ビオレの日焼け止めって効果ある?日焼け止めを選ぶポイントと正しい使い方をご紹介

たいていの人が日焼け止めをぬっていても日焼けした経験があるハズ。
「日焼け止めって効果あるの?」という疑問がわいてきます。
本当のところ、日焼け止めって効果があるのでしょうか。

ドラッグストアでおなじみのビオレの日焼け止めはお手頃値段で庶民の味方。
ロート製薬のスキンアクアやニベアの日焼け止めと並ぶ人気のUVカット製品です。
購入してみたいけど、効果が不安な方も敏感肌で肌荒れが不安な方もいるでしょう。

しかも、最近は一年中通して紫外線対策が必要といわれていますね。
毎日使うものだから、できるだけ効果があって安心できるものを選びたいものです。

今回はビオレの日焼け止めを中心に日焼け止めの選び方や使い方を紹介します。
UV対策の参考にしてくださいね。

紫外線ってコワイ!紫外線の肌への害と日焼け止めの種類


これまで、紫外線は肌に良くない、健康に良くないとかなり言われてきました。
ここでは紫外線の害について再確認しましょう。

紫外線による害とは

紫外線は肌を傷める原因といわれていますが、紫外線を浴びた肌はどうなるのでしょうか。
紫外線によるお肌のトラブルを紹介します。

シミやそばかすを生成

肌にとって紫外線は有害な物質のひとつ。
そのため、肌には紫外線から身を守る仕組みが備わっています。
それがメラニン色素。

私たちの肌は紫外線を浴びると、メラニン色素が生成されます。
メラニン色素は肌内部や体の中へ有害物質を取り入れないようにするためのものです。

メラニン色素は黒褐色で表皮にあります。
日焼けをすると肌が褐色になってくるのはメラニン色素が増えるため。

紫外線によりダメージを受けた肌はターンオーバーが乱れてしまいます。
そうなるとメラニン色素が排出されていきません。
それがシミやそばかすとなってしまいます。

肌を乾燥させる

紫外線により、肌細胞がダメージを受けると細胞内の水分が失われます。
さらに、紫外線は肌をみずみずしく保つコラーゲン繊維やエラスチンなどを破壊します。
そうなると肌の水分を保っておくことができず、乾燥が進み、しわが増加。

これは光老化といわれる老化現象。
年齢は若くても紫外線を浴び続けることで肌の奥深くまでしわが刻み込まれてしまいます。

また、肌の水分量が低下することで、バリア機能が低下しさらに乾燥するという悪循環に。
肌の乾燥はしわを増やすだけでなく、肌荒れも引き起こし、肌のキメが乱れます。
しかも免疫力を低下させるなど体にも悪影響。

肌の水分低下はほんの少しの紫外線を浴びただけでも起こるのだそう。
毎日の生活の中でも通勤や散歩など紫外線を浴びる機会は結構あります。
少しずつでも毎日紫外線を浴び続けるとその影響は蓄積されて恐ろしいことに!

そもそも紫外線とはどんなもの?

太陽の光は私たちの生活にとってメリットの大きな恵みのもとです。
しかし、紫外線などのデメリットもあります。
肌にとって有害な紫外線とはどのようなものでしょうか。

太陽光線には赤外線、可視光線、紫外線の3種類があります。
この中で肌に有害なのが紫外線。

紫外線はさらに3種類に分けられます。
それがUVA、UVB、UVCです。

PAで防御!UVA

UVAは一年中降り注いでいて、窓や薄いカーテンなども突き抜けてくる紫外線。
肌の真皮まで届き、コラーゲンやエラスチンを破壊して肌のトラブルを引き起こします。
日焼け止めではUVAの防御効果が「PA」で表示されています。

シミやそばかすの原因、UVB

UVBは表皮にまでしか届きません。
しかし肌細胞のメラニン色素を増やす、シミやそばかすの原因となる紫外線です。
皮膚がんの原因になるのもUVB。

日焼け止めでは「SPF」の数値でUVBの防御効果を表示しています。

UVCって何?

UVCはあまり聞いたことがありませんね。
3種類の中で一番有害な紫外線ですが、オゾン層で吸収される紫外線。
普段は地上には届かないとされているので、対策をする必要がないのです。

日焼け止めの種類と表示について

日焼け止めの種類や表示について簡単に説明します。
日焼け止めを選ぶ目安ともなるので、注目したいポイントです。

SPFとPA

前述したように、PAはUVAを、SPFはUVBを防ぐ効果を表したもの。
日焼け止めを見ると必ず表示されているPAは「+」で効果を表しており、+が多い方がUVAを防ぐ効果が高いです。

SPFはUVBを防ぐ効果を数値で表しています。
SPFは単純にいえばUVBを防ぐ時間ですが、人によって日に焼けるまでの時間は違うもの。
この日に焼けるまでの時間を延ばすものなので、使う人によってその長さは変化します。
このように、日焼け止めを使う人によってその効果の出方は違います。

もっと詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみましょう。

 

紫外線防止剤の種類

日焼け止めの表示を見ると「紫外線吸収剤」または「紫外線散乱剤」という記載があります。
どのような違いがあるのでしょうか。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は成分自体が紫外線を吸収し、肌に紫外線のダメージを届かないようにするもの。
吸収した紫外線のエネルギーを化学的に分解して放出するようになっています。

UVAを防ぐため成分としては、パルゾールA、メギソリルSXなど。
また、UVBを防ぐためには桂皮酸、オキシベンゼンなどが含まれています。

紫外線吸収剤は無色透明で伸びが良いため、以前から日焼け止めに使用されているものです。

高いSPF値の日焼け止めの多くは紫外線吸収剤が使用されています。
紫外線防止効果は高く、塗りやすいというメリットがある半面、デメリットも。
それは肌には負担が大きいということです。

人によっては肌荒れを引き起こしたり、刺激を感じたりすることがあります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返す作用で肌を紫外線から守るもの。
肌にぬると白っぽくなり、人によっては重たいと感じる人もいるそうです。

紫外線散乱剤は酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルクが配合。
これらの成分はUVA、UVBどちらも反射させる作用があります。

紫外線散乱剤の成分の多くは有機化合物ではありません。
そのため、肌には比較的負担が少なく、UVA、UVBどちらにも対応できるのが特徴。

しかし、肌に塗ったときにベタついたりするのがデメリット。
しかも、白くなったりするのがイヤ、という人もいます。

種類が豊富なビオレの日焼け止めラインナップ


ビオレの日焼け止めは大人から子供まで、それぞれのニーズに合った商品をそろえています。
どれも着け心地が良く、暑い夏でもべたつかないのがいいところ。
大きく3つのシリーズに分けてご紹介します。

※編集部調べの価格となります。

UVアクアリッチシリーズ

UVアクアリッチシリーズは全部で5種類。
そのどれもがつけた後、とても軽いのが特徴です。

従来、日焼け止めというとぬったときに暑苦しさを感じていました。
でもこのシリーズはどれもみずみずしくて軽い着け心地でつけている感じがしません。
それなのに、UVカット成分のおかげで紫外線防止効果はしっかりとあるシリーズです。

UVアクアリッチウォータリーエッセンス&UVアクアリッチウォータリージェル

エッセンス:50g
ジェル:90ml
エッセンス:648円(税込)
ジェル:676円(税込)
【数量限定】ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス クールタイプ SPF50+ PA++++ 50gビオレUV アクアリッチ ウォータリージェル 大容量 155ml (1.7倍)

どちらもSPF50 PA++++の紫外線防止効果が高い日焼け止め。
旧品から2017年2月にリニューアルしています。
顔にも体にも使えます。

エッセンスもジェルも美容液成分が配合されていて、保湿力のある日焼け止めです。
共通して言えるのが、「耐久型」といわれるエッセンスを使用していること。
そのため、汗や水にも強く”スーパー”ウォータープルーフで落ちにくいのが特徴です。

