お風呂上がりの正しい保湿方法!乾燥対策はクリームがオススメ

お風呂上がりの正しい保湿方法!乾燥対策はクリームがオススメ

お風呂上がりの保湿は、どのようにしていますか?

肌トラブルは、乾燥が原因になるケースが多いようです。
カサカサして、肌がくすんでいるのに、ニキビもできたりと、複数の肌荒れに悩まされることも。

パッとみると、それぞれの原因は異なりそうですが、「乾燥」により肌が刺激に弱くなっているために起こることもあるのです。

つまり乾燥を防ぐことが、美肌への第一歩ともいえます。

そこで乾燥する原因や、今日からできる、効果的なお風呂上がりの正しい保湿について紹介していきます。

知っているようで知らない肌の仕組み

そもそも乾燥肌とはどういった状態なのか、まずは肌の仕組みからみていきましょう。

肌は皮脂・角質にといった2つの層におおわれており、これらが「バリア機能」となって外界のさまざまな刺激から肌を守っています。

また角質層には「セラミド」という細胞間脂質が、肌内部から水分の蒸発を防ぎ、肌の潤いを保つ役割があるのです。

このセラミドは、肌の水分を維持するための貢献度が高く、全体の80%程度を占めています。

乾燥肌の原因は、肌の水分不足!

乾燥肌とは、なんらかの事情で肌の水分が足りていないことから起こります。

大きな理由は、セラミド不足によるものが多いようです。

肌の油分と水分のバランスが崩れて、バリア機能が弱まり、角質層の内側にある保湿因子が、じゅうぶんに働けていない状態をいいます。

このままだと、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

セラミド不足が起こるワケ

セラミドは、どのように不足してしまうのでしょうか。
その原因は主に下記の2つです。

  • 内的要因:加齢・偏った食生活・睡眠不足・ストレスなど
  • 外的要因:紫外線・肌に合っていない化粧品の使用・誤ったスキンケアなど

このように、日々の生活が密接に関係しています。

内的要因を取り除くことは、なかなか難しいかもしれませんが、外的要因であればちょっとした意識改革で今日からでも可能です。

乾燥が引き起こす肌トラブル

肌の乾燥は、カサカサする、赤みがでる、という乾燥ならではの症状だけではありません。

乾燥によって、肌のハリがなくなり、シワが増えることで、年齢より老けてみえます。

また肌が乾燥しないように、自ら過剰に皮脂を分泌して、脂性肌になったり、ニキビの原因にもなるのです。

乾燥によって角質層が乱れることで、正常なターンオーバーができなくなり、シミやそばかすになることも。

このような肌トラブルを回避するためにも、しっかりと保湿をすることが大切です。

スキンアドバイザー

乾燥が原因の肌トラブルは、さまざまなものがあります。
乾燥肌ケアをすることで、肌トラブルが落ち着くケースもありますよ!

美肌は「お風呂時間」で作られる

日々のスキンケアでも、とくに重要なのが「お風呂上がり」といわれています。

入浴中はお湯に浸かって濡れていたり、浴室内の蒸気により肌の水分量が増えているため、油断しがちです。

しかし入浴中に増えた保湿因子は、汗とともに肌から流れ出るため、入浴後は入浴前より水分が不足し肌は敏感になっています。

つまりお風呂上がりのスキンケアは、肌のコンディションを整え、乾燥させないためにも、非常に重要といえるでしょう。

入浴中のポイント

入浴中に注意すべきポイントをまとめました。

自分の入浴タイムと比べて、間違っていないかチェックしていきましょう。

発汗の重要性

発汗により、全身から老廃物を体外へ排出することで、体内のミネラルバランスが整い、保湿に必要な成分が生成されます。

汗をかくことは、悪いことではありません。
むしろ、肌のためやエイジングケアには重要といえるでしょう。

入浴前後の水分補給や、発汗後のケアが大切です。

お湯の温度

皮脂は、肌を保護する役割があります。

しかし熱いお湯に弱いため、38~40度のややぬるめが適温です。

42度以上の熱いお湯になると、皮脂や肌の保湿成分が流れてしまうので、熱すぎるお湯はやめておきましょう。

また、38~40度くらいのお湯につかることは、美肌だけではなく、リラックスや睡眠の質を向上することにもつながります。

保湿成分が入っている入浴剤や、酵素入浴剤を使うのも、よいでしょう。

強く肌をこするのはNG

摩擦も乾燥の原因です。

身体を洗うときに、汚れを落としたくて、ついゴシゴシと洗いたくなりますが、皮脂を過剰に落としてしまい肌トラブルの原因になってしまいます。

しっかり泡立てた泡で、優しく肌をなでるように洗うとよいでしょう。

この洗い方は、顔も体も同じです。

お風呂上がりのタオルドライも、ゴシゴシを拭くと皮膚の表面を傷つけてしまいます。

タオルは肌に押し当てるようにして、こすらないように意識しましょう。

お風呂上がりのケアはスピードが命!

