カサカサ乾燥肌の正しいメイク直し!化粧を復活させるポイントまとめ

メイクしたてはツヤっとした潤いのある肌なのに、時間がたつにつれて粉吹きやカサカサが気になってくるという経験はないでしょうか。

化粧を直そうとして、ファンデーションを厚塗りすると、余計に乾燥が目立って肌が汚く見えてしまいます。

そこで、乾燥肌に重要な保湿をしつつ、化粧を復活させる方法をみていきましょう。
メイク直しにオススメのアイテムや、化粧崩れをなるべく防ぐ方法などもあわせて紹介していきます。

乾燥肌向け!正しいメイク直しの仕方


乾燥肌の方にとって、化粧直しはとても面倒な作業かもしれません。

しかし、メイクは正しい保湿の仕方できれいに復活できます。

具体的にどのような手順でおこなったらよいのか、ベースメイクとポイントメイクに分けてみていきましょう。

ベースメイクを復活させる3つの方法

時間がたって乾燥してしまった肌は、どのようにしたらメイクしたてのツヤ肌に戻せるのでしょうか。

ポイントは、保湿と適度にオフすることです。

3つの保湿の方法をみていきましょう。

1:保湿ミストを使ったメイク直し

顔に振りかけるタイプの化粧水を使った方法です。

ミスト状の化粧水は、顔全体に素早く潤いを与えられます。

しかし化粧水ミストの役割は「肌への水分補給」なので、ミストを使った後にそのままにすると、水分が蒸発していってしまい、肌から潤いを奪って逆に乾燥してしまうのです。

保湿ミストを使った後は、ティッシュでオフして潤いを閉じ込めることを忘れないようにしましょう。

ティッシュでオフした後は、少量のフェイスパウダーかパウダーファンデーションを付けます。

このとき、フェイスパウダーやパウダーファンデーションをつけすぎてしまうと、乾燥を引き起こしたり、さらなる化粧崩れの原因につながってしまうので気を付けましょう。

保湿ミストを使うと、顔全体のメイクを直せます。

いっぽうで顔全体の化粧直しは、部分的な化粧直しよりも、再度乾燥や化粧崩れの原因になるので、注意が必要です。

部分的な乾燥が気になる場合には、次に紹介する乳液を使った化粧方法を試してみてください。

2:乳液を使ったメイク直し

乳液を使う場合は、少量を手にとって、乾燥で化粧が崩れてしまった部分にのみ、つけていきます。

そのあと軽くふき取り、フェイスパウダーまたはパウダーファンデーションをつけたら完了です。

目の周りや小鼻などの、細かい部分を保湿する場合には、乳液を含ませた綿棒を使うと、崩れていない部分にまで乳液がつかなくて済みます。

指でつけるよりも、よりきれいな仕上がりになるのでおすすめです。

シワに入り込んでしまったファンデーションや、皮脂崩れでヨレてしまった部分を取り除くときも、乳液をなじませた綿棒があると簡単にオフできます。

また、フェイスパウダーやパウダーファンデーションをつける際には、メイクスポンジではなくブラシを使うことで、つけすぎによる乾燥を防げるので携帯用ブラシを持ち歩くとよいでしょう

乳液を使った方法は、目じりやほうれい線などの、部分的な乾燥が気になるときにおすすめです。

いっぽうで、乳液を化粧ポーチの中に入れて持ち歩くのは少し面倒に感じるかもしれません。
乳液をわざわざ小さめの容器に移すのも、手間がかかります。

しかし、乳液を付けずにファンデーションをスポンジで何度も重ね塗りしてしまうと、余計にシワシワになってしまう可能性があります。

水分や油分を補給するために、乳液を先につけるようにしてください。

毎日のスキンケアに使うには少し手が出ずらい、ブランドの乳液を化粧直し用に使うと、減りも少なくて済むのでおすすめです。

サンプルでもらった乳液を、メイク直し用にポーチに入れておくのもいいかもしれません。

3:クリームを使ったメイク直し

乳液だけではカサカサ肌をカバーしきれないときには、保湿力が高めのクリームを使った方法をためしてみてください。

テカリが気になる部分や、ファンデーションがヨレてしまった部分に、ティッシュを使ってそっとおさえて、皮脂をオフします。

皮脂をとる際にあぶらとり紙を使うと、肌に必要な皮脂も取り除いてしまう可能性があるので、ティッシュで軽くふき取る程度で大丈夫です。

化粧直しの際に油分をオフすることで、化粧ノリがよくなり、化粧直しの後も一定時間ヨレずに保つことができます。

余分な皮脂をオフできたら、パール1、2粒程度の量のクリームを、手のひらに広げて軽く温めます。

クリームを温めることで、冷えて固まったクリームがやわらかくなって伸びやすくなるのです。
さらに、浸透力がアップして保湿力も高くなります。

クリームが温まったら、顔全体を包み込む感じでのばしてください。
クリームがなじんでベタつなかくなったら、フェイスパウダーかパウダーファンデーションを薄くのせて完了です。

クリームを使った方法は、顔全体を保湿したい場合におすすめです。
テクスチャーの緩い乳液ではメイクが崩れやすくなるため、テクスチャーの固い保湿クリームを使うと、顔全体がよりしっとりとして化粧を復活できます。

しかし、顔全体の化粧直しは、保湿ミストを使った場合と同様にさらなるメイク崩れを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

シミやニキビ跡などが気になる場合

時間がたって、シミやニキビ跡が気になってきてしまった場合には、ファンデーションを厚塗りするのではなく、コンシーラーをプラスしましょう。

乳液やクリームをなじませて、肌を保湿したあと、気になる部分にコンシーラーをのせてカバーしていきます。

コンシーラーで気になる部分をカバーをしてから、フェイスパウダーやファンデーションを少量つけて完了です。

保湿してからコンシーラーを使うことで、コンシーラーを単体でのせるよりも、自然でキレイな仕上がりになります。

アイメイクを復活させる

ヨレてしまったアイシャドウやアイラインを復活させるときににも、乳液が活躍します。

目元は手で乳液をつけると、直したい部分以外にも広がってしまう恐れがあるので、綿棒を使いましょう。

乳液を含ませた綿棒で、気になる部分をなぞっていきます。

綿棒が黒く汚れたら、違う面を使って再度乳液をなじませて、ヨレてしまったアイシャドウやアイラインを落としていきましょう。

しっかりと直したい場合には、乳液で落としたあとに、スポンジでファンデーションをポンポンとなじませ、アイメイクをのせていきます。

簡単に直すだけであれば、乳液のあとにアイラインやアイシャドーをぬって完了です。

疲れをカバーする

乾燥肌は、保湿をしてから適度にオフすることで、メイクを復活させれます。

ここでは、ベースメイクやアイメイクを直したうえで、時間がたつと顔にあらわれる疲れをカバーするメイク直し術を紹介します。

チークを血色アップ

時間がたつと、乾燥によってメイクが崩れるだけでなく、顔全体に疲れが出てくることがあります。

疲れが目立ってきてしまったときには、チークを上手に使いましょう。

チークのカラーは、ナチュラルな血色に見せてくれる、コーラル系の色がオススメです。
頬にふんわりと薄めに入れるだけでも、まったく印象が変わって見えます。

ただし、ガッツリとカラーを入れてしまうと、時間がたつにつれて化粧が濃くなるという印象を与えてしまうかもしれません。

必ず明るい場所で、仕上がりをチェックしながらチークをいれることがポイントです。

リップカラーを変える

顔に疲れが目立っていることが原因で、朝と同じようにリップを塗り直したとしても、きれいに見えないことがあります。

そこでリップカラーは、朝使った色よりも、少しトーンアップしたカラーを塗ってみましょう。

少し濃いめのリップカラーを塗ると、顔色がよくなって見えることがあります。

ただし、濃い色のリップに急に変えてしまうと、化粧直し前と比べて印象が変わりすぎてしまうかもしれません。

濃いカラーに変えるよりも、ワントーン上げたカラーを選んだほうが、キレイに見えます。

また、長時間みずみずしい雰囲気のメイクを保つには、グロスを取り入れるとよいでしょう。

目の下にハイライトを入れる

目の下にハイライトを入れることで、顔全体の印象が明るくなります。

乾燥によって崩れた部分を保湿してから、ファンデーションかコンシーラでカバーするのです。

そのあと、目の下だけにハイライトをトントンと入れていきます。

乾燥だけでなく、疲れもメイクが朝とは異なって見える原因です。

保湿して肌を整えてから、さらにひと工夫することで化粧は復活します。

ぜひ試してみてください。

乾燥肌を悪化させるメイク直しの方法とは


時間がたって乾燥が気になってきたからといって、焦ってするメイク方法が、逆に乾燥を悪化させる原因になっているかもしれません。

やってはいけないメイク直しをしていないか、普段やっている方法と比べてみましょう。

保湿ミストをふきかけるだけ

保湿をするためにミストを吹きかけるのは間違っていませんが、ただ吹きかけるだけでは、少し時間がたつとさらに乾燥してしまいます。

水と水はくっつく性質があるので、しばらくするとミストの水分が角質層や肌内部にある水分とくっついて蒸発してしまうのです。

こうなると、化粧直しをする前よりも、肌の乾燥が進んでしまいます。

保湿ミストを使う場合には、ミストを使った後にティッシュでオフするか、乳液やクリームなどで油分の膜をつくることで、水分が蒸発しないようにしてください。

ファンデーションを肌に直接厚塗りする

冬用のファンデや、リキッドタイプのファンデーションは、しっとりした質感で保湿力が高いと感じるかもしれません。

しかしながら、乾燥した肌に直接ファンデーションをぬっても、カサカサや粉吹きが目立ってしまうだけなのです。

さらに、シワや毛穴にファンデーションが入り込んで強調されてしまうため、余計に肌が汚くなってしまう可能性があります。

ファンデーションを重ねる前には必ず保湿ミストや乳液、クリームで肌を保湿して、ファンデーションは薄く重ねるようにしてください。

乾燥肌にオススメのメイク直し商品

乾燥肌でも安心して使える、オススメの商品を紹介していきます。

少し値段が高めで上質なものと、プチプラで手に入れやすいものをそれぞれピックアップしているのでお気に入りのものをみつけてみてください。

保湿ミスト

保湿にストはあまり大きすぎず、手軽で便利なものがたくさんあります。

なかでも、乾燥肌の化粧直しに適したオススメの商品をみていきましょう。

ピュルサン モイスチャーローションローズ

ピュルサン モイスチャーローションローズ 100ml 1,543円

【公式サイト】

国産プラセンタ配合で、コラーゲンをつくる原料となるアミノ酸がたっぷり含まれた化粧ミストです。

ヒアルロン酸Naやオウゴンエキスなどの美容成分がしっとりもちもちの肌をつくりあげます。

化粧直しだけでなく、お風呂上りにも、紫外線を浴びたあとにも髪や体、全身に使えるのもうれしいポイントです。

また自然なバラの香りが心も体も癒してくれます。

無印良品 海洋ミネラルミスト

無印良品 海洋ミネラルミスト 100ml 800円

出典:無印用品公式サイト

富山湾の海洋深層水を使った、肌にやさしいミスト化粧水です。

手ごろな値段なのに、髪・顔・体全体にうるおい補給できる優れもの。

みずみずしくさっぱりとした使い心地が特長です。

肌から20㎝程離して、スプレーしてください。

乳液

乳液は、乾燥肌の化粧直しに万能といっても過言ではありません。

自分に合ったものをみつけるために、参考にしてみてください。

ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク

ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク 100g 2,160円
ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク 100g

