ニキビによる赤ら顔を本気で治す!原因と自分でできるスキンケア対策

文字通り顔が赤くなる「赤ら顔」に悩む方は、結構多くいるようです。

赤ら顔にはいくつか原因があり、今回はそのうちのひとつ、ニキビによる赤ら顔について原因や対策をまとめています。

ニキビによる赤ら顔の改善をするにあたり、原因や対処法、おすすめな化粧品も紹介するので、赤ら顔で悩んでいる人は参考にしてみてください。

ニキビによる赤ら顔とはどういう顔?


赤ら顔というのは、文字通り顔が赤くなることをいいます。

赤ら顔には、いくつか種類があるのです。

1:炎症による赤ら顔

肌に刺激を与えることで、炎症を起こし、かぶれたり、赤ら顔になることがあります。

紫外線や、洗顔の際に強くこすりすぎるという刺激が、原因のひとつと考えられます。

とくに敏感肌など、肌が刺激に弱い場合は注意が必要です。

2:血管による赤ら顔

顔には、多くの毛細血管があるのです。

毛細血管が膨張することで、赤血球の数が増え、血液の色が肌から透けて見えるケースがあります。

血管が膨張する原因は、ストレスや、肌への刺激が考えられています。

また、皮膚がもともと薄い人は、より肌が赤くなってしまい赤ら顔に悩みがちです。

化粧品だけでは、なかなか対応できずに、悩んでしまう方が多いといえるでしょう。

ニキビによる赤ら顔

今回もっとも細かくお伝えしたいのは、ニキビによる赤ら顔です。

ニキビができると、ニキビの周囲がうっ血して赤くなります。

そのため、ニキビが多くできてしまうと、顔が赤く見えることがあるのです。

また、ニキビが治っても、ニキビの炎症による色素沈着が原因で、肌が赤く見えるケースもあります。

1度ニキビができた場所は、通常より刺激に敏感になっているため、同じところにニキビができやすくなるのです。

この場合は、かゆみや炎症を起こしやすく、顔が赤く見えてしまうのです。

ニキビによる赤ら顔を防ぐには、できるだけニキビができないようにする必要があるといえるでしょう。

赤ら顔の人がもつ悩みや体験談

赤ら顔の種類や原因はさまざまありますが、赤ら顔の人は具体的にどのような悩みをかかえているのでしょうか。

お湯洗顔を続けています。 やり始めてから1ヶ月くらい経ちました #きれいになりたい #脂漏性皮膚炎 #お湯洗顔 #吹出物 #赤ら顔

脂漏性皮膚炎を治したいさん(@shirouseihifuen)がシェアした投稿 –

赤ら顔による悩みは、とくに女性に多いようです。

メイクで隠すなどの対策を取るにしても、メイク方法に悩む人や、どれを使えばいいのかというところも悩みのタネとなっています。

というのもニキビによる赤ら顔は、化粧品が自分の肌に合わなければ、ニキビがさらに悪化してしまう可能性があるからです。

顔の赤みを抑えつつ、ニキビ対策も行う、ということが必要になります。

そもそもニキビはなぜできる?


では、そもそもニキビは、なぜできるのでしょうか。

ニキビといっても、顎や鼻・頬など、部位によっても原因は異なります。

今回はとくに赤ら顔に見えやすい、頬のニキビについてまとめています。

ニキビによる赤ら顔を改善するには、スキンケアなどでニキビの予防から行う必要があるのです。

まずはニキビの原因を知って、赤ら顔を予防・改善していけるようにしましょう。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスや生活習慣によって、ホルモンバランスが乱れることがあります。
ホルモンバランスが乱れると、肌が新しく生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われにくくなるのです。

