毛穴がひどくてつらい!開いた毛穴を目立たなくさせる対策ってある?

人の第一印象は「肌で決まる」といわれています。
肌トラブルのなかでも、もっとも目立つのは、ニキビよりも毛穴のようです。

広がった毛穴や、毛穴の黒ずみに悩み「毛穴のひどさがつらい」「どうにか目立たなくさせよう」としているにもかかわらず、悪化してしまってさらにつらさを感じる方は少なくありません。

一度広がってしまった毛穴は、どうしたら目立たなくなるのでしょうか。
毛穴が開いてしまう原因や、つらい悩みをスッキリ解決できるような対策を紹介していきます。

毛穴が開く原因


なにをしても目立ってしまうのがつらい毛穴の悩み。
そもそも、なんで毛穴は開いてしまうのでしょうか。

毛穴が開く原因は、肌を触りすぎて、皮脂が過剰に分泌されているケースが多いようです。

毛穴に詰まった角栓を取る商品に、毛穴パックや毛穴専用洗顔があります。
同様に、角栓をピンセットで抜く方もいますが、これもNG。

使った瞬間はキレイに角質をとることができたのですが、肌に負担をかけてしまうのです。
毛穴を無理やり広げているので、結果的に毛穴の黒ずみや広がりは悪化してしまいます。

また「毛穴を引き締めるために」と考えて、1日に何度も洗顔をしてしまうと、肌に必要な分の皮脂まで取り除いてしまうのです。

毛穴の掃除や洗顔をしすぎることで、このように肌を痛めたり、皮脂が取り除かれるため肌のバリアは低くなってしまいます
過剰に皮脂が分泌され、乾燥や毛穴の広がりにつながっていくのです。

このように、多くの方が「毛穴を目立たなくするために普段やっていること」が、実は逆効果なのです。
 

毛穴を目立たなくさせる5つの方法


「毛穴がやばい!」と感じている方は、日々のケアで毛穴を目立たなくさせていきましょう。
毛穴を目立たなくさせるために、必要なことは「肌をいたわる」ことです。

そのためには肌に刺激を与えずに、正しいスキンケアをしていくことが大切
では正しいスキンケアは、いったいどのようなものかをみていきましょう。

1:正しい洗顔方法で肌そのものを改善

まずは洗顔の見直しから行いましょう。
毛穴がつらいと思っている方は、どうも洗いすぎる傾向にあるようです。

毛穴によい洗顔方法は下記になります。

1:毛穴を開く

洗顔をする前に、蒸しタオルで毛穴を開きましょう

蒸しタオルはフェイスタオルを水に浸してから絞り、電子レンジで20~30秒程チンすると作れます。
このときタオルは、とても熱くなっているので、やけどには気を付けてください。

毛穴が気になる部分にあてて、温めるのです。
入浴中に洗顔するのであれば、お風呂から出る直前になると毛穴が開いた状態になります。

2:泡であらう

つぎに洗顔料をしっかりと泡立て、泡を肌に優しくのせくるくると滑るように洗います。

洗顔ネットを使うと、しっかり泡立ちやすいので使ってみるとよいですね。

直接指で肌をこすらず、泡のみで優しく洗いましょう

3:しっかりすすぐ

毛穴を目立たなくさせるポイントは、すすぎです。

泡が残ることで肌荒れを悪化させる可能性があるので、泡が残らないように30回くらいすすいでください。

シャワーで流すと水流が刺激になるので、両手にお湯を汲んで流しましょう
熱いお湯は、肌に必要な皮脂を流してしまうので、ぬるま湯ですすぎ、最後に冷水で肌を引き締めるのがオススメです。

4:優しく拭く

洗い終わったらタオルで優しく水気をふき取ります。

肌をゴシゴシとこすらずに、ポンポンと優しくふき取りましょう。

洗顔料を使った方法は、夜の洗顔にオススメです。

2:朝は水洗顔でOK

水洗顔とは、その名の通り水だけで洗顔し、洗顔料を使わない方法です。

意外かもしれませんが、朝は、水洗顔のみで問題ありません。
寝起きの肌についている汚れは「ホコリ」や「皮脂」で、これらは洗顔料を使わずに洗い流せます

水といっても冷たい冷水ではなく「ちょっと冷たいかな」と感じるくらいの32度前後が理想的です。

オイリー肌の方は水洗顔と相性が悪いといわれていますが、そもそも本当にオイリー肌なのかを見極める必要があります。

洗顔料を使った洗顔のしすぎで、肌を守るために必要な皮脂を落としすぎたため、余分な皮脂が分泌されすぎて、実は乾燥肌なのにオイリー肌だと思ってしまう方が多いのです。

肌質を見極めるためにも、洗顔を見直してみるとよいかもしれませんね。

3:洗顔後の正しい保湿

洗顔が終わったら保湿を行いましょう。

保湿の基本は化粧水と乳液を使った保湿方法ですが、付け方にもコツがあります。

ネットでは「化粧水をバシャバシャつける」「乳液をたっぷりと塗る」とよいとの情報があふれていますが、実はこれらも毛穴の広がりを悪化させる行為なのです。

もともと人には肌を守るバリア機能があり、分泌する皮脂がクリームの代わりになり肌を守ってくれます。

しかし、過剰に化粧水や乳液を使うことで、自分の持つ肌を修復する力がなくなっていくのです。

化粧水や乳液は、少なすぎても多すぎてもよくありません。
商品に書かれている、適量を守ることがポイントです。

化粧水や乳液をつけるときは、下から上へ付けていき、手のひらでそっと抑えるハンドプレスを行いましょう。

4:毛穴専用美容液を頼る

毛穴専用の美容液は、化粧水のあとに使うものが多いようです。

美容液は、ほかの化粧品より美容成分が豊富に含まれています。
肌の悩みに応じた美容液の種類があるので、毛穴の悩みは毛穴のケアができる美容液を選ぶとよいでしょう。

しっかりと皮脂をコントロールし、毛穴を引き締める効果を期待できる成分が入っているものや、黒ずみを目立たなくさせる成分が入っているものなど、自分の悩みに合わせて使うとよいですね。

5:生活習慣を改める

毛穴を引き締めるためには、洗顔とスキンケアの見直しだけではなく、日々の生活習慣を改めることでさらに効果を実感できることがあります。

睡眠はゴールデンタイムを意識する

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌の再生を促してくれるといわれているのはご存じでしょうか。
美肌のためには夜の10時から夜中の2時までの、ゴールデンタイムに寝ることが大切といわれています。

この時間に寝るのは難しくても、少しづつ意識してみてはいかがでしょうか。

添加物を食べないようにする

また食生活を見直すことも、毛穴の悩みを解消するひとつの方法です。
肌によいのは偏食しないで、バランスよく野菜も肉・魚類を食べることといえるでしょう。

ジャンクフードや冷凍食品など、添加物を多く含む食品は、肌を荒らしてしまう原因になるので、控えるよう意識することが大切です。

目立つ毛穴は化粧で隠す!


毛穴のための正しいケアがわかったところで、今日やって明日毛穴が改善するわけではありません。

しかし、毛穴がつらいんです
正直「ブツブツした毛穴を見られることが恥ずかしい」と思っている方は、少なくありません。

そこで見せたくないのなら、メイクで隠していきましょう。

下地やファンデーションと、毛穴を目立たなくさせる化粧品はたくさんあるので、上手に活用して毛穴を隠すのです。

メイクだと毛穴落ちしちゃう?ポイントは下地

肌を美しくみせるために、もっとも活躍するのはファンデーションです。

しかし、間違った使い方をすると、毛穴がさらに目立ってしまいます

ファンデーションを厚塗りすると、瞬間的に毛穴はきれいに隠れるでしょう。
しかし、広がった毛穴にファンデーションが落ちて陰影がついてしまい、毛穴のブツブツが目立ったり、化粧が崩れやすくなったりするのです。

毛穴に落ちたファンデーションは、落ちにくいため、また毛穴の汚れがたまっていき、悪循環がおこることも。

またしっかりクレンジングをして、ファンデーションを落とそうとするあまり、洗いすぎて肌コンディションを崩してしまう可能性もあるのです。

毛穴落ちを起こさないためには、厚塗りをするのではなく、化粧下地をしっかり使うことがポイントになります。

化粧水・美容液・乳液のあとに化粧下地を使いましょう
少量でよいので毛穴が目立つ場所に、化粧下地をなじませ肌に密着させることで、ファンデーションのノリや化粧もちがグンとよくなります。

ファンデーションは厚くすればするほど、崩れ方が汚くなり、毛穴が目立ってしまうので気を付けましょう。

リキッド(クリーム)ファンデーション

広がった毛穴をカバーしてくれるファンデーションで、オススメなのがリキッドファンデーションやクリームファンデーションです。

リキッドファンデやクリームファンデは、粒子が細かいため肌としっかり密着しやすくなり、化粧崩れがしにくいという特徴があります。

肌の内側から外側に、スッと流れるように付けていくのがポイントです。
Tゾーンのように皮脂分泌が多く、崩れやすい場所には、付けすぎないように気を付けましょう。

クリームファンデーションを塗った後は、フェイスパウダーを使うことで、化粧崩れを防ぎます。
肌の表面を整えるため、毛穴が目立宅なくなるのです。

パウダーファンデーション

毛穴落ちではなく、毛穴の黒ずみをカバーするのにオススメなのは、パウダーファンデーションです。

パウダーファンデーションは付け心地が軽く、カバー力はリキッドファンデーションやクリームファンデーションほどありませんが、黒ずみは十分カバーされます。

パウダーファンデーションにはパフが付属されているタイプが多いのですが、毛穴を隠すならパフは使用しないほうがいいかもしれません。

パフでファンデーションをたたきこむと、毛穴落ちしてしまい、毛穴が詰まり肌荒れの原因になります。

ブラシを使うと、余計なファンデーションを落としつつ、肌をきれいに見せることができる適正な量を、簡単に付けていけるのです。

使い方は簡単。
パウダーファンデーションをブラシでとり、手の甲でくるくるし余分な粉を落とします。

顔の中心から外側に向けて、ブラシをクルクルと回しながら付けていくと、上手につきますよ。

最後にブラシで、顔全体の余分な粉を落とし、きれいな肌の完成です。

レーザー治療の効果は?


最後に開いた毛穴の対策のひとつ、レーザー治療について紹介していきます。

美容皮膚科などで行える、レーザー治療は、皮ふの深い真皮層まで刺激をあたえ、ターンオーバーをうながす方法です。

肌への刺激はダメージです。
レーザー治療は、一時的に、肌の奥へダメージを与えることで、肌の回復力をうながす治療です。

回数を重ねることで、徐々に毛穴を小さくするため、毛穴の悩みを深く抱えている方に人気があります。

しかしレーザー治療には、デメリットもあることを知っておきましょう。

レーザー治療は、費用が高額なことが大きなデメリットといえます。

一回治療したらOKというわけではありません。
何度も治療を重ねる必要があるので、ある程度の出費を覚悟したほうがよいでしょう。

またレーザー治療は、肌へわざとダメージを与える方法なので、人によっては刺激が強すぎて肌が傷ついてしまうこともあります。

レーザー治療をしたあとは、赤くなるのが一般的ですが、なかには炎症を起こしてしまうことも。
毛穴を消したくて施術したのに、ケガのようになってしまうのは、一時的とはいえつらいものです。

もちろん、このような症状が出ない方もいるので、個人差はあります。
レーザー治療をする際は、カウンセリングに行き、費用や施術方法など、納得できるように慎重に検討しましょう。

毛穴対策はケアと隠すの二本立て


つらい毛穴を目立たなくさせるには、日々のケアと、メイクで隠す方法の両方を行うとよいでしょう。

正しい洗顔と、肌に合った基礎化粧品や美容液を使い、日々のメイクで上手に隠すことが、笑顔で過ごすコツです。

一度開いた毛穴が目立たなくなるのは、時間がかかります。

すぐに毛穴を目立たなくさせることは難しいですが、少しずつ肌がきれいになるように頑張りましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の「毛穴の引き締め」とは、メイク効果により毛穴が目立たなくなることです。また、洗顔により毛穴の汚れを除去することを示します。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ毛穴化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE化粧水ランキング1位!保湿力抜群のオルビスの毛穴ケア!
詳細はコチラ
全ての毛穴に対応!1,000円で試せる人気商品!
詳細はコチラ
医学界認定!雑誌やインスタで話題のサイエンスコスメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

毛穴がひどくてつらい!開いた毛穴を目立たなくさせる対策ってある?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…