安心して使えるハイドロキノン美容液の選び方とおすすめ製品

ハイドロキノン入りの美容液を使ってみたいけれど、刺激が強いと聞くし。
副作用や安全性は大丈夫なの?
そんな不安をお持ちの方は多いと思います。

美白成分として効果が高いと最近注目されているハイドロキノン。
安心して使うために、これらについて詳しくお話していきます。

安全性の高いおすすめ製品も要チェックですよ!

ハイドロキノンの特徴


ハイドロキノンの一番の特徴は高い美白力です。
その効果は他の美白成分と比べても10~100倍とされており、肌の漂白剤とも呼ばれています。
そのためシミ治療のために皮膚科や美容クリニックなどで処方されています。

しかし高い効果の反面、性質が不安定で肌への刺激が強いことから取り扱いの非常に難しい成分でもあります。

日本では未認可

欧米では早くからシミ取り治療などに使われてきたハイドロキノン。
日本では厚生労働省から美白成分としては認可されておらず、医療機関以外での取り扱いは禁止されていました。

2001年以降は、4%以下の濃度であれば化粧品への利用が許可されるようになりました。
未だ美白成分としては認可されていないため、現時点での医薬部外品への利用は認められていません。

※医薬部外品(薬用)は治療目的の医薬品に準ずるもので、化粧品よりも効能や効果を期待できるもののことです。

医薬品と化粧品のハイドロキノンの違いは?

薬機法(当時は薬事法)により化粧品への利用が認められたハイドロキノン。
化粧品での配合は医薬品よりもはるかに低く、1~2%(最高4%)の濃度に抑えられています。

対して医薬品には5~10%程度で使用されているため、化粧品よりも高い効果を出すことが可能です。
しかし、濃度が高くなればなるほどその副作用も比例する危険性があります。

ハイドロキノンはその刺激の強さゆえ使用に関しては注意を払う必要がある成分です。
使用の際は医師や薬剤師と良く相談する必要があります。

ハイドロキノンの美白作用


ハイドロキノンの美白作用は主に以下の2つが挙げられます。

①メラニンの生成を抑える

シミの原因となるメラニン色素。
このメラニンを作り出すチロシナーゼ酵素の働きを阻害することで、メラニン生成を抑制します。
またメラニンを生成するメラノサイトに働きかけ、減少させる作用も持ちます。

②メラニンを還元する

メラニン色素は紫外線により酸化されると黒くなる性質があります。
ハイドロキノンは酸化に対する還元作用を持ち、すでに肌にできているメラニン色素を薄くすることができます。

これら2つの作用によって今すでにできているシミと、これからできるシミのどちらにも対応が可能です。
そのためハイドロキノンは美白有効成分として優れた働きをすると考えられているのです。

ハイドロキノンの注意点


これだけ高い効果を持つからこそ、リスクも大きいことを理解しておかなくてはなりません。
ハイドロキノンを使用する際には以下の注意点をしっかり頭に入れておきましょう。

刺激が強い

ハイドロキノンは大変刺激が強い成分です。
そのため肌の弱い人や肌質によっては赤味やかぶれ、ヒリヒリとした痛みを引き起こすことがあります。
使用の前には必ずパッチテストを行うようにしてください。

3ヶ月以上の連続使用は肌に負担をかけるため、3ヶ月続けたら1ヶ月休むなど肌をお休みさせる必要もあります。

またかぶれが出ても我慢して使うことは絶対にせず、すぐに使用を中止して様子を見るようにしましょう。

紫外線対策が必要

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑えることでシミを予防することができます。
しかしメラニン色素は、もともとは肌を紫外線から守るために生成されるものです。

そのため生成が抑えられると紫外線をブロックできず、肌はもろに紫外線の影響を受けてしまうことになります。
そうならないようハイドロキノンの使用は基本夜間とされています。

昼間にハイドロキノンを使用する時は紫外線対策を絶対に忘れてはいけません。
特に日焼け止めは必要不可欠ですので、必ず塗るようにしてください。
その他にも帽子や日傘などのUVグッズを活用して、紫外線をしっかりブロックしましょう。

不安定で劣化しやすい

ハイドロキノンは熱や光に弱く、不安定で変化しやすい成分ですので、保存は冷暗所で行いましょう。
熱や光で性質が変化してしまったものを使うとシミが悪化する場合もあります。

また開封後は色が変化する前に使い切りましょう
ハイドロキノンは酸素と結合すると変色し、効果が薄れるだけでなく肌に強い刺激を与えてしまいます。

できるだけ1ヶ月以内で使い切るようにしましょう。

ハイドロキノン美容液を選ぶ際のポイント4つ


肌になるべくトラブルを起こさず、効果の高さを実感できる美容液を選びたいですよね。
そのためには次の4つのポイントを押さえておきましょう。

①配合率をチェック

厚生労働省ではハイドロキノンの配合は2%未満が推奨されています。
市販の化粧品には1~4%で配合されていますが、4%は刺激も強いため肌トラブルのリスクも高くなります。

