30代の乾燥肌用化粧水オススメ11選!成分や肌質での選び方まとめ

30代に入ると、それまで乾燥知らずだった肌でも、乾燥しやすくなることがあります。

そのため、化粧水などを使わなくても問題なかった人だとしても、油断すると肌荒れにつながってしまうケースもあるのです。

そこで、なぜ30代から乾燥しやすくなるのか、乾燥を防ぐにはどういった化粧水を選べばいいのかをまとめています。

「これからスキンケアを始めたいけど、どんな化粧水がいいのかわからない」
「30代の肌によさそうなエイジング化粧水を知りたい」

といった方は、ぜひ参考にしてみてください。

30代のオススメ乾燥肌用化粧水11選はコチラ

30代からの乾燥に対抗したい方に、オススメの化粧水をまとめています。

自分に合う化粧水を、みつけましょう。

オルビスユー(オルビス)

オルビスユー(オルビス) オルビスユートライアルセット¥1,296(税込)

【公式サイトへ】

愛用者104万人を突破したオルビスユー。
浸透力やコスパの良さ、少量で伸びる液が高評価です。

肌のハリ透明感を向上させ、肌バランスを整えることによって見た目年齢の若返らせます!

洗顔料から保湿液まで入ったトライアルセットなら¥1,200でためすことができます。
初回送料無料です。

オルビスユーの詳細をチェック

【米肌】肌潤化粧水

内容量:120ml 価格:5,400円(税込)
トライアルセット:1,500円(税込)
定期コース:5,400円(税込)初回、4回目、7回目に一本ずつプレゼント

【公式サイト】

独自成分である「ライスパワーNO.11」を配合しています。

「ライスパワーNO,11」は、30代からの保湿には欠かせないセラミドを産生する働きがあります。

年齢とともに減少するセラミドを、「補う」のではなく、「産生」することで、肌に水分を維持することができるのです。

これは米肌だけの成分なので、これまで化粧水を使ったけど効果を感じなかったという方は一度試してみるといいでしょう。

無香料、無着色、弱酸性で肌にもやさしいつくりです。

米肌の詳細をチェック

メディプラスゲル

内容量:180g 価格:3,996円(税込)
定期コース:3,796円(税込)

【公式サイト】

メディプラスゲルは、化粧水、乳液、美容液、クリームが一つになったオールインワンゲルです。

ゼリー状であることから、肌につけたときの伸びがよく、浸透しやすくなっています。

加えて、ミネラルバランスに優れた温泉水を使用しつつ、セラミドやコラーゲン、ビタミンC誘導体を含む66種類の美容成分も配合しています。

オールインワンタイプは、化粧品を一つ一つ使うのは面倒くさいといった人にはおすすめです。

メディプラスゲルの詳細をチェック

【ディセンシア】アヤナスローションコンセントレート

内容量:125ml 価格:5,400円(税込)
定期購入:4,860円(税込)
トライアルセット:1,480円(税込)

【公式サイト】

アヤナスローションコンセントレイトは、人の肌にあるセラミドと同じ構造であるヒト型セラミドを配合しています。

そのヒト型セラミドを、ナノサイズにし、カプセル化したことでより肌に浸透しやすくなりました。

また、ディセンシアの独自成分である、ストレスバリアコンプレックスのより、肌をストレスによる老化から守ってくれるのです。

抗炎症作用、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する美容成分も配合し、年齢による肌トラブルを防ぐエイジングケアも可能にしています。

保湿だけでなく、エイジングケアもできるので、30代から肌質の変化を感じている人にはオススメといえるでしょう。

アヤナスの詳細をチェック

【ディセンシア】つつむ ローションセラムE

内容量:125ml 価格:3,672円円(税込)
定期コース:3,304円(税込)
トライアルセット:1,470円(税込)