それにもかかわらず、普段使っている石鹸やボディソープでも落とせるのがいいところ。
専用のクレンジング不要なので、手間がかかりません。

また、どちらも化粧下地として使うことができるのでかなり便利。
暑い夏でもファンデーションの前にいくつもの下地をぬらなくても大丈夫。

エッセンスとジェルの違いは紫外線防止剤の成分。
UVアクアリッチウォータリーエッセンスは紫外線吸収剤のみ。
UVアクアリッチウォータリージェルは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が両方配合。

どちらかというと、ジェルの方が伸びがいいので、全身に使うにはジェルがおすすめ。

 

UVアクアリッチ 爽快ジェルローション

90ml ¥572(税込)
ビオレ さらさらUV アクアリッチ 爽快ジェルローション 90ml

こちらはからだ用の日焼け止めで、SPF33 PA+++です。
日常生活に腕や足、首などに使用するには使いやすい日焼け止めでしょう。

つけるとスーッとして気持ちのいい着け心地。
汗をかいてもすぐにさらっと乾くので、べたべたしなくて暑い夏にはピッタリでしょう。
何度ぬりなおしても、べたつかないので、こまめにぬりなおす人におおすすめ。

もちろん、美容液成分が入っているので、保湿もしっかりできる日焼け止めです。

UVアクアリッチBBエッセンス

33g ¥677(税込)
ビオレ さらさらUV アクアリッチBBエッセンス SPF50+/PA++++ 33g

こちらは顔用の日焼け止めで、SPF50+ PA++++の高い紫外線効果が特徴。
美容液成分が入っていて、保湿がしっかりできるのはもちろんです。

そしてUVアクアリッチBBエッセンスは化粧下地効果が入っています。
そのため、ファンデーションをぬった時の仕上がりがなめらかです。

またほんのりピンクがかったベージュの色付きなので、顔色をきれいに補正してくれます。
しかも時間がたっても化粧崩れがしにくい処方です。
bbクリームの代わりに使用してもよさそう。

しっかりと肌に密着するので、落とすときはメイク落としなどでしっかりと洗い流してください。

UVアクアリッチ美白エッセンス

33g ¥610(税込)
ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+/PA++++ 33g

こちらは美白エッセンスはSPF50+ PA++++の紫外線防止効果の高い日焼け止め。
しかも植物由来の美白成分が入っているので、メラニン色素が生成されるのを抑えてくれます。
シミやそばかすを気にしている人におすすめ。

顔用の日焼け止めで化粧下地効果もあるので、ファンデーションの前に使いましょう。
耐久型の日焼け止め成分が化粧崩れを防いでくれます。
汗をかきやすい夏には崩れないのはうれしいですね。

落とすときはメイク落としなどでしっかりと洗い流してください。

さらさらUVシリーズ

さらさらUVシリーズはその名の通り、つけてもさらさら。
さらさらパウダー配合で日焼け止め特有のべたつきがないのが一番の特徴です。
ぬった後すぐに乾くので、ぬりなおしたり重ね塗りしても快適。

速乾さらさらスプレー

75g ¥698(税込)
ビオレUV速乾さらさら スプレー

これはスプレータイプの日焼け止めでSPF50+ PA++++です。
高い紫外線防止効果がある全身に使える日焼け止め。

スプレータイプなので、メイクの上からも使えます。
髪にスプレーしてもOK。
夏の強い紫外線から髪を守ることができる、とても使い勝手のいい日焼け止めです。

カモミールエキスが入っているので、保湿効果もあります。
化粧下地に使っても良いのですが、スプレータイプなので、ムラになりやすいのが難点。

紫外線吸収剤のみのため、白くならないのがいいですね。
いつも使っている石鹸やボディソープでも落とせます。

さらさらシリーズのミルクタイプ日焼け止め3種

さらさらパーフェクトミルク:40ml
さらさらブライトミルク:30ml
さらさらフェイスミルク:30ml
さらさらパーフェクトミルク:¥500(税込)
さらさらブライトミルク:¥578(税込)
さらさらフェイスミルク:¥578(税込)
ビオレ さらさらUV パーフェクトミルク SPF50+/PA++++ 40mlビオレ さらさらUV パーフェクトブライトミルク SPF50+/PA++++ 30mlビオレ さらさらUV パーフェクトフェイスミルク SPF50+/PA++++ 30ml

さらさらシリーズにはミルクタイプの日焼け止めが3種類あります。
さらさらパーフェクトミルク、さらさらブライトミルク、さらさらフェイスミルクです。
さらさらUV パーフェクトミルクなどの旧品からいずれもリニューアルしています。

3つに共通しているのはSPF50+でPA++++の高い紫外線防止効果。
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方入っています。
そしてスーパーウォータープルーフで汗や水に強いことや白くならないのも同じです。

さらさらパーフェクトミルクは微香料で、顔にも体にも使えます。
でも、さらさらブライトミルクとさらさらフェイスミルクは無香料で、顔用の日焼け止め。

さらにブライトミルクにはヒアルロン酸配合で保湿効果があります。
光補正パウダーも入っているので、色付きで顔を明るく見せてくれるとか。
肌の凹凸や毛穴を目立たなくし、その後のファンデーションがきれいに密着します。

フェイスミルクの方は皮脂吸収パウダーが入っているので、テカりを押さえてくれます。
皮脂の分泌が多い人にはフェイスミルクの方が良いでしょう。

ブライトミルクとフェイスミルクはメイク落としでしっかりと落としてください。
パーフェクトミルクはクレンジング剤を使う必要はありませんが、しっかりと落としましょう。

親子で使えるUVシリーズ

親子で使えるシリーズはお子様の薄くて敏感な肌にも使える優しい成分が入っています。
子どもたちはとてもアクティブなので、思っている以上に日焼けする機会が多いもの。

そんな子供たちも使える日焼け止め2種類をご紹介。
どちらもさっと取り出してぬることができるのでお子様を待たせることがありません。

のびのびキッズミルク

90g ¥690
ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90g

弱酸性で無香料、無着色、アルコールフリーと優しい処方になっています。
それにもかかわらずSPF50の高い紫外線防止効果が期待できるのが特徴。

ミルクタイプなので、伸びが良く、全身に使えます。
汗や水分にも強く、落ちにくいのでプールや海でも日焼けを防ぎます。

また、紫外線吸収剤を使用していますが、肌に浸透されないようカプセルに閉じ込めています。
しかもワセリンが配合されているので、保湿もできるのも安心できるポイント。
普段使っている洗顔料やボディソープ、石鹸で落とせます。

マイルドケアミルク

120ml ¥640(税込)
【花王】ビオレ さらさらUV マイルドケアミルク 120ml

さらさらUV マイルドケアミルク SPF30からリニューアルしています。
マイルドケアミルクもミルクタイプでぬりやすい日焼け止め。
弱酸性で無香料、無着色、アルコールフリーというのも同じです。

のびのびキッズミルクとの違いは紫外線防止効果。
マイルドケアミルクはSPF30 PA++なので、日常使いにおすすめです。

しかも保湿成分として ヒマワリエキスやカモミールエキスが配合されています。
より保湿力が高い日焼け止めなので、小さなお子様にも安心して使えます。

値段による日焼け止めの違いとおすすめの選び方、使い方


それでは、ビオレとそのほかの日焼け止めとの違いはどこにあるのでしょう。
しかも、さまざまな値段の日焼け止めがありますが、いったい何が違うのか、疑問ですね。
その違いや日焼け止めの選び方、使い方を見ていきましょう。

日焼け止めの値段で効果は違うの?

値段の高いものと安いものがあると、つい比べますね。
同じSPF50の日焼け止めの価格を見てみましょう。(いずれも税込)

花王ニベアSUNプロテクトウォータージェル 80g 617円
ロートスキンアクアスーパーモイスチャージェル 110g 680円
資生堂SHISEIDOアネッサ パーフェクトUV
アクアブースター
60ml 2,151円
カネボウアリィーエクストラUVジェル ミネラルモイストネオ 90g 2,322円

ニベアSUNやスキンアクアはビオレと同じ価格帯の商品。
一方、高価格のアネッサやアリィーとビオレでは3倍以上の価格差があります。
こんなに価格が違うと紫外線カット効果も違うのでは?と思いますよね。

でもSPF値やPAの値が同じなら日焼け止めの効果については値段による違いはありません。
では、値段の高い日焼け止めとプチプラの日焼け止めでは何が違うのでしょう。

一番の違いは使い心地と仕上がり

値段が高い日焼け止めには保湿効果や美白効果などがプラスされています。
しかも最新テクノロジーが使われていることも多いのが特徴。

そのため、使用感がしっとりとして日焼け止め以外の効果がたっぷり。
さらに、配合されている成分についても詳細が記載されて分かりやすくなっています。

価格が安い日焼け止めは成分も表示もシンプル

一方、安い日焼け止めでは、含まれている保湿成分も最小限となっているようです。
そして、表示も簡単に記載されているだけで、かなりシンプル。
でも、その日焼け止めに関する情報が少なくて、分かりにくくなっています。

高い日焼け止めと安い日焼け止め、どっちがいいの?

紫外線以外の効果も欲しいなら、値段が高いものの方がよい、ということになりますね。
ただし、値段の高いものの中には広告費や宣伝費が上乗せされていることもあるので要注意。

大切なのは値段も効果も納得できるかどうかです。

日焼け止めの選び方

ここまでくると、「じゃあ、どんな日焼け止めがいいの?」となりますね。
日焼け止めもいろいろな種類があるので、3つほど選ぶポイントをご紹介します。

成分で選ぼう

まずは、SPF値やPAの+の数、紫外線の成分で選ぶ方法です。
絶対に肌を焼きたくない、という人や屋外にいることが多い人は高い紫外線防止効果が必要。
SPF50、PA+++~++++の日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

ただし、高い日焼け止め効果のあるものは肌にも負担になることをお忘れなく。

また、汗をかきやすい人や水にぬれる可能性が高い人はウォータープルーフタイプがおすすめ。
さらに、肌が弱い人や子供には肌に負担の少ない紫外線散乱剤の日焼け止めを選ぶのがいいですね。

タイプ別選び方

日焼け止めのタイプもさまざまな種類があります。
どんな人や肌質の人にどのようなタイプがおすすめかを紹介。

さらさらなローションタイプ

つけた後がさらさらした感じが好みの人は軽いローションタイプがおすすめ。
でも、ローションタイプは汗や皮脂で流れやすいのがデメリットです。

しっかりとUV対策したい人向けクリームタイプ

なるべく落ちにくい日焼け止めがほしい人はクリームタイプがいいでしょう。
クリームタイプの日焼け止めは保湿力もあるので、乾燥しやすい肌の人にもよさそうです。
逆に、皮脂分泌が多い人は避けた方がいいかもしれません。

手間なし簡単!スプレータイプ

その他、日焼け止めを塗る手間をできるだけ省きたい人にはスプレータイプがおすすめ。
手を汚すことなく全身に使えることが多いので、髪の毛も紫外線防止ができていいですよ。
しかも、化粧直しのときに最後にスプレーすれば日焼け止め効果も持続します。

スプレータイプのデメリットはムラになりやすいこと。
ぬり残しがないように注意する必要がありますね。

軽い着け心地のジェルタイプ

また、軽い着け心地で、なおかつUVカット効果も欲しい人はジェルの日焼け止めをどうぞ。
ジェルならば伸びやすくぬりやすいのがメリットです。
ぬった後もべたべたしないので、べたつきを気にする人にもおすすめ。