初めて使用する時は濃度の低いものから試して、肌との相性を見るようにしましょう。

また製品によっては浸透力を高くすることで、濃度の低いものでも十分に効果が出るよう工夫されているものもあります。

製品の公式ホームページなどで、ハイドロキノンの有効性を活かせているかなどもチェックしてみましょう。

②低刺激のものを選ぶ

上でも述べてきたように、ハイドロキノンは不安定で変化しやすい性質を持っています。
変質したハイドロキノンは肌に刺激を与えやすいため、肌の弱い人の使用は大変危険です。
そのため刺激が少ないよう安定化させているものを選ぶ必要があります。

またせっかく強力な作用を持っていても、肌奥に沈着したメラニンに届かなければ意味がありません。

成分を安定化させる工夫と、奥まできちんと届けてくれる浸透力
肌トラブルを避けるためにも、この2つを併せ持つ製品を選ぶことが重要なカギになります。

新安定型ハイドロキノン

新安定型ハイドロキノンとは、従来のハイドロキノンに安定させる物質を加えた新しいハイドロキノンのことです。
酸化や刺激などの問題点を改善し、より安全に使いやすくしてあります。

各化粧品メーカーによって新安定型や安定型、新型などと名称がつけられ、化粧品に配合されています。
劣化のスピードも従来のものと比べて遅いのが特徴です。

③価格に注意

ハイドロキノン化粧品は基本高めの価格設定で、だいたいが5,000円以上のものになります。
ハイドロキノンの配合率が高ければ値段も比例して高くなるのが一般的です。

そのため市販で安すぎるものはハイドロキノンの配合率が低い可能性があります。
配合率が非表示の場合は注意した方が良いでしょう。
成分の安定性や品質管理に関しての懸念もありますので、必ず最初にチェックしましょう。

④トライアルセットのあるものを選ぶ

いきなり高価なものを買って、肌に合わなかったというのではもったいないですね。
特にハイドロキノンは刺激が強いため、肌質によってはトラブルを起こしかねません。
ですのでまずはトライアルセットで試してみることをおすすめします。

できるだけトライアルセットがあり安価で試せるものを探してみましょう。
量が少ないため効果の出方は分かりにくいですが、肌に合うかどうかを確かめることができます。

ラインナップで揃っているものもありますので、化粧水やクリームなども試せるのもお得。
使い勝手やテクスチャーなど、自分の好みのものを探すのにも一役買ってくれます。

ハイドロキノン配合美容液おすすめTOP3


ここからはおすすめのハイドロキノン配合の美容液をご紹介!

・安全性と美白効果のバランスがとれていること
・美白化粧品の実績があること
これらをもとに厳選した製品を3つ、ランキングでご紹介していきます。

第1位 アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

アンプルールの美白シリーズ、ラグジュアリーホワイトの夜用美容液。
新安定型ハイドロキノンを2.5%配合。
さらに極小のカプセルに包み込んで刺激を減らし、角質層奥のメラニンにアタックします。

ビタミンC誘導体などの整肌成分が肌の調子を整え、肌全体の透明感も引き出してくれます。
クリームのように濃厚なテクスチャーが肌にピタッと密着。
気になるシミのスポット集中ケアにおすすめの美容液です。

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110(11g) :10,800円(税込)
トライアルセット : 1,890円(税込)

第2位 オバジHQ ブライトニングナイトセラム

ロート製薬のスキンケアブランド、オバジの夜用集中美容液。
安定化させた新型ハイドロキノンが肌にピッタリ密着して、日中の紫外線によるダメージに働き
かけます。

製薬メーカーが開発した安心もあり、ドラッグストアなどで購入できる手軽さも人気です。

ブライトニングナイトセラム(10g) : 9,720円(税込)
トライアルセット : なし

第3位 エピステーム HQレーザークリア

こちらもロート製薬のコスメブランド、エピステームの夜用美容液です。
安定化したハイドロキノンをバーム状にして肌への負担を減らし、安全性と効果を両立させています。

肌にじわじわと浸透し、気になるシミをピンポイントでケア。
ハイドロキノンを含め4種類の美白成分が配合されており、肌のクリア感を一層引き出すサポートをします。

HQレーザークリア(12g) : 14,040円(税込)
トライアルセット : なし

一番おすすめはアンプルール

3点ともにハイドロキノンの安定化や、肌への刺激を減らす工夫が凝らされています
効果も評判も高い製品ですが、トライアルセットで気軽に試せることからアンプルールが1位になりました。

よろしければ参考にしてくださいね!

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9もおすすめ!

