保湿で乾燥肌を予防する方法は?間違った保湿方法と正しい方法

乾燥肌は、元からの肌性質にかかわらず、年齢の変化や紫外線、生活習慣の乱れによってどんな人でも起こる可能性があります。

また、気付かないうちに間違ったスキンケアをしていて、乾燥を悪化させているという可能性もあるのです。

正しい保湿ケアとはどのようなものなのでしょうか。

NGなスキンケアの方法や、お風呂でできる保湿、食生活にも注目して、乾燥肌を防ぐための保湿対策をみていきましょう。

保湿ってなに?


「保湿って肌に水分を与えることでしょ?」と思っていませんか。

保湿とは、ただ水分を補うだけのことをいうのではありません。

肌の乾燥は、なんらかの理由で肌が水分を保てなくなっているために起こります。
そのため、水分だけを補っても、水分を保持できないので意味がありません。

保湿とは、肌の水分保持能力を回復させ、適切な水分量にして、健康な肌へと導くことをいいます。

皮膚の1番外側にある角質層に働きかけ、表面の皮脂を守ることで乾燥は回避できるのです。

肌が乾燥する3つの原因


乾燥するとき、肌の状態は、どのようになっているのでしょうか。

3つの原因と、肌の健康が損なわれるスキンケアや習慣も、あわせて詳しくみていきましょう。

1:間違った洗顔や加齢よる皮脂の減少

肌の表面を覆っている皮脂が少なくなることで、乾燥が起こります。

皮脂が減少する原因のひとつは、洗顔です。

洗浄力の強い洗顔料を使うことや、1日に何度も洗顔をすることで、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

いっぽうで、皮脂の分泌量は、加齢とともにも減少してしまうのです。

2:スキンケアの摩擦と刺激が角質層を傷つける

スキンケアをするときに、肌へ与える摩擦や刺激によって、角質層は傷つきます。

すると、角質細胞を支える細胞間脂質が、傷ついた角質層から流れ出してしまうのです。

細胞間脂質が流れ出すと、角質細胞が剥がれやすくなり、角質層に隙間ができます。

隙間のできた角質層の肌は、じゅうぶんに水分を保持できなくなるため、乾燥が起こるのです。

3:加齢や紫外線、生活習慣によるターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーとは、角質層にある角質細胞が、ある一定のサイクルで生まれ変わることをいいます。

水分を保つ細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は、肌のターンオーバーが正常だと、細胞間を埋めるようにたっぷり作られるのです。

しかし、肌のターンオーバーが滞ってしまうと、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が減少してしまいます。

肌のターンオーバーが乱れる原因は、ひとつではありません。

歳を重ねるごとに、ターンオーバーの出発点である基底細胞が老化し、細胞分裂が遅れ、サイクルは乱れてしまいます。

また肌を紫外線から守ろうとすると、角質層が厚くなり、古くなった角質層ははがれ落ちにくくなるのです。

古い角質層が、いつまでも剥がれ落ちないと、ターンオーバーは滞ります。
「紫外線はお肌の敵」といわれるのは、こういうわけです。

さらに、睡眠不足やストレスによるホルモンバランスの乱れや、ターンオーバーを促す栄養素の不足なども考えられます。

顔の保湿対策


顔は肌のなかでも、外気にもっとも触れている部分なので、乾燥しやすいのです。

毎日のスキンケアが間違っていると、乾燥を悪化させ、赤みやかゆみなどの肌トラブルにまで発展する可能性があります。

顔の正しい保湿の仕方をおさえ、乾燥を防いでいきましょう。

洗顔は「ぬるま湯でやさしく」がポイント

洗顔をするときは、どうしても肌に摩擦を与えてしまいます。

そのため、なるべく肌を刺激しないように、心がけなければなりません。

ポイントは、触れたときに少し冷たく感じる程度のぬるま湯で洗うことです。

熱いお湯を使うと、肌に必要な皮脂まで流れ落ち、水分の蒸発が進んでしまいます。

お風呂に入ったときに、湯船のお湯を、そのまま洗顔に使うのもよくありません。
湯船の湯温を、高めに設定している場合は、とくに注意が必要です。

また、ごしごしと何度もこするのも皮脂を洗い流す原因となります。
シャワー強い水圧に任せるのもNGです。

洗顔料をしっかりと泡立てて、包み込むようにやさしく洗い流しましょう。

洗顔後の水分をそのままにしてはダメ!

洗顔後、顔に残った水分を、そのまま放置するのはNG。

肌に皮脂が少なくなった状態で水分を残しておくと、水分が蒸発する際にもともと肌にあった水分まで一緒に蒸発してしまうため、さらに乾燥を促すのです。

だからといって、タオルで強く拭き取ってしまうのも、よくありません。

顔の皮膚はとくに薄く負担をかけやすいので、肌にタオルを置くようにおさえ、水分を吸わせるようにしましょう。

スキンケアは水分と油分のバランスがカギ

保湿ケアは、化粧水で水分を補うだけでも、乳液やクリームだけを使って油分を補給するだけでも意味がありません。

ニキビや脂性肌のテカリの裏にも、乾燥が隠れている場合があります。
そのため、水分だけではなく保湿成分を補わなければならないのです。

化粧水で肌に水分を取り入れてから、保湿成分の入った乳液やクリームで油分をプラスすることで潤いがキープされます。

保湿成分として、もっとも優れているのはセラミドです。

セラミドは、人の肌がもともと持っている天然の保湿成分なので、肌になじみやすいといえます。

加齢や紫外線などによって少なくなったセラミドを、美容液やクリームによって補給するのがよいでしょう。


またコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分も、セラミドに続いて水分を保ってくれます。

美容液は、必ずしも必要なものではないですが、乾燥がとくに気になる季節や、シワや肌のくすみなど、肌トラブルが気になってきたときにプラスすると効果的です。

美容液には、油分はもちろんのこと、豊富な保湿成分が含まれます。

化粧水やクリームの効果をさらに高めるために、化粧水をつけた後に使うことでワンランク上のスキンケアができるでしょう。

ぬりすぎ、つけすぎは逆効果

化粧水→美容液→乳液やクリームの手順で、スキンケアを行うのが正しい保湿の仕方です。

しかし、化粧品をむやみにぬりすぎたり、つけすぎたりするのはよくありません。

化粧水は水分の割合が高いため、つけすぎると角層がふやける原因となります。

また、乾燥が気になるからといって、クリームをべったりつけるのもNGです。

クリームはとくに油分が多いため、皮脂の分泌が多いおでこや花などのTゾーンは控えめにしましょう。

さらに化粧品の出しすぎると、ぬりこんで浸透させようと、過剰に肌をこすって摩擦を与えてしまいます。

パッケージの使用量を守って使いましょう。

今の肌の状態は?足りないものをプラスする

乾燥肌には、化粧水で水分を補給するだけでなく、乳液やクリームの油分でカバーすることが必要です。

しかし、肌の状態はいつも同じとは限りません。

そのときの自分の肌の状態を見極め、足りないものをプラスするのが、スキンケアで大切なポイントです。

たとえば生理前などの、皮脂の分泌が増える時期には、油分の多い乳液やクリームは普段より控えめにしましょう。

また、冬になって目元や口元のかさつきが気になってきた場合は、重ねて入念にクリームをつけると乾燥を防げます。

年齢を重ねて、肌の乾燥がさらにひどくなったと感じたときには、セラミド入りの美容液をプラスするのもよいでしょう。

長い間同じ化粧品を使い続けるのではなく、自分の肌の変化にあわせて、目的に応じたスキンケアを行ってみてください。

お風呂での全身保湿対策


保湿というと、お風呂上がりのボディクリームや、マッサージというイメージのほうが強いかもしれません。

しかしながら、保湿はお風呂の段階から始まっています。

お風呂でしっかり保湿することで、入浴後のスキンケアがより効果をもたらすのです。

お風呂での保湿対策のポイントをみていきましょう。

自分の肌に合ったボディソープ選び

ボディソープは肌に合わないものを使うと、乾燥だけでなく、かゆみやデキモノの原因にもなるので慎重に選ぶ必要があります。

ボディソープがあまり肌に合わなかったり、「使い心地が好きじゃないから石けん派」という方もいるでしょう。

石鹸にもさまざまな種類がありますが、乾燥肌にはオリーブオイルなどの保湿成分が含まれたものがオススメです。

また、夏と冬でボディソープを使い分けるとよいでしょう。

夏はさっぱりとした洗い上がりのものを使っていても、冬には保湿成分が多く含まれたものを選ぶのも保湿対策のひとつです。

ボディソープでも石鹸でも、体を洗って流したあとに、肌がつっぱらないものを選ぶようにしましょう。

入浴剤をプラス

温泉には、天然の成分が含まれており、お湯につかることで肌がしっとりとやわらかく感じられます。

温泉に含まれる保湿成分が働くためです。

寒い時期になったら、保湿成分を含んだ入浴剤をプラスするとよいでしょう。

なるべく無添加で天然の成分を配合した、刺激の少ないものがオススメです。

ドラッグストアでも簡単に手に入るので、肌にやさしいお気に入りの入浴剤を見つけてみてください。

オイルケアの効果とは

保湿対策に「お風呂でのオイルケア」というのを聞いたことはあるでしょうか。

実際に乾燥対策で、オイルケアを実践している方は多くいるようです。

リピート❤️ オイルは保湿力すごい。 #LELABO

佐野ひなこさん(@hinako_sano)がシェアした投稿 –

お風呂でのオイルケアは、本当に乾燥肌を防いでくれるのでしょうか。

バスルームは蒸気が漂っているため、肌がやわらかくなっており、毛穴も開いていることからオイルが浸透しやすいのです。

また、入浴後にケアをするよりも、カラダ冷やさず簡単にできるのもよい点です。

オイルは、お風呂からあがる直前の体が濡れている状態の肌に、マッサージしながら塗りましょう

伸ばすようになじませるため、少量でも十分効果がみられます。

肌がしっとりとしてオイルがなじんできたら、シャワーでさっと流します。
このときに、ごしごしとこすって洗い流す必要はありません。

お風呂からあがったら、タオルでやさしく体をふきます。

オリーブオイルやアボカドなどの、天然成分のオイルを使うことで、肌の表面に自然な保護膜を作るので、保湿効果が高くなりオススメです。

乾燥する室内での保湿対策


冬は屋内はもちろん、室内でも、とても乾燥しています。

皮膚の水分は、乾燥しているところへと流れやすくなるため、肌の水分は乾いた空気に奪われていってしまうのです。

暖房をつけるときは、加湿器を使用して部屋の湿度を保ちましょう

いっぽうで、冬だけでなく夏も冷房によって室内の空気は乾いているのです。

皮膚の表面が乾燥することで、角質層がもろくなり肌が乾きます。

また、肌の水分量が少なくなると、足りない水分を自分で分泌しようとするため、皮脂が過剰になってしまうという可能性もあるのです。

室内はオイルやマスクで乾燥対策

長い時間乾燥した室内にいる場合には、どのような保湿対策をすればよいのでしょうか。

お風呂でできるオイルケアで紹介した、オリーブオイルやホホバオイルがここでも活躍するのです。

オイルを手のひらに少しとり温めてから、顔をおおうようにしておさえてなじませます。

メイクの上からでも大丈夫なので、乾燥対策に試してみてください。

オイルケアが少し面倒だと感じるときには、マスクをするのが有効です。
マスクをすると、マスク内の湿気が逃げず顔の周りが保湿されます。

空気の乾燥に敏感になり、対策をすることで季節関係なく潤いある肌になるでしょう。

内側からの保湿対策


肌の乾燥対策は、直接肌に働きかけるスキンケアだけではありません。

肌の乾燥は、体の内部から保湿をすることも必要です。

内側からの保湿対策には、なにをしたらよいのかみていきましょう。

効果的な水分補給とは

肌が乾燥しているときは、体の中の水分量が足りていない可能性が高いのです。

そのため、こまめに水分補給をしなければなりません。

水分補給なら、お茶やコーヒーを飲んでいるから大丈夫だと思っていませんか?

実はお茶やコーヒーなどの飲み物には、利尿作用があり、内臓に負担をかけてしまいます。
つまり、嗜好品として飲むのはよくても、効果的な水分補給としては逆効果なのです。

保湿のための水分補給には、ミネラルウオーターやスポーツドリンクなどを、こまめに少しずつ飲むのがよいでしょう。

また、果汁100%のフルーツジュースやスープなども、組み合わせて飲むのもオススメです。

時間に余裕がある場合には、ミネラルウォーターにはちみつとレモンの果汁、塩を少し加えた塩レモン水も試してみてください。

乾燥肌に必要な栄養素

水分を補給すると同時に、内側からの保湿ケアとして意識したいのが、不足しがちな栄養分の補給です。

肌の乾燥には、鶏レバーやうなぎなどのビタミンA、乳製品や納豆などのビタミンB2、バナナや魚に含まれるビタミンB6などの栄養素が必要とされます。

またビタミンと一緒に、鉄分やたんぱく質をとると、さらに効果的です。

脂肪分の摂取は、オリーブオイルやアボカドなどの自然な油がよいでしょう。

アボカドには、ビタミンEも豊富に含まれています。

前菜やサラダなどで、アボカドやオリーブオイルを摂取し、鶏レバーを意識して食事に取り入れてみてください。

糖分のとりすぎは、皮膚の抵抗力を弱めるので、甘いものはほどほどにして、おやつにはアーモンドや青魚をとるのがオススメです。

バランスのよい食事と十分な睡眠

ターンオーバーを促す栄養素であっても、とりすぎはよくありません。
上記の栄養素を意識して取り入れた、バランスのよい食事を心がけましょう。

また、食事に加えて良質な睡眠も、健康な肌をつくるための大切な要因です。
眠りについてからの最初の3時間は、肌のターンオーバーが盛んにおこなわれます。

最初の3時間を、質のよいものにするために、寝る前の食事、パソコンやスマホは控えましょう。

きちんとした睡眠がとれれば、ストレスの軽減にもつながります。

乾燥肌を防ぐだけでなく、体の健康のためにも、食べ物と睡眠を中心としたライフスタイルを整えることが必要です。

症状が慢性的な場合は病院へ


いくら自分で違う化粧品を試したり、スキンケアの方法を変えても乾燥が治らない場合には、ためらわずに病院へ行きましょう。

皮膚の乾燥に対して処方されるのは、主に尿素、ワセリン、ヘパリン類似物質の3種類です。

なかでも、乾燥肌の悪循環を断ち切るのは、ヘパリン類似物質といわれています。

尿素やワセリンよりも、より肌の奥まで浸透して、肌が本来もつバリア機能を修復するのに役立つためです。

乾燥肌に根本から働きかけます。

ヘパリン類似物質は、皮膚科で頻繁に処方されている成分です。
刺激が少なく赤ちゃんでも安心して使えます。

慢性的な乾燥の悩みで、自分で解決するのが難しい場合には、医師の適切なアドバイスを聞き、薬を処方してもらうようにしましょう。

今日からできる!正しい保湿方法で1年中潤いのある肌へ

乾燥肌を改善する保湿対策は、スキンケアだけでなくお風呂でできることや、室内の乾燥を防ぐ方法、内側からのケアなどさまざまです。

これまでやってきた方法が実は間違っていたと気づいた場合は、正しい保湿方法を実践してみてください。

乾燥は悪化すると、赤みやかゆみ、シミなどの肌トラブルに発展してしまいます。

必要な皮脂を守り、角質層を傷つけないことを意識して、やさしい洗顔と自分に合った化粧品使いをするのがポイントです。

必要な水分と栄養補給、質のよい睡眠も心がけて、1年中潤いのある健康的な肌を目指しましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

保湿で乾燥肌を予防する方法は?間違った保湿方法と正しい方法

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…