ミルクタイプで伸びがよいから、肌にスッとなじんでくれて潤いをとじこめます。

濃厚なテクスチャーなのにべたつきにくいのがポイントです。

乾燥でごわついた角質層ににも浸透してなめらかな肌に整えます。

もちろん、綿棒に含ませて細かい部分ににも使えるので、乾燥肌や敏感肌の化粧直しに最適です。

ポーチに入れていつも持ち歩きたい1本です。

LOVE YOUR SKIN ボタニカル ボタニカルミルク

LOVE YOUR SKIN ボタニカル ボタニカルミルク 130g 1,620円
LOVE YOUR SKIN ボタニカルミルク I(乳液) 130ml

オーガニックの植物エキスにこだわってつくられた、産ボタニカルコスメブランドLOVE YOUR SKINでつくられた乳液です。

天然由来成分99%配合、弱酸性で肌に負担のかかる成分は含まれていないため、安心して使えます。

肌本来の力を高める天然保湿成分が、みずみずしい素肌に仕上げる乳液です。

ローズのほんのりした甘さと、ミントの爽やかさを合わせた安らぎの香りが特徴です。

クリーム

保湿ミストや乳液の上をいく保湿力をもつのが、クリームです。

乾燥肌の方にとって、信頼できるクリームをひとつ持っておくとよいかもしれません。

アヤナス クリーム コンセントレート

アヤナス クリーム コンセントレート 30g 5,940円
ay_3116
【公式サイト】


コクのある濃密なクリームが、肌の上で溶けて浸透します。

肌本来のバリア機能を高めながら、美容成分を閉じこめて極上のハリ肌をつくりあげるのが特徴です。

エイジングケアにもピッタリの上質な使い心地で、固めのテクスチャーだから化粧崩れの心配もありません。

ニベア クリーム チューブ

商品名 50g 370円
ニベア クリーム チューブ 50g

全身に使えてしっとり肌に優しい、万能なニベアクリームは化粧直しの保湿にも使えます。

人の肌本来の、天然の皮脂膜を補う成分だから肌なじみがよいのです。

プチプラながら、スクワラン、ホホバオイルが配合されています。

テクスチャーは固めなので、べたつきが気になる場合には、乳液でさらっとふき取るとよいでしょう。

フェイスパウダー

フェイスパウダーは、化粧直しの仕上げとして重要な役割を果たすため、自分の肌状態に合ったものを慎重に選ぶ必要があるアイテムです。

乾燥肌の方でも安心して使える、フェイスパウダーを紹介します。

コスメデコルテ AQ MV フェイスパウダー

コスメデコルテ AQ MV フェイスパウダー 20g 5,400円
コスメデコルテ AQ MW フェイスパウダー #80 20g 並行輸入品

アミノ酸をコーティングしたキメ細やかな粒子のオーガニックシルクパウダーが、肌にしっかりとフィットします。

乾燥しにくい肌に導き、毛穴カバー効果も高いのが特徴です。

5つのトーンから自分に合ったものを選んで使えます。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー 20g 864円
キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー リフィルMO マットオークル 10g

無香料、アルコールフリーの仕上げ用プレストパウダーです。

毛穴や色ムラをキレイにカバーしてくれるのに、厚塗り感がなくナチュラルにますに仕上がります。

手ごろな値段で、やわらかい白美肌に整えてくれるからいつも持ち歩いていたいパウダーです。

自分の肌のトーンに合わせて、3色から選んで使えます。

少しでもメイク直しの手間を減らすために


正しいメイク直し方法とオススメを紹介してきましたが、メイクを直すのはやはり手間がかかることです。

少しでも外出先での、メイク直しの手間を減らすためには、どうしたらよいのでしょうか。

メイク崩れを防ぐための対策をみていきましょう。

朝のスキンケアを丁寧に

毎朝のスキンケアを丁寧に行うことで、化粧ノリがよくなり、化粧崩れも防ぎやすくなります。

洗顔した後は、すぐに保湿してください。

洗顔後に使用する化粧水は、セラミドやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体が入っているものを使うと、より高い保湿効果を期待できます。

さらに乾燥がひどい場合には、乳液やクリームも合わせて使いましょう。

保湿のポイントは、ハンドプレスをおこなうことです。

化粧水をつけたらハンドプレス、乳液をつけたらハンドプレス、というように、その都度しっかりと肌になじませてからファンデーションをぬりましょう。

ハンドプレスをせずにファンデーションを重ねると、肌の角質層まで浸透しなかった液体とファンデーションが混じってヨレてしまったり、白浮きする可能性があります。

待っている時間がもったいない方は、メイクの間にヘアメイクや着替えを挟むと効率的です。

なるべく朝は余裕をもって、スキンケアとメイクができるように、しっかりと時間を確保しましょう。

Tゾーンは保湿のし過ぎに注意

Tゾーンはもともと皮脂が多く、崩れやすかったり、テカりやすい部分です。

メイク前は、Tゾーンの乳液やクリームを厚塗りせずに、気持ち控えめにつけましょう。

あるいは、塗った後にティッシュで軽くオフしてから、ファンデーションをつけるのが効果的です。

普段のスキンケアのちょっとした心がけで、少しでも化粧崩れを防ぎましょう。

乾燥肌のメイク直しは正しい保湿で解決!


いかがでしたでしょうか。

乾燥肌向けの化粧直しは、乳液やクリームなど使うもので、保湿の仕方が異なります。

自分の肌に合ったアイテムを使って、正しい手順をふめば乾燥は防げるのです。

オススメの商品を参考にしながら、毎日のスキンケア方法と正しいメイク直しの方法を実践して、メイク仕立てのようなきれいな肌を保ちましょう。

おすすめファンデーションランキング

商品 特徴
シミ・シワ・毛穴すべてカバー!62%が美容液成分の高保湿ファンデ
詳細はコチラ
敏感肌でも使える!お肌に優しい100%ミネラルファンデ!
詳細はコチラ
1本でベースメイク完了!夕方までくすみ知らずのBBクリーム
詳細はコチラ
prBox_img
1日たった50円でスキンケア!66種類の美容成分で節約しながらお肌の悩みを解決
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

カサカサ乾燥肌の正しいメイク直し!化粧を復活させるポイントまとめ

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…

乾燥肌にオススメの顔用保湿クリームランキング!高保湿成分配合の5選

頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではな…