ビタミンC誘導体配合の人気化粧水ランキング!ニキビや美白にオススメ!

最近ビタミンC誘導体入り化粧水という文字をよく目にしませんか?
美に敏感なあなたもきっと気になっているのでは?

ビタミンC誘導体には美白やエイジングケアなど効能がいっぱい。
でもどれを選べばいいのか分からない方におすすめの化粧水や選び方のコツをお話していきます。

ビタミンC誘導体に関するお役立ち情報をここでしっかりキャッチしましょう!

ビタミンC誘導体って?


ビタミンCは美肌作りに様々な効果を持つ大事な成分。
しかし肌への浸透力が弱く壊れやすいという性質を持っており、化粧品に配合されても十分にその効果を発揮できていませんでした。

そこでビタミンCを安定させて角質層に浸透しやすい形に変化させたものがビタミンC誘導体
皮膚に浸透するとビタミンCへと変化し、肌の調子を整えるために大いに役立ってくれるというわけです。

ビタミンC誘導体にはいくつか種類があり、それぞれ少しずつ異なる性質を持っています。

水溶性ビタミンC誘導体

水との相性が良く浸透力が高い効果を持つのが水溶性ビタミンC誘導体
主に化粧水や美容液などに配合されています。
美白効果も高いのが特徴の1つ。

成分表示例

  • リン酸型ビタミンC
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル
  • リン酸アスコルビルNa
  • リン酸アスコルビルMg

など

油溶性ビタミンC誘導体

水溶性のビタミンCを油と合わせ改良したもの
油に溶けやすい性質を持っており、主にクリームやジェルなどに配合されています。
安定性が高くゆっくりとですが確実に浸透し、保湿が持続するのが特徴。

低刺激なので敏感肌にも使いやすいです。

成分表示例

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ステアリン酸アスコルビル

など

両性ビタミンC誘導体

水溶性と油溶性のビタミンC誘導体を合体させさらに進化させたもの
水溶性の即効性と油溶性の浸透力を併せ持ち、進化型ビタミンC誘導体(APPS=アプレシエ)とも呼ばれています。

効果の持続性にも優れ浸透力はビタミンCの約100倍とも言われており、今注目のビタミンC誘導体です。

成分表示例

  • アスコルビン酸2リン酸6パルミチン酸
  • パルミチン酸アスコルビルリン酸

など

ビタミンC誘導体の効果


ビタミンC誘導体をとることで肌に期待できる様々な効果を見ていきましょう。

美白・シミ予防

まず挙げられるのは美白効果。
メラニンの生成を抑制し、皮膚の新陳代謝を促進させメラニンの排出をサポート。
また紫外線によって生成される活性酸素を除去する働きもあり、日焼けやシミなどの色素沈着を予防する効果があります。

ただしできてしまったシミには残念ながら効果がありません。

ニキビ予防

皮脂の分泌をコントロールする作用があり過剰な皮脂分泌を抑制。
それによって皮脂を好むニキビ(アクネ菌)の増殖を抑えます。
また消炎作用によって赤ニキビの炎症や悪化を抑えて改善する効果も。

ニキビ跡にも効く!

ビタミンC誘導体には加齢などによって減少したコラーゲンの生成をサポートする作用もあります。
そのためニキビが悪化してできた肌の凸凹(ニキビ跡)をなめらかにする効果が期待できます。

ニキビの悪化を予防することはニキビ跡の予防にもつながるので、ニキビケアに積極的にとりたい成分です。

毛穴にも効果あり

ビタミンC誘導体は毛穴ケアにも最適!
毛穴の黒ずみは過剰分泌された皮脂がそのまま毛穴に残り酸化したもの。
また黒ずみは毛穴を押し広げる原因の1つでもあります。

そこで毛穴ケアにビタミンC誘導体を使うことで皮脂の過剰分泌を抑え黒ずみのできにくい毛穴に。
コラーゲンの生成もサポートしてくれるので肌は内側からハリに満ち、たるんで開いた毛穴も引き締まる。

つまり使い続けていくうちに毛穴がだんだんと小さく目立たなくなるというわけです。

エイジングケア

抗酸化作用があるビタミンC誘導体はエイジングケアにも欠かせません。
老化を促進する活性酸素を除去する他、酸化してしまったビタミンEを再生する力も持っています。

肌の酸化を食い止め老化予防につながるため様々なエイジングケア製品にも取り入れられるようになりました。

またコラーゲンの生成をサポートするため肌の弾力を生み出し、シワやたるみをなくしてハリ肌へ導く効果。

保湿に大切なセラミドの合成を促進させる効果もあります。

血行促進によるターンオーバーの正常化をサポートなど、オールマイティに活躍するビタミンC誘導体。
年齢肌用のスキンケアにはぜひ取り入れたいですね。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方


