加湿器ではなく保湿機!顔まわりだけを潤す!喉もしっとり乾燥対策

寝起きに喉が乾燥して痛い、鼻の穴や肌、さらには髪もパサパサという経験はありませんか。

とくに、冬場は乾燥しやすく、悩んでいる方も多いようです。

また肌だけではなく、インフルエンザや風邪予防にも、加湿は大切といえるでしょう。

しかし睡眠中に加湿器をかけると、部屋の結露や、カビの原因になったりもします。

そんな悩みを、解決できるといわれているのが、保湿機です。

この記事では、保湿機とはなにかや、加湿器との違い、選ぶポイント、人気の保湿機まで紹介します。

保湿機ってなに?


保湿機は、低温スチームを顔周りに届けることによって、顔周りの乾燥を防ぎ肌のうるおいをキープしてくれる電化製品です。

部屋全体とかではなく、顔だけを潤すイメージです。

使った人の体験談や口コミは?

保湿機を使うと、肌が保湿されるだけではなく、喉の乾燥もないようです。

どうして保湿が必要なの?


肌の水分は、乾燥しているところに流れやすいといわれています。

そのため、空気中の水分が少ないと、肌の水分は空気中に逃げていき、肌の乾燥に繋がるのです。

肌に理想的な湿度は、60%といわれています。

しかし冬場の湿度は、暖房をつけない状態でも40%程度しかありません。
暖房機器を使用すると、さらに乾燥してしまいます。

とくに顔は、服などで覆われておらず、常に外気に触れているので、乾燥しやすい部位といわれているようです。

加えて空気が乾燥するのは冬だけではありません。
夏のエアコンの風や春・秋に起こりやすい急な寒暖差も、乾燥が起こりやすいのです。

そのため、湿度管理は季節に関係なく、1年中行うことをオススメします。

保湿機と加湿器ってどう違うの?


湿度を保つ商品といえば、加湿器を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そこで、加湿器と保湿機の違いを調べてみました。

保湿できる範囲が違う!目的によって選ぼう

加湿器と保湿機の、もっとも大きな違いは、保湿する範囲です。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

加湿器は、部屋全体を保湿できるという特徴があるのです。

その結果、必要のない箇所まで湿度が行きわたり、結露や蒸気が上昇してしまう面もあります。

反対に保湿機は、顔周りをピンポイントで保湿できます。
一部屋に数人で寝ている場合でも、保湿機を当てているエリアしか保湿できません。

加湿器と保湿機、どちらが自分の生活スタイルに合っているか、考えて購入するとよいでしょう。

保湿機は加湿器より小型

加湿器は部屋全体を加湿するのに比べ、保湿機は顔の周りだけの保湿なので、必要な水の量が違います。

そのため、サイズ的には水タンクの容量が少なくて済む保湿機の方が小型の商品が多いです。

今人気の保湿機はこれ!

次に人気の保湿機をご紹介します。

パーソナル保湿機 HSH‐101(オムロンヘルスケア)

価格 オープン価格 サイズ 幅約150×高さ約277×奥行約328㎜
カラー ホワイト・グレージュ・ピンク
オムロン パーソナル保湿機(ホワイト)OMRON HSH-101-W

心地よい低温のスチームが、水平方向に50~75cm先まで届き、顔周りを集中的に保湿してくれます。

最大8時間連続運転ができ、タイマー設定が可能。

運転が「切」の状態でも、温度・湿度センサーが部屋の温度・湿度を検知して、保湿の必要なタイミングをランプで教えてくれます。

水タンクが小型なため、幅は約15cmとスリムです。

気になる運転音が、ささやき声より静かな27dBと静音設計なのも高ポイントです。

パーソナル保湿機 SHーKX(三菱)

価格 オープン価格 サイズ 高さ277×幅150×奥行き328mm
カラー ピュアホワイト
パーソナル保湿機 SH-JX1(W) ホワイト

吹出し温度約45度の低温スチームが、理想的な湿度を最大8時間キープします。

そよ風モードがついているので、寝苦しい夏でも使用可能

また、消灯モードで本体のランプを消すことができるため、光で眠りを妨げられることもありません。

スチーマーナノケア EH-SA67(パナソニック)

価格 オープン価格 サイズ 高さ18×幅12.5×奥行20cm
カラー ピンク調
パナソニック スチーマー ナノケア 2Wayタイプ ピンク調 EH-SA67-P

パナソニック独自のイオン「ナノイー」が肌から毛先までを潤いケアしてくれる商品です。

2WAYタイプなので就寝中だけでなく、時間のある時はスチーマーとして、おうちエステができるのが魅力的。

デザインもおしゃれです。

ただしファンの音、「ナノイー」の放電音がするようなので、敏感な方は注意が必要です。

保湿機にも弱点がある!?


乾燥対策に有効な保湿機ですが弱点もあるようです。

「買わなきゃよかった…」とならないように、チェックしておきましょう。

設置場所が限られる

保湿機を効果的に使用するためには、蒸気吹き出し口の位置を調整する必要があります。

そのため、保湿機の高さや距離を合わせるために、ベッドサイドにテーブルなど高さが必要なケースもあるようです。

商品説明をよく読んで、寝室に設置するスペースがあるか確認してから購入しましょう。

定期的な掃除が必要

加湿器や美顔スチーマーなどを使用するときも同じですが、保湿機も内部を定期的に掃除する必要があります。

長期間掃除を怠ると、微生物が増殖しアレルギー症状が出ることもあるようです。

清潔に保つよう心がけましょう。

保湿機の効果はこんな効果がある!


次は、保湿機の魅力的な点を、紹介していきます。

ピンポイントで潤いをあたえてくれる

加湿器を使用する場合、通常、蒸気は温かいため、天井の方へ登って行ってしまいます。

そのため、顔の近くは乾燥しているなんてことも。

しかし保湿機ならピンポイントで顔やのど、髪を保湿してくれるので、しっかりと保湿ケアができます。

肌の乾燥は目立つ毛穴や、しわなど、悩みの一因となるので、乾燥を抑制することは大切です。

また保湿機なら、どんな広さの部屋でも関係なく使用できます。

結露しない

保湿機は、部屋全体を加湿するわけではないので、結露の心配もありません。

結露によるカビの発生を防ぐために、毎日窓を拭いたりしなくてもいいので、忙しい方にもおすすめです。

体調管理にも最適

空気が乾燥していると、空気中のウイルスやカビ、ダニの死骸などが浮遊しやすくなってしまいます。

それにより、風邪やインフルエンザにかかったり、アレルギー症状を起こしてしまう場合も。

しかし、空気中に適度な水分があれば、浮遊するウイルス量が減るという実験結果がでています。

そのため、仕事中や勉強中に机の上に置いておくと、美容だけでなく体調管理にも一役買ってくれます。

受験生にもおすすめですね。

入眠がスムーズになったとの口コミも

保湿機は顔の周りを蒸気で温かく包んでくれるので、心地よく眠れるようになったとの口コミも多く見受けられました。

のど・鼻の乾燥も防ぎ、快眠に導いてくれます。

保湿機を選ぶポイントはコレ!

保湿機を選ぶときに大切なのは、ストレスなく使用できるか否かです。

敏感な方は、入眠の際に不快感を感じにくいように、音が静かな製品を選ぶのをおすすめします。

また日々使う機械なので、お手入れのしやすさもチェックしてくださいね。

加えて部屋に設置するスペースが確保できるか、サイズと蒸気の出る範囲、電源の位置を確認してから購入しましょう。

予算と相談して、自分に合った製品を探してくださいね。

スキンケアを怠るのはNG

保湿機を使用しているからといって、スキンケアをしないというのはNGです。

保湿機は空気のうるおいをキープするための製品なので、洗顔や入浴後にしっかりと基礎化粧品で肌に潤いをあたえることで、より肌の状態が向上します。

また乾燥肌の原因には空気の乾燥だけではなく、間違ったスキンケアや紫外線、加齢なども関わっている場合があります。

日々のケアも大切にしていきましょう。

まとめ

乾燥から肌を守るには、湿度を調節し乾燥を防ぐことが大切です。

一度、お部屋の湿度を測ってみるのもおすすめです。

自分の生活環境に合った方法で、湿度を管理し、快適な生活を送りましょう。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
高保湿成分を濃密配合!敏感肌でもOKな低刺激化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
1日たった50円でスキンケア!66種類の美容成分で節約しながらお肌の悩みを解決
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

加湿器ではなく保湿機!顔まわりだけを潤す!喉もしっとり乾燥対策

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…

乾燥肌にオススメの顔用保湿クリームランキング!高保湿成分配合の5選

頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではな…