乾燥肌はバリア機能の低下が原因?役割や低下する原因は?

人の肌には、本来バリア機能というものが備わっています。

バリア機能があることで、肌は健康に保たれていますが、さまざまな原因でバリア機能の能力が低下するのです。

バリア機能とはなにか、能力が低下する原因や、低下するとどうなるのか、ということをまとめました。

とくに乾燥肌、敏感肌で悩んでいる方は、参考にしてみてください。

肌のバリア機能って何のこと?


肌のバリア機能には、ふたつの働きがあります。

  • 肌を外部の刺激から守る
  • 肌の水分が蒸発して外に逃げてしまわないように閉じ込めておく

正常にバリア機能が働いている肌は、皮脂を正常に分泌し、肌の水分を逃さず、潤いのある肌を保てる状態です。

肌の潤いそのものが、外部刺激を跳ね返すバリアとして、肌の奥深くを守ります。

これがバリア機能です。

なんらかの理由で、肌の水分を保持するバランスが崩れると、バリア機能は低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下すると、肌は乾燥し、外部刺激によって傷つきやすい肌になってしまい、さまざまな肌トラブルを引き起こすのです。

肌を守る角質層

バリア機能について知るには、肌の構造をみていきましょう。

まず皮膚の表面にある「表皮」の中で、もっとも外側にあるのが、「角質層」と呼ばれるものです。

角質層にある角質細胞が整っている状態は、バリア機能が働いている状態
肌を外部の刺激から守り、肌内部の水分量も維持します。

化粧品を選ぶときに、角質層まで浸透するかどうかも基準のひとつになるので、覚えておいて損はないでしょう。

バリア機能を保つ3つの保湿要素

バリア機能を保ち、肌を健康に保つ上で、欠かせない3つの要素があります。

それが、皮脂膜・天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質です。

健康な肌はこれらが整っている状態ですが、乾燥した肌は、皮脂膜や天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質が不足しています。

つまり、バリア機能の低下を防ぐには、これら3つの要素を補う必要があるといえるでしょう。

バリア機能はなぜ低下するの?


肌のバリア機能は、なにもせずに放っておくと、能力が低下することがあります。

なぜ肌のバリア機能が、低下してしまうのでしょうか。

原因を知り、正しいスキンケアを施し、健康な肌を保てるようにしましょう。

間違ったスキンケア

肌を保湿する上で、スキンケアは欠かせないものですが、間違ったスキンケアは肌を傷つける原因になります。

とくに女性の場合は、メイクを落とすときに、クレンジングや洗顔で肌を強くこすりすぎてしまうケースが多いようです。

また男女問わず、洗顔力が高い洗顔剤を使うことで、本来は必要な皮脂も取り去ってしまうことも。

皮脂は、肌に必要なもので、天然の保湿クリームとして肌を保護しています。
外部の刺激から肌を守り、肌内部の水分が蒸発しないように保護している、大切な働きがあるのです。

皮脂を取りすぎると、肌内部の水分は蒸発するため乾燥し、外部刺激に弱くなるため傷つきやすくなってしまいます。

また、洗いすぎだけではなく、肌に合わないスキンケア用品を使うことで、皮ふに負担をかけることも多いようです。

自分の肌質を知って、どんな化粧品が自分に合うのかを知るということが重要といえるでしょう。

紫外線による肌の老化

紫外線も、肌のバリア機能を低下させる原因です。
紫外線は夏に限らず、冬場であっても降り注いでいるので、油断しないようにしましょう。

日ごろわたしたちが浴びる紫外線には、ふたつの波形があり、どちらも肌を傷つけます。

UV-Aは真皮層に届き、細胞やコラーゲンなどを傷つけ、UV-Bはメラニン色素を発生させ、肌に炎症を引き起こすのです。

いずれにしても、肌の状態は正常でいられなくなり、炎症・乾燥・シミ・シワなどの原因になります。

また、紫外線を浴びると、活性酸素が発生することも注目しておきたい部分です。

活性酸素は、体内に入ったウィルスなどを攻撃する働きがありますが、増えすぎると正常な細胞も攻撃してしまいます。

金属が酸素に触れ、酸化してサビてしまうように、人の肌も活性酸素によって酸化し、老化するのです。

このようなことが複合的に作用し、肌から保湿成分が失われ、乾燥し、バリア機能が低下します。

季節によって変わる空気の状態

冬が乾燥しやすいのは、日本の常識ですね。

1年を通して、肌は負担がかかりやすくなっています。

春:花粉による刺激
夏:屋内の冷房による乾燥
秋:夏のダメージと屋外の乾燥
冬:屋内外の空気が乾燥

空気が乾燥すると、肌から水分が空気中に奪われ、蒸発するため、バリア機能が低下するのです。

また、花粉などが肌につくことで、肌には大きなストレスになります。

年齢

年齢を重ねていくと加齢によって、新しく細胞を作り出す機能が弱まっていくため、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に必要な保湿成分がどうしても不足しがちになるのです。

