乾燥肌むけ!保湿性の高いオールインワンゲルランキング

乾燥肌の女性は乾燥対策にあれこれとスキンケア化粧品を使っていませんか。
もう少し簡単にお手入れができたらいいですよね。

今回はそんな乾燥肌の人にオールインワン化粧品をおすすめします。
オールインワン化粧品は保湿力に不安があるため、乾燥肌の人は避けがち。
でも、乾燥肌の人にもピッタリなオールインワン化粧品もあるんです!

乾燥肌の人がオールインワン化粧品を選ぶ時のポイントやおすすめ商品を紹介します。

オールインワン化粧品とは?


巷にあふれているオールインワン化粧品。
ドラッグストアなどでも市販されており、CMやチラシでもよく見かけますね。
いろいろ種類もありますが、どのような化粧品でしょうか。

また、オールイワン化粧品のメリットデメリットや種類についても見ていきましょう。

オールインワン化粧品ってどんな化粧品のこと?

化粧水や乳液など複数アイテムを一つにした基礎化粧品がオールインワン化粧品。
メーカーによっては1本で美容液やクリームなど何役もこなす商品もありますね。
洗顔後にはオールインワン化粧品一つでスキンケアが完了します。

最近ではスキンケアだけでなく化粧下地の役割も含まれている商品もあります。
手軽ですが、保湿効果に疑問をもつ乾燥肌の人は多いことでしょう。

オールインワン化粧品が出始めた時はジェルタイプが一般的でした。
現在ではジェルよりもさらっとした化粧水タイプやコクのあるクリームタイプもあります。
そのため、乾燥肌でもしっかりと保湿できるタイプもあるんですよ。

オールインワン化粧品のメリット

オールインワン化粧品のメリットは次の通り

  • スキンケアが短時間で完了する。
  • 1本ですむので、スキンケアのコストが抑えられる
  • 肌への負担を少なくできる

化粧水、美容液、乳液といろいろぬらなくてすむため確実に時短となります。
特に疲れている時や時間がない時には最適。
しかも1本購入するだけでよいので、大変経済的です。

また、複数アイテムをぬると何度も顔を「こする」ことになります。
それが肌に負担になるということも。
オールインワン化粧品なら肌に触れる回数が減るため、肌への負担が少なくなるんです。

オールインワン化粧品のデメリット

メリットの多いオールインワン化粧品にもデメリットがあります。

  • 複数アイテムを使用するよりも効果が緩やか
  • 複数アイテムを使用するときのように肌の状態に合わせた調節ができない

化粧水、美容液、乳液と複数アイテムを使用するとそれぞれの美容効果を得られます。
一つひとつ丁寧に使うことで、しっかりと潤うお肌へ導くことが可能。
オールインワンではそれを1本で行うため、効果はどうしても緩やかなものになります。

また、複数アイテムを使用している時には量や種類を組み合わせることができますね。
肌の調子に合わせて乳液やクリームを多めにぬったり、化粧品の種類を変えたり。
オールインワンではそのような微妙な調整はできません。

そのため、肌の状態によっては物足りない感じがしたり、ベタついたりすることも。

オールインワン化粧品の種類

オールインワンといっても現在では様々な種類が市販されています。
各種類の違いなどについてご紹介します。

ゲルタイプ

水分と油分がバランスよく配合されています。
使用した感じは少し粘着性が高く、濃厚な使い心地です。
水分をしっかり浸透させ、逃さないように保湿できるタイプです。

このゲルタイプのオールインワンが乾燥肌の人には一番おすすめ。

ジェルタイプ

ジェルとゲルは同じように「ゼリー状の」ものという意味ですが、違いがあります。
それはゲルタイプよりもジェルタイプの方が水分が多めの柔らかいつけ心地です。
浸透力はいいのですが、少し保湿力が物足りないと感じるかも。

化粧水またはウォーターリータイプ

油分よりも水分が多めに配合されているのが化粧水タイプ。
べたつきが気になる人やお化粧の前には最適。
使用後にメイクをしてもファンデーションがムラになったりすることはありません。

乾燥肌の人には保湿力が物足りない感じがするでしょう。

クリームタイプ

水分よりも油分が多いのがクリームタイプのオールインワン。
濃厚な使用感で保湿力は高いのですが、水分が不足しがちになります。
そのため、浸透しにくくべたつきが気になる商品もあります。

乾燥肌はどんなオールインワン化粧品がいいの?

ここでは乾燥肌の人がオールインワン化粧品を選ぶ時のポイントなどを紹介しています。

乾燥肌とは

乾燥肌とは水分も油分も不足したお肌のこと。
いつもかさついていたり、メイクのノリが悪いこともしばしば。
ファンデーションをぬっても粉っぽくなったりします。

乾燥がひどくなると白く粉をふいたようになったり、ひりひりしたりします。
時にはかさついた部分がかゆみを伴うことも。
肌がゴワゴワしたり、柔軟性がなくなったりもします。

これは表皮の角質層の水分量が減少していることで起こるトラブル。
原因は加齢や紫外線、ケアが不十分など様々。
肌のバリア機能も低下していることもあり、刺激に反応しやすくなっています。

肌質チェックしてみよう

自分の肌がどのような状態かを知ることはとても大切。
肌質チェックといってもとても簡単なので、一度試してみてください。

  1. 普通に洗顔する
  2. 洗顔後は何もつけずに放置する(夏は10分、冬は5分程度)
  3. 放置した後の肌の状態をチェック。
  • 肌は突っ張らず、べたつきもない肌→普通肌
  • 全体的には突っ張っていないが、Tゾーンなど部分的にテカる→混合肌
  • 全体的に突っ張っていてベタついている部分もない→乾燥肌
  • 肌は突っ張らず、全体的にベタついている→脂性肌

保湿できる成分が配合されているものを選ぼう

乾燥肌の人は水分も油分も不足しています。
しかも乾燥が進んで角質層のバリア機能が低下していることもあります。
そのため、まずは保湿成分がしっかり入っているかをチェックしましょう。

セラミド

保湿成分として良いのがセラミド。
セラミドは角質層の細胞の間にある細胞間脂質をつくる成分の一つ。

細胞間脂質は水分と油分を蓄えて肌を潤す重要な役割をしています。
しかも細胞の隙間を埋めることで外部刺激から肌を守る役目もあるのです。

乾燥肌の人は角質の細胞間脂質や天然保湿因子などが減少しています。
セラミドは細胞間脂質を潤すには最適な成分。

ただし、セラミドにはさまざまな種類があります。
中でも保湿にはヒト型セラミドがいいといわれていますが、一概にそうとは言えません。

それは天然ヒト型セラミドが油溶性で水には混ざりにくいから。
オールインワン化粧品は水溶性の成分が多いため、少量しか配合できないのです。
水溶性のセラミドならオールインワンにもたっぷり入っていることが期待できます。

その他のおすすめの成分

セラミド以外でおすすめの美容成分はヒアルロン酸。
ヒアルロン酸は真皮で水を貯える保水力が高い成分。
コラーゲンやエラスチンを支える大切な役目があります。

ヒアルロン酸が減少すると肌の内部が乾燥し、しわやたるみの原因となります。
そのため、ヒアルロン酸も補いたい成分の一つ。

その他、コラーゲンやエラスチンも配合されていると乾燥肌や年齢肌に最適。
NMFと呼ばれる天然保湿因子やグリセリンなども配合されているといいでしょう。

分子が小さい成分が入っているといい

分子が大きいと細胞の間に成分が入っていきません。
特にヒアルロン酸やコラーゲンは分子の大きな成分。
せっかく化粧品に配合されていても大きな分子のままでは肌の内部まで浸透しないのです。

そのため、分子を小さくし(ナノ化)、浸透力が高いものがおすすめ。

入っていない方がいい成分

乾燥肌は角質層が荒れ、バリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすい状態。
そんな時に使う化粧品は肌に優しいものでないと心配ですね。

肌に負担をかけない、低刺激な化粧品のためには入っていない方がよい成分があります。

合成界面活性剤

合成界面活性剤は洗剤などにも含まれている汚れを落とす成分。
複数の成分を合成させるために多くの化粧品にも入っています。
化粧品には様々な成分が入っているため、界面活性剤は混ぜるために必要なものです。