【公式サイト】

こちらはディセンシアから、つつむシリーズです。

アヤナス同様、人と同じ構造を持つヒト型セラミドを配合しています。

また、ベントナイトという成分が、肌にバリアをつくります。

したがって、水分が逃げてしまうことや、外部刺激から肌を守ってくれます。

敏感肌で刺激を受けやすい肌質の人にオススメです。

つつむの詳細をチェック

【セルピュア】モイスチャーローション

内容量:200ml 価格:4,320円(税込)

【公式サイト】

セルピュアのモイスチャーローションは、保湿効果の高いヒト型セラミドやプラセンタエキス、肌の老化を防いでくれるビタミンCをサポートするビタミンC誘導体といった美容成分を含んでいます。

ヒト型セラミドに関しては、3種類のヒト型セラミドを配合しているため、浸透力や保湿力が高い商品です。

高い保湿力を求める人にはオススメといっていいでしょう。

セルピュアの詳細をチェック

【ヒフミド】エッセンスローション

内容量:120ml 価格:3,240円(税込)
定期コース2,851円(税込)
トライアルセット:1,500円(税込)

【公式サイト】

ヒト型セラミドを3種類配合していることから、合成セラミドと比較すると約3倍もの保湿力を誇ります。

とろみのある使用感も特徴で、浸透しやすく、年齢とともに減少するセラミドをしっかり補うことで、肌にハリや潤いを与えます。

肌に水分が維持されることで、紫外線などの外部刺激からも肌を守ることができます。

シワやシミ、乾燥などで悩んでいる人や、化粧ノリが悪くなってきたと感じる人は一度試してみるといいでしょう。

ヒフミドの詳細をチェック

【エトヴォス】バイタライジングローション

内容量:150ml 価格:3,456円(税込)
定期コース:3,110円(税込)

【公式サイト】

ヒト型セラミドを5種類使用していることから、高い保湿力を誇ります。

さらに、保湿、エイジング効果のあるアルガン幹細胞エキスを配合しています。

アルガン幹細胞エキスは、希少性の高いアルガンツリーから抽出されたエキスです。

保湿だけでなく、肌を引き締め、キメ細かい肌へと導きます。

他にも、保湿力の高いヒアルロン酸やアミノ酸も配合しているのです。

シリコンや合成界面活性剤、合成香料や着色料不使用で肌が敏感な人でも使用しやすくなっているのも魅力です。

保湿力、エイジングケア、そして低刺激な化粧水を探している人にはオススメです。

エトヴォスの詳細をチェック

【ブルークレール】ローズエステリッチローション

内容量:155ml 価格:5,400円(税込)
定期コース:5,400円(税込)
ブルークレール ローズエステリッチローション 155ml

オーガニック、無添加にこだわりながら、ヒト型セラミドやコラーゲンなど、保湿力の高い成分が配合されています。

美容成分が多く、保湿、エイジングケア、安全性どれをとっても高い性能を持っています。

日本一の軟水ともいわれ、弱酸性でもある白神山地の湧水を使用し、肌への優しさは徹底されています。

化粧品で肌が荒れたことのある人、自分に何が合うかわからないという人は試してみてもいいでしょう。

ノブⅢ フェイスローションR

内容量:120ml 価格:4,320円(税込)
トライアルセット:1,620円(税込)

【公式サイト】

ノブⅢシリーズは、肌をダメージから保護するために、肌のバリア機能に注目しました。

皮膚を保護してくれるスクワラン、保湿力を高めるヒト型セラミド、アミノ酸をバランスよく配合したことで、肌荒れを防ぐことができます。

そしてより保湿力を高めるヒアルロン酸やグリセリンも使用し、刺激に負けない肌へと導きます。

これまで肌が敏感で、化粧品だけでは効果を感じられなかったという人は、一度試してみてもいいでしょう。

ノブⅢの詳細をチェック

【セザンヌ】スキンコンディショナー高保湿

内容量:500ml 価格:702円(税込)
セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸と多くの保湿、美容成分を配合しながらも、値段が1,000円以下というプチプラな商品です。

ですが、弱酸性、無添加といった肌にもやさしいつくりが魅力的でもあります。

20代のうちは化粧水をあまり使ってなかったから、これから使いたいけど高いお金を出して失敗したくない、といった人などは試しに使ってみてはいかがでしょうか。

30代から乾燥肌になる原因は?

「10代、20代の頃は肌が乾燥なんてしなかったのに、30代に入ってから肌が乾燥するようになった」という人は少なくありません。

では、なぜ30代から、肌が乾燥しやすくなるのでしょうか。

加齢とともに、肌が乾燥しやすくなる原因について、みてみましょう。

加齢によるセラミドの減少

肌の乾燥には、いくつか原因がありますが、そのうちのひとつが、セラミドの減少によるものです。

肌の角質層にある、細胞と細胞の間には、細胞間脂質というものが存在します。

細胞間脂質が、肌の細胞の間を埋めることで、肌の水分は維持されるのです。

そして、細胞間脂質の主成分を担っているのが、セラミドです。
潤いのある肌は、セラミドによって肌の水分を維持しているのですが、セラミドは年齢とともに減少してしまいます。

年をとることは防ぐことができないので、肌の乾燥を防ぐには、化粧水などを利用して、セラミドを補う必要があるということになります。

そのため、年齢とともに肌の乾燥が気になってきた人にとって、セラミドは必要不可欠な成分といってもいいでしょう。

ターンオーバーが乱れる


通常は、一定の周期でターンオーバーがおこなわれ、古い角質がはがれ落ちることで潤いのある健康な肌が保たれます。

しかし、ターンオーバーの周期が乱れると、古い角質が残ったままになり、シワやカサつきなどの原因となるのです。

年齢を重ねていくと、ターンオーバーの周期が遅くなります。

とくに女性の場合、出産、ストレスなどでホルモンバランスが乱れ、それがターンオーバーを乱すことも。

ホルモンバランスが乱れると、肌が新しく生まれ変わるターンオーバーが正常に行われにくくなります。

また、過度なストレスを溜め込まないように、適度な休息や睡眠など生活習慣を整える必要があるといえるでしょう。

加齢による乾燥肌の強い味方が、ヒト型セラミド


加齢とともに、セラミドが減少することから、肌の保湿にはセラミドを補わなければいけません。

セラミドには天然セラミドや合成セラミド、そしてヒト型セラミドと、種類がいくつかあります。

そのうち、ヒト型セラミドが、乾燥肌の強い味方となるセラミドです。

ヒト型セラミドというのは、人の肌にあるセラミドと、ほぼ同じ構造をしているセラミドのこと。

本来人の肌にあるセラミドと同じ構造なので、肌に浸透しやすく、しっとりとした使用感で、保湿力も高いのです。

放っておくとセラミドは減少するため、化粧品を選ぶ際、セラミドの浸透力は重要視しましょう。

「どの成分がよいといわれても、成分表示を見ても、よくわからない」という方もいるかと思います。

そこで、セラミドという文字のあとに「セラミド1」のように数字や、「セラミドAP」のように、アルファベットが書いてあるものを選びましょう。

化粧水選びのポイントは?

化粧水は、種類が多くて選びにくいかもしれません。

しかし、より化粧水の効果を得るには、肌に合う化粧水を選ぶというのは重要です。

化粧水選びのポイントを、押さえておきましょう。

乾燥肌には低刺激なもの

本来潤いのある健康な肌は、ある程度、肌の表面に皮脂膜があります。

この皮脂膜がバリアの役割を果たし、外部の刺激から肌を守るのです。

しかし、乾燥肌はこのバリアが不足しているため、敏感で傷つきやすくなっているのです。

したがって、乾燥肌の方が化粧水を選ぶときは、無添加なものやアルコールフリーなもの、肌と同じ弱酸性のものなど、できるだけ低刺激なものを選ぶといいでしょう。

「香りがよいものがいい」ということもあるかもしれませんが、肌への必要以上の刺激は控えるようにしましょう。

年齢による肌トラブルにはエイジングケアを

肌の老化の原因のひとつに、肌の酸化があります。

肌内部に活性酸素が発生することで、肌が酸化してしまい、乾燥や肌荒れ、シワやしみ、そばかすなどの原因になってしまうのです。

活性酸素が発生する原因としては、紫外線による日焼け、ストレス、年齢などさまざまありますが、呼吸をするだけでも少しずつ活性酸素は発生しています。

そのため、肌の酸化を防ぐ、抗酸化作用のある成分を取り入れましょう。

エイジングケアを謳っているアイテムには、抗酸化作用をもつ成分が含まれているタイプが多いです。

ビタミンE・Cなどが、その代表例として有名ですね。

エイジングケアは、肌の美白などにも関わってきます。

年齢とともに、肌質の変化を感じている人は、エイジングケアの化粧水を選ぶことをおすすめします。

より効果的な化粧水の使い方は?


効果的な化粧水の使い方を、押さえましょう。

化粧水を使うタイミングに注意

化粧水を使うタイミングとして効果的なのは、洗顔後や入浴後です。

時間をおくと肌の水分が逃げるため、洗顔後や入浴後の肌に水分が残っている間に、すぐに使用しましょう。

最後に、保湿クリームなどで肌を保護し、補った水分を閉じ込めてあげるとより効果的です。

肌を傷つけないように優しく

ついついやってしまう行動が、肌に化粧水を浸透させようと、コットンなどで強い力でこすりつけたり、叩きこむパッティングをすることです。

とくに女性はメイクをすることも多いので、メイク落としや洗顔で、力が入ってしまうこともあるでしょう。

しかし、乾燥していると、肌は敏感で傷つきやすくなっています。

手のひらで包み込みように、ハンドプレスをしながら伸ばすとよいでしょう。

また、しっかり水分を補いたいからといって、たくさんつけすぎるのはNGです。

必要以上に肌に化粧品を使用すると、毛穴つまりの原因になり、皮脂が分泌されずに、かえって乾燥しやすくなることもあります。

また、毛穴の中でニキビの原因であるアクネ菌が繁殖し、ニキビができてしまうとケースもあるのです。

そこで、必ずパッケージに書いてある量を守りましょう
もしも、パッケージに記載がない場合は「化粧水は手のひらに500円玉大」を目安にするとよいですね。

肌の未来のために、今からケアを始めよう


女性の30代は、ライフスタイルも変わります。
結婚・妊娠・出産・子育て・仕事など、人生にとって大きなイベントが多く、肌は揺らぎがち。

気づかないうちに、肌の状態が変化してしまうということは、誰にでもありえます。

今はよくても、年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなり、シミ・しわ・肌荒れしやすくなる可能性は否定できないのです。

そのため、肌の保湿は、乾燥しやすい冬以外にも必要でしょう。

すぐに肌質が変わるということはありませんが、継続して日頃から状態を整え、ターンオーバーを繰り返すことで肌質は徐々によくなっていきます。

肌が荒れてからケアするのではなく、「荒れないようにケアする」ということを心掛けるとよいですね。

セラミド配合の化粧水は多くありますが、まずは浸透しやすいヒト型セラミドに注目してみるなど、選ぶポイントを絞ってみると選びやすくもなります。

信用できるブランドで選ぶのもいいですが、メーカーの人気や販売元などに惑わされず、自分にあう化粧水を見つけましょう。

あとから肌の悩みを抱えてしまわないように今のうちから肌の手入れや使用方法を意識し、キメ細かな透明感のある肌を目指してみましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

30代の乾燥肌用化粧水オススメ11選!成分や肌質での選び方まとめ

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…