これだけ大活躍のビタミンC誘導体ですから、その効果がしっかりと反映された製品を選んであげないともったいない!
自分の肌で効果を実感できるよう、以下のポイントをしっかり押さえていきましょう。

ビタミンC誘導体の種類で選ぶ

ビタミンC誘導体は種類によって化粧品との相性があります。

例えば化粧水だと主成分は水。
そのため水になじむ水溶性ビタミンC誘導体、あるいは水と油どちらにもなじみやすい両性ビタミンC誘導体が良いでしょう

またビタミンC誘導体を細かく見ていくと、刺激は弱いけど浸透力も弱いもの。
浸透力が高いけど持続力が低いものなどその特徴も様々。

ビタミンC誘導体の性質や特徴をチェックすることでより自分の求める化粧水を選ぶことができます

自分の肌に合った配合量で選ぶ

ビタミンC誘導体は配合量によって肌への効果も違ってきます。
当然多配合量がければ高い効果を期待できるわけですが、反対に肌が乾燥しやすくなるというデメリットを生み出す場合も。

特に乾燥しがちな人や刺激に弱い人は配合量が多いと肌が荒れる可能性も考えられます。
自分の肌質や求めている効果によって配合量をしっかりチェックしてから選びましょう

一般的な化粧品は1~3%。
医薬部外品では5、6%~8%が多いので参考にしてみてください。

乾燥肌や敏感肌は注意

肌にとても良いビタミンC誘導体ですが、誰にでも合うというわけではありません。
特に乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要です。

皮脂の分泌を調整する作用があるため、皮脂が少なくなって逆に乾燥しやすくなったり刺激を感じやすくなることがあります。
まずは使用前にパッチテストから始めてみてください。

乾燥や刺激を感じた時はどうすればいい?

刺激を感じたら一旦使用をやめて、しっかり保湿して肌が落ち着くのを待ちましょう。
万が一炎症などのトラブルを起こした場合は早めに医療機関での診察をおすすめします。

敏感肌の方は敏感肌用の化粧品を使うことで肌への負担やトラブルを減らすことができます。
しかし万人に合う化粧品というものはなく、人によっては敏感肌用のものでも肌トラブルをおこしてしまうこともあります。

肌に合う合わないは残念ながら使用するまでは分からないもの。
そんな場合はトライアルセットがあることを選択基準に加えておくと良いでしょう。

トライアルセットは安い値段で実際に肌で試すことができるのがメリット
高いものを買ったのに肌に合わなかったなんてことを防げるので、選択肢の1つとして覚えておいてくださいね。

目的に合う有効成分が一緒に配合されているか

ビタミンC誘導体には美白やニキビ、エイジングケアなど様々な効果があります。
しかしその用途や目的によっては化粧品の成分や作り方は違ってくるもの。
用途に合った使い方をするために、保湿や美容成分の内容も一緒にチェックしましょう

例えば美白ならアルブチンやトラネキサム酸。
エイジングケアならレチノールやセラミド、コラーゲンなど。
自分の肌質と合う美容成分であるかも重要なポイントです。

おすすめ有効成分はセラミド

数ある美容成分の中でもおすすめなのがセラミド。
セラミドは肌の角質層に存在し肌の水分を保持する役割を持ちます。
また外部からの刺激をシャットアウトする作用も持ち、乾燥や刺激を防ぐためにもぜひとっておきたい成分です。

ビタミンC誘導体化粧水 おすすめランキング3選!

それではここからはおすすめビタミンC誘導体入り化粧水のTOP3をランキングでご紹介!
TOP3はセラミドも配合された製品を選んでいます。
肌の潤いを守れるか、肌質を選ばずに安心して使えるかなどに重点を置いてみました。

気になる製品があったらぜひチェックしてみてくださいね!

