赤ら顔の美容液オススメランキング10選!効果が高いのは?

赤ら顔の美容液オススメランキング10選!効果が高いのは?

なにもしていないのに、赤い肌の赤ら顔は、周りの視線が気になります。

顔の赤みを、なんとかで改善したいと考え、悩んでいる方は多いようです。

そこで今回は、赤ら顔対策のひとつとして、おすすめ美容液を紹介します。

赤ら顔の原因や美容液の必要性、正しい使い方についてもお伝えしますのでお見逃しなく。

赤ら顔に効果のある美容液おすすめランキング10選

  
赤ら顔に効果のある、おすすめコスメを見ていきましょう。

商品ごとの特徴も合わせてご覧ください。

【ピックアップ】ビーシキスキンケア/白漢しろ彩

ビーシキスキンケア/白漢しろ彩 6,048円(税込)

【公式サイト】

美容液とは違い、化粧水ですが、赤ら顔専用に作られたものです。
当記事では赤ら顔に効果が期待できる、保湿性の高い美容液を紹介しています。

赤ら顔は基本的に、お肌の乾燥などが原因ですが、皮膚の内側にある毛細血管が広がりやすい場合の赤ら顔は、保湿では対処ができません。

しろ彩は美容成分「海洋性エキス」で、毛細血管にアプローチ。

血管が透けることで赤ら顔に見えるお肌を、赤みが少ないお肌へと導きます。

また、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分を配合
乾燥にも対応しているので、様々な方向から赤ら顔をケアできる商品なのです。

しろ彩公式サイト

エトヴォス モイスチャライジングセラム


【公式サイト】

内容量:50mlg
価格(税込):4,320円
モイスチャーラインお試しセット(税込):2,592円

人の肌に存在しているセラミドと同じ構造の、ヒト型セラミドが作用して、肌の保湿力を高め、バリア機能を回復します。

肌の乾燥による、バリア機能の低下が原因の赤ら顔に効果的です。

シリコン、パラベン、鉱物油、合成香料、着色料、石油系界面活性剤フリー。

エトヴォスの詳細をチェック

アヤナス ローションコンセントレート


【公式サイト】

内容量:125ml
価格(税込):5,400円
定期購入(税込):4,860円

ディセンシアオリジナル成分の、ストレスバリアコンプレックスが、ストレス性の敏感肌に作用します。

ストレスによる血行不良が原因の肌荒れや、赤ら顔に効果的です。

アルコール、香料、紫外線吸収剤は不使用。

アヤナスの詳細をチェック

米肌 肌潤改善エッセンス


【公式サイト】

内容量:30ml
価格(税込):7,560円
トライアルセット(税込):1,500円

米由来の成分ライスパワーNo.11が、肌の水分保持機能を改善して、外部からの刺激に負けない強い肌を作ります。

モイストインジェクション処方で、美容成分を素早く、角層深く届けることができます。

無香料、無着色、弱酸性。

米肌の詳細をチェック

NOVⅢ バリアコンセントレイト


【公式サイト】

内容量:30g
価格(税込):5,400円

乾燥によりバリア機能が低下した肌に、天然型のセラミドが素早く浸透して保湿します。

無香料、無着色、低刺激性。

NOVⅢの詳細をチェック

アカラフォーミュラ


【公式サイト】

内容量:50ml
価格(税込):18,000円

高濃度のコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸配合。
赤ら顔の緩和とともに、ハリのある健康的な肌を作り上げます。

オールインワンタイプなので、洗顔後はこれ1本でケアすることができます。

無添加処方で保存料、防腐剤フリー。

アカラフォーミュラの詳細をチェック

ピュアメイジング

ピュアメイジング
【公式サイト】

内容量:60g
価格(税込):5,396円
お試し定期便(税込):初回3,777円、2回目以降10%もoff
定期便プレミアム(税込):初回2,158円、2回目以降も20%off
※3回以上の継続が必要

独自技術で、水分や油分のバランスを整え、美容成分を黄金比率で配合。

大人ニキビが原因の赤ら顔に効果的です。

着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、エタノールは不使用。

オールインワンタイプのジェルです。

ピュアメイジングの詳細をチェック

ベルブラン

ベルブラン
【公式サイト】

内容量:30ml
価格(税込):7,862円
初回限定(税込):2,460円、2回目以降も4,566円

こだわりのオリジナル成分、ナノ化油溶性甘草エキスとトラネキサム酸が、速攻ブースター美白を可能にしました。

肌のバリア機能を突破する浸透力で、メラニンの元まで美白成分が届きます。

繰り返すニキビによる赤ら顔に効果的です。

紫外線吸収剤、動物性原料、合成香料、タール色素、パラベン、石油系界面活性剤、シリコン、鉱物油は不使用。

ベルブランの詳細をチェック

レッドフィニッシュエッセンスBK

SKIN&LAB(スキンアンドラブ) レッド フィニッシュ エッセンスBK 50ml

内容量:50ml
価格(税込):3,400円

韓国で人気のドクターズコスメ。

ビタミンB、がニキビやニキビ跡にアプローチ。
そして、ビタミンKが赤ら顔や目の下のクマをケアします。

さらに12種類のハーブが健康的な肌へと近づけます。

無着色、鉱物油フリー。

オイズPBジェル


【公式サイト】

内容量:50g
価格(税込):4,298円
初回お試しキャンペーン(税込):1,899円

独自配合の菌・発酵系成分が肌のバリア機能をサポート。

イオン系成分が肌になじみ、角質層まで浸透して保湿します。

ノンオイル、ノンパラベン、無香料、無着色、石油系合成界面活性剤フリー。

オイズPBジェルの詳細をチェック

ネアーム フィオナK


【公式サイト】

内容量:30ml
価格(税込):2,160円
2本セット(税込):4,104円
3本セット(税込):6,048円

ビタミンKが血行促進してくれます。
天然成分のブドウ種子エキス、そしてコエンザイムQ10 配合。

毛細血管の、うっ血による赤ら顔に効果的です。

ネアーム フィオナKの詳細をチェック

なぜ赤ら顔に美容液が必要なの?


なぜ赤ら顔のケアに、美容液が必要なのでしょうか?

赤ら顔には、さまざまな原因が考えられます。

  • 乾燥肌が原因で、肌のバリア機能が弱くなっているために、外からの刺激が肌に炎症を起こしている。
  • 皮脂が過剰に分泌されているために、ニキビができやすく、ニキビやニキビ跡の周辺が炎症によって赤くなっている。
  • 毛細血管が拡張してしまい、皮膚が赤くなっている。
  • アトピー性皮膚炎などの敏感肌で、肌が刺激を受けやすくなっている。

このようなことが原因の場合、美容液で肌の状態を整えることで、赤ら顔の症状を緩和させることができるのです。

赤ら顔に美容液を使うメリット


赤ら顔に美容液を使うメリットとは、なにでしょうか?

赤ら顔を改善する方法として、美容皮膚科でのレーザー治療がありますが、美容液とレーザー治療でくらべてみましょう。

まず、レーザー治療に比べて、美容液でのケアは値段が安く済みます。

美容液なら、1か月分で高くても1万円代ですが、レーザーで施術する場合は、数万円~数十万円の費用がかかるケースが多いようです。

また、美容液はスキンケアをするときに使えるので、自宅でケアできますが、美容皮膚科には通院しなければなりません。

肌の水分不足や、バリア機能の低下による敏感肌など、赤ら顔の原因となる部分を改善しなければ、せっかく治った赤ら顔が再発してしまうこともありえます。

美容液でケアするメリットは、大きくいうと2点です

  • 比較的安くケアできる
  • 赤ら顔の原因となる、根本的な肌質を改善していく
  • 通院などに時間をとらなくてよい

赤ら顔に美容液を使うデメリットとは?


次にみておきたいのは、赤ら顔のケアを、美容液で行う場合のデメリットです。

もっとも考えられるデメリットは、自分の肌質に合ったものを選ばなければ、効果を感じられないということです。

バリア機能が低下して、乾燥し刺激を受けやすくなっていることが原因で、赤ら顔になっているなら、セラミドなどの成分が配合された、保湿力の高い美容液を選ぶ必要があります。

ニキビの炎症が原因なら、炎症を抑える作用のある美容液が適しているでしょう。

血流が悪いためにうっ血している場合の赤ら顔であれば、血流をよくする作用のある美容液を使うべきなのです。

原因に合わせて、選ぶ美容液を間違えると、効果が表れないということもあり得ます。

美容液の正しい使い方


美容液の効果を十分引き出すために、正しいスキンケアの方法を覚えておきましょう。

洗顔後に使用する基礎化粧品は、水分の多いものから、油分の多いものへと使っていきます。

基本的に化粧水→美容液→乳液→クリームといった順番で使いましょう。

適量を手のひらで少し温めてから、顔全体につけていきます。

このとき、顔をこすらないように気をつけながら、顔の内側から外側へ、下から上へと意識してつけましょう。

皮膚の薄い目のまわりは、とくに注意して、こすったり引っ張ったりしないようにしてください。

乾燥しやすい頬は、美容液を重ね付けして、潤いをあたえましょう

美容液のNGな使い方


美容液は冷蔵保存したほうが、長持ちすると思っていませんか。

冷蔵庫で冷やした美容液はひんやりして、使用感も気持ちがよいものですが、美容液の冷蔵保存はNGです。

冷やすことで美容液の成分が分離してしまったり、結晶化してしまうことがあります。
結晶化した美容液が肌への刺激となり、肌荒れの原因になることも考えられるのです。

さらに、美容液を使うたびに冷蔵庫から出し入れして、低温と常温の状態を繰り返すことで美容液の品質劣化にも繋がるのです。

そのため、美容液を冷蔵保存するのはやめましょう。

美容液での赤ら顔ケアは自分に合ったものを選ぶ


赤ら顔のケアに、効果的なおすすめ美容液を紹介しました。

美容液ならなんでもよいわけではなく、自分の肌にあった化粧品を使わなければ、十分な効果を期待できません。

しっかり自分の肌の悩みにマッチした美容液を選び、赤ら顔を改善して美肌を手に入れましょう

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
ランキング1位アイコン ランキング1位オルビス VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
ランキング2位アイコン ランキング2位メディプラスゲル 簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
ランキング3位アイコン ランキング3位米肌 自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
化粧品診断テストバナー
赤ら顔の美容液オススメランキング10選!効果が高いのは?

赤ら顔の美容液オススメランキング10選!効果が高いのは?

この記事が気に入ったら