乾燥肌必見!顔用保湿クリームの効果を高める正しい塗り方!

みなさんは、保湿クリームの正しい塗り方をご存じでしょうか?
いつも保湿クリームを使っているのに、いまひとつ効果を感じられないなんてことはありませんか?
正しい塗り方をすることで、保湿クリームの効果はアップします。

保湿クリームの正しい塗り方を身につけるには、まず保湿クリームの果たす役割について知ることが必要です。

そこで今回は、保湿クリームの役割と正しい塗り方、間違った塗り方などについてお伝えします。

保湿クリームは最後に塗る


そもそも保湿とは、肌が乾燥しすぎないように一定の湿度を保つことです。
つまり肌に水分を与えるのではなく、維持することが保湿といえます。

では、スキンケアのなかで保湿クリームが果たす役割、塗るタイミング、正しい順番を調べてみました。

スキンケアの正しい順番

スキンケアの基本は、水に溶けやすい水溶性成分のものから、徐々に水に溶けにくい油生成分のものへと使っていきます。

なぜなら洗顔後の肌は油分が少なく、水溶性成分の多い化粧品のほうが吸収されやすいのです。

そして、角層の水分が蒸発するのを防ぎ、水分量を保つ効果の高い油性成分が多く含まれている美容液、乳液、保湿クリームと続けて使用します。
つまり、肌が吸収しやすい順に使ってあげればいいのです。

ですから、
クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→保湿クリーム

が基本の順番となります。

ただし、乳液より美容液の方が油性成分が多いものを使用しているなら、先に乳液を塗りましょう。

そして化粧水や乳液、美容液が肌にしっかりなじませて、水分が蒸発する前に保湿クリームを塗ることが重要です。

そうすると保湿クリームが薄い膜となって肌を覆い、補った水分や保湿成分の蒸発を防いで、うるおいをキープしてくれるでしょう。

ただし、スキンケア化粧品をラインでお使いの場合は指定された順序にしたがってください。

保湿クリームを最後に塗るのはなぜ?

化粧品に含まれる成分の特徴から、保湿クリームはスキンケアの1番最後に使うのがよいことがわかりました。
なぜ、最後に塗るのがもっとも効果的なのかを、もう少し詳しくみていきましょう。

化粧水で覆ったお肌に蓋をする

食品をラップもせずに放置して、表面が乾燥してカチカチになってしまった経験をほとんどのかたはお持ちではないでしょうか。

肌も同じで、いくら化粧水・美容液・乳液で、水分や美容成分を補っても、そのままではすぐに蒸発してしまいます。

そこで保湿クリームに含まれる油性成分が、皮脂に近い薄い膜を張り、肌に与えた栄養成分を逃さずに閉じ込め、うるおいを保ってくれるのです。

保湿クリームの大切な役割のひとつは、補給した化粧水・美容液・乳液の水分や美容成分の蒸発を防ぐことなのです。

お肌を覆って外部刺激から守る

保湿クリームのもうひとつの役割は、肌を外的刺激から守ることです。

もともと肌は、表面の角質層にある天然保湿因子や細胞間脂質、皮脂と汗の混じりあった皮脂膜がバリアとなって、外からの刺激から皮膚を守っています。

肌が乾燥すると、このバリア機能がうまくはたらいてくれません。
そのため、皮脂膜に近い油性成分を含む保湿クリームを塗り、天然の保湿成分で作られたバリア機能をサポートするのです。

正しい保湿クリームの塗り方


どんなものでもそうですが、正しく使用することで効果は高まります。
ここでは、保湿クリームの正しい塗り方と、やってはいけない塗り方をご紹介します。

水分が蒸発しない前に塗る

じつは入浴後20分〜30分後は、入浴前より肌が乾燥するのをご存じですか?
なぜなら、洗顔で皮脂や保湿成分が洗い流されているからです。

ですから入浴後、肌が乾燥する前に、しっかりと化粧水や乳液で水分を補って、最後に保湿クリームでしっかりうるおいを閉じ込めましょう。

あたためてから塗る

顔に塗る前に、手のひらで人肌に温めましょう。
そうすると、保湿クリームが肌になじみやすくなります。

顔全体にムラなくつける

まずは、額・鼻・両頬・あごの5点に保湿クリームをつけてください。
そして両手でつつみこむように、顔のまんなかから外へと伸ばしましょう。
全体に塗ったら最後は手のひらで、ゆっくりと顔全体を押さえ、なじませます。
その際には、力を入れすぎないように注意してください。