目的に沿って選ぼう

日焼け止めには「顔用」「からだ用」「顔・からだ用」など種類があります。
使用する部位に合った日焼け止めを選びましょう。

また、日常生活ではほとんどの人がそれほど多くの紫外線を浴びるわけではありません。
ですから、普段はSPF20~30、PA++ぐらいのもので十分です。

しかし、アウトドアのレジャーに出かける時には、ほぼ一日屋外にいると予想されます。
そのため、少し肌に負担がかかっても高い紫外線防止効果のある日焼け止めを選びましょう。

また、屋外にいると汗もかきやすいので、ウォータープルーフのものを選ぶと安心です。
最近では「スーパーウォータープルーフ」というより汗や水分に強い日焼け止めもあります。

 

本当に効果がある日焼け止めの使い方

どんなに高い紫外線防止効果のある日焼け止めも時間と共に効果が薄らいできます。
どのように使うとUVカット効果を最大に活かすことができるのでしょうか。

こまめなぬり直しでしっかりUVカット

日焼けを本当に防ぐにはこまめに日焼け止めをぬることが大切。
特にアウトドアでスポーツをする時には30分ごとにぬりなおすといいそうです。

それにはやはり顔とボディは分けて使った方がいいでしょう。
顔にはスキンケア効果の高い、少し高価な日焼け止めを使用して肌荒れも防ぎます。
ボディにはたっぷり使えるお値段がお手頃で大容量のものにするなど使い分けましょう。

また、最近では飲むことで日焼け止めと同じ効果を発揮する日焼け止めサプリもあるので、気になる方は試してみるのもいいでしょう。

日焼け止めには保湿が重要

UVアクアリッチなどの登場でもわかるように、日焼け止めには保湿が重要。
日焼け止めは肌に負担がかかるものなので、夏でもしっかり保湿しましょう。

特に保湿を忘れがちなのがボディ。
ボディローションやボディクリームなどで保湿をしてから日焼け止めをぬります。
そうすると肌への負担がかかりにくくなるんですよ。

お風呂でしっかり落とそう

1日の終わりには必ずしっかりと落とすことも必要。
最近は石鹸やボディソープで落とすことができるタイプもあります。
ボディには石鹸で落とせるタイプが、手間も少なくて良いでしょう。

落とし方としてはゴシゴシこするのではなく、たっぷりの泡で汚れを落とすのがポイント。

ビオレの日焼け止めは効果も高く、使用感が良いものがそろっています!


今回はビオレの日焼け止めを中心に、日焼け止めの選び方や塗り方なども紹介しました。
ビオレの商品は日焼け止めに限らず、ドラッグストアなどで手に入りやすいのがいいところ。

しかも紫外線防止効果も高く、ぬりやすさや保湿もよく考えられた商品ばかりです。
大人から子供まで使うことができ、とても使い勝手がいいので、UVケアとしておすすめ。

日焼け止めは肌に負担がかかるといわれています。
しかし、日焼け止めを使わないで紫外線を浴びることの方が肌へのダメージは大きいのです。
毎日、UV対策として日焼け止めをぬることを習慣化しましょう。

また、一番日焼け止め効果があるのは、どれを使用してもこまめにぬりなおすこと。
そして、目的やシーンに合わせた使い分けをしてしっかりと日焼けを防止しましょう。

■参考文献
ビオレUVトップ(花王株式会社)
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは(スキンケア大学)
 紫外線による健康被害(環境省)

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ飲む日焼け止めランキング

商品 特徴
効果もバッチリ、日本製で最安!お試しでも試しやすい980円サプリ
詳細はコチラ
日焼け止め成分、美容成分もたっぷり!高い効果を求める人に人気
詳細はコチラ
日本製ながらアメリカ&フランスでも人気のサプリ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

ビオレの日焼け止めって効果ある?日焼け止めを選ぶポイントと正しい使い方をご紹介

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…