※本記事のエイジングケアとは、年齢に応じた化粧品でのケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ美白化粧品ランキング

商品 特徴
ハイドロキノン配合!サイエンスコスメでシミもくすみも徹底ケア
詳細はコチラ
お肌が明るくなる!米エキス&ビタミンCで透明感&高保湿!
詳細はコチラ
低刺激!敏感肌でも使える安心安全な美白化粧品
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

くすみオフして透明感アップ!美白クレンジングでワントーン明るい肌になる方法

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…