乾燥肌対策は1年中!しっかり改善して治す方法まとめ

「毎日お手入れしているのに、乾燥肌が治らない」
といった悩みを抱えている方は多いようです。

乾燥肌では、メイクもうまくのりません。

それだけでなく、肌トラブルを引き起こす原因にもなるのです。

季節や年齢に関係なく、肌の乾燥は誰にでも起こります。

今すぐ、対策を始めていきましょう。

ここでは乾燥肌の原因や、乾燥肌が引き起こす肌トラブルはどのようなものがあるのでしょうか。

また日常のなかで、どのようにケアをし改善していけばよいのかを、お伝えしていきます。

乾燥肌はどんな状態?


健康な肌は、肌表面が潤いで満ち、キメも整って、ふっくらとみずみずしい印象です。

反対に、乾燥肌は肌表面がザラザラとし、細かいシワが目立ち、くすんだ印象を受けます。

これは、肌のバリア機能の違いによるものです

健康な肌は、肌のバリア機能が正常に働いているため、外部の刺激を防いでいます。

反対に、乾燥肌は肌の水分が不足し、バリア機能が弱まっているため、刺激に弱くなっています

敏感に刺激を感じ取るため、肌トラブルを起こしやすくなっているのです。

また、肌の保水能力も下がるため、乾燥を引き起こします。

乾燥肌は保湿力が低下している

なぜ、バリア機能が弱くなると、乾燥肌になるのでしょうか。

それは、肌の保湿力が低下してしまうからです。

保湿力に大きく関わるのが、皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質の3要素

3つの要素は、肌をホコリや細菌などの、外部刺激から守り、肌内部の水分を保持する働きをしています。

しかし、なんらかの原因でこれらが失われると、肌の水分量を保てなくなり、外的刺激をもろに受けてしまうのです。

保湿力に関わる3要素の、働きや特徴を、以下で簡単にまとめてみました。

  • 皮脂
  • 毛穴から分泌され、肌を外的刺激から守る皮脂膜(保護膜)を形成する
    肌表面を油分でコーティングし、水分の蒸発を防ぐ

  • 天然保湿因子(NMF)
  • アミノ酸、乳酸、尿素、クエン酸からなる要素で、角質細胞内に存在する
    水分を抱え込み、角質細胞内の水分量を一定に保つ

  • 角質細胞間脂質
  • 角質細胞と細胞を繋ぎとめる要素
    細胞内の水分の流出を防ぐ、セメントや接着剤のような枠割を持つ
    セラミドが多く含まれ、細胞内の水分を挟み込み、保持する

保湿力とは、水分を保持する力のことです。

水分が保持されることで、肌内部や表面は密着し、強固な壁を築きます。

壁はバリアの役目を果たし、外的刺激を受けつけません。

しかし水分量が低下し、壁に隙間ができると、少しの外部刺激でもダメージを受けます。

肌がダメージを受けて、角質層が乱れたり、ターンオーバーが正常に行われなくなることで、肌内部の水分を保持できなくなるのです。

肌内部の水分を保持できなくなることで、乾燥がすすんでしまうダウンスパイラルに陥ります。

保湿力を低下させ、乾燥肌を引き起す原因は?


普段何気なく行っていることが、乾燥肌の原因になるケースが、多くあるようです。

いったいどういう行為が、乾燥肌を引き起こすでしょうか。

逆効果のスキンケアがある?

この記事を読んでいる方も、肌のために毎日、スキンケアを頑張っているのではないでしょうか。

しかし、やり方を間違ってしまうと、せっかくのスキンケアも効果がありません。

それどころか、余計に肌を弱らせて、乾燥を呼び込むことになるのです。

自分が行っているスキンケアが、間違っていないかここでチェックしていきましょう。

間違った洗顔

汚れや老廃物を落とそうと、つい力を入れてこすってしまいがちですが、じつはNGの洗顔方法。

やりがちな洗顔方法は、大きくわけると「こすりすぎ」と「洗いすぎ」です。

こすりすぎ

「こすりすぎ」は乾燥の大きな原因です

摩擦は角質層を傷つけ、細胞の保水機能を低下させます。

また、摩擦によって炎症を引き起こす可能性もあるのです。
炎症は、色素沈着となって肌に残り、シミとなって肌に表れる恐れがあるため、注意しなくてはなりません。

洗いすぎ

洗顔の回数が多すぎるのも、乾燥を呼び込む原因です

洗いすぎは、余分な皮脂や老廃物だけでなく、肌を守るために必要な皮脂までも落とすので、肌は乾燥にさらされます。

皮脂だけでなく、角質層の細胞間脂質やNMFも、一緒に洗い流されてしまうのです。

保湿不足

洗顔・入浴後の肌は、非常に乾燥しやすく、無防備な状態です。

すぐに、肌に水分を与えないと、肌はダメージを受けてしまいます。

乾燥肌の場合は、保水力が低下している状態なので、なにもしないままでは、乾燥は進むいっぽうです。

保湿方法にも注意しましょう。

保湿というと「化粧水で水分を与えればいい」と思いがちですが、これは間違いです。

化粧水の主成分は水のため、つけた瞬間から蒸発をはじめます。

蒸発する際に、肌表面の水分も一緒に奪っていくため、肌はますます乾燥することに。

角質層に水分を与え、肌の表面を油分で保護することが、基本的な保湿の考え方です。

加齢

肌の水分を保持し、肌にハリを与える成分は、年齢と共に減少するのです。

セラミドを含む角質細胞間脂質、コラーゲンなどは、年齢と共に減少する傾向にあります。

水分を保持し、ハリを与える成分が失われていくため、肌はどうしても乾燥しやすいのです。

また、年齢と共に、肌のターンオーバーも滞りがちになります。

若い頃より、肌の日焼けが戻りにくかったり、お手入れの効果が出ないのも、ターンオーバーの周期が遅くなっていることが、原因のひとつといえるでしょう。

生活習慣の乱れ

乾燥の原因は、体の外側からのものだけでなく、内側にもあります。

そのひとつが生活習慣の乱れです。

乱れたリズムや習慣で、体に不調をきたすと、肌にも顕著に表れてくるので、気をつけなくてはいけません。

睡眠不足や運動不足

「睡眠不足はお肌の大敵」という言葉があります。

睡眠中は、肌のターンオーバーをたすける成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンの助けがないと、肌は再生力が弱くなり、ターンオーバーも滞るため、睡眠不足は肌にとって悪いといわれているのです。

また、運動不足は血行を悪くします。

血行不良になると、末端の細胞に必要な栄養を届けることができません。

エネルギー不足の細胞は、パワーが足りず、肌のターンオーバーを妨げてしまいます。

ターンオーバーの滞った肌は、弱くなり、さまざまな刺激を受けて乾燥しやすくなるのです。

食生活の偏り

あなたの体は、あなたの食べたものでできています。

これは、そのまま肌にも当てはまります。

暴飲暴食や、偏った食事・脂っこいもの・多すぎる糖分のようなバランスの悪い食事を続けていると、細胞に必要な栄養が、不足しがちになります。

栄養不足の細胞は代謝が悪く、皮脂の分泌や、ターンオーバーの乱れを引き起こすため、乾燥しやすくなります。

逆にいえば、バランスよく食事を行うことで、乾燥対策ができるといえるでしょう。

乾燥肌が進行すると?引き起こされるさまざまなトラブル


乾燥肌は、ただ肌の表面がカサカサするだけではありません。

さまざまな、肌トラブルを引き起こすのです。

シミ・くすみ

紫外線を浴びると、私達の肌はダメージを受けます。

紫外線には、「紫外線A波(UV-A)」と「紫外線B波(UV-B)」があり、UV-Aは、シミを作り出す原因のひとつです。

紫外線は、メラニン色素を大量に合成します。

メラニン色素は、本来、肌細胞を守るために必要なもので、表皮で黒く色づくことで、肌の奥へのダメージを軽減するのです。

メラニン色素はターンオーバーによって、体外に排出されます。

しかし乾燥肌は、表面のバリア機能が低下している状態なので、ターンオーバーが正常に行われにくく、メラニン色素が体内に残ったままになりやすいのです。

そこで、排出されないままのメラニン色素が、蓄積し、シミやくすみの原因になります。

UV-Aは、真皮層まで侵入するのですが、そのときに線維芽細胞を損傷させます。

線維芽細胞は、肌のハリや弾力を生む、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す細胞です。

この細胞が傷つくことで、コラーゲンなどの生成がうまくいかず、シワやたるみを生み出してしまうと考えられています。

シワ・たるみ

肌の水分や皮脂が少なくなると、角質層は縮まり、固く厚くなります。

このとき、肌表面のキメが乱れ、隙間ができることにより、表面に溝があらわれ、肌が細かく縮んだよいにみめるのです。

これが、乾燥ジワです。

乾燥ジワは文字通り、肌が乾燥しているときにできるシワのことをいいます。

最初は、小さく細かいシワですが、数が増えると、シワとシワがつながり、太く長く、目立つようになります。

シワが小さなうちに、水分や油分を角質層に与えることで、消したり目立たなくすることが可能です。

しかし乾燥が進行したり、ケアをしないでいると、表皮から真皮へと、溝が到達します。

そうなると、シワを完全に消すことは難しくなるのです。

目立たなくするにも手間と時間がかかるため、早いうちの対処が重要といえるでしょう。

ニキビや吹き出物

ニキビは肌が脂っぽいときによく発症するので、一見、乾燥とは関わりがないように思えます。

しかし乾燥が、ニキビを引き起こす原因になるケースもあるのです。

肌が乾燥すると、外的刺激から身を守ろうと、毛穴は大量の皮脂を分泌します。

とはいえ乾燥した肌は、表面が固くなるため、毛穴に弾力がなくなり詰まりやすくなるのです。

大量の皮脂は、毛穴から排出しきれずに残り、アクネ菌が増殖します。

アクネ菌は、私たちの肌に、普段から存在する常在菌ですが、皮脂を餌として異常繁殖することで、炎症を引き起こすのです。

敏感肌・アトピー

乾燥肌が進行すると、敏感性乾燥肌となる場合が、多くあります。

敏感肌

これは、乾燥肌を放置してしまうことで、肌のバリア機能が、ますます弱まってしまうからです。

化粧水やクリームでさえ、ピリピリとした刺激を感じるようであれば、敏感性乾燥肌かもしれません。

痛み・かゆみ・炎症・皮剥けなど、日常的に症状を抱えることになるため、早めの対処が必要です。

アトピー

アトピー性皮膚炎は、さまざまな要因が複雑に絡み合っていることが多く、明確な原因は、いまだ解明されていません。

しかし、表皮のバリア機能が著しく低下していることが、原因のひとつに挙げられています。

アトピー性皮膚炎の皮膚は、バリア機能が弱まり、水分が逃げて乾燥している状態です。

それに加え、アレルギー物質(ダニ・ハウスダスト・食品など)が作用することで、かゆみや発疹、炎症を引き起こします。

乾燥肌は、外部からの刺激やアレルギー物質が侵入しやすいので、アトピー性皮膚炎を誘発しやすいといえるでしょう。

乾燥肌を改善するための対処法


乾燥肌はその場しのぎでなく、根本から解決していく必要があります。

そのためには、毎日の生活で、何気なく行っていることを、もう1度見直してみましょう。

これからお話しする対処法は、難しいものではありません。

「肌へのいたわり」を、ケアに加えてあげることが、ポイントです。

肌をいたわるケアが、乾燥肌の改善につながるので、ぜひ取り入れてみてください。

刺激を与えない洗顔・入浴

摩擦などの刺激は、肌の乾燥を呼び込みます。

なるべく皮膚に刺激を与えないよう、丁寧で優しい洗顔、入浴を心がけることがポイントです