美容液ではなくクリームですが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9もおすすめです。
独自の浸透テクノロジー、QuSomeカプセルにハイドロキノンを閉じ込め、シミの元に有効成分を届けてくれます。

有効成分がじっくりととどまり、美白の効果やスピードを一段とアップさせることができます。
肌本来の力を引き出すための美容成分もしっかり配合し、肌を生き生きとよみがえらせるサポートをしてくれます。

クリームなのにサラッとしたテクスチャーで肌なじみも良く、ぜひ使ってほしい1品です。

QuSomeホワイトクリーム1.9(15g) : 6,480円(税込)
トライアルセット : 1,944円(税込)

皮膚科でも処方されるハイドロキノン


美白化粧品のハイドロキノンは濃度が低いものが多く、中には効果が見られないという人もいます。
もっと高濃度のもので効果を実感したいのであれば、皮膚科での処方も考えてみましょう。

皮膚科では一般的に5~10%程度のハイドロキノンが処方されます。
保険診療は適応されないため、自費診療となります。

ハイドロキノンは浸透力が弱いため、トレチノイン(ビタミンA誘導体の一種)などと併用されることもあります。
ただし効果も濃度も高い分、副作用のリスクも上がります。

しかし医師の管理下で指導をしてもらえることはメリットでもあります。
副作用を避けるためにも、事前に医師としっかり相談するようにしましょう。

ハイドロキノンと白斑の関連性は?


白斑とは皮膚の一部の色が白く抜け落ちてしまい、白い斑点のようになってしまう症状のことです。
遺伝子の欠陥による先天的なものと、何らかの原因で後から発生する後天的なものがあります。
後天的なものの原因に、ストレスや免疫異常、化粧品の成分による刺激などが挙げられています。

原因となる美白成分の一つにハイドロキノンモノベンジルエーテルが挙げられています。
この成分は漂白作用や毒性が強く、使い続けることで白斑やアレルギーを引き起こすとされています。

これはハイドロキノンと構造が似ていますが全く別のもので、化粧品への配合が禁止されています。
同時に構造の似ているハイドロキノンも白斑の危険性を懸念され、規制がかけられました。

確かにハイドロキノンも強力な美白作用を持ち、肌荒れや痛みなどの副作用を及ぼす場合があります。
しかしハイドロキノンの濃度が5%以下の場合、白斑などの副作用の報告は出ていません。

一般的な化粧品は2%(最高4%)程度の濃度のため、白斑の心配をする必要はほとんどないとされています。
低い濃度で正しい使い方をすれば、ハイドロキノンを使うことに問題はないといえるでしょう。

ハイドロキノン以外の美容液を使いたい場合は?


ハイドロキノン以外にも美白に有効な成分は色々あります。
ハイドロキノンを使うのはまだ少し不安という方は、ほかの美白成分で試してみましょう。

メラニンの排出を促す美白成分

メラニンを排出することはシミ予防にとってとても重要です。
メラニン排出に有効な成分にはリノール酸やレチノールが挙げられます。

リノール酸は植物由来の成分でターンオーバーを促進し、メラニンを排出し色素沈着を防ぐ働きがあります。

レチノールはビタミンAのことで、コラーゲンの生成を助け肌のハリ、ツヤを出す効果があります。
また古い角質を剥がすピーリング効果もあるとされ、シミが残るのを防ぐ働きもしてくれます。

メラニンを還元する美白成分

メラニン色素を還元して、シミを薄くしていくことも大切です。
これらをサポートする成分にはビタミンC誘導体が挙げられます。

ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすく安定化させたもので、メラニン色素を還元する作用があります。
またメラニン色素の生成を抑制する作用もあるため、ぜひ取り入れていきたい成分です。

その他にもチロシナーゼ酵素を抑制するアルブチンなどもあります。
これらの成分はみなハイドロキノンと比べて刺激が少なく、安心して使えるというメリットがあります。

効果も緩やかですが、敏感肌で刺激に弱いなど肌に不安のある方はこれらを試してみるのも良いでしょう。

ハイドロキノン配合化粧品は美容液がおすすめ


美容液には有効成分が凝縮されています。
また肌に浸透しやすく、肌悩みにピンポイントで応えてくれるため高い効果が期待できます。
そのためハイドロキノン美容液は、美白化粧品の中でもいち早く効果を実感できるアイテムです。

あまり濃度が高くなく、成分の安定化などを考慮した低刺激の製品を選ぶこと。
使用法を必ず守ること。

これらをきちんと押さえて選べば、ハイドロキノンはきっとあなたの心強い味方になってくれるはずです!

■参考文献
【医師監修】ハイドロキノンの美白効果(スキンケア大学)
【医師監修】市販のハイドロキノン化粧品の正しい選び方(スキンケア大学)

おすすめ美白化粧品ランキング

商品 特徴
ハイドロキノン配合!サイエンスコスメでシミもくすみも徹底ケア
詳細はコチラ
お肌が明るくなる!米エキス&ビタミンCで透明感&高保湿!
詳細はコチラ
低刺激!敏感肌でも使える安心安全な美白化粧品
詳細はコチラ
prBox_img
1日たった50円でスキンケア!66種類の美容成分で節約しながらお肌の悩みを解決
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

安心して使えるハイドロキノン美容液の選び方とおすすめ製品

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…

乾燥肌にオススメの顔用保湿クリームランキング!高保湿成分配合の5選

頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではな…