乾燥肌の原因は水分不足?肌の水分量をアップさせる効果的な飲み方

乾燥肌の原因は、肌の表面や、外側からの影響に注目しがちです。

洗顔料を変えたり、高級な美容液を使ったりといった、スキンケアに力を入れる方が多いよいですが、水分補給で肌の水分量をアップさせることができるという説があります。

今回は、体内からアプローチできる乾燥肌対策について解説しますので、参考にしてください。

乾燥肌と水分不足の関係は?


人間の体は、約60%が水分でできているといわれています。

年齢別でみると、産まれたばかりの赤ちゃんは約75%、70歳頃になると約50%と、年齢とともに体の水分量は減っていく傾向があります。

水分を口から摂取すると、消化器官から吸収され、血液として体の隅々まで行き渡り、皮膚の内部の「潤い」にも関係しているようです。

体が水分不足の状態だと、肌の細胞にも水分が届きにくくなります。

皮膚内部の水分不足は、皮膚の柔らかさ・ハリ感や、シワ・たるみなどに影響がでてくる可能性があり、見た目も、わずかながら顔の印象が変わることもあるようです。

乾燥対策の水分の摂り方!3つのポイント!


水分を摂ることで乾燥対策ができるからと、やみくもに水分補給をしても、ポイントを押さえていないと効果が得られにくいようです。

ここからは、水分補給の際のポイントについて解説します。

1日1.5~2リットルが目安

全身に充分な水分を届けるには、1日でトータル1.5~2リットルを目安に、水分を摂るとよいでしょう。

しかし、季節や体格・運動量・発汗量・食事内容などの個人差が大きいので、自分の体質や生活スタイルを振り返って調整する必要があります。

たとえば、汗っかきの人や運動量の多い人、塩分の多いものを食べた日などは、この目安よりも多いの量が理想になります。

水分は食事にも含まれていますが、食事以外の水分補給で1.5~2リットルを意識して飲むようにしましょう。

人肌程度に温かい飲み物が◎

体は、冷えている状態より温かい状態のほうが、血行がよくなり新陳代謝もアップします。

さらに、体の免疫力が高まることで、肌の細胞も活性化されるため、水分を肌の細胞まで届けやすくなるようです。

また、冷たいものより温かいもののほうが、消化器官からの吸収もよいので、多く体内に取り込まれることになります。

できるだけ氷で冷やした飲み物は避け、常温か体温程度の温かいものを飲むようにしましょう。

大量に汗をかく前に水分補給を!

運動をするときや、お風呂に入る前、夏場に暑い中外出するなど、大量に汗をかくと予想されるときは、汗をかく前の水分補給が大切です。

汗をかいた後では、すでに細胞レベルでの水分不足がはじまっているからです。

入浴前就寝前なども意識して水分をとるのがオススメでしょう。

常に肌の潤いをキープしておくためには、水筒ペットボトル持ち歩くなどの配慮が必要でしょう。

こまめに飲むことで吸収アップ

水分は、一気に飲むと消化管を通る際に吸収が追い付かず、尿として排出されてしまいます。

少しずつ、「小さな一口を何度も飲む」という飲み方がおすすめです。

尿の回数が極端に増えるようであれば、飲み方の工夫が必要かもしれません。

また、起床時は胃の中が空っぽで、体も水分不足になりがちです。

朝起きたら、コップに1杯のお水や温かいお茶を飲む習慣をつけると効果的です。

水分補給に効率のよい飲み物は?


肌に水分を届けるために、効率のよい飲み物について紹介します。

基本のお水や、お茶以外の飲み物も、1日のなかでうまく取り入れてみるとよいでしょう。

生姜湯

生姜湯は、生姜の汁をお湯でといて、お好みではちみつや少しの砂糖を入れた飲み物です。

生姜は血行をよくし、体を温める効果があるため、体の隅々の細胞まで効率よく水分を届けてくれます。

生姜湯は乾燥対策として、世界中で飲まれているようです。

生ジュース・スムージー・スープ

ビタミンが豊富に含まれた飲み物は、美肌効果があります。

だからといって、甘味料や糖分が多いジュースを、大量に飲むのはNGです。

ジュースなら果汁100%で、甘味料不使用のものを選ぶとよいですね。
自分の好きな果物や野菜を入れて、スムージーをつくって飲むのもオススメです。

また、野菜をじっくり煮込んだスープを飲むのも、体が温まりビタミンなどの豊富な栄養を摂取できます。

水ばかりを飲むよりも、体に優しく栄養の吸収もよく、一石二鳥です。

水(ミネラルウォーター)

体の生命維持に欠かせないは、水分補給にとても大切です。

ペットボトルの水を購入して飲むのもよいですが、1日約2リットルの必要量を摂るためには、コストもかかるので、「白湯」をつくって飲むのもおすすめです。

白湯は、水を一度沸騰させて適温に冷ましたものです。

とくに、寝起きなどは、冷たいままの水よりも白湯のほうが体に優しく吸収がよいというメリットもあります。

青汁

青汁は、ミネラル・ビタミン類・葉酸・食物繊維などの栄養素が豊富で美肌効果だけでなく、健康にもよいというメリットがあります。

ビタミンCは、体内で水分を維持するのに欠かせない栄養素で、コラーゲンを生成するためにも大切とされています。

ビタミンAは、肌の代謝を活性させ、肌の水分量を補うはたらきがあるようです。

1日の水分補給の一部に取り入れるとよいかもしれません。

ハーブティー

ハーブティーは、体を温めて血行をよくする効果があります。

血流がよくなると、新陳代謝が活発になり、肌の老廃物の排出にも役立ちます。

血流改善は、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促し、肌の潤い保持にもつながります。

食後の一杯や、外出先でのアフタヌーンティに取り入れるとよいかもしれません。

気をつけたいこと3つ!


間違った水分補給の仕方をすると体にとってデメリットもあるようです。

水分を摂る際の注意点もおさえておきましょう。

NGその1:一度にたくさん飲む

一度にたくさん水分を摂ると、水分が尿として排出されて「肌を潤す」効果が得られにくいようです。

また、尿と一緒に体に必要なカリウム・ナトリウムなどの電解質が体外に出てしまったり、腎臓への負担からむくみやすくなったりというデメリットが起きることがあるようです。

NGその2:糖分の多い飲み物をとる

甘いジュースココアなど糖分の多い飲み物を大量に飲むと、水分補給の効率が悪いようです。

ジュースを飲みすぎると血液は高血糖状態になり、尿の量が多くなります。

尿量が増えると、体は水分不足になってしまい、肌の潤いとは遠くなってしまうのです。

NGその3:カフェインの摂りすぎ

カフェインには、体を冷やすはたらきがあるのです。

体が冷えると、代謝が悪くなり、肌も乾燥しやすい状態になってしまいます。

また、カフェインの利尿作用により、体の水分が尿として排出されるので、水分不足が起きやすくなります。

カフェインは、コーヒーだけでなく紅茶や緑茶に多く含まれているといわれています。

そのほかのおすすめ乾燥対策


飲み物のほかにも、乾燥防止にオススメの対策を紹介します。

水分保持に欠かせない「セラミド」を食べよう

「セラミド」は、肌の角質層の細胞間脂質で、水分や油分を包み込み、保水力の高い成分のひとつとして大切です。

紫外線などの外的刺激から、肌を守るバリア機能にも、大きく影響する成分といえるでしょう。

セラミドの多く含まれる食べ物は、米・小麦粉・コンニャク芋・大豆・乳製品です。

日常生活でよく口にする食品ですが、好き嫌いのある方は、自分の食生活を意識してみるとよいかもしれません。

納豆パワーで乾燥対策

納豆には、ビタミンEタンパク質などの栄養素が、豊富に含まれています。

なかでもイソフラボンは、肌の調子を整える女性ホルモンのような働きをしてくれるので、乾燥肌の対策・エイジングケアに期待できるでしょう。

また、イソフラボンは、コラーゲンの生成を助けるので、肌のハリや弾力を保持するのを助ける効果もあるようです。

乾燥肌は内側からのアプローチとスキンケア、両方が大切


「肌がヒリヒリする」「赤みがある」「粉っぽい」「シワやたるみ」といった症状がある方は、皮膚の乾燥が原因になっている場合が多いようです。

乾燥対策として、体の外から化粧水乳液クリームなどの化粧品を使うお手入れとともに、規則正しい生活習慣といった体の内側からのアプローチが大切です。

湿度や気温が低くなる冬場は、水分不足になりがちで、肌が乾燥しやすくなる方が多いようです。

しっかりと潤った肌のためには、体の内外から効率よく水分を補給できるようスキンケアしていきましょう。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

乾燥肌の原因は水分不足?肌の水分量をアップさせる効果的な飲み方

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…