でも、一部には肌荒れを引き起こす界面活性剤もあります。
界面活性剤の含有量が低いものを選ぶといいでしょう。

商品の成分表は配合量の多い順に記載されている事を念頭に置いて成分表を見てみて。
成分表の順番が後ろの方に記載されていればよい、ということになります。

エタノール

エタノールは殺菌作用のある成分。
しかし、肌の水分を奪いやすいので、水分不足の乾燥肌にはよくない成分です。
成分表示としてはエタノール、無水エタノール、セチルアルコールなど。

表示を見て、エタノールが入っている商品は避けましょう。

防腐剤

化粧品は手で触ることの多いアイテム。
そのため、多くの化粧品には菌が繁殖しないように防腐剤が入っています。
防腐剤の代表的な成分はパラベン。

でもこの防腐剤で拒否反応を起こし、皮膚が荒れることがあるとのこと。
できれば防腐剤不使用の化粧品を選んだ方がいいかもしれません。
防腐剤不使用の化粧品を使う時は早めに使い切るようにしましょう。

乾燥肌におすすめのオールインワン化粧品ランキング

乾燥肌の人も納得できるの保湿力があるオールインワン化粧品を紹介します。
一度試してみると、オールインワンでも保湿力が十分あることが実感できるでしょう。
今回はおすすめ順にランキング形式で1~5位まで取り上げてみました。

1.【メディプラス】メディプラスゲル

【メディプラス】メディプラスゲル 通常価格¥3,996
お試し定期便なら初回のみプラセンタゼリーが7包付いて¥2,996

メディプラスゲルは化粧水、乳液、美容液、クリームの4役を果たすオールインワンゲル。
乾燥肌に欠かせない配合成分であるセラミドを高濃度で配合。
しかもその他にヒアルロン酸やコラーゲンなど美容成分が66種類も入っています。

分子の大きなゲルもミネラルバランスの良い玉造温泉水を使用し、浸透しやすいのが特徴。
そのため、保湿力は抜群なんです!

また、防腐剤や合成界面活性剤、アルコール、香料などが入っていません。
敏感肌の人も安心して試すことができるおすすめ商品です。

メディプラスゲルは公式HPからの通信販売のみの取り扱い。
通常価格¥3,996、お試し定期便なら初回のみプラセンタゼリーが7包付いて¥2,996。
もし気に入らなくても30日以内なら返金保証が付いています。

メディプラスゲル公式サイト

2.【ナチュラルエレメンツ】バランシングゲル

【ナチュラルエレメンツ】バランシングゲル 通常価格¥5,250
お届け定期便の初回限定¥3,725

バランシンぐゲルはコスメサイトでも人気のオールインワンゲル。
3種類のセラミドをたっぷり配合し、肌のバリア機能をバックアップしています。
しかも医薬品に使われている技術を応用し、浸透性にも持続性にも優れいています。

さらに、失われがちなコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする美容成分を配合。
その他、たるみを抑制する成分や植物由来の天然成分も入っていて年齢肌にもよさそう。

また、合成界面活性剤や香料、着色料なども不使用。
乾燥だけでなくシミやたるみにお悩みの年齢肌にもぴったりです。

通常価格¥5,250、お届け定期便の初回限定で¥3,725でサンプルもついています。
定期便なら2回目15%OFF、3回目20%OFF、4回目25%OFFと割引があってお得。
公式HPのみから購入できます。

ナチュラルエレメンツ公式HPを見てみる

3.【なちゅライフ】ローヤルゼリーもっちりジェル

ローヤルゼリーもっちりジェル 通常価格¥3,800
定期音届けサービスの初回のみ¥912円

ローヤルゼリーもっちりジェルは1本で5つの効果がある多機能オールインワンジェル。
化粧水、美容液、乳液、化粧下地、うるおいパックが一つになっています。
ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、コラーゲンを小さなカプセル化して肌に届けます。

その他セラミド、米エキスなど40種類の有効成分を凝縮し、しっかり潤い浸透させます。
浸透が早いので、べたつかず、もっちりとした使用感がおすすめポイント。
しかも潤いが持続するので、朝つければ夜までしっとり。

シリーズでさっぱりジェルもあるので、さらっとつけたい夏にもいいですよ。
通常価格¥3,800ですが、定期音届けサービスの初回のみ¥912円とかなりお得。
楽天やアマゾンでも購入できますが、公式HPからの方が割引がありますよ。

ローヤルゼリーもっちりジェルの公式サイトへ

4.【メビウス製薬】ホワイトニングリフトケアジェル

ホワイトニングリフトケアジェル 通常価格¥4,743
お試しコース初回限定マスクパック付き:¥3,795

ホワイトニングリフトケアジェルは医薬部外品のオールインワンジェル。
1本でなんと10役もの役割を果たすジェルです。
基礎化粧品だけでなく美白やパック、マッサージにも使える高機能化粧品。

特徴は薬用美白成分プラセンタが配合され、メラニンの生成を抑制すること。
オールインワンなのに保湿も美白もできるのがメリットなんです!
しかもマッサージもできるジェルなので、ハリやむくみにも効果があるとか。

通常価格¥4,743ですが、お試しコースなら初回限定マスクパックもついて¥3,795。
30日全額返金保証もついているので、安心です。
初回から解約もできるため、試しやすいオールインワンジェル。

ホワイトニングリフトケアジェルの公式サイトへ

5.【ちふれ】ちふれうるおいジェル

ちふれうるおいジェル ¥1,980
ちふれ 美白 うるおいジェル 本体 108g

1本で化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の6役のオールインワン。
ヒアルロン酸やトレハロースなどの保湿成分が角質層を潤します。

ちふれのいいところはなんといっても価格と入手方法の手軽さ。
オールインワン化粧品の中でもかなりプチプラですね。
しかもドラッグストアでも購入できるので、すぐに使いたい!という時にはおすすめ。

ただ、乾燥肌の人には少し物足りないという人もいます。
そのような場合にはパックとして使うという方法もありますよ。
また、洗顔後に本格的にスキンケアするまでに時間が空く時にぬるのもいいでしょう。

オールインワンとしての使い方ではありませんが、1つ持っていると便利です。
どんどん使っても惜しくないので、こまめにつけて乾燥対策しましょう。

オールインワン化粧品の効果的な使い方


オールインワン化粧品はどのように使うとより、効果的なのでしょうか。
ただぬるだけ、ではなく少し工夫するとより保湿効果がアップします。

たっぷりぬってハンドプレス

まず、基本の使い方です。
たっぷり手に取って、少し温めてから肌に伸ばします。
こんなにたくさん?と思うぐらいたっぷりつけたほうがいいでしょう。

その後に、手で顔をおおい、美容成分を肌に入れ込むようにハンドプレスしてください。
体温で肌に浸透しやすくなります。
このひと手間を惜しまずにケアすると、乾燥知らずの美肌になります。

朝は薄めにぬろう

朝、メイクする前にも使いましょう。
オールインワンゲルはぬった後にべたつきが残るものがあります。
べたつきが残った肌にファンデーションをぬるとよれてしまうので、薄めにぬります。

また、べたつきが少し落ち着くまで、時間を置いてからメイクをした方がいいですよ。

乾燥が気になる時は重ね付け&化粧水も併用しよう

オールインワン化粧品は1本でスキンケアが完了する手軽さが魅力。
でも、乾燥が激しい冬場はもしかしたらオールインワン化粧品だけでは保湿が不十分かも。

もし、保湿が物足りないほど乾燥を感じた時は化粧水も併用しましょう。
オールインワン化粧品を使う前に化粧水で水分を補います。

また、夜のケア後に乾燥を感じたら、再度たっぷりぬるといいですよ。
重ね付けを繰り返すと、しっかりと潤いを肌に浸透させることができます。

オールインワン化粧品をたっぷり使って乾燥対策しましょう


オールインワン化粧品は1本で何役もこなす優れもの。
洗顔後は一つぬるだけでお手入れが完了するとても便利なスキンケア方法です。
しかもお財布にも優しいので、ぜひ毎日のお手入れに取り入れましょう。

保湿成分がたっぷり配合されたオールインワン化粧品も多数販売されています。
初回は割引されていることもあるので、自分に合ったオールインワン化粧品を試してみて。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

乾燥肌むけ!保湿性の高いオールインワンゲルランキング

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…