肌荒れで顔がかゆい!赤みを伴う肌トラブルの治し方と予防法

顔がかゆい!」と感じたことはありませんか?
ひとことで「かゆみ」といっても、さまざまな原因が考えられますが、肌荒れがかゆみの原因だと、なかなか痒みがおさまりません。

肌がかゆくて「イライラする」「物事に集中しにくくてとてもつらい」なんてお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
さらに肌荒れが悪化すると、かゆみだけではなく痛みをともなう場合もあるのです。

この記事では、そんな赤みをともなう肌トラブルについて紹介します。

どうしてかゆくなるの?原因を知ろう


肌トラブルが起こるのには理由があります。

まず、皮膚が薄くなって菲薄化(ひはくか)しまっている場合。
そのほかに、乾燥、アレルギー、ストレスなどが原因として考えられます。

以下で、ひとつひとつ詳しく紹介していきますね。

原因1:皮膚が薄くなっている

肌の表面にある角質層が薄くなってしまうと、肌がダイレクトに刺激を受けてしまいます
また免疫力も落ちるために、ニキビや肌荒れなどの過剰な炎症を起こしやすいようです。

原因2:乾燥

皮ふの水分が失われ、角質が乾燥すると、肌のバリア機能が低下するため、摩擦のような外部からの刺激を敏感に感じ取りやすくなるといわれています。

肌の乾燥をまねく原因

  • 髪の毛や衣類が肌に触れる
  • 汗をかく
  • 毎日のスキンケア不足
  • 間違った方法でスキンケア

このようなことが、皮ふの乾燥につながっていきます。

また季節によっても肌の状態は変わり、湿度が低く乾燥しやすい冬はとくに、肌の乾燥を感じる方が多いようです。

原因3:アレルギー

突然の湿疹、肌荒れはアレルギーの可能性が考えられます。

アレルギーによるかゆみは、食べ物・カビ・ダニ・ハウスダスト・花粉・化粧品の成分・動物の毛・紫外線などさまざまなものが原因です。

なにに反応するかは、体質によって異なるため「アレルギーかも?」と感じた場合は、皮膚科で相談しましょう

症状が軽ければかゆみ程度で済みますが、重い症状になるとショック状態になることもあるため「たかがアレルギー」と考えず、適切な対処をすることが大切です。

原因4:ストレス

ストレスも、肌荒れの原因となることがあるのです。

人がストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。
本来コルチゾールは体内のバランスを維持するのに、必要なホルモンですが、多すぎると悪影響がでることもあるのです。

コルチゾールが増えすぎると、免疫力を低下させたり、コラーゲンの生成を抑えたり肌の皮脂分泌を多くさせる働きがでてしまうため、肌荒れを引き起こしてしまうといわれています。

ほかにも、不眠やうつ状態になる原因にもなりかねないので、なるべくストレスはためないようにしたいですね。

肌トラブルを解消するにはどうすればいいの?


肌荒れの対処法は、どのような方法がよいのでしょうか。

上記で紹介した「原因1:肌が薄くなってしまっている」「原因2:乾燥」の場合は、肌にうるおいを与えて保湿し、肌の自己再生力をうながすことで、肌荒れが徐々によくなっていくようです。

毎日のスキンケアを面倒と感じる方がいるかもしれませんが、少しの手間が肌荒れを防ぎ、潤いのある肌にしてくれ、かゆみを減らしていきます。

しっかりと保湿をするために、大切なポイントを紹介しますね。

美容液・乳液は保湿成分の入ったものを選ぼう

美容液・乳液・保湿クリームを購入する際は、しっかりと保湿成分の入った製品を選んで購入しましょう。

保湿成分は、セラミド、ステアリン酸コレステロール、水素添加レシチンなどが入っているとよいですね。

セラミドには種類があり、ヒト型セラミドと呼ばれるセラミド2とセラミド3は保湿効果が高いといわれているため、おすすめです。


水分を補うための化粧水はヒアルロン酸、グリセリン、コラーゲンが含まれているものがよいでしょう。

ただし、いくら効果の高い成分が入っていたとしても、自分の肌に合わなければ逆効果です。
使用して「おかしいな」「合わないな」「悪化した」などと感じた場合は、すぐにその製品の使用を中断しましょう。

保湿は素早く行うのが鍵!

保湿は洗顔後・入浴後にすぐ行うことが大切です。

肌の表面の水分は、時間が経つごとに逃げやすくなります。

水を吸った新聞紙が乾いたらパリパリになってしまうように、いったん肌に付いた水分が蒸発するときに、もともと肌にあった水分も一緒に蒸発させてしまうのです。

そのため、素早く化粧水で肌に水分を与え、乳液などで水分の蒸発を防ぐように保護することが大切ですね。

多めに使ってしっかりスキンケアしよう

スキンケア製品を使用するときは、適量もしくは少し多めに使用し、しっかりと角質層まで潤いが浸透するように意識しましょう。

使用量は、製品に記載されている量を目安にしてください。

記載されていない場合は、化粧水は500円玉硬貨の大きさ、美容液は1円玉硬貨の大きさ、乳液は10円玉硬貨の大きさを目安にするとよいようです。

「とくに目元が乾燥している」「頬が気になる」という場合は、症状が気になる部分にスキンケア製品を重ねづけをして、よりしっかりとケアをしましょう。

下から上になじませるのが○

化粧水は下から上に、顎先→頬→額の順番につけていくと、角質層まで浸透させやすいといわれています。

それは、肌のキメは重力の影響で下向きになる傾向があるからです。

また化粧水をつけたあとは「パンパン」と叩くのではなく、ハンドプレスをして肌に優しくしっかりとなじませるのがおすすめです。

かゆくても掻くのはNG!

かゆみが気になって掻いてしまうと、角質が傷つき、さらに乾燥を促進するという悪循環におちいってしまうようです。

乾燥肌用にかゆみ止めの市販薬も販売されていますので、決して掻かないようにしましょう。

【指定第2類医薬品】フルコートf 5g

フルコートF軟膏は、ステロイドが配合されており、しっかりとかゆみをおさえてくれるようです。
湿疹や夏の汗疹、日焼けの炎症にも効くようなので、1本購入してみてもよいかもしれません。

【第2類医薬品】メンソレータムADクリームm 145g

またそのほかにも、3つのかゆみ止め成分を配合しているメンソレータムADなど、さまざまなかゆみ止めが販売されています。

各製品に特徴があるため、薬剤師などに相談して、自分に合ったかゆみ止めを探しましょう。
くれぐれも、決して掻かないようにしてくださいね。

皮膚科を受診して専門家に診てもらおう

上記のスキンケアの見直しは、すぐに効果が出るものではありません。

しかし、長くきちんとスキンケアしているのにかゆみがまったく収まらない場合や、肌荒れが重症のケース、専門家に相談して自分の肌状態を確認したいといった場合は、皮膚科の受診をオススメします。

肌荒れを未然に防いで、ストレスのない肌に


かゆみをともなう肌荒れを起こさないように、日ごろからできる予防法を紹介します。

簡単に実践できることばかりなので、よかったら実践してみてください。

食生活を見直す

食事のバランスが崩れると、皮脂量や肌の水分が不足するといわれています。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは日ごろの生活において不足しがちな栄養素です。
これらは、肌に潤いを与えたり、肌本来のバリア機能を持たせる働きがあるといわれています。

栄養バランスを考え、インスタント食品やコンビニ弁当などばかりに頼らないよう注意すると、肌の調子がよくなるかもしれません。

どうしても、食生活を見直すのが難しい方は、サプリメントに頼るのもひとつの方法です。

禁煙をする

たばこは血行を悪くするため、皮ふの細胞に充分な栄養が行きわたらなくなってしまいます。

また、細胞を酸化させる活性酸素を増やしてしまうため、細胞は徐々に傷ついてしまうのです。
その結果、肌のハリや潤いに必要なコラーゲンが生成されず、肌荒れや老化が進みます

禁煙は大変かもしれませんが、なるべく控えるようにしましょう。

洗顔はこすらず、優しく行う

洗顔の際に自分で肌にダメージを与えてしまっては、苦労が水の泡になってしまうため要注意です。

洗うときのポイント

  • 石鹸や洗顔料をしっかり泡立てる
  • 優しく洗う
  • お湯は32度くらい
  • シャワーではなく手ですくった水で優しく洗い流す

顔を拭くときも同じように、ごしごしと拭くのではなく、肌に負担をかけないようタオルをポンポンと優しく顔に当てて水分を取るのがよいですね。

ストレスはためずに発散しよう

先に述べたように、ストレスは肌荒れの原因です。

なかなか難しいですが、休日は気持ちを切り替え、好きなことを行うなどして、なるべくストレスをためないように生活しましょう。

また睡眠も、健康な肌を保つためには大切です。
夜中まで起きず、早寝早起きを心がけましょう。

かゆみには保湿を


かゆくてつらい肌荒れには、清潔な肌に保湿することが大切なポイントです。

すぐに改善するものではありませんが、こつこつと肌荒れ対策をし、潤いのあるきれいな肌ストレスゼロな人生を目指してみてください。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

肌荒れで顔がかゆい!赤みを伴う肌トラブルの治し方と予防法

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…