お風呂上りに、なにもスキンケアをしないでいると、入浴前よりも乾燥した状態になってしまうといわれています。

そのタイムリミットは10分間。
3分以内という方もいるようです。

まずは、身体のなかで、もっとも乾燥をしやすい「顔」からケアをするのがポイント。

入浴後時間をあけてしまった分だけ、肌表面から水分を逃がしてしまうので、10分といわず、なるべく早くケアをすることが大切ですね。

あいちゃん

私、お風呂を上がってからスキンケアもしないでダラダラしてた…。
スキンケアを優先しないと!

知っておきたい化粧品の使い方

スキンケアを行うときに、使用する化粧品の順番も大切です。

アイテムによって、メーカーやブランドが推奨する順番がある場合は、その順番に従いましょう。

そのような記載がない場合には「水分の多いもの」から使用することで角質層への浸透力がアップします。

    顔のスキンケア、基本の手順

  • 洗顔後
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

まずは肌に水分を補い、蒸発をしないよう油分で肌表面をカバーする、といったイメージです。

このときに、コットンで強く肌を擦りすぎるのはやめましょう。
肌をこすってしまい、摩擦によって肌の表面が、傷ついてしまいます。

化粧水や乳液・クリームは両手になじませて、肌を包みこむように、そっとハンドプレスすることが大切です。

テクスチャーが固めのクリームも、両手で温めることで、なじみやすくなります。

手抜き?ボディクリームの塗り方

入浴後の乾燥は、タオルで肌の水分を拭いたときからはじまります。

そこで、からだに水滴がついたまま、ボディクリームやボディオイルを塗ってしまいましょう。

お風呂からあがるときに、手足を振って水気を落とし、手のひらにボディクリームをなじませて、部位ごと順番に塗っていくのです。

ひじやかかとのように、乾燥しやすい部分は、念入りに塗るとよいですね。

バスルーム内で保湿を終わらせてしまうので、若干の手抜き感はありますが、ボディにはもっともよい保湿方法といえるでしょう。

まんべんなくボディクリームをなじませたら、タオルでポンポンと抑えるように、体を拭きます。

好きな香りのボディクリームなら、しばらく香りに包まれて、リラックスもできるでしょう。

忘れがちな髪の保湿はオイルがオススメ

髪の毛も乾燥します。
肌と構造は異なりますが、キューティクルという薄い細胞が、髪の毛を覆い、保護しているのです。

髪が乾燥すると、毛の内部にある栄養素が失われ、髪だけでなく頭皮も乾燥していきます。

頭皮の乾燥は、フケやかゆみ、薄毛の原因になるので、しっかり保湿をしていきましょう。

洗った髪の毛は、ヘアオイルを数滴付けて、ドライヤーで乾かすと効果的に潤いを補えます。

濡れている髪は、ダメージを受けやすく、自然乾燥だとキューティクルははがれやすくなるので注意しましょう。

乾燥肌にオススメの保湿アイテムの選び方

保湿アイテムには、さまざまなテクスチャーがありますが、乾燥肌にオススメなのはクリームタイプ

クリームタイプは油分がしっかり含まれているため、保湿はもちろん、皮ふの保護に加え、潤いを長時間持続させるという特徴があるのです。

保湿クリームの選び方を、みていきましょう。

保湿成分が含まれている

どういった成分が配合されているかを、確認しましょう。

乾燥には、セラミド不足が大きく関わってきます。

不足したセラミドは、セラミド配合の保湿クリームを使うことで、外から補えるのです。

ヒト型セラミドがオススメ

もともと、人が持っているセラミドと同じような構造をしているのが、「ヒト型セラミド」です。

そのため、角質層に浸透しやすく、水分保持能力を高めるといわれています。

ヒト型セラミドは、成分表示に「セラミド1」「セラミド2」など数字つき、もしくは「セラミドNP」などアルファベットつきで表示されているので、チェックするとよいでしょう。

ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン

肌の奥にある真皮層に、もともとあるのがヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなどの成分です。

化粧品として肌に塗っても、真皮までは届かず、角質層の保湿としてしっかり働きます。

パーツによって使い分ける

顔は顔用、ボディはボディ用のクリームを使うとよいでしょう。

一般的に皮膚が薄く敏感な顔用クリームの方が、刺激が少ないようにつくられているようです。

もちろん、顔・ボディ両方で使えるものもあるので、しっかり表示を確認しましょう。

顔用のなかでも、目元・口元のように皮ふが薄く、デリケートな部分は、専用のアイクリームなどを使用するのもオススメです。

専用クリームを使用しない場合は、顔用保湿クリームを目元や口元に、重ね付けするとよいでしょう。

毎日の入浴はお手入れのゴールデンタイム

毎日の入浴タイムは、美肌を育てる時間といっても、過言ではありません。

お風呂上りのお手入れが、肌質をよくするのに大切です。

摩擦を避け優しく洗い、お風呂上がりにはなるべく早くスキンケアに取りかかることが、大きなポイントです。

また、保湿成分配合のクリームを選び、効果的に肌へアプローチをしていきたいですね。

肌が乾燥するのは、冬だけではありません。
保湿を毎日の習慣にすることで、美肌に近づけていきましょう。

▼その他の保湿クリームについて詳しく知りたい方はこの記事をチェック!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

お風呂上がりの正しい保湿方法!乾燥対策はクリームがオススメ

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…