太眉、まんまるチーク…“トレンドメイク”に対する男のリアルな本音

女子から人気のある、太眉メイクや疑似二重メイク。
本当のところ、男子はどう思っているのでしょうか。

トレンドメイクに対する男子のホンネをご紹介します。

眉毛が太すぎる

『ナチュラルな太い眉毛ってかわいいな~って思う。でも、眉毛を整えず「太くなっちゃった眉」は田舎クサイとおもってしまう(笑)』(25歳/フリーター)

男子はナチュラルメイクを好みます。
しかしナチュラルな太眉を目指したいからといって、ボサ眉のまま放置するのはやめましょう。
ボサ眉は女性らしさが感じられず、苦手な男子が多いようですよ。

太眉は、ここ数年のトレンドです。
女子向けの雑誌でも、よく太眉メイク特集が組まれているのを見かけます。
しかし太眉とボサ眉を間違えている女子も少なくありません。

ナチュラルな太眉を目指したいなら、眉の手入れは必須です。
最低限、眉から飛び出た長い毛をカットし、まぶたに生えたまゆ毛は剃るようにしましょう。
きちんと手入れをして、ボサボサ感を与えないよう注意してください。

また太眉でも、眉をカラーリングで色を抜いておけば、自然に見えやすいのでオススメ!
ボサ眉に見られがちな人は、ぜひ試してみてください。

アイメイクが濃すぎ

『ブルゾンちえみのアイメイクみたいなのは、ちょっと引く(笑)歌劇ですか?ってなる』(31歳/販売)

アイメイクもあまりに濃すぎるのはNGです。
やりすぎ感を与えてしまう上、キツく見えてしまいます。

男子は濃いアイメイクに、水商売を連想してしまうことがあります。
遊び人のように感じる男子もいます。

とくにやりすぎ感を与えてしまう、目の下のアイラインは控えめにしましょう。
またまつ毛のエクステも、やりすぎると怖い印象を与えてしまいます。

おてもやん?

『まん丸のチーク、しかも皮膚の色に馴染んでないヤツ。なんかアホっぽい(笑)』(29歳/営業)

パステルカラーのチークを、頬にまん丸く入れるメイク。
女子の目からするとキュートです。
しかし男子からは、少しバカっぽく見えてしまいます。

とくに服装・髪型とチークが合っていない場合、チークだけが浮いてしまいます。
チークは少しつけすぎただけで、一気に不自然になるので注意しましょう。
最初は「ちょっと少ないかな?」と思う量をつけるようにし、足りなければ足してください。

疑似二重メイクが怖い

『マブタが突っ張ってるやつは恐怖でしかない。自分は一重が結構好きなので、なんでわざわざ汚くするんだろうと不思議』(27歳/営業)

女子に大人気の二重ですが、不自然な二重は男子からの好感度は低いです。
まぶたをノリでくっつけているため、下を向いたら目が引きつれて見えることも。

また疑似二重メイクはそのときは良くても、メイクを取ったら別人になることが多いです。
別人メイクは男子からすると、騙されたような気がするため不評です。
疑似二重はやめて、一重や奥二重の良さを活かしたメイクをすることが一番です。

やりすぎは禁物!控えめなモテメイクを心がけよう!

ボサ眉や、大げさすぎるアイメイク・チークは、男子受けがよくありません。
中にはちょっと怯えてしまう男子もいます。

男子は基本的にナチュラルメイクが好みです。
トレンドを意識するのもいいですが、取り入れるのはほどほどにしましょう。
やりすぎにはくれぐれも気をつけて、控えめメイクでモテ顔を手に入れましょう。

おすすめファンデーションランキング

商品 特徴
シミ・シワ・毛穴すべてカバー!62%が美容液成分の高保湿ファンデ
詳細はコチラ
敏感肌でも使える!お肌に優しい100%ミネラルファンデ!
詳細はコチラ
1本でベースメイク完了!夕方までくすみ知らずのBBクリーム
詳細はコチラ
prBox_img
1日たった50円でスキンケア!66種類の美容成分で節約しながらお肌の悩みを解決
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

太眉、まんまるチーク…“トレンドメイク”に対する男のリアルな本音

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…

乾燥肌にオススメの顔用保湿クリームランキング!高保湿成分配合の5選

頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではな…