乾燥肌に効果的な飲み物は?野菜ジュースはNG?

乾燥肌対策は、スキンケアによる保湿だけではありません。
肌が乾燥するということは、体の内側も大きく影響しています。

食生活のバランスが乱れると、新陳代謝が低下しがちになるのです。

すると、肌に備わっている保湿成分が不足し、水分が逃げやすい肌環境を生み出してしまういます。

乾燥肌を改善するためには、水分補給が必要不可欠といえるでしょう。

インナーケアに効果的な栄養素と、摂取方法、おすすめの飲み物や飲み方などについて調べました。

乾燥肌には水分が必要


人間の体は、水分が多くの割合を占めています。

赤ちゃんで90%、子どもで70%、大人で60~65%、老人で50~55%は、水分でできているようです。

赤ちゃんのモチモチと吸い付くような潤い肌と、老人に多いカサカサ肌は、細胞の水分量が違うと考えてよいでしょう。

細胞に水分を多く与えることは、肌の乾燥対策にもなります。

もちろん、スキンケアで潤すことも大切ですが「水分を摂取する」という基本的なことが哀切です。

乾燥肌になってしまう原因などを知りたい方はこちらもチェックしましょう!

水分選びのポイント

「水分」だったらなんでもよいのか、というと、そういうわけではありません。

乾燥肌を改善に導くには、いくつか抑えたいポイントがあります。

積極的に摂取したいビタミン4種

肌は、ターンオーバーによって、常に新しく生まれ変わっています。

その、ターンオーバーで必要となるのが、ビタミンです。

乾燥肌によいといわれるビタミンのなかで、とくに効果を感じやすい4種類をピックアップしました。

ビタミンA

ビタミンAには、コラーゲンや天然保湿因子(NMF)の生成をサポートしたり、皮膚や粘膜を保護することで肌に潤いをもたらす働きがあります。

ほかにも、活性酸素をおさえる働きをする「抗酸化作用」があります。

活性酸素は、ウイルスなどの外敵と戦い体を守る働きをする反面、正常な細胞も傷つけてしまうため、老化の原因といわれている物質です。

活性酸素を抑えることで、新陳代謝は活発になって、肌のターンオーバーを促進させます。

ビタミンB群

ビタミンB群は、別名「代謝ビタミン」ともいわれ、エネルギー源を作ったり、体の各部分が正常な状態に保つ働きをします。

なかでも、B2とB6は皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので、乾燥肌対策には効果的といえるでしょう。

ビタミンC

ビタミンCは、健康的な皮膚と粘膜を維持するために必要な、コラーゲンを生成するお手伝いをしてくれる栄養素です。

抗酸化作用もあり、肌のターンオーバーを促してくれます。

メラニンの生成を抑制、排出、還元する作用があるため、シミソバカスも改善へと導く成分です。

水に溶けやすく、熱に弱いため、摂取しにくいのが難点といえます。

体内で余ったビタミンCは、尿として排出されるため、一度にたくさん取ったとしても、体に貯めておくことはできません。

ビタミンE

血行を促す働きがあるビタミンEは、肌の新陳代謝をサポートします。

強力な抗酸化作用により、細胞の脂質が酸化するのを防ぎ、活性酸素から細胞を守るのです。

ビタミンEは、いったん活性酸素を無害化すると、活性酸素を消す力が無くなります。

無力化したビタミンEは、ビタミンCが元に戻すため、ビタミンEは単体で取るよりも、ビタミンCと一緒に取るとよいでしょう。

ビタミンCによって、復活したビタミンEは、また活躍できるようになります。

体を温める飲み物

体が冷えると血行が滞ってしまい、肌の代謝が悪くなり、ターンオーバーも正常に行われにくくなります。

冷え血行不良からも、肌が乾燥しやすくなるのです。

温かい飲み物を飲むことで、血流をよくし、新陳代謝を活発にすることで、肌の中で生成される保湿成分を増やせます。

抗酸化成分を含んだ飲み物

抗酸化成分は、老化の原因といわれている活性酸素をおさえます。

その活性酸素を抑えることで、新陳代謝は活発になり、肌のターンオーバーを促進させます。

抗酸化作用の強い成分といえば、ポリフェノールカテキンです。

カテキンは緑茶に多く含まれていますし、ポリフェノールはトマトジュースやココアに含まれています。

ポリフェノールで有名な赤ワインは、アルコールが含まれており、アルコールを分解する際にたくさんの水分とビタミンを消費してしまうため、乾燥肌にはあまりオススメできません。