乾燥が気になる部分は重ね塗りを

乾燥しやすい口元・ほうれい線・乾燥が気になる部分は重ねて塗るようにしましょう。
いつもより乾燥がひどいときは少し多めに塗ってみてみるのもいいかもしれません。

適量を守る

保湿クリームは含まれている成分でテクスチャーや、伸びが違います。
一般的には、パール1粒分くらいから500円玉くらいまでです。
しかし、適量は各保湿クリームによってさまざまです。
説明書に使用量の目安が表示されているので、必ず守りましょう。

保湿クリームは1年を通して使う

肌の乾燥といえば、冬のイメージがあるかと思います。
もちろん、空気が乾燥する冬には、保湿をしっかりしなければなりません。
ですが、乾燥肌対策が必要なのは冬だけではないのです。

紫外線がだんだん強くなる春も、乾燥には注意が必要です。
また花粉などの刺激からも肌を守らなければなりません。

汗をかいたり皮脂が活発に分泌されたりと、肌がベタつきがちな夏は保湿ケアをはぶいていませんか?
しかし、夏は紫外線やプール、海などで肌のダメージが多い季節です。
皮脂を気にして保湿ケアをしないと、かえって肌の乾燥が進んでしまいます。

夏に比べて湿度が低くなる秋も、肌が乾燥しやすい季節です。
秋になると皮脂は減少し、季節の変わり目で肌はデリケートになっています。
厳しい乾燥の冬を迎える準備も兼ねて保湿は欠かせません。

肌が乾燥するとさまざまなトラブルが引き起こされます。

まずは乾燥することにより、肌の生まれ変わりのサイクルが乱れます。
そして、水分量が減ることにより、ハリがなくなり、しわやたるみ、しみの原因になるのです。
また、皮脂の過剰分泌が起こり、ニキビができやすくなります。

乾燥を防ぐということは、さまざまなトラブルから肌を守ることにつながっているのです。
健やかでうるおいのある肌でいるために、どの季節にも保湿クリームの使用をオススメします。

注意!効果が落ちてしまう保湿クリームの塗り方


せっかく保湿クリームを塗っていても、正しく使わないと効果が落ちてしまいます。
ここでは、保湿クリームを塗る際に、気をつけていただきたいことをまとめました。

保湿クリームのみ塗る

保湿クリームの役割は水分を閉じ込め、キープすることです。
ですから水分を補うことなく、保湿クリームを塗っても期待する効果は得られないかもしれません。

必ず、化粧水や乳液または美容液で水分を補ってから塗るようにしましょう。

強く擦る

保湿クリームを肌の奥まで染み込ませようとして、ついゴシゴシ擦ってはいませんか?

肌を強く擦ると、角層を傷つけてしまい、肌のバリア機能が低下します。
また強く擦ることで肌内部に炎症が起こり、肌の生まれ変わりのサイクルが乱れ、乾燥肌の原因にもなるのです。

肌荒れしているのに使い続ける

保湿クリームを塗っているのに、肌荒れが治らない場合は、保湿クリームが合っていないか、皮膚になんらかの異常があることも考えられます。
そのような場合はすぐに使用を中止し、皮膚科を受診してください。

大量に塗る

本来肌は、皮脂や天然保湿成分など、保湿に必要な成分を作ることができます。
しかし保湿クリームを塗りすぎると、肌が保湿成分や皮脂が十分に足りていると判断し、従来の機能か低下してしまうのです。

ベタつきやテカリの原因にもなるので、乾燥がひどいからとあまりに大量に塗るのは控えましょう。

肌質別!オススメの塗り方


肌の質は人によって千差満別です。
保湿クリームの効果を高めるためには、ご自分の肌質に合った方法で保湿クリームを塗りましょう。

乾燥肌には重ね塗り

保湿クリームを全体になった後に、乾燥しやすい目元、口元、そのほかにも乾燥が気になる場所には、重ねて塗りましょう。
とくに乾燥が気になる秋冬には、念入りなケアが必要になります。

また、乾燥とは無縁のように思える夏でも、紫外線やエアコンの風での乾燥に要注意です。
夏でも保湿クリームを欠かさないようにしてください。

オイリー肌は(脂性肌)は薄めに伸ばす

テカリやメイク崩れが気になるオイリースキンの方は、保湿クリームが苦手かもしれません。
ですが、せっかく補給した水分をキープし、肌を整えるためには保湿クリームを塗ることを心がけてください。
ベタつきが気になるようなら、全体的に薄く伸ばして塗ってみましょう。
とくに皮脂の分泌がさかんなTゾーンは、少し控えめにするのがポイントです。

混合肌は部分ごとに量を変える

オイリーな部分と乾燥している部分を併せ持つ混合肌の方は、保湿ケアもどうしたらいいのか迷うことも多いと思います。
皮脂が気になるTゾーンは薄めに、乾燥が気になる目元や口元には重ねて保湿クリームを塗ってください。

インナードライはさっぱりめの保湿クリームがオススメ

インナードライとは肌表面は皮脂でベタベタでも、内部の水分量が不足して乾燥している状態です。
肌がベタつくと保湿クリームを塗りたくないかもしれません。
ですが乾燥を防ぐためには保湿クリームは欠かせないアイテムです。
そんなときは、さっぱりタイプの保湿クリームを使ってみてはいかがでしょうか?

塗り方は、Tゾーンは少なめに、乾燥が気になる目元、口元には重ねて塗りましょう。

敏感肌は低刺激クリーム&擦らないが鉄則

低刺激クリームってどんなクリーム?成分は?

肌が弱いまたは敏感肌の方は、肌を保護するバリア機能が低下し、外部からの刺激に過敏に反応してしまいます。
ですから、保湿クリームは無香料、無着色でアルコールなど刺激の強い成分の入っていない無添加のものを選びましょう。
塗るときに肌を刺激しないように、伸びのよい使用感のものがオススメです。

塗るときには、手のひらであたためて、そっと乗せるような感覚で塗ってください。
最後は手のひらで、やさしく包み込んでクリームをなじませましょう。

品質低下を防ぐ!保湿クリームを安全に使うコツ


みなさんは保湿クリームの保存方法や、使用期限についてご存じでしょうか?

保湿クリームだけでなく、化粧品全般にいえることでもありますが、保存に適さない場所や使用期限があります。

保湿クリームの保存方法

保湿クリームは、けして安いものではありません。
品質の劣化を防ぐためにも、保存方法に気をつけましょう。

一定の温度で保存

温度の急激な変化は品質の劣化を招きます。
なるべく一定の温度を保っている場所に保存しましょう。

冷蔵庫で保管すると、出し入れする回数分だけ急激な温度変化にさらされます。
前にも述べましたが、温度変化が激しいと品質の劣化を招きます。

とくに保存場所についての指定がなければ、常温で保管してください。

直射日光はNG

直接日の当たる窓際などに置くと、成分の分離を起こす可能性があります。
品質を保つためにも、直射日光は避けてください。

湿気が多い場所もNG

水分をたっぷり含み、手で触れることの多い化粧品は、もともと細菌が繁殖しやすいともいえます。
清潔に使い切るためにも、雑菌の繁殖しにくい湿度の低い場所で保存しましょう。

保湿クリームの使用期限

意外と気にしている方は少ない使用期限ですが、未開封と開封後で違いがあります。
肌に直接塗るものだからこそ、気をつけたいものです。

未開封の場合は3年以内

日本では「医薬品医療機器等法」により、輸入・製造後3年以上経っても品質が安定していると考えられる化粧品は、使用期限の記載は不要とされています。

ですから、使用期限の表示がない場合、未開封で3年以内なら使用が可能となります。
とはいえ直接肌に塗るものですから、開封して色が変化している、異臭がするなどの異変を感じたら、使用は控えるのがベターです。

ただし使用期限が表示されている場合は、そちらに従ってください。

開封後は3か月〜半年

保存状態にもよりますが、開封後なら一般的に3か月から半年の間に使い切るほうがよいでしょう。
化粧品も空気に触れてしまうと酸化が進み、品質が低下する恐れがあるので半年以内には使い切るようにしてください。

試供品は早めに使い切る

ついつい使わずに忘れてしまう試供品も、考え方としては同じです。
ですが、試供品の容器は簡易に作られているものが多いのです。
なるべく早めに使うか、いつもらったかわからないものは、使用を控えたほうがいいでしょう。

よくある保湿クリームの疑問


そのほかにもある保湿クリームについての疑問にお答えします。

オールインワンゲルと保湿クリームの併用してもいい?

オールインワンゲルの特徴は忙しい朝でも、お手入れの時間が短くて済むことです。
でも時期によっては、オールインワンゲルだけでは、乾燥が気になる場合もあるでしょう。
そんなときには、オールインワンゲルの後に、保湿クリームを塗っても大丈夫です。

保湿クリームと乳液の違いは?どちらも使わないといけないの?

乳液と保湿クリームの成分は、ほぼ同じです。
ですが、保湿クリームは乳液より、肌を保護する油性成分が多めに配合されています。
そのため、テクスチャーには重みがあり、また効果も持続しやすいと言えるでしょう。

もし乳液のみで十分保湿ができているなら、保湿クリームは乾燥がひどい場合のスペシャルケアとしてお使いになってみてはいかがでしょうか?

朝用と夜用、使い分けた方がいい?

朝のスキンケアは、紫外線やほこりなど外的刺激から肌を守る要素が強く、夜は日中の疲れを癒し、肌の回復をサポートします。
ですから、朝は日中用クリームを、夜にはナイトケアがメインのものを使用するのがベストです。
しかしながら、必ず使い分けが必要なわけではありません。
ご自分に必要なケアをよく検討してください。

顔用と体用との使い分けは必要?

保湿クリームは顔・手・体とに分かれています。
それは、体の部位で肌の質に違いがあるからです、

皮膚の構造としては同じですが、顔の皮膚はとても薄く、皮脂の分泌がさかんに行われています。
一方、体の皮膚は顔に比べて厚みがあり、皮脂も顔ほどは分泌されません。

そのため、それぞれの特徴に合わせて保湿クリームは作られています。
とくに体用の保湿クリームには香料など刺激の強い成分が入っている場合もあります。
ですから、顔・手・体と分けて使用することをおすすめします。

保湿クリームで日焼けは防げるの?

日中用クリームのなかには日焼け止めと保湿を兼ねたものが販売されています。
ですが、日焼け止めクリームほど効果は高くありません。
洗濯物を干したり、近くまで買い物に行ったりする際には日焼け止め効果のある日中用クリームでも大丈夫ですが、本格的に紫外線を防ぐには日焼け止めクリームを使ったほうがよいでしょう。

ニキビ肌に保湿クリームは使ってもいい?

ニキビ肌にとって重要なのは菌の繁殖と乾燥を防ぐことです。
つまり、保湿クリームで乾燥を防ぐことはニキビケアにつながります。
ベタつきが気になる場合は、ニキビ肌用の保湿クリームを使用されてはいかがでしょうか。

ニキビ肌薬やステロイド軟膏など、別の薬を使う場合は?

ニキビ肌薬やステロイド軟膏などのお薬を使っている方は塗る順番に注意が必要です。

ステロイド軟膏を塗った後に保湿クリームを塗るとステロイド軟膏が広がってしまいます。
ニキビ薬を塗った後は乾燥しやすくなります。
どちらも保湿クリームの後に塗りましょう。

病院で処方されている薬は、医師に確認してからの使用をオススメします。。
薬局などで販売されいる薬なら、薬剤師またはメーカーに問い合わせてください。

ニベアやワセリンなどプチプラクリームと高級保湿クリームの違いは?

保湿クリームの役割は、肌に蓋をして閉じ込めることと、外部かの刺激から肌を保護することです。高級保湿クリームには、ニベアやワセリンなどのプチプラクリームにはない、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されています。
つまり、閉じ込める・保護するにプラスして保湿成分を補うという役割も、高級保湿クリームは担っているのです。

保湿クリームのかわりにヒルドイドを使っても大丈夫?

皮膚科で処方されるヒルドイドは、血行をよくする薬ですが保湿効果もあると評判です。
保湿クリームの代わりにしようしている方も多いようです。
しかしながら、あくまで薬なのでお肌の状態によっても判断が異なります。
使用の際には医師によく相談してからにしましょう。

正しい保湿クリームの使い方をマスターして乾燥肌対策しよう!


保湿クリームの効果を高めるために、役割や正しい使い方についてお話ししてきました。

保湿クリームは正しい塗り方を実践することで、さまざまな肌トラブルのもととなる乾燥から肌を守ることができます。

いつもの塗り方をほんの少し見直してあげるだけで、その効果を感じることができるでしょう。

水分をたっぷりと補い、保湿クリームで逃さずキャッチして、イキイキとしたみずみずしい肌を取り戻しましょう!

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
高保湿成分を濃密配合!敏感肌でもOKな低刺激化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
1日たった50円でスキンケア!66種類の美容成分で節約しながらお肌の悩みを解決
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

乾燥肌必見!顔用保湿クリームの効果を高める正しい塗り方!

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…

乾燥肌にオススメの顔用保湿クリームランキング!高保湿成分配合の5選

頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではな…