皮膚科でも使ってる!副作用のない安全な飲む日焼け止めおすすめ4選

ここ最近よく目にする飲む日焼け止めが注目されています。

体の内側から日焼けの影響をカットするので、塗り直しや塗り忘れの問題も回避できたり、お肌が敏感な人でも安心

しかし、飲む日焼け止めの安全性はどうなのか、副作用はないのか気になる方も多いと思います。
そこで今回は、皮膚科もおすすめの安全な飲む日焼け止めをリサーチしてみました。

それぞれの特徴や値段、よくある疑問や効果を最大限に発揮する方法なども併せてご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね。

日焼けの影響や仕組み


そもそも日焼けは、紫外線を浴びる事で肌細胞を守ろうと活性酸素が発生されます。

この活性酸素がメラニン色素を生成すると肌が黒くなるという仕組みです。
また紫外線は、骨を丈夫にしたり免疫力を上げる重要な働きをしています。

しかし、紫外線を長時間繰り返し浴び続けると、活性酸素が肌のハリや弾力をキープしているエラスチンやコラーゲンを破壊します。
すると、光老化というしわやたるみを引き起こす老化現象に繋がるのです。

近年飲む日焼け止めが注目されている


飲むタイプの日焼け止めは、体の中から紫外線の影響を軽減する働きを持ちます。

飲む日焼け止めには、紫外線の影響によるシミやシワ・そばかすの原因となる活性酸素を破壊する成分が入っています。
近年、紫外線の影響によるシミやシワ・そばかすの予防に繋がる商品として注目を浴びているのです。

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違いとは?


飲むだけで紫外線対策をすると言われている日焼け止めは、従来の塗る日焼け止めと比べ、どんな違いがあるのでしょうか?
ここで、飲む日焼け止めのメリットとデメリットをまとめてみたので、塗る日焼け止めとの違いを比較してみてくださいね。

飲む日焼け止めのメリット

まず飲む日焼け止めのメリットを見ていきましょう。
塗る日焼け止めでは補えない部分も補えるのポイントが目立ちました。

肌に負担をかけない

塗るタイプの日焼け止めは、成分によってまれに肌に負担をかける事も。
飲む日焼け止めは、肌に負担をかける心配がないので、デリケートな肌の方も安心ですね。

エイジングケア

飲む日焼け止めには、紫外線の影響を抑える成分に加え、美肌成分がたっぷり配合されています。
飲むだけで、光老化を防ぐエイジングケアや美肌ケアが出来るのは嬉しいですよね。

塗り直しや塗り忘れがない

塗る日焼け止めは、汗をかいたりすると塗り直す必要がありますよね。
また、外出時に塗り忘れてしまう可能性も。
飲む日焼け止めは飲むだけなので、そのような手間や心配がないのです。

日焼け止めが塗れない部分の紫外線対策も出来る

塗る日焼け止めは、頭皮などには塗れません。
飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めが塗れない部分の紫外線対策もしてくれるので、安心なのです。

飲む日焼け止めのデメリット

次に飲む日焼け止めのデメリットをご紹介します。

飲み忘れる事がある

飲む日焼け止めは、外出前に飲む事を推奨していますが、習慣化していないと飲み忘れてしまうケースがあります。

体質によってアレルギーが出る事がある

先ほども触れたように、飲む日焼け止めには植物由来の成分が入っているため、まれにアレルギー反応が出る事があります。
もし、身体に合わない場合は、服用を中止して病院に行って下さいね。

飲み続ける必要がある

紫外線は、夏や晴れの日だけに降るのではありません。
多かれ少なかれ1年中降り注いでいます。
そのため、飲む日焼け止めを継続的に飲み続ける必要があるのです。

塗る日焼け止めに比べて高価

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めに比べて1ヶ月分で5000円前後と値段が高めです。
価格は、商品や販売店によっても変わってきますが、まとめて購入すれば安くなる場合もあるので、是非確認してみて下さいね。

飲む日焼け止めの副作用や安全性はどうなのか?


飲む日焼け止めの副作用の報告は、特にないようです。
子供でも飲める飲む日焼け止めや国内産のものも増えてきているので、安全性については問題ありません。

しかし、飲む日焼け止めは主成分に植物由来の天然成分を配合しているので、体質によってはアレルギー反応が出る事もあります。

妊婦さんや授乳中の方は注意が必要

飲む日焼け止めには、海外産と国産があるので、商品によっては服用が出来るものや推奨していないものもあります。

妊娠中や授乳中は、体質などにも左右されるため、かかりつけの医師や薬剤師に相談してみて下さいね。

皮膚科推奨!安全な飲む日焼け止め4つ

ここで、皮膚科推奨の安全性の高い飲む日焼け止めをご紹介します。
商品の特徴はもちろん有効成分や購入場所などもまとめたので参考にしてみて下さい。

①ヘリオケアウルトラDカプセル

ヘリオケアウルトラDカプセル ¥5,000~
“]【公式サイトへ】

世界50カ国以上の病院で取り扱いがある有名な飲む日焼け止め。
ヘリオケアシリーズは全部で3種類あり、日本でよく処方されているのが一番効果が高いこちらの商品です。

光老化を防ぐFernblockというシダの一種の植物から抽出したエキスが主成分なので、4歳以上の子供が飲んでも問題はありません。

また、ビタミンDや活性酸素を減らすリコピンも配合されているので、美容効果も期待出来ます。
皮膚科やamazon・楽天などでも購入できます。

公式HPを見てみる

②ノーブ

ノーブ 7,344円

【公式サイトへ】

美容クリニックの医師達が監修した国産の紫外線対策サプリメント
ターンオーバーを促すクロセチンや肌の弾力を高め光のダメージから肌を守るルテインを配合しています。

ヘリオケアと同じシダ植物由来のFernblockが主成分ですが、国内での抽出をしていたり、植物性のカプセルを使っていたりと安全基準が高いのも嬉しいですね。

ノーヴは、ドラッグストアなどで買えるのが最大のポイントです。
また、公式サイトや楽天でも購入できます。

公式HPを見てみる

③ホワイトヴェール

ホワイトヴェール 初回/2回目以降:980円 / 4980円


【公式サイトへ】


美容家の方が日本女性のために開発した日本での製造にこだわった飲む日焼け止めです。

皮膚疾患の酒さの治療に使っている皮膚科もあるのだとか。

活性酸素を除去するニュートロックスサンというシトラス果実とローズマリーから抽出した天然ポリフェノールエキスが主成分。

ターンオーバーを促すメロンプラセンタや活性酸素を軽減するザクロエキス、100%オーガニックのビタミンやミネラルなどをたっぷり配合しています。

また、ニュートロックスサンは、紫外線を浴びた後に飲んでも抗酸化作用が続くのが嬉しいポイントです。

公式サイトや楽天・amazonで購入可能です。

公式HPはこちら

④雪肌ドロップ

雪肌ドロップ 初回 / 2回目以降:4,298円 / 6,998円

20160705-nomuhiyakedome01
【公式HP】へ

ホワイトヴェール同様、ニュートロックスサンが主成分の飲む日焼け止め。
皮膚科や美容クリニックのみの取り扱いでしたが、最近では公式サイトや楽天・amazonでも購入できます。

活性酸素を除くのはもちろん、天然のビタミンやシステインやコラーゲンを配合した栄養成分がたっぷりの処方で、抗酸化を高め、紫外線ダメージを受けにくいお肌にしてくれます。

しかし、原材料の一部にエビやカニ・ゼラチンが含まれているため、アレルギーがある方は注意しましょう。

公式HPはこちら

安くて効果のある安全な飲む日焼け止めは?

一番安くて続けやすいのはホワイトヴェールです。
初回は980円、2回目以降は4,980円での購入となります。
国産というのも安心ポイントですね。

少し高くてもいいならヘリオケアもオススメ。
海外製ですが皮膚科でも多く取り扱われているサプリメントです。

飲む日焼け止めサプリ
総合ランキングはこちら

飲む日焼け止めのよくある疑問


次に、飲む日焼け止めのよくある質問をご紹介します。
是非、参考にしてみてくださいね。

どのくらいで効果が出るの?

商品によって多少の誤差はありますが、飲む日焼け止めを飲み始めてから30分程で効果が出ます。
また、持続効果は約4〜5時間と言われています。

購入場所は?

飲む日焼け止めの種類によって購入方法は様々です。
以前は、皮膚科のみの販売でしたが、最近では市販や通販でも購入できます。

処方された場合は保険適用できる?

飲む日焼け止めは、医薬品ではなくサプリメントであるため、保険適用ではなく、実費になります。
また、クリニックや皮膚科などの医療機関では取り扱いしている病院としていない病院があるので、事前に確認してみて下さいね。

飲む日焼け止めの効果を最大限に高める方法


ここで、飲む日焼け止めの効果を最大限に高める方法をまとめてみました。
是非、参考にしてみて下さいね。

塗る日焼け止めとの併用がベスト!

飲む日焼け止めは光老化を防ぐ作用があり、塗る日焼け止めは、光が直接皮膚に当たるのを防ぐ作用があります。
それぞれ役割が違うため、2つを併用する事で、よりしっかりした日焼け止め効果が得られます。
日焼け止め効果を高めるには、内側と外側から紫外線対策をする事が大切なのですね。

正しい飲み方を心がける

飲む日焼け止めは、ただやみくもに飲んでも効果は出にくいです。
ここで正しい服用方法をご紹介しましょう。

外出する約1時間前に飲む

飲む日焼け止めによって溶ける時間が異なるため、効き始める時間も違います。
そのため、日光を浴びる1時間位前に飲むのがベストです。

3〜4時間後にもう一度飲む

飲む日焼け止めの持続効果は、3〜4時間程と言われています。
そのため、1日中外にいる場合は、3〜4時間後にもう一度飲み直すのがオススメです。

食事を意識する

毎日の食事にも紫外線対策を意識しましょう。
野菜を中心としたバランスの良い食事がベストです。
また、紫外線対策として、特に意識して摂って欲しい食品をご紹介します、

トマト

トマトには、活性酸素を減らすリコピンが豊富に含まれています。
生のトマトより、朝にトマトジュースなどの加工品を飲む方がリコピンを吸収しやすいので良いでしょう。
また、アーモンドなどのビタミンEと一緒に摂る事でリコピンの吸収率が高まるのでオススメです。

コーヒー

コーヒーには、抗酸化力の高いポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールは、光老化の元となる活性酸素を除去する働きがあるので、意識して飲みたいですね。
しかし、コーヒーにはカフェインが豊富に含まれるため、飲みすぎには注意しましょう。

安心安全な飲む日焼け止めで紫外線に負けないお肌を手に入れよう!


今回は、皮膚科もおすすめの安全な飲む日焼け止めをリサーチしてみました。
紫外線対策は、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めで内側と外側からケアする事が大切なのですね。

紫外線の影響を防いで美肌を手に入れるためにも、安心な飲む日焼け止めをプラスしてさらに紫外線対策を強化しましょう!

■参考文献
飲む日焼け止めサプリメントとは?(スキンケア大学)
「飲む日焼け止め」について(スキンケア大学)

おすすめ美白化粧品ランキング

商品 特徴
ハイドロキノン配合!サイエンスコスメでシミもくすみも徹底ケア
詳細はコチラ
お肌が明るくなる!米エキス&ビタミンCで透明感&高保湿!
詳細はコチラ
低刺激!敏感肌でも使える安心安全な美白化粧品
詳細はコチラ
prBox_img
1日たった50円でスキンケア!66種類の美容成分で節約しながらお肌の悩みを解決
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

皮膚科でも使ってる!副作用のない安全な飲む日焼け止めおすすめ4選

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…

乾燥肌にオススメの顔用保湿クリームランキング!高保湿成分配合の5選

頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではな…