陰部にハイドロキノンは使える?デリケートゾーンの黒ずみにオススメのクリーム

デリケートゾーンの黒ずみは気になるものです。

何とかして性器の黒ずみを無くしたいという方も多いのではないでしょうか?

黒ずみは、しみなどと同じように、なんらかの原因でメラニン色素が沈着した状態です。
では、顔のシミなどに使う有名な美白美容成分であるハイドロキノンやトレチノインを陰部の黒ずみに使っても大丈夫なのでしょうか?

今回は、ハイドロキノンやトレチノインを陰部の黒ずみに使う有効性や・黒ずみ解消法・黒ずみの正しい美白ケア対策、オススメの陰部専用黒ずみケアクリームをご紹介します。

おすすめの商品情報や黒ずみの原因・美白クリームの上手な選び方もあわせて参考にしてみてくださいね。

ハイドロキノンをデリケートゾーン(陰部)に使っても大丈夫?

ハイドロキノンは医療でも使われている美白成分で、シミの治療などに使われています。
その効果は、美白成分としてよく使われるアルブチンの約100倍

皮膚への刺激が強いということで日本では長らく使用が禁止されていましたが、2001年から化粧品成分として配合することがOKになりました。

しかし、濃度が高いと刺激を感じる方もいるようです。

デリケートゾーン(陰部)は特に刺激に敏感な場所。
そのため、ハイドロキノンが配合されたクリームや化粧品を陰部に使うことはあまりオススメできません。

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみをケアするためには、黒ずみの状態によって適正な濃度を使う必要があります。

どうしてもハイドロキノンを陰部の黒ずみに使用したい場合は、必ず皮膚科医の指導にしたがってくださいね。

ハイドロキノン以外のデリケートゾーンの黒ずみのケア方法は?

ハイドロキノンが使えないのであれば、どうすればデリケートゾーンの黒ずみはなくなるのでしょう?

ケア方法としては3つあります。

  1. デリケートゾーン向けの黒ずみ商品を使うこと
  2. デリケートゾーンに刺激を与えないこと
  3. クリニックでの治療

1.デリケートゾーン向けの黒ずみ商品を使う

ハイドロキノン以外にも、美白成分は多くあります。
デリケートゾーンに使っても問題ないよう、お肌に優しく作られている商品が多くあるので、それでケアするのがオススメです。

また、保湿成分も配合されているので、ターンオーバーを整えてくれるほか、黒ずみのもとになるくすみもケアしてくれます。

クリニックへ通い、他人にデリケートゾーンを見せる必要がないため、誰に知られる事もなく陰部の黒ずみをケアすることができるのもポイントです。

>>オススメのデリケートゾーン黒ずみ専用のクリームはこちら

2.デリケートゾーンに刺激を与えない

黒ずみの原因の一つに摩擦ムダ毛処理、また、ムダ毛がはえる際のかゆみによるお肌の刺激があげられます。

お肌は刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニンを作り出します。
そのため、必要以上の刺激を与えない事が重要です。

締め付けの強いボトムスや下着を避け、素材も通気性の悪いナイロン製のものはなるべく控えましょう。

ややゆとりのあるボトムスやシルクや麻・コットンなどの通気性のよいものがオススメです。

また、デリケートゾーンはゴシゴシ洗いを避け、優しく洗ってくださいね。

3.クリニックで治療してもらう

通院して陰部の黒ずみを他人に見せるという必要がありますが、美容皮膚科などのクリニックで、黒ずみ治療をしてもらう手もあります。

クリニックでは、専用の薬や肌の漂白剤と言われるハイドロキノンやトレチノインを処方してもらったり、レーザー治療での黒ずみケアが可能です。

デリケートゾーン専用!オススメ黒ずみケアクリーム

ここで、デリケートゾーンに使えるオススメの黒ずみケアクリームをご紹介します。

安全性はもちろんですが、ハイドロキノンなどに比べてコスパもよいものばかりなので、ぜひ参考にしてみてみてくださいね。

1.イビサクリーム

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

内容量 35ml
価格 7,000円
定期購入 初回4,470円/2回目以降4,970円

トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kを配合しています。

ヒアルロン酸や大豆エキス、オウゴンエキス配合で、しっかり保湿されるのにベタつきにくいという使用感も人気のようです。

原料はもちろん、製造や品質管理と日本で行なっていたり、処方も無添加で安心ですね。

2.ヴィエルホワイト

デリケートゾーン訴求

内容量 30ml
価格 9,960円
定期購入 初回1,060円/2回目以降4,770円

主成分はトラネキサム酸、保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン・セラミドなどを配合しています。

