赤ら顔はセラミドが効果的!オススメランキング10選

1年中コンシーラーを使って肌色をカバーしないといけないほど赤みがあったり、寒くなって肌が乾燥すると、顔に赤みが出たりと、赤ら顔のタイプはさまざまです。

その多くの原因に対して効果的な成分は、セラミドです。

オススメのセラミド化粧品をはじめ、赤ら顔とセラミドの関係や対処法、また赤みを上手にカバーするメイク方法などを紹介します。

赤ら顔にセラミドがオススメな理由


赤ら顔に見られる肌の赤みには、毛細血管を通る血液の量と流れ、肌の薄さ、乾燥、そして肌への刺激が大きく関係しています。

セラミドには、肌のバリア機能や保湿機能を高めるため、赤ら顔の原因を和らげる働きがあるのです。

しかし、年を重ねるごとにセラミドは減少していきます。
そのため、赤ら顔の悩みを持つ方は、セラミドを使ったスキンケア化粧品を使い、肌にセラミドを補うことが大切なのです。

赤ら顔にオススメなセラミド化粧品

化粧水や美容液など、赤ら顔にオススメのセラミド化粧品をランキング形式でご紹介します。

1:エトヴォス/モイスチャライジングセラム

エトヴォス/モイスチャライジングセラム 4,320円(税込)

【公式サイト】

保湿成分であるヒト型セラミドを5種類、しかも高濃度で配合した美容 液のモイスチャライジングセラム。

セラミドにはいくつかの種類がありますが、ヒト型セラミドは、私たち人間が本来持っているセラミドと似た構造で作られています。
そのため肌なじみもよく、高い保湿力が特徴です。

モイスチャライジングセラムは、これひとつだけで美容液と乳液、2つの役割を果たします。

また、オーガニック由来のスクワランやホホバオイルなどを使い、優しく肌をいたわりながら、やわらなか肌作りもサポートしてくれます。

セラミド配合の高い保湿力と肌への優しさ、そして時短ケアも叶えてくれるなんて、赤ら顔に悩むヒトはもちろん、その悩みが無くなった後でも使い続けたくなる美容液だと言えるでしょう。

モイスチャライジングセラム/50ml
販売価格:4,320円(税込)

モイスチャライジングセラムの入ったトライアルセットもあります。

モイスチャーラインお試しセット(2週間分)/2,592円(税込)・WEB限定:2,052円(税込)
クリアソープバー、モイスチャライジングローション、モイスチャライジングセラムモイスチャライジンググリーム

エトヴォス公式サイト

2:米肌(MAIHADA)/肌潤改善エッセンス

米肌(MAIHADA)/肌潤改善エッセンス 7,560円(税込)

【公式サイト】

化粧品と医薬品の中間に位置する、医薬部外品の美容液です。

こちらはセラミドを生み出す力をアップさせる、ライスパワーNo.11が配合されています。

与えるだけでなく、肌自体に保湿力をもたせるため、内側からしっかりと潤う肌を目指すことができます。

肌潤改善エッセンス/30ml
販売価格:7,560円(税込)

定期便の場合は、最大27%の割引に相当する形で購入できます。

肌潤改善エッセンスの入ったトライアルセットもあります。

潤い体感セット(約2週間分)/1,500円(税込)
肌潤石鹸、肌潤化粧水、肌潤改善エッセンス、肌潤化粧水マスク

米肌公式サイト

3:アナヤス/ローションコンセントレート

アナヤス/ローションコンセントレート 5,400円(税込)

【公式サイト】

エイジングケアのアナヤスから発売されている敏感肌用化粧液が、このローションコンセントレートです。

ヒト型セラミドをナノサイズのカプセルにすることで、肌なじみを4倍にもアップさせた保湿力の高さは、大きな魅力です。

また、皮脂となじみやすい高浸透グリセリンを配合しているので、保湿成分を肌の奥に送り届けてくれます。

ローションコンセントレート/125ml
販売価格:5,400円(税込)
定期便:4,860円(税込)

ローションコンセントレートの入ったトライアルセットもあります。

アナヤストライアルセット(約10日分)/1,480円
ローションコンセントレート、エッセンスコンセントレート、クリームコンセントレート、<プレゼント>クリームコンセントレート1包

アヤナス公式サイト

4:メディプラス/メディプラスゲル

メディプラス/メディプラスゲル 3,996円(税込)

【公式サイト】

顔を洗ったあと、この1ゲルを塗るだけでスキンケアが完了するオールインワン化粧品です。

化粧水、美容液、乳液、クリームの役割を果たしてくれる、メディプラスゲルには、セラミドはもちろん、潤いをサポートするナノ型ヒアルロン酸も配合されています。

他にもビタミンC誘導体も配合されているので、ニキビやニキビ跡による赤ら顔に悩む人にもオススメです。

ただしアトピー肌や炎症肌の場合は、ビタミンC誘導体が刺激となることがあるため、使用を控えた方がよいでしょう。

メディプラスゲル/180g
販売価格:3,996円(税込)

メディプラスゲル公式サイト

5:アスタリフト/ジェリー アクアリスタ

アスタリフト/ジェリー アクアリスタ 9,720円(税込)

【公式サイト】

顔を洗ったあと、化粧水の前につけるブースターの美容液です。

ナノ化したヒト型セラミドを2種類配合し、潤いを肌に与えるだけでなく、あとからつける化粧水を肌に送り届ける力もアップさせてくれます。

今使っている化粧水や美容液から変えるのではなく、プラスで使うブースターなら、お気に入りのスキンケア商品を使い続けられます。

ジェリー アクアリスタ/40g・60g
販売価格:9,720円(税込)・12,960円(税込)

ジェリー アクアリスタの入ったトライアルセットももあります。

アスタリフト ベーシックトライアルキット(約5日分)/1,080円(税込)
ジェリーアクアリスタ、モイストローション、エッセンスデスティニー、クリーム

アスタリフト公式サイト

6:ティモティア/保水バリアクリーム

ティモティア/保水バリアクリーム 7,650円(税込)

【公式サイト】

角質と角質の間にある細胞間脂質は、セラミドを含む脂質と水がミルフィーユのような層になっています。
その層になった状態のことを液晶構造と呼ぶのですが、保水バリアクリームは、クリーム自体が人型セラミドと水分の液晶構造になっています。

そのため肌を守る角質の役割をし、肌バリア機能をアップさせてくれます。

また、肌バリア機能が低下した肌にも安心して塗ることができるよう、防腐剤、パラベン、フェノキシエタノールを使わない、低刺激処方になっています。

保水バリアクリーム/65ml
販売価格:7,650円(税込)

ティモティア公式サイト

7:ビーシキスキンケア/白漢しろ彩

ビーシキスキンケア/白漢しろ彩 6,048円(税込)

【公式サイト】

赤ら顔のために作られたのが、この化粧水です。
セラミドをはじめ、ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分を配合
液晶構造で作られているため、肌の奥まで浸透します※(※角質層まで)

他にもショウガ根茎エキス、カンゾウ、ブクリョク、センキュウの和漢植物エキスが、炎症や潤い、美肌などに効果を発揮し、赤ら顔のケアをしてくれます。

無添加化粧水の中でも敏感肌の人の口コミが高く、刺激に弱い赤ら顔の人でも安心して使えます。

しろ彩/1,000ml
販売価格:6,048円(税込)

しろ彩公式サイト

8:キュレル/乳液

キュレル/乳液 ¥1,944(税込)
キュレル 乳液 120ml

乾燥性敏感肌のために生まれたキュレルの乳液には、セラミド機能成分が配合されています。

外部刺激に弱い乾燥肌、敏感肌のために消炎剤も配合されていて、炎症による赤みにも効果が期待できます。

保湿のためとわかっていても、クリームの質感は重くて苦手という人にもオススメの、べたつ気をおさえた乳液です。

乳液/120ml
販売価格:1,944(税込)円

9:ULU(ウルウ)/シェイクモイストミルク

シェイクモイストミルク 4,860円(税込)

【公式サイト】

拭き取り化粧液、ブースター、化粧水、美容液、乳液の機能が1つになった、オールインワン化粧品の、シェイクモイストミルクです。

名前の通り、使う前には必ずシェイクしてから使います。

医療用に開発された特殊浸透水が、配合されている3種類のセラミドやヒアルロン酸を肌の奥に送り届けます。

完全無添加で作られているので、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢問わず使うことができます。