手軽で即効性のある美容ドリンク

乾燥肌の悩みに直接アプローチするような美容成分を、手軽かつスピーディーに肌へ届けられるのが美容ドリンクです。

ただし、美容成分が高濃度であればあるほど、高価になるのがデメリットといえるでしょう。

とはいえ、日常的に美容ドリンクを飲むことで、効果を実感する方も多いようです。

ビタミンと水分を一緒に摂るには?


水分を補給しつつ、ビタミンを摂れる方法はいくつかあります。

流行りのスムージーは期待大◎

ビタミンの効率的な摂取方法として、おすすめしたいのが、スムージーです。

スムージーとは、果物や野菜の種、皮もまるごと放り込んで、パワーのあるミキサーでかくはんさせて作ったジュースのこと。

野菜や果物のビタミンは、細胞膜で覆われています。
このままでは栄養が吸収しにくいのですが、ミキサーで細胞膜を壊すことで、吸収率が高まるのです。

また、細胞膜が壊れると細胞膜の中に入っていた酵素が活発になり、2〜3倍に増えるとされています。

種や皮を取り除いてジューサーで絞ったものと、栄養や食物繊維が豊富な種や皮まで摂取することができるスムージーでは、格段に栄養価が違うといえるでしょう。

スムージーのデメリット

しかし、スムージーには、注意したいデメリットがあります。

種や皮など固いものも砕くほどパワーのあるミキサーは、高速で廻転しているため、熱が発生するのです。

熱を加えると、ビタミンや酵素は、壊れたり流れたりして減ってしまいます。

とはいえ、1人分のスムージーを作るのに、ミキサーを回す時間はかかっても5分程度。
ミキサーの発生させた熱でたしかに多少は減りますが、それでもビタミンや酵素はじゅうぶんに取れるとされています。

また、スムージーはいわば流動食であることから、かむことが少なくなり、消化酵素を含む唾液が出てこないというデメリットもあります。

消化酵素が不足すると、胃もたれしやすい状態を引き起こします。

スムージー生活を続けることは、胃腸をはじめとする内臓への負担を減らすことにはなりますが、内臓も筋肉でできているため、使わないと衰えます。

その結果、消化能力や腸の運動能力の低下につながってしまうのです。

スムージーで効率よくビタミンを摂取するコツ

スムージーでのビタミン摂取をより効果的にするためには、次のようなことを心がけましょう。

  • 固形物(鶏肉や豆類などのたんぱく質だと望ましい)と組み合わせる
  • 体を冷やすと血行が悪くなるため氷は控えめにする
  • ビタミンの吸収を高める素材を組み合わせる

スムージーは鮮度が命です!
作り置きは栄養価も下がってしまうので厳禁。

飲める分だけ、作りたてをおいしくいただきましょう。

粉末のスムージーで効率化

ミキサーの熱でビタミンを失うこともなく、手軽に作れるので人気なのが、粉末のスムージーです。

さまざまな種類がありますが、水や牛乳に溶かすだけのものが主流で、時間をかけずにサッと作れるので人気があります。

「朝は時間がなく、スムージーを作るのが面倒」という方は、粉末のスムージーを試してみてもよいでしょう。

 Lilyp(リリップ)
Lilyp(リリップ)
いつまでもキレイでいたい女性のためのコスメ・化粧品に特化した情報サイト。様々な商品の口コミや人気ランキング、美容コラ...

市販の野菜ジュースはNG?

「スムージーがいいなら、野菜ジュースもいいのでは?」と思いがちですが、市販の野菜ジュースでは、ビタミン摂取や乾燥肌の改善に対して、あまり効果が期待できません

大きな理由は、加熱処理がされていることです。
市販されている野菜ジュースは、ほとんどが加熱処理されているため、目的であるビタミンは摂取しにくいでしょう。

それ以上に、飲みやすくするための砂糖や果汁に含まれる糖分、保存料や着色料といった添加物を摂取することになってしまい、乾燥肌を改善するにはふさわしくないといえます。

コールドプレスの野菜ジュースはかなりオススメ

コールドプレスとは、低速回転のジューサーで石臼のように材料をすりつぶし、強い圧力をかけて搾り取るジュースのことです。

熱の発生が少なく、ビタミンや酵素の破壊を最小限におさます。

コールドプレス専用のジューサーも販売されていますし、「スロージュース」や「ロージュース」とうたった専門店もあるほどです。

スムージーは繊維質が残るので、食物繊維の摂取目的や満腹感が欲しい人に、ビタミンや酵素をすばやく取りたいという人にはコールドプレスジュースがオススメです。

ほかにも気になるオススメの飲み物

乾燥肌に効果的な栄養素、効果的な飲み方を述べてきましたが、その観点からオススメの飲み物を紹介していきます。

アスタリフトコラーゲンドリンク

初回限定価格 30mL×10本 1,949円(税込)
通常価格 30mL×10本 3,898円(税込)
定期購入 30mL×10本 3,508円(税込)

高純度かつ低分子のピュアコラーゲンを、10,000μgも配合しています。

低分子化コラーゲンとは、通常のコラーゲン(高分子のたんぱく質)をより細かく分解し、粒子を小さくしたもの。

吸収率が高くスピーディー、冷やしても固まらないという特徴があり、飲み物に配合することで、効率的にコラーゲンを摂取できるようになりました。

シジミに含まれるオルニチンは400mg配合、その他ビタミンCやセラミドなどバランスよく配合された、トータルコラーゲンケア商品です。

オルニチンは体内でコラーゲン生成に必要な必須アミノ酸に変化します。
また、肌のターンオーバーをサポートする成長ホルモンの分泌を促してくれます。

初回限定でお試し10日間チャレンジキャンペーン中!
なんと半額の1,949円(税込)で試せます。

乾燥肌対策として、かなり期待ができる飲みものではないでしょうか。

チョコラBBリッチセラミド

エーザイ チョコラBB リッチセラミド 50mLx3本 [機能性表示食品]

価格 50ml×10本 3,218円(税込)

肌のバリア機能を高めて潤いをキープするセラミド、肌の土台となるコラーゲン、米由来のグルコシルセラミドを1,800μg配合した美容ドリンクです。

1本8.2kcalとカロリーが控えめなのは、女性にとってうれしいですね。
ノンカフェインなので、夜寝る前に飲んでも問題ありません。

スムージーやコールドプレスジュースを作ることを考えたら、なによりも手軽といえるでしょう。

具だくさんスープ

子どもにも飲みやすくてオススメなのは、具沢山のスープです。

野菜はやわらかく煮込まれ、かさが減るため、生よりも多くの量を食べられます。

ミキサーでポタージュにしてしまえば、野菜が嫌いでも食べられるケースが多いのでオススメです。

おすすめはトマトやブロッコリー、ほうれん草、小松菜、じゃがいもなどです。
これらは熱にも強く、癖がないので食べやすい野菜といえるでしょう。

赤パプリカや人参などは、皮ごとミキサーでペースト状にして入れると、栄養価がアップするのに加えて、野菜本来の甘みをプラスしてくれるのでおすすめです。

温かいため、血行をよくするところも、オススメポイントです。

甘酒

飲む点滴ともいわれる甘酒は、コラーゲンを生成するのに必要な必須アミノ酸がすべて含まれています。

ビタミンB群や、抗酸化成分であるエルゴチオネインも含まれているので、乾燥を気にする方には飲んでほしい飲み物です。

自然な甘さがあるので、満腹感があります。

選ぶときは、なるべく添加物や砂糖が入っていないものを、選ぶとよいでしょう。

白湯

白湯(さゆ)とは、普通の水を沸騰させて、飲める温度まで冷ましたお湯のことで「湯冷まし」ともいわれます。

沸騰させることで、口当たりがやわらかくなっているのです。

体温より少し高いくらいが最適で、飲むことで内臓や体を温めます。

朝、寝起きに白湯を飲むことで、内臓が温まり胃腸が動くため、目が覚めやすくなると同時に、寝ている間に失われた水分を補給できるのでオススメです。

しょうが湯

白湯に、すりおろしたしょうがをひとつまみ入れるだけ、の簡単ドリンクが生姜湯です。

しょうがのジンゲロールや、ショウガオールといった辛み成分が、血行をよくし、肌の保湿成分の生成をサポートします。

ハーブティー

さまざまな種類があるハーブティーは、ハーブによって期待できる効果が様々です。

  • 血行促進:ローズマリー・レモングラス
  • 保湿:ジャーマンカモミール・エルダーフラワー
  • ビタミンC:ローズヒップ・ハイビスカス

乾燥肌の方には、上記のハーブティーをオススメします。

ホットミルク

牛乳にはミルクセラミドが含まれています。

ミルクセラミドとは、セラミドを構成する根本的な型となるスフィンゴミエリンと呼ばれる成分を含んだ、牛乳由来の新しいタイプのセラミドのことです。

体を温めるホットミルクは、イライラをおさえる作用のあるカルシウムが含まれていることもあり、精神的に落ち着くという効果もあるようです。

ポリフェノールが豊富なココア、風味豊かな抹茶やきな粉を入れてもよいでしょう。

飲み物を飲むときに注意したいこと


どれだけ体によい飲み物でも、飲み方を間違ってしまうと、思ったように水分補給ができないケースがあります。

乾燥肌の改善を目的として、飲み物を飲むときに、気をつけたいポイントは次の通りです。

コップ1杯くらいをこまめに飲む

1回で飲める量は、個人差があります。

とはいえ「自分はたくさん飲めるから」と、1度にがぶ飲みしてはいけません。

大量の水で胃液が薄まり、消化不良を起こす場合があります。

さらに、腸から体内へ吸収できる水分量には上限があり、がぶ飲みをしても、吸収される量が増えるわけではありません。

コップ1〜2杯を目安に、こまめに飲むようにしましょう。

お酒は飲んでも飲んだことにならない?

お酒は水分ですが、アルコールを体内で分解する際に、多くの水分とビタミンを使ってしまいます。

そのため、お酒を飲んだ翌日は、脱水状態になりやすいのです。

ただでさえ乾燥しやすい肌は、より一層カサカサしてしまうでしょう。

お酒を飲むときには、飲んだお酒の量と同じか、それ以上の水を一緒に飲むようにしましょう。

アルコールを分解するために必要な水分を補給することで、肌の水分量からマイナスとなるような影響は出にくくなります。

乾燥肌を根本的に改善したいならスキンケアもチェック!


乾燥肌を改善するにはインナーケアも大切ですが、スキンケア方法も見直す必要があります。

洗顔方法やスキンケア方法など、乾燥肌のケア方法を知りたい方はこちらも確認してみましょう。

また、乾燥肌のスキンケアは“保湿”が第一です。
保湿性の高いセラミドが配合されたものや、ヒアルロン酸が配合された化粧品に変えてみるのもオススメですよ。

乾燥肌対策で体も一緒に健康に

“]体の細胞の入れ替わりには、人それぞれ差はありますがある程度の時間がかかるといわれています。

乾燥肌を改善していくための栄養バランスや、水分補給は大事です。

これら体の内側からのケア、つまりインナーケアは、継続していかないとその効果は実感しにくいでしょう。

スキンケアのような即効性のある対策と合わせて、長期的な視点でのケアもバランスよく組み込んでいくことが大切です。

体の根本から健康になれば、肌環境も理想に近いものへと変わっていくでしょう。

いま一度、飲み物や食べ物を見直してみませんか?

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

乾燥肌に効果的な飲み物は?野菜ジュースはNG?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…