TOP1 ディセンシア サエル ホワイトニングローションクリアリスト

サエル ホワイトニングローションクリアリスト(125ml) 税込価格4,860円
→定期購入4,374円
トライアルセット(通販限定)
→初回限定1,480円

【公式サイトへ】

ポーラ・オルビスグループが開発した敏感肌向けの化粧品ブランド。
敏感肌だけど肌を白く美しくしたいと願う女性の願いをかなえるために作られた低刺激の化粧水です。

特許技術で肌表面にヴェールを張って刺激から肌を徹底的に守りながら、セラミドで肌の中からふっくらとした質感に。
ビタミンC誘導体がメラニンを還元しシミやくすみのない美肌へ導きます。

美白しながらエイジングケアもできるオールマイティな化粧水です。

1位ランクインの理由

なんといっても敏感な肌を徹底的に守ってくれる点が高ポイント。
また浸透力の高いヒト型セラミドをナノ化して、さらに浸透力と効果をアップ。
潤いに関しても言うことナシの◎です!

乾燥や刺激に悩む人と、美肌を目指す人どちらもサポートしてくれる守備範囲の広さ。
高品質なのにお値段がリーズナブルな点も併せて堂々の1位に。

サエルの詳細をチェック

TOP2 セルピュア モイスチャーローション

モイスチャーローション(200ml) 税込価格
4,200円
スキンケアスターターキット
2,160円

【公式サイトへ】

医師が監修したドクターズコスメで敏感肌でも安心。
着色料、香料、鉱物油、アルコールのフリー処方で肌に優しい化粧水です。

3種類のヒト型セラミド配合で1日中モチモチ肌をキープ。
ビタミンC誘導体とアルブチンのw美白成分が紫外線や乾燥のダメージを防いで透明感のある肌に。

ハリや弾力をもたらすプラセンタやエイジングケアに効果的なイソフラボンが加齢によるトラブルもケアしてくれます。

2位ランクインの理由

女性誌でひっぱりだこの、知る人ぞ知る人気化粧水でベストコスメアワードも受賞しています。
保湿キープ力の高さや美容成分が高濃度配合なのにお値段がリーズナブル!

一年中乾燥知らず、刺激ナシに加えビタミンC誘導体の効果でつけ続けるうちに肌の透明感もバッチリ。
女性達の肌悩みに応えてくれる頼もしさで堂々の2位ランクインです。

セルピュアの詳細をチェック

TOP3 ブルークレール ローズエステリッチローション

ローズエステリッチローション(155ml) 税込価格:5,400円
ミニボトル
792円

サラサラとしたテクスチャーのオーガニックローション。
両性ビタミンC誘導体(APPS)の他に保湿力の高いセラミドやプラセンタ、コラーゲンなども配合

肌をみずみずしく潤わせ、しっとり感もしっかり持続。
オーガニックで無添加なので刺激が少なく、乾燥肌・敏感肌にとって心強い味方です。

3位ランクインの理由

APPSなどの2種類のビタミンC誘導体の他に、18種類の美容成分や23種類の植物成分など肌への安心にこだわった製品。
製品の安全面や成分のバランスの良さが◎です。

また150ml→155mlへ増量したのにお値段はそのままなのも高ポイント!
しっかり潤わせてくれる化粧水ですが、サラサラした使用感が物足りないという声もあるので3位に。

市販でおすすめの化粧水

化粧品を選ぶ時はドラッグストアなどでほしい時にすぐ買えるのかもポイントの1つですよね。
そこでここからは市販で買えるビタミンC誘導体化粧水のご紹介です。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション 285ml ポンプタイプ

APPSを高濃度200%配合の化粧水。
ビタミンC誘導体の持つ整調作用が肌サイクルを整えなめらかに。
他にも19種類のアミノ酸や3種類のコラーゲン、ヒアルロン酸などの豊富な美容成分を配合
肌内部からのハリ、ツヤをサポートします。

水分は富山湾のミネラル水を使い美容成分の浸透力を高めるなど、肌のことを考え抜いて作られたなんとも贅沢な1品です。

VC100エッセンスローション(150ml)
5,076円

サイクルプラス エンリッチローション


こちらは珍しい2剤式の化粧水。
ビタミンC誘導体の配合されたパウダーをローションに混ぜてから使います。

APPSをパウダーとローションに分けることでAPPSを安定化。
さらに使用期間を1ヶ月と設けることで新鮮な状態をキープできます。

抗酸化作用の高いビタミンE誘導体。
アルブチンやヨクイニンエキスなど肌トラブルを予防する美容成分もたっぷり配合
まるで美容液のようなクオリティなのに価格はリーズナブル。

