乾燥小じわはケア次第で目立たなくできる!原因とオススメ化粧品4選

ついつい気になる顔の小じわ。
目立ってしまいがちですし、どうにかして隠したいですよね。
しかし、どうやって小じわを隠せば良いのか分からない方も多いと思います。

そこで、今回は気になる小じわを隠す優秀な化粧品をご紹介します。

スキンケア化粧品の選び方や小じわを隠す効果的なメイクテクニックなどもあわせてチェックしてみて下さいね。

小じわのタイプと原因

一言で小じわと言ってもそのタイプは様々です。
顔に出来る小じわのタイプとその原因を具体的に見てゆきましょう。

目元・口元に多い乾燥小じわ

目元や口元にできる事が多いしわは、皮膚の薄い部分に出来やすく、ちりめんジワと言われる事もあります。
乾燥が原因のシワになります。

乾燥が続くと、角質層の表面が乾いてバリア機能が破壊され、隙間が出来ます。
その隙間から表皮の水分が蒸発してゆくのです。

その結果、水分が少なくなった皮膚が固くなり、小ジワが出来るというわけなのです。

ちりめんジワの判断基準は、お風呂上がりに鏡を見る事です。
お肌のうるおいがしっかり行き届いているお風呂上りにシワが気にならない状態であれば、ちりめんジワです。

眉間・額に多い深いしわ

眉間や額の深いしわは、加齢や生活習慣の乱れが主な原因です。

通常、皮膚の真皮層にあるコラーゲンとエラスチンが組み合わさって真皮を支え、ハリや弾力を保っています。

眉間や額の深いシワは、このコラーゲンやエラスチンの量が減少したり、変形して肌の弾力を失っている状態なのです。

また、紫外線に当たると、コラーゲンを作りにくくする光老化が起こります。

年齢とともにコラーゲンやエラスチンを作り、新しい繊維を作り出す能力が低下していくため、傷ついた繊維がいつまでも修復されずにしわとなって現れるのです。

紫外線の他にもストレス・睡眠不足・喫煙なども関係しているため、思いあたる事がある方は、生活習慣などを見直してみるのも良いかもしれませんね。

普段のクセでできるしわ

普段のクセ次第でもしわはできます。
笑ったり怒ったりと表情を作る時のクセが原因で出来る表情シワ。

その他にも、メイクやスキンケアなどの摩擦で起こるシワなどがあげられます。
頬杖をついたりするのもシワの原因といえるでしょう。

小じわタイプ別!スキンケア化粧品の選び方

ここで、小じわのタイプ別に合ったスキンケア化粧品の選び方をご紹介します。
それぞれの小じわタイプに効果的な成分も参考にしてみて下さいね。

保湿性の高い成分が配合されている

目元や口元にできる乾燥が原因の浅いしわは、保湿を徹底する事が大切です。
保湿力に優れた成分を見ていきましょう。

セラミド 最も保湿力が高い成分。バリア機能では80%を占める。
ヒアルロン酸 セラミドの次に保湿力が高く、肌のバリア機能に関わっています。
年齢とともに減少します。
NMF 元々お肌にある成分で、肌の水分を保つ役割がある。
加齢で減少していく傾向があります。

コラーゲン生成をサポートするもの

眉間や額に現れる深いしわは、減ってしまったコラーゲンを増やす事が大切です。
ハリや弾力を与える成分に注目してみましょう。

レチノール コラーゲンを増やす強い効果があるビタミンAの一種。
作用が強いため、肌の弱い人はパッチテストを行なってからの使用をおすすめします。
ビタミンC誘導体 肌にハリを与える作用を持つ成分。
成分表示には、リン酸アスコルビル酸などと表記されている事が多いです。
ナイアシン 肌の新陳代謝を活発にし、肌にハリを与える成分。
低刺激なので、敏感肌の方にもオススメです。

小じわ対策!おすすめスキンケア化粧品

ではここで、小じわ対策におすすめのスキンケア化粧品をご紹介しましょう。
どの化粧品もトライアルの基礎セットの中に小じわにおすすめな化粧品が含まれているので、気になった方は是非試してみて下さい。
また、それぞれの特徴や口コミなども参考にしてみて下さいね。

手軽にケア!オールインワンのメディプラスゲル

メディプラスゲル ¥2,996(税込)

1本で化粧水・乳液・クリーム・美容液の4役をこなす無添加オールインワンゲル。
初回限定セットには、こちらのオールインワンゲル(180g)にクレンジングオイルや洗顔パウダーなど9点のサンプルが入っています。

メディプラスゲルは、高濃度のセラミドや2種類のコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分を配合し、気になる小じわケアをしながら、お肌にハリや弾力を与えてくれます。
1本で化粧水から美容液までまかなえるので、スキンケアが手軽に出来るのが最大のポイントです。

30日間返金保証付きなのもうれしいですよね。

公式HPを見てみる

敏感肌でも使いやすいアヤナス

10日間トライアルセット ¥1,480(税込)

敏感肌向けのブランドアヤナスから発売されている初回のエイジング基礎化粧品セット。
10日間のトライアルセットには、濃密化粧水に糖化ケアが出来る美容液・ハリを上げてくれるクリームに目元用アイクリームが入っています。

小じわケアに特におススメなのが、糖化ケアが出来る美容液。

コラーゲンを生成する繊維芽細胞を活性化させるCVアルギネートに、通常のセラミドと比べ浸透力が高いヒト型ナノセラミドを配合しているので、保湿力やハリ・弾力も叶います。

肌に刺激のある成分を使用していないため、肌の調子が悪い時でも穏やかに整えてくれるのは嬉しいですよね。

30日以内に限り、全額保証付きで使用していても返品可能なので、気軽に試しやすいですよね。

公式HPを見てみる

エイジングケアに大人気のアスタリフト

アスタリフトベーシックトライアルキット ¥1,080(税込)

富士フィルムから発売されているアスタリフトの5日間トライアルキットには、モイストローションにエッセンス・クリームにジェリー状先行美容液が付いています。

小じわケアに特におすすめするのが、モイストローションです。
主成分は、肌の老化を防ぐビタミンC誘導体と同じ効果があるアスタキサンチン。
さらに、3種類のコラーゲンでハリを与え、潤い成分のヒアルロン酸でみずみずしいお肌にしてくれる1本になっています。

公式HP限定で送料無料なので、気軽に試せるのも大きなポイントですよね。

公式HPを見てみる

サイエンスコスメのビーグレン

ビーグレンエイジングケアトライアルセット ¥1,944(税込)

しわに対する臨床試験を行い、最先端の浸透テクノロジーにこだわったビーグレンから発売されている¥1,800(税抜)のエイジングケアが出来る基礎化粧品セット。
セット内容は、クレイ洗顔料にローション・ビタミンC美容液・ビタミンA美容液・クリームになっています。

小じわケアに特におすすめするのが、ビタミンA美容液QuSomeレチノAです
浸透テクノロジーQuSomeが肌の奥まで浸透し、肌を柔らかくさせ気になるしわに働きかけます。
通常、刺激を感じやすいレチノールを最先端技術によって、刺激を感じにくくさせているのが大きな特徴。
肌が敏感な方も安心ですね。

代引き手数料・送料無料に加え、365日間の返金保証が付いているので、万が一お肌に合わない時も安心です。

公式HPを見てみる

スペシャルケアにおすすめのスキンケアアイテム

次に、いつものスキンケアにプラスして使いたいスペシャルケアアイテムをご紹介します。
特に乾燥が気になる時や週1回のお手入れとして、是非参考にしてみてくださいね。

美容オイル


浸透力の高い馬油や保湿力の高いマルラオイル、弾力を与えるローズヒップオイルなど、小じわのスペシャルケアに最適なオイルでスペシャルケアをしましょう。

オイルを浸透させながら蒸しタオルを当てるオイルパックもおすすめです。

フェイスマスク


美容成分がたっぷり配合されたフェイスマスクは、肌にピタリと密着するので、美容成分や保湿成分をしっかり肌に届ける事が出来ます。
ご自分の小じわタイプに効果的な美容成分が配合されているフェイスマスクを選んでくださいね。

ニベアやワセリンは使い方に注意が必要!


口コミで話題となっているニベアやワセリンを使った小じわのスキンケア。
実は、どちらもテクスチャーが固いので、正しい使い方をしないと新たな小じわの原因になります。
それぞれの使い方のポイントを見てゆきましょう。

ニベア

ニベアは、保湿力が高いので、乾燥による小じわには効果的です。
化粧水の後に、ニベアを手の平で温めて柔らかくなったら包み込むように肌に馴染ませます。
保湿のフタをするイメージですね。

テクスチャーが固いため、そのまま塗るとシワの原因になる事があるので気をつけてください。

ワセリン

ニベアよりテクスチャーが固いワセリンは、油分が多いため、コーティングとして使うのがベスト。
スキンケアをした後、豆粒くらいのワセリンを手に伸ばし、手のひらを気になるところに押し付けてワセリンを塗りましょう。

どちらも擦るとシワの原因になるため、決して擦らないようにしてくださいね。

小じわを隠すメイクのポイント

次に小じわを隠すメイクのポイントをご紹介しましょう。
是非、毎日のメイクに役立てて見て下さいね。

1.特に気になる部分は保湿を念入りに

目元など特に気になる小じわには、メイク前に保湿をしっかりする事が大切です。
小じわは乾燥が大敵なので、しっかりと保湿をきてあげましょう。

2.正しいファンデーション選び

小じわを隠すメイクで最も大切なのが正しいファンデーションを選ぶ事です。
実は、小じわ対策に向いているファンデーションと向いていないファンデーションがあるのです。

リキッドやクリームタイプがベスト

実は、コンシーラーやパウダータイプのファンデーションは、水分量が少ないので逆にしわを目立たせてしまいます。
小じわは、肌が乾燥している証拠なので、ファンデーションも水分のあるものがベストです。
リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを選んで下さいね。

楽にしたい方はBBクリームなどもオススメです。

3.なるべく薄くファンデーションを塗る

小じわがあると隠そうとファンデを何度も重ね塗りする方も多いと思います。
しかし、重ね塗りをすると、しわにファンデを入れ込む事になるため、逆に目立たせる行為になってしまうのです。
ファンデーションは、なるべく薄く塗る事を心がけましょう。
上から軽くパウダーで抑えると化粧崩れ対策にもなるのでおすすめです。

4.ポイントメイクを目立たせる

ベースメイクを完成させたら、アイメイクやリップメイクにポイントを置きましょう。
目元や口元にポイントを置くと、ベースメイクから目線逸れるのでオススメです。

日頃からできるしわを改善する対策

ただやみくもに小じわに効果的なスキンケア化粧品を使っていても充分な効果が得られない事も。
ここで日頃から出来る小じわを改善する対策方法をまとめてみました。

スキンケア化粧品と併用して、出来る事から少しずつ意識してみて下さいね。

正しいスキンケア

シワ対策には、刺激を与えない事が大切です。
ぬるま湯を使いたっぷりの泡で優しく洗顔をしたり、化粧水や美容液は、肌で温めてから擦らず優しくハンドプレスしましょう。
あくまでも擦らず、優しくを心がけて下さいね。

洗顔についての詳しい情報が知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

紫外線対策

紫外線は、コラーゲンやエラスチンを破壊するばかりでなく乾燥も招くため、しわの大敵です。
日頃からしっかりと、日焼け止めを塗って紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めの塗り方や、オススメの商品を知りたい方はこの記事も見てみましょう。

また、毎日塗るのが面倒くさい…という方には今話題の飲む日焼け止めもオススメ。
毎日飲むことで紫外線のダメージを軽減してくれます。

食生活の改善

バランスの良い食事はもちろんですが、小じわを改善する成分を食事で摂るのも効果的です。

豚足や手羽先などのコラーゲンやアボカド・納豆などのビタミンE、ひじきやわかめなど肌の水分量を保つセラミド、コラーゲン・エラスチンの生成を促進するくるみや青魚などのオメガ3を意識して摂りましょう。

生活習慣の改善

乱れた生活習慣を正す事も大切です。
十分な睡眠を取ったり、ストレスを溜めないようにしたり、適度な運動をして新陳代謝を活発にしましょう。
また、日頃から笑顔でいる事を心がけるのも重要です。

生活習慣については次の記事も参考になるでしょう。

小じわタイプに合わせたケアで小じわレスの肌に!

今回は気になる小じわを隠す優秀な化粧品やメイク方法をご紹介しました。
小じわタイプにあったスキンケア化粧品でスキンケアをしながら、小じわを隠すメイクで小じわがない肌作りをしてゆく事が大切です。

また、スペシャルケアや生活習慣の改善も意識して、外側と内側から小じわレスのお肌を目指しましょう!

■参考文献
シワの種類と原因(スキンケア大学)
表情ジワの原因と改善方法(スキンケア大学)

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

乾燥小じわはケア次第で目立たなくできる!原因とオススメ化粧品4選

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…