すると、古い角質がはがれきれず、毛穴の詰まりなどの原因になります。

そこに、ニキビのもとであるアクネ菌が繁殖し、結果としてニキビができるのです。

乾燥

肌の乾燥が、ニキビの原因になることもあります。

なんとなくニキビと聞くと、「脂性肌のほうが、ニキビができやすい」というイメージがあるかもしれません。

たしかに、肌に必要以上に皮脂がたまると、毛穴がつまり、アクネ菌の繁殖によってニキビができることがあります。

しかし肌は乾燥すると、外的なダメージから守るために、肌の表面にバリアを張ろうと、天然の保湿クリームである皮脂を分泌させるのです。

このときに出た、皮脂の分泌量が増えることで、毛穴が詰まります。

したがって乾燥を防ぐということも、ニキビ予防には必要といえます。

ニキビによる赤ら顔を防ぐ方法は?


ニキビによる赤ら顔を防ぐには、やはり原因であるニキビを防ぐことが、もっとも重要といえるでしょう。

スキンケアの見直し

効果を感じやすいスキンケアから見直していくのが、効率的といえます、

今使用している洗顔料や、化粧水などのスキンケア用品では、ニキビができてしまうという場合は、変えてみるのをおすすめします。

ニキビの原因によって保湿クリームや乳液の使い方が変わる

保湿クリームや乳液は、肌質によって使わないほうがよいケースと、使ったほうがよい場合があります。

脂性肌によるニキビ

もともと脂性肌で、ニキビができている場合は、保湿クリームや乳液は、使用しなくてもよい場合があります。

保湿クリームなどは、保湿には効果的ですが、化粧水や美容液と比べて油分が多いのが特徴です。

そのため、毛穴が詰まるケースもあり得るので、ニキビが目立つときは使用を控えたほうがよいこともあります。

このとき注意したいのは、インナードライの場合です。
インナードライ肌は、乾燥によって皮脂が過剰分泌しているため、保湿が大切になります。

乾燥(インナードライ)によるニキビ

肌の乾燥によって、皮脂を過剰分泌して、ニキビができた場合は、しっかり保湿クリームや乳液を使うことが大切です。

化粧水だけでは、化粧水が蒸発するときに、肌内部の水分も合わせて蒸発します。

蒸発をする前に、保湿クリームなどで肌の表面を保護することで、乾燥による皮脂分泌を防ぐケースもあるのです。

敏感肌用の化粧品を使う

ニキビができやすい肌質の場合は、肌が敏感になっているケースも多いので、刺激の少ない敏感肌用の化粧品を選ぶといったことも効果的です。

生活習慣の改善

質のよい睡眠や、食生活、適度な運動は、肌の状態と関係しています。

適度な運動は、代謝を促すため、肌の老廃物を流しやすくするのです。

また、良質な睡眠は、成長ホルモンを分泌させ、正常なターンオーバーをうながします。

油分の多い食べ物などを控え、ビタミン・ミネラル・たんぱく質などをバランスよく食べることも、肌の状態をよくしていきます。

一気にすべてをするのは、難しいかもしれませんが、できることからやってみましょう。

皮膚科に行く

なかなか治らないという場合は、皮膚科などの医療機関に相談し、炎症を抑える薬を処方してもらいましょう。

スキンケアを見直すのは、難しい?


