赤ちゃんの乾燥肌対策!原因と新生児からのスキンケア

赤ちゃんの肌ってすべすべで、プヨプヨしていてむきたてのゆで卵のようなイメージですが、実は意外に乾燥しやすいのです。

産まれてすぐはとても潤っていた赤ちゃんのほっぺが、突然カサカサしてきて、びっくりしたママやパパもいるのではないでしょうか。

しかし、あまり心配することはありません。

乾燥肌は、赤ちゃんによくみられる症状なのです。
きちんとスキンケアをおこなえば、乾燥肌を改善できます。

また、新生児期から赤ちゃんの肌をよく観察し、スキンケアをおこなっておけば、乾燥肌を予防できるのです。

ここでは赤ちゃんの肌が乾燥する原因、赤ちゃんの乾燥肌対策について、紹介していきますので参考にしてください。

赤ちゃんの肌が乾燥しやすい理由


赤ちゃんの肌が乾燥しやすいのは、皮膚が薄く未発達で、肌のバリア機能が弱いことと、赤ちゃんの肌が変化していくことが原因です。

赤ちゃんの肌は変化する

赤ちゃんの肌は、新生児期から乳児期早期にかけて変化していきます。

産まれてすぐの赤ちゃんの頭や皮膚に、白いものがついていたのを覚えているママは多いでしょう。

あの白いものは「胎脂」といい、赤ちゃんの皮膚を乾燥や外部の刺激から守る役目があるのです。
胎脂は、沐浴によって生後1〜2日で洗い流されますが、しばらくは保湿効果が残っているといわれています。

また生後2〜3か月の間は、お母さんからゆずり受けた女性ホルモンの影響が残っていて、赤ちゃんの皮脂分泌は活発なため、あまり乾燥することはありません。

しかし、生後2〜3か月を過ぎると、皮脂の分泌量は大人の半分程度になり、赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなります。

赤ちゃんの肌は薄くデリケート

赤ちゃんの皮膚は、大人の半分くらいの薄さでとてもデリケートなため、ちょっとした外気の刺激でも肌は乾燥し、トラブルをおこします

また赤ちゃんは、皮膚の角質層がじゅうぶんに発達しておらず、肌のバリア機能が弱く、皮膚に水分や油分を保つ力が低いため、乾燥しやすくなるのです。

そのため、赤ちゃんの皮膚から水分が逃げないように、保湿してあげることが大切です。

母乳ママは食生活にも注目

赤ちゃんの乾燥肌が気になっているママのなかで、母乳を飲ませている方は、食生活に注意しましょう。

インスタント食品、お菓子、揚げ物などを食べ過ぎている人の母乳には、子供の乾燥肌や食物アレルギーの原因になる成分が含まれるといわれています。

ママと赤ちゃんの体のためにも、インスタント食品やお菓子は控えましょう

乾燥肌を防ぐためのスキンケア


赤ちゃんは、毎日お風呂に入れましょう。
もし肌が乾燥していても、毎日入浴させてください。

肌が汗やほこりなどで汚れたままの状態だと、かえって乾燥がひどくなったり、肌荒れがおこったりします。

大切なのは、赤ちゃんの肌に負担をかけずに洗うこと

まず肌の汚れをきれいにしてから、じゅうぶんに保湿することが、乾燥肌を防ぐポイントです。

肌を乾燥させない入浴方法

大人用のシャンプーやボディソープは、赤ちゃんにとって刺激が強く、肌をいためる原因になります。
無添加で低刺激の赤ちゃん用石けんで、優しく洗ってください。

強くこすると、赤ちゃんの薄くて柔らかい肌は、傷ついてしまいます

  1. 石けんを手でよく泡立てて、泡で包みこむようにして洗います。
  2. 手足のくびれ、脇の下、耳のうらなども洗い残しがないように、ていねいに洗ってください。
  3. 洗ったあとは、石けんの成分や泡が残らないように、ぬるま湯でしっかりすすぎます。

お湯の温度は36〜38度が目安です。

40度以上のお湯だと必要以上に皮脂をうばい取ってしまい、肌を乾燥させてしまいます。

身体全体を保湿する

お風呂上がりは肌から水分が蒸発しやすいので、タオルでしっかり拭いてから、5分以内に保湿剤をぬりましょう。

体の中でもっとも乾燥しやすい顔から、保湿剤をぬります。
体を洗うときと同じように、手足のくびれ、脇の下、耳のうらまで、くまなく全身にぬるのがポイント。

なるべく早く全身にぬるためには、乳液タイプのベビーローションが、ぬりやすくておすすめです。


アロベビーミルクローションは人気の高いベビーローションです。
無添加、無香料、無着色、99%以上天然由来成分を使用。
日本で開発から生産まで一貫して行っている国産のオーガニックコスメです。
新生児から使えるので乳児湿疹などで悩んでいるママたちに、とくに口コミで人気が高いようですよ。

乾燥がひどい部分は、ベビーローションの上からさらに、クリームをぬって保護するとよいでしょう。

オーガニックのベビーローションが、肌へのアレルギーが少なく人気ですが、ほかにもワセリン、ベビーオイルがあります。
ワセリンHGチューブ100G
ワセリンやベビーオイルは、保湿効果は高いのですが、べたついたり、衣服についてしまうことがあるのがデメリットといえます。
しかし、赤ちゃんの肌を衣服の摩擦から守りたいときは、ワセリンやベビーオイルで保護をすることがおすすめです。

赤ちゃんよって肌にあわないこともあるので、全身にぬる前に、腕や太ももの内側にある皮膚のやわらかい箇所でパッチテストをおこなってください

もし皮膚が赤くなるようであれば、肌にあっていないので、他の商品に変えましょう。

赤ちゃんを取りまく環境を整えることも大切


赤ちゃんの肌は、外気の影響を受けやすいので、室内の温度・湿度の管理が大切です。
空気が乾燥していると、赤ちゃんの肌の水分量はすぐにうばわれます。

とくに冬は空気が乾燥しているので、加湿をおこない、部屋の湿度を50~60%に保ちましょう。

夏もエアコンを使用する場合は、空気が乾燥するので、温度だけでなく、湿度も一緒に調整する必要があります。

乾燥した空気や冷たい外気、紫外線も肌を乾燥させるので、季節にかかわらず外出時は、なるべく肌を露出させないようにしてください。

外出先でも、乾燥が気になる部分は、こまめにベビーローションやクリームなどをぬりましょう。

徐々に乾燥肌はおさまります


乾燥肌をそのままにしておくと、肌荒れの原因になったり、炎症をおこしたり、ひどい場合は、乾燥性乳児湿疹になることがあります。

赤ちゃんは自分で肌の手入れをしたり、かゆみを訴えることができないので、ママが常に赤ちゃんの肌の状態を観察して、スキンケアをおこないましょう

乾燥肌は、いつまでも続くわけではありません。
個人差はありますが、1歳をすぎる頃には肌も強くなってくるので、徐々に乾燥肌もおさまってくるようですよ。

もし、スキンケアで乾燥肌が改善されず、かゆみが強い場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が考えられます。

早めに小児科や皮膚科を受診して、赤ちゃんにあって適切な薬を処方してもらいましょう。
ステロイド外用剤が出ることもありますが、赤ちゃん用のものは成分がかなり弱いものが主流です。

気になるようであれば、納得いくまで医師に質問しましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

赤ちゃんの乾燥肌対策!原因と新生児からのスキンケア

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…