イビサクリームに比べ、リキッドタイプのみずみずしいテクスチャーでサラサラした使用感が特徴的です。

アルコールの配合が少なめなので、肌への刺激が少ないのもポイントですね。

3.ホスピピュア

ホスピピュア

内容量 30g
価格 9,720円
定期購入 5,940円

湘南美容外科とCCメディカルが共同開発したデリケートゾーン専用商品です。

トラネキサム酸を主成分に、スクワランやシアバターを配合しています。

天然由来の成分にごたわっているので、デリケートな部分にも安心して使えますね。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームの選ぶポイント

では、デリケートゾーンの黒ずみ専用化粧品を選ぶ時は、どのような点に注目すればよいのでしょうか?

具体的なポイントをご紹介します。

黒ずみをケアする成分が入っている

黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑える成分が配合されているものを選びましょう。

美白作用のあるトラネキサム酸・ビタミンC誘導体・アルブチン・プラセンタなどがオススメです。

保湿成分が入っている

メラニンをケアしながら、保湿成分で肌に潤いを与えて保湿ケアできるものを選びましょう。
肌の生まれ変わりのサポートにもつながるため、ぜひチェックしてくださいね。

オススメの美容成分は、ヒアルロン酸・セラミド・大豆エキスなどです。

デリケートゾーン専用に作られたものを選ぶ

陰部専用に作られた黒ずみケアクリームを使いましょう。

実は、先ほど触れたハイドロキノンやトレチノイン配合のクリームも発売されています。
しかし、それはあくまでも顔のしみやソバカスなどをケアするために作られたものです。

また、それぞれの濃度も決まっていますし、デリケートゾーン専用に作られているわけではありません。

肌に合う・合わないはもちろん、デリケートゾーンに使用するには、安全性が不明なので避けた方が無難です。

オススメ1位のイビサクリームのメリットとデメリット

オススメの1位に輝いたイビサクリームですが、メリットとデメリットがあります。
自分にあっているか考えてみましょう!

イビサクリームのメリット

イビサクリームのメリットは2つあります。

1.肌を整えながら黒ずみを薄くする

イビサクリームは、トラネキサム酸でメラニンの生成を抑えながら、グリチルリチン酸で肌の荒れを整えるのが特徴です。

黒ずみの原因をブロックしながら、肌の生まれ変わりをサポートするうれしい作用があるのですね。

コスパがよい

とてもやわらかいテクスチャーで少量でよく伸びるため、少量で広範囲に塗る事が可能です。

1本で約1か月半使えるため、コストパフォーマンスに優れていますね。

イビサクリームのデメリット

次に、イビサクリームのデメリットをご紹介しましょう。

即効性がない

イビサクリームの効果には即効性がないため、何か月か継続して使用する必要があります。

短い期間ですぐに効果が出るわけではないので、即効性を求める方には、合わないかもしれません。
即効性を求める場合は医療機関を利用した方がオススメです。

毎日2回塗るのが面倒くさい

イビサクリームは、朝・夕2回使う必要があるため、塗るのが面倒くさくなる事が難点です。
朝忙しくて塗るのを忘れたりする方もいらっしゃるようでした。

イビサクリームがオススメな人は?

以上のことを踏まえて、イビサクリームを使うとよい人は次のような人です。

  • デリケートゾーンを見られるのは恥ずかしいから自分でケアしたい
  • できるだけ安くケアしたいけど効果はしっかり感じたい
  • 時間がかかってもいいからキレイなお肌にしたい

多数の雑誌でも紹介されているイビサクリーム。
デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方は一度試してみるとよいかもしれませんね。

黒ずみケアクリームの正しい使用方法

ここで、黒ずみケアクリームの正しい使い方をご紹介します。

効果を最大限に発揮するためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

適量を使う

デリケートゾーンの黒ずみクリームは、ハイドロキノンと比べてお手軽な価格と言っても、安いものではありません。

そのため、使用量を少量におさえてしまいがちです。

しかし、黒ずみケアクリームは、適量を塗らなければ、効果が得られません。

効果的に使うためにも決められた使用量を守りましょう。

見えにくい部分は鏡で確認しながら塗る

IやOなどのデリケートゾーンは、見て塗るのが難しい部位です。

効果を十分に出すために、鏡で確認しながら塗り残しがないよう塗り方に注意しましょう。

黒ずみの状態もチェックできるのでオススメです。

清潔な肌に使う

お風呂上がりは肌もキレイな状態で、皮膚も柔らかくなっています。

お風呂から上がったらスキンケアをする流れで、デリケートゾーンもケアするのがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみ原因

そもそもデリケートゾーンは、紫外線の影響を受けるわけでもないのに、なぜ黒ずむのでしょうか?