洗顔料はよく泡立て、指と肌の間に、クッションを置くように乗せましょう。

力を入れず、泡で顔を洗うようにします。

熱いお湯は、皮脂やセラミドなど、保湿に大切な成分を流すため、ぬるま湯ですすぐことが大切です。

シャワーを直接顔に当てるのも、肌に摩擦による刺激を与えるので、手でぬるま湯をすくって優しく洗い流しましょう。

拭くときはタオルでゴシゴシと擦らず、タオルに水分を吸い取らせる感じで、そっと肌にタオルをあてると、刺激を最小限にできます。

潤いを逃がさない保湿

乾燥肌に限らず、肌を美しく保つためには、保湿をしっかりすることが大切です。

正しく保湿ができれば、肌は水分を抱え込む力を取り戻していきます。

肌に水分を与え、保湿力を高めるための方法を、以下でまとめました。

保湿は洗顔・入浴後すぐに行う

洗顔や入浴後の肌は、肌表面の水分が蒸発するときに、肌内部の水分も一緒に蒸発するため、もっとも乾燥しやすいといっても過言ではありません。

反面、肌が柔らかくなり、化粧品の有効成分を、吸収しやすい状態でもあります。

洗顔後は時間をおかずに保湿ケアをしましょう

まずは、1秒でも早く、肌全体に化粧水をつけることが大切です。

その後、気になる部分、乾燥しやすい部分に重ねづけで、じっくりケアをするとよいでしょう。

覚えておきたいコツは、化粧水や美容液を、手のひらで少し温めてからつけることです。
肌に、スッとなじみやすくなるので、オススメします。

浸透力、保湿力の高い化粧品を選ぶ

せっかくの有効成分も、角質層に届かなければ、なににもなりません。

角質層に届ける処理や、工夫のされた化粧品を選ぶことが、大きなポイントです。

また細胞間脂質や、NMFなど、細胞の保湿力をサポートする成分が入っていることも判断材料のひとつ。

セラミドなど、保湿力を高める成分が入っている化粧品を、選ぶとよいでしょう。

セラミドのなかでも、「ヒト型セラミド」という種類は、保湿力が高く、刺激も少ないので、乾燥肌にピッタリです。

ぜひ化粧品を選ぶ際の、参考にしてみてください。

適度な油分を肌に与える

保湿には、水分だけでなく、適度な油分を与えることも大切です。

とくに乾燥肌は、皮脂が少ないため、乳液やクリームなどで、油分を補いましょう。

肌に油分を補給するだけでなく、肌を柔らかくし、肌表面をなめらかに整えるのが、乳液やクリームの役割です。

ここで気をつけておきたいことは、肌に塗りすぎないことです。

必要だと思って、ゴッソリ塗っていると、毛穴に油分が詰まり、ニキビなどの肌トラブルを、引き起こす危険性があります。

肌のコンディションを見ながら、適量を使うようにしましょう。

生活習慣の見直し

外側からのケアと同ときに、体のなかからのケアも始めましょう。

乱れた生活習慣を変えていくことで、体のリズムや体調も整っていきます。

すると、ターンオーバーが正常化し、バリア機能を高めることで、乾燥肌の改善につながるでしょう。

上質な睡眠・軽い運動

上質な睡眠は、成長ホルモンをうながします。

成長ホルモンは、脳が眠りについて、約3時間前後の深い眠りについたタイミングで分泌されるといわれています。

そのため、ぐっすりと眠ることが必要です。

就寝前は、スマホやパソコンなどは使わず、食事や入浴は1時間前に済ませるなど、心身共にリラックスした状態を作っておきましょう。

軽い運動や、ストレッチなどをすることで、血行をよくし、細胞へ栄養を届けやすくします。

階段の昇り降りや、ウォーキングなど、できることから始めていくのでOKです。

バランスのよい食事

バランスよい食事をとって、体の中からも、乾燥肌を改善しましょう。

どんな食品や栄養素が、乾燥肌に効果的か、簡単にまとめてみました。

ビタミンA

皮膚や粘膜水分を保持する働きがあります。

新陳代謝を正常化し、肌のターンオーバーを助けるので、意識して摂るとよいでしょう。

緑黄色野菜・うなぎ・レバー・乳製品・卵黄などに多く含まれていますが、サプリなどで摂るときは過剰摂取に注意したほうがよい栄養素です。

ビタミンB群

肌の新陳代謝を正常化させる働きがあります。

脂質の分解し、皮脂分泌のバランスを整えるので、乾燥肌にとって、非常に役立つ栄養素です。

魚類・肉類・卵・レバー・ほうれん草・大豆によく含まれています。

ビタミンC

コラーゲンの生成を助け、肌のハリやキメを整えます。

血管や皮膚、粘膜などを強くし、ウイルスの侵入を防ぐので、弱った肌の心強い味方です。

柑橘類・アセロラ・いちご・パプリカ・ブロッコリー・モロヘイヤなどから摂るとよいでしょう。

ビタミンE

抗酸化作用が高く、肌の老化を予防する作用があります。

血行を促進するほか、皮膚の新陳代謝をサポートしてくれるので、積極的に摂りたい栄養素です。

豆類・穀物類・魚介類・海藻類のほか、肉類・卵・乳製品などに多く含まれています。

タンパク質

皮膚の角質細胞を形成する栄養素です。

タンパク質が多く含まれる食品には、豆乳・肉類・卵・乳製品・大豆製品などがあります。

セラミド

細胞間脂質に含まれるセラミドは、細胞と細胞をつなぎ、水分を保持する役割を持ちます。

肌のバリア機能を高め、刺激から肌を守ってくれるので、食品からも、積極的に補給しましょう。

セラミドの多い食品には、こんにゃくが挙げられます。

ほかにも、小麦・胚芽米・黒ごま・ひじき・黒豆・ゴボウ・ヨーグルトなどに多く含まれています。

バランスが大切

普段とっている食品に、乾燥肌に効果的な栄養素が、含まれているのが分かります。

忙しくて、食事に時間がとれない場合でも、1品増やすなど、心がけてみましょう。

バランスを考えることで、栄養価はアップし、乾燥肌の改善につながっていきます。

もしも、どうしても食生活の見直しが難しいときは、サプリメントに頼るのもひとつの方法です。

体の乾燥対策も忘れずに

つい顔のケアばかり意識しがちですが、同じように、ボディケアも忘れないでおきましょう。

なにもしなければ、当然カラダも乾燥し、かゆみなどの原因にもなります。

できるだけ低刺激の石鹸や、ボディソープを選びましょう。
皮脂を落としすぎない、適度な洗浄力のものが、ベストです。

ナイロンタオルなど、摩擦力の強いものを避け、手や、天然素材の柔らかいタオルで優しく洗いましょう。

入浴後も、ボディローションや保湿クリームで、しっかり保湿してください。

保湿に役立つおすすめ製品

乾燥肌改善のために、効果的な化粧品を使いましょう。

低刺激、保湿成分、浸透力などに注目して選ぶのが、おすすめです。

エトヴォス モイスチャライジングセラム


【公式サイト】

5種類のヒト型セラミドを配合した、とても贅沢な保湿美容液です。

乳液の役割も兼ねており、これ1本で、肌に必要な成分が、しっかり補給できます。

他にも、ヒアルロン酸や天然保湿因子(NMF)など、保湿成分もふんだんに。

オーガニック由来のスクワランや、シアバターなどの植物由来成分も、潤い満ちた柔らかな肌に導いてくれます。

シリコン、パラペンや、石油系界面活性剤など、合成添加物を無添加にしているため、低刺激で、どの肌質にも使用できます。

通常価格
4,320円(税込)
トライアルセット(約2週間分)

通常2,400円→
初回WEB限定価格
2,052円(税込)

トライアルセットは、洗顔石鹸・化粧水・美容液・保湿クリームがついていてお得です。

花王 キュレル ローション(医薬部外品)

キュレル ローション 220ml

乾燥性敏感肌用のブランド、キュレルのローションは、全身に使用できる、乳液タイプです。

セラミドと同じ働きをする保湿成分や、ユーカリエキスが、肌を潤いで満たします。

アラントインという消炎成分も配合しているので、肌荒れにも最適です。

アルコール、香料、着色料不使用で、赤ちゃんも一緒に使えます。

大容量(410ml)はポンプタイプなので、お風呂上がりのケアもすぐにできて、とても便利です。

オープン価格
1,500円~1,800円前後

すぐになんとかしたいときの乾燥肌対策


乾燥肌の改善には、毎日のケアが重要です。

しかし炎症を起こしたり、化粧水がしみるような、症状がひどい場合は、通常のケアでは限界があります。

我慢できないつらさを、すぐになんとかしたいときの対処法も、備えておきましょう。

ワセリンで応急処置

化粧水がしみて使えないときは、ワセリンで対処しましょう。

ワセリンには、皮膚をコーティングし、水分の蒸発を防ぐ作用があります。

副作用が少なく、低刺激なため、化粧水などを受けつけない肌にも、使いやすいのです。

症状がひどいときは、基礎化粧品は使わず、ワセリン単体で対処しましょう。

ただし、ワセリンは角質層には浸透するのではなく、肌表面を保護するだけです。

応急処置ではなく、ワセリンをスキンケアに取り入れるなら、ほかの保湿アイテムとの併用をおすすめします。

皮膚科を受診

ワセリンは患部を保護する応急処置です。
応急処置が済んだら、皮膚科などの医療機関で診てもらいましょう。

とくに、かゆみや痛み、炎症がひどい場合は、我慢は禁物です。

皮膚科では、診察結果のもとに、抗炎症剤や保湿剤などを処方します。
市販薬よりも、有効成分が強いので、即効性があるので、炎症はすぐに収まるかもしれません。

医師に炎症の原因を特定してもらったら、医師の判断にをあおいで、普段のスキンケアを改善しましょう。

普段のスキンケアが肌質を変えていく


乾燥肌はバリア機能が低下した状態です。

バリア機能を回復していくために、刺激を与えないスキンケアや、生活習慣の見直していきましょう。

また季節や肌質に関係なく、保湿は意識して継続することが大切です。

地道なケアを続けていくことで、肌質は改善します。

ひとつでも、今からできそうなことをはじめて、しっかりと潤った肌に変えていきましょう。

■参考文献
【医師監修】肌トラブルや老化現象を引き起こす「乾燥」(スキンケア大学)
【医師監修】乾燥肌の予防でやってはいけない生活習慣(スキンケア大学)
【医師監修】乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識(スキンケア大学)
【医師監修】乾燥肌の原因について解説します(スキンケア大学)

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

乾燥肌対策は1年中!しっかり改善して治す方法まとめ

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…