化粧水を見直してニキビが改善されるのには、ニキビが原因の赤ら顔や、肌荒れを防いで美肌を保てるといったメリットがあります。

しかし敏感肌の方は、肌に合う化粧品を選ぶというのが難しいといったデメリットもあります。

表示されている効果などに惑わされず、似た肌質の人の口コミや、体験談なども参考にしてみるとよいでしょう。

保湿、ニキビ予防共に効果が期待でき、肌にもできるだけやさしいものがおすすめです。

新しい化粧品を使用する前は、必ずパッチテストを行い、肌の反応を確かめることが、敏感肌の方にはマストといえる方法。

パッチテストをするためにも、トライアルセットや返金保証があると、お財布への負担が軽く、気持ちも軽くなるのでオススメです。

すでにニキビで赤ら顔になってしまっている場合は、炎症を抑える


すでにニキビができてしまって赤ら顔に悩んでいる人は、どう対処すればよいのでしょうか。

ニキビによる赤ら顔は、ニキビによって炎症が起こることで顔が赤く見えます。

そのため、すでにニキビができている場合は、炎症を防ぐことを意識しましょう

対策としては、ニキビを治すことと、ニキビを悪化させないことです。

ニキビを治す

ニキビを治すには、抗炎症作用のある薬を使用するのが効果的です。

市販の薬でも肌に合えば問題ありませんが、不安な場合や、使った結果改善しなかった場合は、皮膚科に相談し、肌に合った薬を処方してもらいましょう。

ニキビを悪化させない

もちろん、ニキビそのものの悪化を防ぐことを忘れてはいけません。

脂分の多い食事は避ける、できるだけ手で触れない、ニキビ用の化粧品を使うといった対応も心掛けましょう。

ニキビ用のスキンケア用品には、抗炎症作用のある成分が含まれているものが多いので、成分にも注目して選ぶとよいですね。

赤ら顔の化粧水でオススメは?

なかなか自分に合う化粧品を見つけるというのは、簡単ではありません。

「そんなに都合のいいものがあるなら苦労しない」と思う人もいるでしょう。

そこでおすすめの化粧品を、紹介します。

白漢しろ彩



【公式サイト】

内容量:100ml
価格:6,048円(税込)
定期コース:4,838円(税込)

白漢しろ彩は、赤ら顔の原因ともいえる、毛細血管にアプローチする化粧水です。

肌を優しく包み、マッサージするように使うことで血流をよくし、広がった毛細血管の状態を整えます。

しろ彩公式サイト

保湿成分が豊富

保湿に優れた、ショウガ根茎エキスや茯苓(ブクリョウ)、抗炎症作用のある甘草(カンゾウ)、肌のくすみケアに効果の期待できる川芎(センキュウ)といった和漢植物が配合されています。

さらに、保湿には欠かせないセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸が、肌の保湿力をアップし、バリア機能にアプローチをするのです。

アクネ菌対策として、ビタミンC誘導体が配合してあります。
ビタミンC誘導体には、抗酸化作用や皮脂の分泌調整機能があるため、ニキビ対策ができるのも魅力的です。

化粧品によって肌を保湿をするタイミングは、肌に水分が含まれており、毛穴が開いている風呂上りがもっとも効果的といえます。

風呂上がりに素早く使用し、化粧水を肌へ浸透させましょう。

無添加で低刺激

これだけの保湿成分を含んでいながらも、アルコールや、防腐剤であるパラベン・着色料・香料などを含んでいない無添加処方です。

そのため、敏感肌の方でも、使用しやすくなっています。

肌にやさしいつくりでありつつ、抗炎症作用によってニキビによる炎症を防げるため、赤ら顔のための化粧水といえるでしょう。

返金保証付き

それでも、肌に合うかどうかというのは、はっきりわからない部分でもあります。

白漢しろ彩は、30日間の返金保証付きなので、まずは使ってみてから判断できるのです。
一度試してみるとよいでしょう。

しろ彩公式サイト

ニキビによる赤ら顔は毎日のスキンケアで改善できる?


ニキビによる赤ら顔を防ぐには、ニキビと向き合うことが大切です。

ニキビを悪化させないことと、治療・予防が必要不可欠といえます。

ニキビは1度できてしまうと、その部分は敏感になってしまうため、繰り返しできたり、炎症を起こしたりと悪循環に陥ってしまうことがあるのです。

あきらめずにニキビを治療し、新しくニキビをつくらないように、日頃からスキンケアを継続すると、少しづつでも赤ら顔は解消されるでしょう。

赤ら顔の症状を、少しずつでも改善していけるように、できることからはじめてみませんか。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

ニキビによる赤ら顔を本気で治す!原因と自分でできるスキンケア対策

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…