【地黒でもOK】色白になりたい人がするべき4つのケア|お肌を白くする方法

モデルや女優さんをはじめ、美人な方は白いお肌の人が多いですよね。
色白なお肌は女性らしくやわらかな雰囲気を醸し出してくれます。

どうやったらあんな風になれるのかと日々思い巡らせている女子も少なくないでしょう。

でも、なかなか色白になれない…と悩んでいる人も多いようです。

そこで、今回は色白肌を手に入れるコツをご紹介します。
地黒の人、トーンアップを目指す人、ひどい日焼けで真っ黒になってしまった人は必見です!

お肌はどこまで白くなれる?まずは地肌をチェック!

まず最初に、自分のお肌がどこまで白くなれるのか調べてみましょう。
美白と一言で言っても、元々のお肌よりも白くすることはできません。

では「元々のお肌」はどこで判別すればいいのでしょう?

元々の肌の色は「腕」で判断する!

元々のお肌の色を見るにはずばり、腕の裏!

日常生活でも腕の上部分は服から出ていることが多く、紫外線を受けて黒くなりがちです。
しかし、腕の裏側は普段日に当たることも少なく、元々のお肌の色そのまま。

腕の表と裏の色が違うのであれば、色が薄い方の色が本当のお肌の色です。
人によりお肌の色は違うため、全ての人が透き通るような色白肌を手に入れるのは難しいです。
しかし、本当のお肌の色までなら白くすることができます。

色白になるために必要不可欠なポイント3つ

色白になるためのポイントは3つあります。

1つ1つ詳しく紹介しましょう。
すぐに色白肌になる方法を知りたい方は「色白になるための具体的な方法は?」を先に読みましょう!

1.紫外線対策は1年中行う

紫外線対策は夏の間だけでなく、春夏秋冬を通して行いましょう。
梅雨明けをした直後の7月下旬から紫外線対策を始める人が多いと思いますが、色白になりたいのであればこれでは足りません。

なぜなら、紫外線自体は1年を通して降り注いでいるからです。

夏でなくても紫外線は降り注いでいる

引用:国土交通省気象庁HP

グラフを見てもわかる通り、紫外線自体は1年中降り注いでいます。
特に紫外線が一番強いと言われているのは5月から9月。

「まだ夏じゃないし大丈夫!」と思って日焼け止めを塗らなかったりすると、だんだんダメージがたまり、お肌の色が黒くなってしまうのです。

紫外線でメラニンが発生し、肌が黒くなる

人の体は紫外線を浴びるとメラノサイト細胞からメラニン色素を生成し肌を守ります。
しかしこのメラニン色素が活発化し、過剰に生成されることで日焼けを起こし、肌が黒くなります

色黒と色白の違いはメラニンの生成量に大きく関わっています。
色白の人はメラニン色素の量が少ないか、過剰な生成を抑えているため白く保てているのです。
なので、紫外線の徹底的なガードはとても重要です。

色白になりたいなら1年中紫外線対策をするのが必須!

紫外線対策で一番重要なのはやはり日焼け止め。
曇りの日でも紫外線がでているので、常に日焼け止めを塗るように意識しましょう。

また、飲むだけでUV対策ができる飲む日焼け止めサプリも併用すると、よりしっかりと紫外線カットしてくれて色白に近づけます。
美白によいとされているビタミンCなども配合されているので、体の内側からケアすることができます。

後ほど詳しくご紹介しましょう。

2.スキンケアは美白&保湿重視!

肌が黒くなる原因は紫外線の影響の他にも、間違ったスキンケアで肌にダメージを与えていることも考えられます。

間違ったスキンケアによってお肌のターンオーバーを滞らせてしまうことで、古い角質や汚れを表面に残ります。
この古い角質や汚れがくすみを生み出します。

スキンケアのポイントは大きく分けて2つです。

  • できたメラニンを還元し、元のお肌に戻す「美白化粧品」
  • ターンオーバーを整え、くすみをなくす「保湿」

順にポイントを紹介します。

できたメラニンを還元し、元のお肌に戻す「美白化粧品」

一般的に美白化粧品はメラニンの生成を抑える成分やアプローチで、お肌を本来の状態にして透明感を引き出すもの。
なので、色白になりたいのであれば美白化粧品を取り入れていきましょう。

ラインナップで使えば一層効果を発揮しやすいですが、単品使いでもOKです。
美白美容液や美白クリームなど、浸透力や美白成分濃度の高いものをスポットで使ってあげるだけでも違ってきます。

ビタミンCやアルブチン、ハイドロキノンなど、美白有効成分が配合された化粧品を選びましょう。

ターンオーバーを整え、くすみをなくす「保湿」

お肌のターンオーバーが乱れることで、古くなった角質が落ちなくなり、くすみに繋がります。

ターンオーバーが乱れる原因は生活習慣などがあげられますが、乾燥も大きな原因の1つ。

そのため、化粧品には美白成分が配合されているのはもちろん、保湿性の高いものを選ぶといいでしょう。

セラミドやヒアルロン酸配合のものだと保水性も高く、うるおいが続くのでオススメです。

スキンケアは地道に続けていくことが大切

美白成分と保湿成分が配合された化粧品を使うことをおすすめしてきましたが、スキンケアに即効性はありません。

地道に続けて徐々にお肌を本来の色に戻していくのがスキンケア。
なので、少なくともお肌のターンオーバーが1周するまで(1ヶ月程)は続ける必要があります。

お肌を根本から白くするためには即効性のある方法はありません。
すぐにお肌を白くしたい場合はお肌を白く見せるメイク方法などで白く見せましょう。

3.食生活や睡眠の見直し

お肌を作るのは日々の生活習慣です。
食べ物や睡眠を美白のためになるようなものに変えていきましょう。

食事の改善で内側からメラニンをケア

日々の食事も、メラニンを還元してくれるような成分が入ったものを選びましょう。
内側からもケアすることで、お肌の色が元に戻るのまでの期間も早くなります。

ターンオーバーを整えるのは“質のいい睡眠”

お肌が作られる時間は寝ている最中。
つまり、睡眠不足は美肌はもちろん、美白にも大敵です。

また、ただ寝るだけでは美肌には繋がりません。
「時間・眠りの深さ」この2つを重視した質のいい睡眠をとることが美白の近道です。

色白になるための具体的な方法は?

色白になるためのポイントと、お肌が黒ずんでしまう原因をご紹介してきました。
それではいよいよお肌を白くするための具体的な方法をご紹介します。

色白になるためには次の3つの方法があります。

1つ1つご紹介しましょう。

1.紫外線対策の方法

一番重要と言っても過言ではない紫外線対策。
しっかり紫外線をカットすることでお肌が黒くなるのを防ぎます。
紫外線カットの方法は主に3つあります。

日焼け止めを使う

紫外線対策をするのに日焼け止めは必須です。
日常生活でも日焼け止めを塗るように意識しましょう。

日常生活ならSPF10~20、PA+~++。
アウトドアなどであればSPF30~50、PA++~++++がオススメです。

日焼け止めサプリを飲む

今は塗るだけでなく飲む日焼け止めも日焼け対策の常識になりつつあります。
飲む日焼け止めには紫外線をブロックする抗酸化作用のある成分や美白成分が配合されています。

飲み続けることによって紫外線に負けない体作りができるため、日焼け対策にとって非常に心強いアイテムです。

また、日焼け止めクリームだと肌荒れを起こしてしまうような敏感肌の人でも使えるのがポイント。

塗り残しや塗り直しを心配しなくてすむのも飲む日焼け止めのメリットです。

ホワイトヴェール ¥980

ホワイトヴェールは飲む日焼け止めサプリの中でもプチプラで始めやすいので人気です。

紫外線対策成分としてはニュートロックスサンを配合。
これはシトラスとローズマリーから抽出した天然ポリフェノール成分で、3ヶ月飲み続けることで60%の紫外線をカットしてくれます。

このほかにも、美白に必要なザクロエキスやメロンプラセンタ、ビタミンCを含んだレモン、リコピンが配合されたトマトなどを含んでいるので、内側からの美白ケアもバッチリ。

初回は980円からはじめることができます。
1回のみの購入でもOK、お肌に合わない&効果が感じられないのなら90日以内であれば全額返金してくれるというのも大きなポイント。

サプリメントだから健康被害や副作用がないか不安…という方もいるでしょうが、副作用の報告はないとのこと。
使われている成分も100%植物由来のものなので安心。

まずは試してみるのがオススメです。

>>ホワイトヴェールの詳細・レビュー・口コミを見てみる

公式HPを見てみる

日傘や上着など、紫外線対策グッズを使う

外出時は紫外線対策グッズを有効活用しましょう。
UV加工のされた帽子や日傘はもちろんのこと、腕を守るUVカットアーマーなどもできればほしいところです。

首元はネックカバーやスカーフでガード。
忘れがちな足元もサンダルでまばらに日焼けしないようしっかり日焼け止めを塗りましょう。
夏場は特に露出が増えるので、日に焼ける部分を極力減らすことが大切です。

そして忘れてはいけないのがUVカットのサングラス。
目にも紫外線は入り込んでくるので、大事な目をしっかり守ってあげましょう。

2.スキンケア方法


スキンケアは毎日行うもの。
少しの工夫で白肌に近づけることができます。

一番大切なのは毎日使う化粧品の選び方。
ここでは美白できる化粧品をご紹介します。

美白化粧品を選ぶポイントは?

  • 美白有効成分が配合されている
  • 保湿成分が配合されている
  • 続けやすい価格であること

お肌を白くしたいのであれば美白有効成分は必須ですね。
また、ターンオーバーを整える必要があるので、保湿成分も配合されているものがベストです。

お肌が生まれ変わる1ヶ月~3ヶ月は続けないといけないので、コスパがいいのもポイントです。
自分の収入と比べて無理なく続けられる美白化粧品を選びましょう。

もちろんライン使いした方が効果は期待できるのですが、美容液だけ、クリームだけ、とポイント使いにするのもオススメです。

オススメの美白化粧品

ビーグレン ¥1,944

ビーグレンは強い美白成分ハイドロキノンを多く含んだ化粧品です。

洗顔はクレイ洗顔で毛穴や皮脂汚れをしっかり吸着しつつ、しっとりとしたお肌にしてくれます。
化粧水は18時間潤いが続くと言われるほど保湿力が高く、ターンオーバーのサイクルを整えてくれます。

美容液であるCセラムはビタミンCが濃厚に凝縮されています。
メラニンにより黒ずんでしまったお肌にもしっかり浸透してくれるのがポイント。

ハイドロキノンが配合されている夜用クリームは、2017年6月1日に配合量をアップしてリニューアル。
シミやそばかすにもしっかりアプローチできると評判です。

通販なので男性でも買いやすいのもポイントですね。

一式セットになっているトライアルセットがあります。
お肌に合わなければ365日返金に応じてくれるので1度試してみるのがオススメです。

公式HPを見てみる

正しい洗顔を行うことも大切

美白化粧品を使うことは大切ですが、肌がそれを受けつけてくれなくては意味がありません。
古い角質が残ったままの肌には美白成分が浸透できず、せっかくの効果も無駄になってしまいます。

そのためきちんと毛穴の汚れやくすみをとって、次に使う基礎化粧品の浸透力をアップさせる必要があります。
浸透力がアップすることで肌の正常なターンオーバーを助け、肌の透明感もアップさせてくれます。

毎日の洗顔でメイクや皮脂、汚れをしっかり落としてあげましょう。
しかし決してゴシゴシと力を入れて洗ってはいけません。
摩擦による刺激は肌に必要な皮脂までも落とし、乾燥を招いてしまいます。

落とすべき皮脂汚れや古い角質は落とすけれども、潤いはきちんと残してくれる洗顔石鹸を使いましょう。

3.色白肌を作る生活習慣


ここからは普段の生活で気にすることで、美肌を作れるポイントをご紹介します。
少しずつ改善することで元のお肌を取り戻していきましょう。

ビタミンCを摂取する

美白に良いとされる栄養素の代表はビタミンCです。
シミやそばかすの元となるメラニンの生成を抑え肌の調子を整えてくれるので、美白や美肌作りには欠かせません。

他にもトマトに多く含まれるリコピン酸は抗酸化作用が強く、肌の老化を予防してくれます。

サプリメントや医薬品を服用するのも一つの手

とはいえ、外食が多いとなかなか思うように栄養がとれないのも事実。

そういった場合にはサプリメントや医薬品の利用も考えましょう。
足りない栄養を手軽に補ってくれるのはもちろん、医薬品ならシミやそばかすへの効果も期待できます。

オススメの美白サプリメント・医薬品
ホワイピュア ¥3,132



第3医薬品のホワイピュアはL-システイン、ビタミンC,ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンB6などが配合されています。
体の内側から美白ケアができるのはもちろん、医薬品だからこそシミに対する効果が期待できるのも大きなポイントです。

公式HPを見てみる

7~8時間の十分な睡眠

睡眠不足は肌の大敵ですが、十分な睡眠時間がとれない方も多いでしょう。
そんな場合は短くても質の良い睡眠をとることを心がけましょう。
良い睡眠はターンオーバーを活性化させ肌や体の調子を整えてくれます。

特に22時から2時の間は新陳代謝が活発になる肌のゴールデンタイム。
この間の睡眠を心がけておくと翌日の肌の調子もメイクのノリも良くなります。

寝る前に軽いストレッチなどで体をほぐしておくのもおすすめです。
心身をリラックスさせてから就寝することで質の良い眠りにつくことができます。

半身浴やマッサージで血行を良くする

血行を良くすることで新陳代謝がアップし、肌のターンオーバーも活性化されます。
お風呂はシャワーだけで済ませず、湯船で体をしっかり温めましょう。

半身浴でゆっくり湯船に浸かると特に血の巡りが良くなりますし、冷え性改善など体にもとても良いことです。

また半身浴で汗をかくことで肌や体の老廃物も排出されやすくなります。
ただ汗をかけば良いというものではなく、血行促進によって汗をかくことが肝心。
簡単な運動も日々の習慣に取り入れてあげてください。

同じように顔のマッサージも血行促進に効果的です。
ただし力を入れすぎたりこすったりするのは摩擦による刺激を与えるのでNG。
優しく丁寧にマッサージしながら血の巡りを良くし、肌のくすみを取り除きましょう。

腸内環境を整えてターンオーバーを正常にする

乾燥などがターンオーバーを乱す原因でもありますが、腸内環境が悪化すると細胞の生まれ変わりサイクルも悪くなります。

新しい細胞が生まれなくなるとお肌が作られなくなるので、古いお肌は残ったまま。
つまりどんどんお肌がくすんでいってしまうのです。

腸内環境を整えるためには善玉菌の働きを助けてあげることが大切。
乳酸菌を摂取して腸内をキレイにしましょう。

ヨーグルトやナチュラルチーズ、ヤクルトなどの乳酸菌飲料、漬物や味噌などを積極的に摂りましょう。

即席!色白に見せるメイク方法

スキンケアや生活習慣で徐々にお肌を白くしていくことはできますが、即効性がないのが難点。

どうしてもすぐに白肌にしたい!という場合はメイク方法を工夫しましょう。

下地でくすみを消す

お肌のくすみを隠すために、色付きの下地を使うのが1つの方法です。

オススメの色はパープル(ラベンダー)系の化粧下地。

血色感を出すピンク、透明感を出すブルーの2つの役割を持つ化粧下地で、透き通るようなお肌へと見せてくれます。

光反射を使ったファンデーションを使う

一昔前のファンデーションでの白見せは、実際の肌よりもワントーン明るい色でベースの色を隠すというものでした。
しかし今は光を反射させて肌の色をキレイに見せる光反射ファンデーションが新常識!

いわば肌をレフ版にして光の反射で肌の見せ加減を自動調整してくれる、新発想のファンデーションが人気です。
従来のファンデーションよりも自然な感じの明るさを引き立て、厚塗りしなくてもなめらかな質感に仕上がります。

HANAオーガニック ウェアルーUV SPF30 PA++ トライアルセット:¥1,480

光をコントロールし、みずみずしい透明感とピンクがかったお肌を作り出してくれるUV下地。
しかし、塗るだけで綺麗に見えるのでファンデーションいらずと大人気です。

100%オーガニックなのでお肌に優しく、さらには85%が美容液成分なので保湿性も抜群

さらに、オーガニックの日焼け止めだと白浮きしたりヨレてしまうものも
多いですが、独自のオイル分散処理のために白浮きしないのも特徴です。

公式HPを見てみる

白肌が基本!韓国のコスメは白肌になれるものが多い

お隣の美容大国韓国。
日本でも少し前に流行したオルチャンメイクの1つの特徴として「陶器肌のように白い肌」があげられます。

雑誌やテレビで見る韓国のモデルさんたちもみんなお肌が白いですよね。
肌が白いということは韓国でも美しいと考えられているため、ベースメイクでお肌を白く見せる事ができるグッズも多く販売されています。

これらを利用するのもオススメです。

ウユクリーム ¥3810
3CE [韓国コスメ 3CE] ホワイトミルククリーム [海外直送品][並行輸入品]

可愛いパッケージとお肌が白くなるとSNSで話題になったのがウユクリーム。
ウユとは韓国語で牛乳という意味で、塗った瞬間からお肌を白く見せてくれます。

日本の美白クリームとは少し違い、韓国のものは塗った瞬間に肌色をワントーン上げてくれるというもの。
肌にしっかりなじむため不自然にならず肌を白くなめらかに見せてくれます。

顔にも体にも使うことができるクリームです。
メイクするときに使うのであれば化粧下地を塗った後に使うのがオススメ。

+αのスペシャルケア!エステサロンや美容皮膚科

地道にケアしてもなかなかお肌が戻らないのであれば、エステサロンや美容皮膚科を頼ってみるのも1つの方法です。

エステサロンでの施術内容

エステサロンでの美白ケアは毛穴を洗浄し、イオン導入器で美白美容液をお肌にしっかり浸透させる、美白成分をふんだんに使ったクリームでのパックなどがあげられます。
相場は施術内容にもよりますが4000円ほどから体験できるコースもあるので、まずは一度いってみるのもアリかもしれませんね。

美容皮膚科での処置

美容皮膚科、美容クリニックでの処置は主にケミカルピーリングやレーザー治療になります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは専用の薬剤を皮膚に塗り、皮膚の角質層から表皮上層部をはがれやすくする方法です。

古い皮膚をはがして肌の入れ替え(ターンオーバー)を正常化させ、古い角質上のシミやくすみを
取り除きます。
肌が新しく生まれ変わることでくすみのとれたなめらかな肌になり白さも引き立ちます。

化粧品の浸透も良くなるため、ツルツルのむきたて卵のような肌になれるのが人気の施術です。

レーザー治療

シミやそばかすを除去するために光レーザーを照射し、色素沈着の元になるメラノサイトを破壊します。

表皮、真皮どちらのシミにも対応できるため、美白化粧品などでとれなかったシミもきれいにとることができます。

シミの種類によってレーザーの種類も異なるため、施術回数や金額も異なってきます。

美白注射・点滴

複数のアミノ酸やビタミン、ミネラルを含むプラセンタなどを注射や点滴で投与する方法です。
ビタミンCはメラニンの生成を抑えたり、できてしまったメラニンを還元する働きがあります。
プラセンタは美白効果が高く、シミやくすみの改善にとても効果的です。

これらを血管に直接注入するため、食品や化粧品で摂取するよりはるかに効果的に取り入れることができます。

地道にケアを続けて透明感のある色白肌をゲット!

「色白は七難隠す」ということわざのように、白い肌はそれだけで美しさを何倍にも見せてくれるもの。
たとえ真っ白でなくても健康な肌ならば、肌の明るさも引き立ちより美しく見えてくれるはずです。

自分の持って生まれた肌の色の美しさを信じて、今から努力を積み重ねていきましょう!

【口コミ検証】おすすめ美白化粧品ランキング!安全で効果が高いのは?

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の美白とは、メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすを防ぐこと(医薬部外品)、また、メーキャップ効果によってお肌を白く見せること(化粧品)です。
※本記事のエイジングケアとは、年齢に応じた化粧品でのケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ美白化粧品ランキング

商品 特徴
ハイドロキノン配合!サイエンスコスメでシミもくすみも徹底ケア
詳細はコチラ
お肌が明るくなる!米エキス&ビタミンCで透明感&高保湿!
詳細はコチラ
低刺激!敏感肌でも使える安心安全な美白化粧品
詳細はコチラ

【地黒でもOK】色白になりたい人がするべき4つのケア|お肌を白くする方法

この記事が気に入ったら