日焼け跡がヒリヒリする!痛みを抑えて日焼け跡を残さないアフターケア方法は?

気づいた時には日焼けしていた!
服に擦れたり触れるだけでヒリヒリと痛みを感じたり、体がだるいと感じた事がある方は少なくないと思います。
また、日焼け跡も残ってしまわないか心配してしまいますよね。

いつもは日焼け止めを塗るのに、その時に限って忘れてしまったり、汗をかいて日焼け止めを塗り直し忘れる事もあるでしょう。

今回は、うっかり日焼けしても安心!痛みを伴う日焼けの跡が残らない3つの対処法をお届けします。
人気の保湿剤の徹底調査や効果を上げる日焼けケア法などもまとめたので、併せて参考にしてみて下さいね。

日焼けして寝られないほど痛い!跡が残るのも心配

熱を持ったひどい日焼けをすると、体も怠くなり夜も眠れないほど痛みが出る事も。
日焼けの跡が残るのも心配ですよね。
痛みを伴う日焼けのケアは、早いうちに対処する事が効果的なのです。

早ければ早いほどベスト!痛みを伴う日焼けのアフターケア方法3つ

痛みを伴う日焼けをした場合、具体的に何をすれば良いのでしょうか?
具体的なアフターケア法を3つご紹介しましょう。

①患部をよく冷やす

日焼け部分は熱を持っているので、その熱を取る事が大切です。
まずは日焼けした患部をよく冷やしましょう。

冷たすぎるのはNG!

極端に低い温度で冷やしてしまうと、体温まで下げてきまうため、冷やす温度も大切。
氷をガーゼなどに包んだものや冷たいおしぼり、常温水を吹きかけるのがおすすめです。

②ほてりが収まったら保湿クリームを塗る

ある程度、火照りを感じなくなるまで冷やしたら、保湿クリームを塗りましょう。
また、痛みは空気に触れると発生するので、皮膚の上にクリームの皮膜を作ってあげると良いでしょう。

このとき、美白系の商品はまだ使ってはいけません!
炎症をおこしているお肌にとって、美白成分はかなりの刺激となりヒリヒリしてしまいます。
お肌がヒリヒリしている状態なら炎症がおさめることを優先しましょう。

後ほどおすすめの保湿化粧品をご紹介します。

③充分な水分補給

日焼けをすると皮膚だけではなく、体からも水分が奪われます。
私たちの肌はほとんどが水分で出来ています。
新しい皮膚を作りやすくする代謝を高めるためにもしっかり水分補給をして下さいね。

痛みが治まったら美白ケアなどを行いましょう。

症状が酷いときは皮膚科で薬を処方してもらうのがおすすめ

もし、患部を冷やしても強い痛みがひかない時や、背中全体など広範囲のひどい日焼け、水ぶくれなどが出来てしまった場合は、すぐに皮膚科で診てもらうのがベストです。
ここで、よく処方されるお薬をご紹介します。

ステロイド

日焼けの炎症が酷い時によく処方される皮膚組織を治療するお薬です。
効き目が強いため、長期使用は出来ません。

ロキソニン

痛み止めとしてよく処方される鎮静剤。
痛みを一時的に緩和させる働きがある薬です。

日焼けに効く人気の保湿剤を徹底調査!

ここで、肌を冷やした後に使う日焼けに効果的な保湿剤をまとめてみました。
口コミなどもあるので、購入する時の参考にしてみてくださいね。

おすすめは保湿力の高い”セラミド配合”の保湿化粧品

日焼け直後のお肌は極度に乾燥し、水分が足りない状態。
そのため、水分補給はもちろんですが、その水をできるだけお肌にはとどまらせておく必要があります。

セラミドは保湿成分の中でも、特に保湿力の高い成分。
また、お肌にもともとある成分なので、お肌に低刺激というメリットもあります。

セラミド配合!低刺激のメディプラスゲル

メディプラスゲル(2か月分) ¥2,996

メディプラスゲルは製薬会社と共同開発された低刺激のオールインワンゲル。
セラミドはもちろん、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど、保湿性の高いエイジングケア成分を66種類配合。

また、オールインワンゲルでお肌をこする回数も少ないため、お肌に刺激を与えにくいスキンケアができます。

また、敏感になっているお肌にも使いやすいよう、香料、合成着色料、合成乳化剤、防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)をフリーに。

皮膚科医指導のアレルギーテストも行っているため、刺激に弱くなっている肌でも使いやすい化粧品です。

公式HPを見てみる

カーマインローション

昔からある資生堂の酸化亜鉛含有の薬用ローションです。
酸化亜鉛は、収れん作用や抗炎症作用、皮膜作用、紫外線カット作用があるので、日焼け肌にはピッタリ!

塗った直後は、酸化亜鉛の効果で肌が白くなりますが、一晩で日焼けの火照りが落ち着いたという声がありました。
顔にも体にも使えてコスパが良いため人気です。

馬油

馬油は、皮膚に馴染みやすく浸透力の高いオイル。
そのため、肌に優しく敏感肌の方にも安心して使えます。

馬油は、火傷にも効果があるため、日焼け肌にも効果的で、炎症を取ってくれる作用があります。
個人差はありますが、翌朝、日焼け肌が落ち着いたという口コミもありました。

アロエジェル

アロエジェルには、消炎効果や保湿効果・新陳代謝を高める作用があります。

口コミによると、ジェルを多めに塗るのがポイントで、日焼けで乾燥した皮膚がジェルをぐんぐん吸収するようです。

手持ちの化粧水ならコットンマスクをするのもオススメ

このほかにも、手持ちの化粧水で低刺激なものがあれば、フェイスマスクやコットンマスクをするのもオススメです。
その場合はしっかりクリームなどで蓋をするよう意識してくださいね。

痛い場合はワセリンだけ塗るのもアリ

どうしても痛い場合は水分補給をした後、蓋をする役目を持つワセリンを塗るのもアリ。
足や腕など、広い範囲のケアをしたいときもワセリンを使うといいでしょう。

特に、サランラップを使ったワセリンパックは、刺激も少なくしっかり保湿してくれるのでオススメ!
ローションなどでしっかり保湿した後、ワセリンを塗ってその上からサランラップを巻いて10〜20分おきましょう。

注意が必要な保湿剤

日焼け後に塗ってしまいがちな保湿化粧品は多くありますが、実は日焼けが悪化してしまうようなものもちらほら…。
注意が必要な商品もご紹介します。

シーブリーズ

火照った体をクールダウンさせてくれるシーブリーズは、日焼けした肌に最適かと思いますよね。

しかし、シーブリーズに含まれるアルコールが日焼けの炎症の刺激となるので避けた方が無難です。

オロナイン

やけどに効くと言われているオロナインは、日焼け肌にも使えます。

しかし、それは赤みが出る前の軽度の日焼けの場合のみなので、サンバーンの状態になったら使わない方が良いでしょう。

ヒルドイド

皮膚科でよく処方されるヒルドイドは、保湿効果がある塗り薬ですが、ヒリヒリした日焼け肌にはNG!

ヒルドイドは、血行を促進させる効果もあるので、痛みが悪化する事があります。
気をつけて下さいね。

痛みを伴う日焼けをしてしまったら特に気をつけたい事

痛みの伴う日焼けは、肌が敏感になっています。
特に気をつけたい事をまとめてみました。

美白タイプの化粧水は使わない

美白効果のある化粧水は、日焼けしたらすぐ使いたくなりますよね。
しかし、サンバーンで日焼けが酷い時に美白タイプの化粧水を使うと、その刺激でしみたり、炎症が悪化する事もあるのです。

美白タイプの化粧水は、使わないようにして下さいね。
また、パッティングも刺激になるので、ハンドプレスするように付けるのがオススメです。

少しでもお肌を白く戻したいのなら、アフターケアの一環として飲む日焼け止めサプリがオススメ。
飲む日焼け止めはビタミンCやビタミンEなど、お肌を抗酸化から守る成分を配合しています。
そのため、日焼けした後でもお肌が元に戻ろうとするのを助けてくれるのです。

炎症を起こしていて美白化粧水が使えないのであれば内側から栄養を摂取してケアをしましょう。

冷えピタや湿布などは使わない

冷えピタや湿布などは、熱を冷やしたり痛みをとったりするものなので、日焼けにも使えるのか気になりますよね。

実は、2つとも日焼けにはNGなんです。
湿布は、メントールなどで打撲などの炎症を落ち着かせるためのものなので、日焼けの痛みや熱は取れません。
また、冷えピタには炎症部分に使わないで下さいという注意書きもあるので肌トラブルを起こさないためにも覚えておいて下さいね。

メイクは外出時間で調整する

日焼けをした患部には、余計な刺激を与えないのが一番です。

しかし、顔に日焼けをした場合は、さらに紫外線を浴びないためにも最低限のメイクは行いましょう。
肌に負担をかけにくいメイクを意識するのがポイントです。
外出時間を目安にしたメイクのポイントを調べてみました。

10分程度の外出

日焼けをしている肌は、とても敏感になっているので、紫外線対策は必要不可欠です。
日傘がさせる場合とさせない場合、それぞれのメイクはどうしたら良いのか見ていきましょう。

日傘がさせる場合は、特に何も付けず日傘のみをさし、日傘がさせない場合は、下地を付けずミネラルファンデーションのみで仕上げましょう。

10〜30分の外出

下地を付けずに、パウダーファンデーションで仕上げましょう。

30分以上の外出

下地は使わず、洗い流せるタイプの日焼け止めを塗り、パウダーファンデーションで仕上げます。

お風呂の入り方に注意する

サンバーンはお風呂の入り方も注意が必要です。
刺激を与えて炎症を悪化させないためにもいくつかのポイントをまとめてみました。

シャワーの水圧に注意

肌が敏感になっている時は、極力刺激を与えないようにする事が大切です。
シャワーの水圧さえも刺激となるので、弱めの水圧を心がけましょう。

患部をゴジゴシこすらない

水圧同様、刺激を与えないように、患部はこすらないように気をつけましょう。
日焼け部分は、スポンジではなくたっぷりの泡をつけた手で優しく洗うようにしてください。

オイルやクリームでフタをする

先ほども触れたように日焼けの痛みは、空気に触れるために起こります。
直接患部を空気に触れさせないためにもお風呂上がりに保湿をしたら、必ずオイルやクリームでフタをしましょう。

アフターケアの効果をさらに上げるために

最後に日焼けケアの効果をさらに上げる方法をまとめてみました。
是非、外側からの日焼けケアと併せて行ってみて下さいね。

たっぷりの睡眠

睡眠中は、成長ホルモンが分泌されるため、新しい肌が生まれ変わるターンオーバーが促進されます。

睡眠か足りないと成長ホルモンが充分に分泌されなくなるので、日焼け跡を残さないためにもたっぷりの睡眠を取りましょう。

栄養補給

新しい肌細胞を作るために、タンパク質や鉄分・ビタミンCなどを中心としたバランスの良い食事を摂るように意識しましょう。

生野菜や冷たい飲み物の取り過ぎ・カフェインなどは、体を冷やし、新陳代謝の働きを鈍くさせるので、なるべく避けましょう。

赤みが落ち着いたらスクラブを

日焼けの赤みが落ち着き、優しくスクラブをしましょう。
スクラブで古い角質を取り除く事で、ターンオーバーを促進させる効果があります。

日焼け止めの塗り直し

日焼けのケアをしている最中に紫外線に当たってしまっては、なかなか治らないばかりかさらに悪化させる可能性もあります。

そのため、普段から紫外線ケアをしっかりとする事が大切なのです。
日焼け止めの塗り直しを徹底しましょう。

塗り直しが面倒くさいのなら飲む日焼け止めサプリを使うのがオススメ。
飲み続けることで紫外線の影響を少なくしてくれます。

日焼けしたらなぜ痛みが出るの?そのメカニズムとは?


皮膚に紫外線が当たるとプロスタグランジンEという物質が作られます。
このプロスタグランジンEは、紫外線を浴び続けると、真皮まで届き血管を広げたり、炎症を起こし痛みの神経を敏感にさせてしまいます。

その結果、炎症を起こして痛みを感じるというわけなのです。

日焼けには痛くなる時とならない時がある!

日焼けをしたら痛くなる仕組みを紹介しましたが、日焼けには赤くなり痛くなるタイプとただ黒くなるタイプがあります。
赤みや痛みはどんな日焼けタイプなのでしょうか?
具体的に見ていきましょう。

サンバーン

ヒリヒリした痛みを伴い赤くなるのがこのタイプ。
肌の奥まで届く紫外線A波とエネルギーが強い紫外線B波という2つの紫外線を短時間で浴びる事で、メラニン色素を出すのが間に合わず、肌が炎症を起こし火傷をしている状態になります。
今回紹介したケアで炎症を抑えてから美白ケアをすることで、シミや色素沈着を防ぎます。

サンタン

炎症を起こさない日焼けでヒリヒリした痛みもありません。
紫外線A波によって起こる日焼けで、赤くならずに黒くなりますが、シミになる場合もあります。
美白ケアをすることでシミになるのを防ぎましょう。

日焼けをした時のよくある質問

次に、日焼けをした時にみかけるよくある質問をご紹介しましょう。

日焼け跡は何日位で綺麗になる?

日焼け後は、元の皮膚の色に戻るまで45日と言われています。
しかし、この日数はターンオーバーが正常に行われた場合です。
ターンオーバーを正常に行うには、保湿を充分にしたり、紫外線対策や栄養を摂る必要があります。
ケアをしないと日焼け跡がいつまでも残るばかりかシミなどの原因にもなるので気をつけましょう。

また、個人差はありますが、スキンケアに併せて、ビタミンCなどの栄養素などを摂るように意識すると
約1ヶ月程で日焼け跡がキレイになる事もありますよ。

きゅうりやアロエは効果的?

キュウリやアロエなどを直接患部に付ける民間療法は、昔から日焼けに良いと言われています。
しかし、患部に刺激を与える可能性があるので、悪化させてしまう恐れがあるのです。

また、キュウリに含まれるソラレンという成分は光毒性があるため、紫外線を浴びると色素沈着を起こす事もあります。
自己判断で民間療法を行うのは絶対に辞めましょう。

日焼けしてしまったら早めのケアを!

今回は、うっかり日焼けしても安心!痛みを伴う日焼けの跡が残らない対処法をお届けしました。
赤みや痛みを伴う日焼けのケアは、早ければ早いほど効果的で跡も残りにくいです。
外側からのケアはもちろん内側からのケアも併せて行うようにしましょう。

辛い日焼け肌を作らないためにも紫外線対策は、普段からしっかりと意識していきたいですね。

■参考文献
日焼けで肌が痛い時の洗顔・スキンケア方法(スキンケア大学)
水ぶくれができる、真っ赤になる…ひどい日焼けの対処法(スキンケア大学)

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の美白とは、メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすを防ぐこと(医薬部外品)、また、メーキャップ効果によってお肌を白く見せること(化粧品)です。
※本記事のエイジングケアとは、年齢に応じた化粧品でのケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ美白化粧品ランキング

商品 特徴
ハイドロキノン配合!サイエンスコスメでシミもくすみも徹底ケア
詳細はコチラ
お肌が明るくなる!米エキス&ビタミンCで透明感&高保湿!
詳細はコチラ
低刺激!敏感肌でも使える安心安全な美白化粧品
詳細はコチラ

日焼け跡がヒリヒリする!痛みを抑えて日焼け跡を残さないアフターケア方法は?

この記事が気に入ったら