陰部は、体の中でもとくに皮膚が薄い部分です。

そのため外部刺激を受けやすく、肌を守ろうとしてメラニンが色素沈着してしまうのですね。

デリケートゾーン部分に黒ずみを引き起こす、具体的な原因をまとめました。

摩擦

デリケートゾーンは常に覆われている状態のため、なんらかの摩擦が生じます。

とくに、タイトなスキニーパンツや締め付けが強いナイロン製の下着などは通気性も悪く、摩擦も生じやすいのです。

また、性器の黒ずみが気になるあまりゴシゴシと力を入れて擦るように洗う事も黒ずみを作る原因となります。

間違ったムダ毛処理やかゆみ

アンダーヘアをカミソリで剃ると、目には見えない小さな傷が付きやすく、肌が炎症を起こす事があります。

また、生えかけの毛がチクチクしてかゆみを伴うこともあるので、掻きむしってしまった経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

デリケートゾーンは下着やナプキンなどでムレやすく、かぶれを起こすこともあります。

普段は気をつけていても就寝時に無意識に掻いてしまい、肌に刺激を与えてしまうのです。

ホルモンバランスの変化

女性のホルモンバランスは、生理や出産だけではなく、日常のストレスなどでも不安定になります。

ホルモンバランスが不安定になると、肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなり、メラニン色素が排出されず黒ずみ色素沈着するのです。

妊娠すると、乳首が黒ずむのもこのためなのですね。

乾燥

実は、デリケートゾーンの皮膚も顔や体と同じように乾燥します。

生活習慣の乱れなどで、皮膚のバリア機能が低下し、上記のような外部刺激を受けやすくなり、メラニン色素が生成されやすくなるのです。

デリケートゾーンの黒ずみを作らないコツ

ここからは、陰部に黒ずみを発生させないための過ごし方やコツを紹介します。
少し工夫するだけで、深刻な悩みにならずに済むかもしれません。

アンダーヘアは自己処理よりサロンでのVIO脱毛がおすすめ

VIOゾーンのムダ毛をカミソリで処理し続けていると、皮膚には大変な負担になります。
デリケートゾーンは、思い切ってサロンで脱毛してしまいましょう!
ショーツ内の蒸れや雑菌の繁殖も抑えられ、毛穴の黒ずみも解消されます。

下着の選び方

下着は少しゆとりのあるタイプを選び、ゴムで締め付けないデザインを選びましょう。
できればレースやリボンのない、レディース向けのボクサーパンツがおすすめ。
素材はポリエステルよりも、綿100%やシルクのものが刺激が少ないので最適です。

優しく洗って保湿

皮膚が薄く粘膜も近いデリケートゾーンは、泡で包み込むように洗うのがベストです。
背中のようにナイロンタオルでゴシゴシこすったり、念入りに洗うのはNG。
そして摩擦や乾燥から皮膚を守るため、無添加の保湿剤で保護しましょう。

自分に合ったケア方法でデリケートゾーンもキレイに!

今回の記事では、ハイドロキノンやトレチノインを陰部の黒ずみに使う有効性や陰部の黒ずみ解消方法・正しいケア対策・オススメの黒ずみケア商品をご紹介しました。

ハイドロキノンやトレチノインを陰部の黒ずみに塗るには注意が必要なため、必ず病院にかかりましょう。

また、ご紹介した陰部の黒ずみケアクリームなどで、気軽に黒ずみをセルフケアするのもよいですね。

自分に合った陰部の黒ずみケアでデリケートゾーンの黒ずみとサヨナラしましょう!

■参考文献

  • 池田書店 吉木伸子著「素肌美人になるためのスキンケア基本事典」
※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

陰部にハイドロキノンは使える?デリケートゾーンの黒ずみにオススメのクリーム

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…