シェイクモイストミルク/110ml
販売価格:4,860円(税込)

ウルウ公式サイト

10:ヒフミド/エッセンスローション

ヒフミド/エッセンスローション 3,240円(税込)

【公式サイト】

肌バリア機能や保湿、柔軟性などをサポートする3種類の人型セラミドを配合している化粧水です。

セラミドは年齢とともに減少していきますが、セラミドが減ってしまっているエイジングケアを始めた世代からも人気が高いのも特徴的です。

エッセンスローション/120ml
販売価格:3,240円(税込)

ヒフミド公式サイト

その他にもセラミド化粧品が知りたい方はコチラ!

赤ら顔のケア方法


赤ら顔には、自宅でできるケア方法だけでなく、病院で行うものまで、さまざまな方法があります。

スキンケアの見直し

セラミド化粧品を使う以外に、スキンケアのやり方を、見直すことも大切です。

洗顔方法の見直し

肌の保湿はもちろん、肌バリア機能をアップさせることを意識してください。

外部刺激も赤ら顔にはよくないので、洗顔時に手でこすったり、顔をタオルでゴシゴシするような、肌に摩擦を加えることをやめてみましょう。

顔を洗うときは、泡をつぶさないよう、肌に手を触れないように意識をして、やさしく汚れを落とすとよいですね。

顔をふくときは、タオルで顔を抑えるようにして、水分を吸い取るようにするとよいでしょう。

保湿化粧品の見直し

今回紹介したような、セラミドなどの保湿力が高い成分が入った化粧品などを使ったスキンケアにとりいれましょう。
また、赤ら顔向けの化粧水やクリームを使うのもオススメです。

漢方薬

血管が広がることで、肌に赤い色が透けてみえてしまいます。

漢方薬には血液の流れに対して、効果的なものがあります。

赤ら顔で悩んでいる方は、漢方薬局で相談してみるのも、ひとつのケア方法でしょう。

病院

重度の赤ら顔の場合は、病院で医師に相談することをおすすめします。

赤ら顔の原因によっては、別の科に回される場合もありますが、まずは皮膚科を受診して、今後の治療方針を出してもらいましょう。

病院で行う主な治療

  • レーザー治療
  • 症状別にレーザーを使い分け、毛細血管を破壊したり、血管に余分な血液が溜まりにくくしたりする方法です。

  • 光治療
  • 特殊な光を当てて血管を小さくし、肌に透けて見える赤みの量を減らす方法です。

  • 硬化療法
  • 注射を使い硬化材を血管に入れ、血管の内部を繊維化させる方法です。
    レーザーや光では治療しにくい、太い血管に用いられます。

そもそも赤ら顔って何?


赤ら顔とは、さまざまな原因から顔全体、または鼻や頬などが広範囲にわたって赤くなっている状態のことです。

赤ら顔の症状

赤ら顔の症状には、季節を問わず起こるケースと、暑さや寒さなど気温や季節に影響されて起こるケースがあります。

赤みのタイプは、血管の形のまま枝分かれした線のように赤みが出たり、斑点状のタイプや、面で現れるもの、それらが複合的に混ざった状態のものなど、人によってさまざまです。

赤ら顔の仕組み

赤ら顔は、多くの場合、毛細血管が広がることによって起こります。

広がった血管に、多くの血液が流れ込み、肌表面に透ける赤みが増え、赤ら顔の症状となって現れるのです。

毛細血管が広がり元に戻らなくなった場合は、毛細血管拡張症という病名で呼ばれ、病院での治療が必要になります。

赤ら顔になる原因

肌のトラブルや寒暖差など、赤ら顔になる原因はいくつもあります。

自分の症状や、赤ら顔に悩むタイミング、期間などをチェックしてみましょう。

毛細血管と肌の薄さによるもの

顔の毛細血管が広がることで、肌表面まで血液の色が透けてしまいます。

それに加え肌が薄くなることで、より血管が透けやすくなるのです。

この場合はセラミド化粧品などでお肌のケアをするほか、毛細血管が縮小するような化粧品を使うことも考えましょう。

血流と温度差によるもの

アルコールを飲んだときや、激しいスポーツをしたときなどは、血流が一時的に上がり、顔が赤くなります。

暑さや寒さなど、外部の温度変化が血流に影響を与え、顔が赤くなることもあるのです。

疾患によるもの

ニキビのような小さな吹き出物や赤み・発疹などの症状が現れることの多い慢性疾患である、酒さ(しゅさ)が原因の場合もあります。

これは進行性の皮膚疾患なので、「肌の赤みが増してきた」「ニキビや発疹などが増える」「治らない」などのトラブルを感じた場合は、病院で診てもらったほうがよいでしょう。

完治は難しいとされていますが、症状を軽くしたり、コントロールしたりすることができます。

肌荒れや炎症によるもの

刺激や乾燥による肌荒れやニキビ肌、アトピー性皮膚炎を含むアレルギーなどによる炎症でも、肌は赤くなります。

日常に取り入れたい赤ら顔ケア


スキンケアや病院で行うケア以外にも、自分で気をつけられることがあります。

全て行えなくても、少しずつ意識して日常に取り入れてみましょう。

食事

嗜好品や香辛料、刺激のある食品は、肌や血液の流れに影響を及ぼすため、赤ら顔に悩まれている方は控えたほうがよいといわれています。

嗜好品

  • カフェイン
  • アルコール
  • たばこ

など

香辛料

  • 唐辛子
  • コショウ
  • など

    刺激のある食品

  • 酸味の強いもの
  • 塩分の高いもの
  • など

    生活習慣

    十分な睡眠を取ることも、赤ら顔に対し有効とされています。

    赤ら顔の原因として血管の拡張がありますが、血管中に血液がたまり、かつ血流が悪くなる状態でも、赤ら顔になってしまうことがあるのです。

    この状態を、うっ血と呼びます。

    眠っている間は、副交感神経の働きで血管が拡張され、血流がよくなります。

    うっ血することなく血液が流れると、血液は体のすみずみまで栄養を運んだり、体の修復に役立つのです。

    睡眠不足は、副交感神経の働きを鈍らせ、うっ血を引き起こしやすい状態を作り出します。

    十分な睡眠をとるコツを知りたい方はコチラ。

    赤ら顔を隠すメイクのコツ


    「赤ら顔を隠そうとして、一生懸命ファンデーションやコンシーラーを塗っていたら、いつのまにか厚化粧になっていた」
    「肌の色が不自然になってしまった」

    このようなことにならないよう、赤ら顔を隠すメイクのコツをチェックして、美しいベースメイクを完成させましょう。

    赤みを隠すのに適したコントロールカラー

    赤みをカバーするには、グリーンのコントロールカラーが有効です。

    グリーンは赤の補色なため、赤みを消し、正常な肌色に近づけてくれます。

    ただし、塗りすぎると赤みを消しすぎて顔色を悪くみせてしまうため、赤みが気になる部分に薄く塗りましょう。

    ファンデーションとコンシーラーの色

    コントロールカラーの後に塗るファンデーションは、黄色っぽいベージュを選びましょう。

    ピンクやオレンジがかったベージュは、グリーンとの相性が悪く、赤みを強調させてしまうこともあり、おすすめできません。

    ファンデーションを塗っても気になる部分には、黄色っぽいベージュのコンシーラーを重ねましょう。

    赤ら顔を隠すメイクや化粧品が知りたい方はこちらの記事も見てみてくださいね。

    赤ら顔のメイク方法!目立たなくカバーするオススメアイテム15選!

    セラミドで肌を潤して赤ら顔の悩みから解放されよう


    赤ら顔の原因は、1種類ではありません。

    しかしすべての原因に対していえるのは、肌を潤すのが大切だということです。

    まずは肌の潤すために必要なセラミドを使った化粧品を使って、赤み肌のケアを始めましょう。

    正しいスキンケアを行ったり、生活習慣を改善するのも、赤ら顔には有効です。
    できることからはじめて、赤ら顔を少しでも改善に導きましょう。

    ※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
    ※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

    おすすめ保湿化粧品ランキング

    商品 特徴
    VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
    詳細はコチラ
    簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
    詳細はコチラ
    自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
    詳細はコチラ
    prBox_img
    ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
    6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

    赤ら顔はセラミドが効果的!オススメランキング10選

    この記事が気に入ったら 

    編集部注目記事

    夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

    日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

    【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

    「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

    【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

    紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…