老化の原因のひとつは、活性酸素の量ともいわれています。

活性酸素が増えることで、正常な細胞が育ちにくくなり、新陳代謝も低下していくのです。

肌の新陳代謝は、細胞が生まれ変わるターンオーバーとして、よく知られています。

通常であれば、細胞は徐々に表面にあがっていき、内側からどんどん新しい細胞が産まれます。

しかし、正常な細胞が作れなくなると、ターンオーバーが遅くなったり、細胞が表面にあがりきらずに残ってしまうこともあるのです。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や食生活の乱れは、肌の乾燥にもつながるのです。

たとえば睡眠中は、成長ホルモンを分泌し、新しい細胞を作り、ターンオーバーを促します。

睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌が乱れ、新しい細胞が正常に作られず、ターンオーバーが正常に行われません。

また、バランスのよい食生活は、各細胞に栄養を送り、老廃物を排出できる体つくりをします。

しかし、偏った食生活は、保湿成分を作り出せなくなったり、皮脂の過剰分泌を引き起こすケースもあるのです。

バリア機能が低下するとどうなるの?


それでは、バリア機能が低下することで、肌にはどんな影響を及ぼすのかをみていきましょう。

乾燥肌や敏感肌になる

肌のバリア機能が低下すると、肌内部の水分を保持できずに、蒸発してしまいます。

すると、肌は乾燥状態になるため、乾燥肌になっていき、少しの刺激でもヒリヒリしてしまう敏感肌になっていくのです。

乾燥がかゆみを引き起こすからと、肌をかいてしまうと、肌を傷つけてしまい、さらなる炎症の原因になります。

また、角質をはがしてしまい、さらに乾燥しやすくなる悪循環に陥ってしまうのです。

混合肌や乾燥性の脂性肌(インナードライ)

肌は乾燥状態になると、皮脂を分泌して肌を守ろうとします。

そのため、皮脂がよく出てテカテカする場所と、乾燥する部分が混在する、混合肌になることも。

皮脂分泌がさらに過剰になると、乾燥が原因の脂性肌になる可能性もあります。

乾燥しているため、毛穴の柔軟性が失われて固くなり、皮脂が詰まることでニキビのような肌トラブルも起こるのです。

シワ

肌のバリア機能が低下することで、外部刺激を受けやすく、コラーゲンなどが減少することでシワの原因にもなります。

シミ・そばかす

肌のバリア機能が正常に働いていれば、多少の紫外線は跳ね返し、紫外線の刺激から肌を守ります。

しかし、バリア機能でカバーできない量の紫外線を浴びたり、バリア機能が低下すると肌の奥まで紫外線が入り込むため、メラニン色素を作ってそれ以上侵入しないように、皮ふを守るのです。

このときに作られたメラニン色素は、通常はターンオーバーによって表皮に出ていきますが、皮ふの内側に残ってしまうこともあります。

これがシミやソバカスの原因になるのです。

ターンオーバーが正常に行われない

バリア機能の低下と、ターンオーバーは密接な関係があります。

バリア機能が低下する原因は、ターンオーバーの乱れを引き起こす原因にもなるため、バリア機能が低下した状態は、同時にターンオーバーも乱れている可能性が高いのです。

加齢・生活習慣・ストレスなどの内的要因と、間違ったスキンケア・紫外線・空気の乾燥などの外的要因は、どちらもターンオーバーを乱れさせます。

ターンオーバーが正常に行われないと、新しい細胞が表に出てこれなくなったり、シミやそばかすの元になるメラニンが肌内部に残る可能性があるといえるでしょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、原因不明といわれてはいますが、皮ふの表皮育成因子が不足することで、肌のバリア機能が低下していると考えられています。

つまり、バリア機能が低下して外部刺激に弱い状態なので、さまざまなアレルゲンに反応しやすくなるという考え方です。

もちろん、すべてのアトピーがこの状態といわけではなく、赤ちゃんなどは食物アレルギーからアトピーが出ることもあるので、一概には言い切れません。

とはいえ、バリア機能を保つことが、症状の緩和につながる可能性があるようです。

アトピー性皮膚炎の場合、皮膚科による治療が必要な場合もありますが、毎日のスキンケアによる保湿も重要といえるでしょう。

バリア機能の低下を防ぐ対策方法


バリア機能の低下は防げます。

健康的な美肌を保つために、正しい対策方法をみていきましょう。

正しいスキンケアで保湿を

バリア機能の低下を防ぐなら、もっとも重要といえるのが、スキンケアです。

摩擦をしない洗顔方法

バリア機能を低下させる、大きな要因のひとつは、洗顔方法です。

そこで、正しく洗顔を行いましょう。

  1. 手を洗う
  2. 洗顔料を、洗顔ネットを使ってホイップクリームのように泡立てる
  3. 優しく肌を泡で包み、泡をくるくる回して肌を洗う(このときに肌をこすらない)
  4. 32度程度のぬるま湯で、優しく泡を洗い流す
  5. タオルを肌に当てて、肌の水分をタオルに吸わせるように水分をとる(ゴシゴシとこすらない)

メイク落としのクレンジングも、肌にとっては大きな刺激になるので、なるべくこすらないようにしてください。

朝の洗顔は、洗顔料なしでもOKです。

寝ている間のほこりや皮脂しかついていないため、ぬるま湯でそっと洗いましょう。

シャワーを顔に当てて流すのは、刺激になるのでNGです。

“]

化粧水は洗顔後すぐ!

洗顔をしたら、時間をおかずに化粧水をつけましょう。

洗顔後にそのまま放置をすると、肌についている水分が蒸発するときに、肌内部の水分まで一緒に蒸発してしまうのです。

これは、濡れた新聞紙が渇くと、濡れる前よりパリパリになる現象に似ています。

そこで、洗顔をしたら、5分以内に化粧水をつけることをオススメします。

    正しい化粧水の使用手順

  1. メーカーが推奨する適量を手にとる
  2. 両手で少し温めてから、肌にそっとなじませる
  3. 軽い力で肌を包み込むように、ハンドプレスをする

コットンや手で叩き込むパッティングは、肌に刺激を与えるためオススメできません。
肌には優しくそっと触れることが大切です。

化粧水は角質層まで、しっかり水分を浸透させる働きがあるものが多く、肌をしっとり潤わせます。

それに安心して、「化粧水をつけ終わったから」と、放置するのもNGです。

化粧水は蒸発しやすいため、肌になじんだら次のスキンケアを行いましょう。

バリア機能が低下しているなら美容液も◎

美容液は、美容成分をたっぷり配合してあるスキンケア製品です。

保湿・美白・エイジングなど、目的に合わせて選ぶ必要がありますが、バリア機能が低下しているのであれば、保湿に特化した美溶液を使うとよいでしょう。

顔全体用か、目元などのポイント使い用かは、製品によって異なります。

化粧水で潤わせた肌は、美容成分が角質層に浸透しやすくなっているので、メーカーの推奨する量を、優しく肌になじませましょう。

保湿クリームや乳液はマスト

化粧水や美容液を使ったあとは、油分で肌を保護する必要があります。

そこで、保湿クリームや乳液を使いましょう。

保湿クリームと乳液では、テクスチャーや油分・美容成分の量などが異なります。

バリア機能が低下していると感じている方には、保湿クリームがオススメ

セラミド配合の保湿クリームであれば、角質層までしっかりとやわらかくし、肌を保護するバリア機能の回復を目指せるでしょう。

    正しい保湿クリームや乳液の使用手順

  • メーカーが推奨する適量を手にとる
  • 両手で少し温めてから、肌にそっとなじませる
  • 軽い力で肌を包み込むように、ハンドプレスをする

温めることで、伸びがよくなるので、両手でそっと温めるといいですね。

オールインワンゲルなら1本でOK

「スキンケアをあれこれできない」という方は、オールインワンゲルをオススメします。

化粧水・美容液・保湿クリームが1本になっており、洗顔後はオールインワンゲルだけでOK。

顔に触れる回数も減るので、肌への負担も軽くなります。

また、忙しい朝の時短にもつながるので、オススメです。

オールインワンゲルも、肌をこすらずに優しくハンドプレスを行いましょう。

化粧品を選ぶポイント

バリア機能を低下させないために、化粧品を選ぶいくつかのポイントがあります。

ちょっとしたコツなので、知っておくと今後、スキンケア用品を選ぶときに役立つかもしれません。

肌に優しい処方

肌に負担をかける成分が多いと、バリア機能を低下させる原因になるだけでなく、すでバリア機能が低下した肌には刺激になり、ヒリヒリすることもあるようです。

メーカーのホームページなどを見て、無添加処方だったり、なるべく不必要なものは入っていない化粧品を選びましょう。

保湿成分が入っている

保湿成分は多くの種類があり、どれを選ぶべきかわかりにくいかもしれません。

バリア機能に着目すると、セラミドという保湿成分をオススメします。

セラミドは、角質層にある細胞間脂質のひとつで、細胞同士をつなぐ接着剤のような役割をしている成分です。

肌の表面にある角質層は、細胞がレンガのように並んでいるのですが、その細胞と細胞の間をうめて細胞同士をつなげるのが、細胞間脂質といいます。

その細胞間脂質の約半分を担っているのが、セラミドなのです。

もともと人の肌にある成分なので、肌に優しく、なじみやすいという特徴があります。
化粧品に含まれるセラミドには、さまざまな種類がありますが、ヒト型セラミドがオススメです。

ヒト型セラミドは、人間の肌にあるセラミドと、構造が似ているため、もっとも保湿効果を期待できる成分といってよいでしょう。

紫外線対策

バリア機能を保つためには、紫外線対策も重要です。

紫外線は太陽がある限り、1年を通して降り注ぎ、室内にいても窓から入っていきます。

そのため、日焼け止めなどの紫外線対策は、夏だけではなく冬場も必要なのです。

日焼け止め効果のあるベースメイクや、UVカットアイテムを使ったりして、工夫するとよいでしょう。

あまり肌に塗りたくない方は、飲む日焼け止めがオススメです。

この数年で注目されている日焼け止めサプリは、バリア機能が低下して敏感になっている方でも使えます。

マスクや日中の保湿

季節要因や空気の状態は、マスクや加湿器などでカバーしていくとよいでしょう。

マスクや花粉症用メガネ、サングラスなどは、花粉などの外的刺激から肌を守ります。

屋内にいるときは、加湿器や保湿機などで、空気中の乾燥を防ぐ対策をすることで、肌の乾燥を防ぐのです。

日中のメイク直しなどは、乳液や保湿クリームを使うと、潤いを与えつつ、もちのよいメイクになるためオススメ。

生活習慣の改善

睡眠をしっかりとったり、バランスのよい食生活は、健康維持のためにも大切な習慣です。

質のよい睡眠をとれるように、寝る前は部屋を薄暗くしたり、スマホ画面を見ないようにするとよいでしょう。

寝る1時間くらい前に、温かいお風呂に入ったり、ホットドリンクを飲むのも有効なようです。

また、食生活も重要です。

「ビタミンが豊富だから」と同じものばかり食べては、バランスが偏ります。

3食バランスよく栄養を摂取することを、心がけましょう。

とはいえ、外食などが多いと、栄養バランスをよくするのは、なかなか難しいのが実情です。

そんなときは、サプリメントに頼ってもよいでしょう。

理想をいえば、食事からバランスよく栄養を摂れればよいのですが、そのことがストレスになってもいけません。

サプリメントは栄養補助として使うと、徐々に栄養状態はよくなります。

ただし、求める効果はすぐにはでないので3か月以上は継続することが必要です。

バリア機能を保つために、日頃から肌をいたわろう


肌のバリア機能は、肌を健康に、そして若々しく保つ上で欠かせません。

バリア機能が低下すると、乾燥しやすく、外部刺激にも敏感になり、肌荒れにつながっていきます。

しかし、年齢や日々の紫外線なども影響するため、なにもせずにバリア機能が低下するのを防ぐのは難しいでしょう。

バリア機能を維持するために、もっとも重要なのは保湿です。

そのため、日頃のスキンケアで肌に潤いを与え、バリア機能の低下を防ぐ必要かあります。

ほかにも、季節、睡眠不足や偏った食事なども、肌にストレスを与えるので、規則正しい生活も心がけるとよいでしょう。

肌のバリア機能を保つことは、肌をダメージから守り、年齢に負けないエイジングケアにもつながります。

体の内側と外側両方からのケアを意識し、若々しい肌を維持できるように日頃から肌をいたわりましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

乾燥肌はバリア機能の低下が原因?役割や低下する原因は?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…