ぜひ試してほしい1品です。

エンリッチローション(80ml+パウダー)
2,800円

プチプラおすすめの化粧水

ビタミンC誘導体を配合しているけど値段が高くない化粧水も知りたい。
初めて使う方やたっぷり使ってみたい方にはプチプラ製品がおすすめでしょう。

アサヒ 素肌しずく ビタミンC化粧水

素肌しずく ビタミンC化粧水(本体) 200ml

ビタミンC誘導体の中でも最新型のAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸)。
さらに水溶性ビタミンC誘導体(グリセリルアスコルビン酸)のw配合で浸透力と潤い持続力の相乗効果を発揮してくれます。

美容成分を抱え込んだしずくが肌の上ではじけてスッと浸透。
肌のキメを整え透明感もアップ。

コラーゲンやヒト型セラミドなど13種類の美肌成分も配合されており、コスパ抜群の1品となっています。

素肌しずく ビタミンC化粧水(200ml)
1,059円

ナリスアップ コスメティック スキンコンディショナー ローションVC

スキンコンディショナー ローション VC 500mL

まずはお手頃価格で気兼ねなく試したいという方にはコレが最適!
500mlという大容量でローションパックやニキビ跡にもたっぷり使えて効果的。
ほんのりとしたとろみが肌を潤わせ使い心地もグッド。

プレ化粧水なので、これを使ってから手持ちの化粧水を使うとより浸透力がアップし乾燥や肌のキメが整います。

ビタミンC誘導体をたっぷり使って効果を実感したいならこの1品は外せません。

スキンコンディショナー ローションVC(500ml)
オープン価格
500円前後

併せて行いたい ビタミンC誘導体の効果を引き出すスキンケア


ビタミンC誘導体の魅力をより効果的に引き出すため毎日のスキンケアも意識していきましょう。

メーカーの進める使用法・使用量を守る

ビタミンC誘導体化粧水を使う際はメーカーの推奨する使用法と使用量を守るようにしましょう。
配合濃度はメーカーやブランドによって違うので、使用量も当然違ってきます。

メーカーの推奨する使用量より極端に少ないと肌に成分が行き渡らずせっかくの効果が得られない。
逆に多すぎると乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうなどの可能性が考えられます。

しっかりと効果を引き出せるよう使用法や使用量を意識して使っていきましょう。

朝の使用は避ける?

よくビタミンCは朝使ってはダメと聞くことがありませんか?
ビタミンCは酸化しやすい成分なので日光に当たると変質してシミなどの色素沈着を起こす原因になると言われています。

しかしこれはビタミンCを肌表面に使った場合の話。
ビタミンC誘導体は肌の中でビタミンCに変質するので特に問題はありません。
また酸化しにくいよう改良されているので日中の使用も可能です

ただしメーカーの使用法に夜のみとある場合はそちらを守って使ってくださいね。

手のひらで少し温める

ビタミンC誘導体は成分の影響もあってコットンを使うと肌荒れを起こす場合も。
手でつける方が肌全体に優しくなじみやすいので無難です。
また手のひらに置いて温めてから使うと浸透力も格段にアップするのでぜひやってみましょう。

使用後の保湿をしっかり

ビタミンC誘導体は皮脂分泌を抑制する作用があるため肌が乾燥しやすくなるという側面も。
使った後はしっかり保湿のできるクリームや美容液で乾燥を防ぎましょう
大体においては乾燥肌、敏感肌でもこれで問題なく使えます。

それでも乾燥を感じるという方も中にはいますが、こればかりは相性もあるのでまずは少量から使っていくこと。
朝晩だけでなく日中の保湿も徹底してあげるとかなり改善されていきます。

ビタミンC誘導体で美肌度アップ!上手に選んで上手に使おう


色々な種類と特徴があり、さらに日々進化しているビタミンC誘導体。
使うのであればその特徴を生かした製品を使うことが重要なポイントです。

また配合量が多いほうがビタミンC誘導体の効果も当然大きいのですが、敏感肌の方は少ない量から始めると良いでしょう。
使った後は乾燥しないようしっかり保湿を行うこと。

こういったポイントを押さえて使えばビタミンC誘導体はきっとあなたの味方になってくれるはず。
きれいになっていく肌を見るのが楽しみですね!

■参考文献
【医師監修】ビタミンC誘導体配合化粧水の正しい選び方(スキンケア大学)
【医師監修】最強のビタミンC誘導体!APPSとは?(スキンケア大学)

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

ビタミンC誘導体配合の人気化粧水ランキング!ニキビや美白にオススメ!

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…