雪焼けと日焼けの違いとは?雪焼けの原因・対策・治す方法を紹介!

冬は夏と比べて陽射しが弱いから、紫外線対策はしなくてもいいや~という人もいるでしょう。
でも、もしあなたがスノーボードやスキーをするのであれば要注意!

冬の登山やゲレンデでのウィンタースポーツでは、日焼けよりも強く焼けてしまう「雪焼け」があるのです…!

対策をしないでゲレンデにいけば、いつのまにか真っ黒に焼けてる…なんてことも。

雪焼けしないための予防法、そして雪焼けしてしまった時の対処法をマスターして、めいっぱいスキーやスノボを楽しみましょう!

雪焼けとは?

雪焼けとは雪の上で紫外線の反射を浴び、肌が日焼けする症状のことです。

ゲレンデや冬山など雪が多い場所での日焼けを、一般的に「雪焼け」と呼んでいます。

雪焼けの原因

前提として、雪の上では雪によって紫外線が強力に反射します。
そのため、直射日光だけでなくさまざまな方向から紫外線を受けてしまうのです。

また冬場は空気が澄んでいるので、上空のオゾン層が少なくなっている状況です。

オゾン層は紫外線を吸収する性質があるため、オゾン層の少ない季節には、地上に到達する紫外線量が増えてしまうのです。
参考:オゾンと紫外線(国土交通省気象庁)

そのため、雪山に長時間いることで肌は強力な紫外線を浴び続け、日焼けと同じような症状を引き起こすことが、雪焼けの原因になります。

なかなか元に戻らない?雪焼けの仕組み

雪焼けの原因は日焼けと同じく、肌を紫外線から守ろうとする、メラニン色素の反応によるものです。

しかし、雪焼けは普通の日焼けよりも元に戻りにくいといわれています。

それはいったいどうしてなのでしょう?

日焼けとの違い

基本的には、日焼けと雪焼けの仕組みに違いはありません。

ではどうして元に戻りにくいかと言うと、降り注ぐ紫外線の量や反射率に違いがあるからです。

地上よりも強い紫外線

基本紫外線は上空から地上までの間に錯乱され、地上に届く際には弱くなっています。

しかし、標高が高い地域では低い地域よりも錯乱が少ないため、紫外線が強くなりがちです。

気象庁のデータでは、標高が1,000メートル高くなるにつれ、紫外線量は約10%増加するとされています。

また標高が高い地域では、オゾン層への吸収も少なく紫外線が強い状況です。

スキー場や冬山は標高が平地よりも高いので、浴びる紫外線の量も多いということを意識しておく必要があります
参考:標高と紫外線(国土交通省気象庁)

地上よりも高い紫外線の反射率

紫外線の地表での反射率は、地表面の状態によって大きく変わります。

たとえば、草地やアスファルトでの反射率は10%前後。

砂浜では25%程度となります。

しかし、雪の上での反射率はとても高く、新雪では80%と言われます

上空からの紫外線に加え、雪に反射、散乱する光が、より多くの紫外線を肌に送り込んでしまうのです。
参考:地表面の反射と紫外線(国土交通省気象庁)

夏場より強いUV-B波

紫外線の波長の中で、日焼けに大きく関わるものにUV-A(紫外線A波)UV-B(紫外線B波)があります。

UV-Aは皮膚の奥まで侵入し、しわなどの肌の老化に大きく関与する波長です。

これに対しUV-Bは皮膚への侵入が浅く、皮膚表面に炎症などの影響を与えます。

これが赤い日焼け(サンバーン)の原因となるのです。

標高の高い雪山やゲレンデでは、地上よりもUV-Bは増加します。

またオゾン層の少ない冬場は、UV-Bが地表に届く量も多いことも先ほど述べました。

UV-Bは別名「レジャー紫外線」とも呼ばれ、アウトドアスポーツやレジャーでの日焼けの主な原因とされています

その紫外線ダメージは強烈で、スキーやスノボなどを長時間楽しむことで、急激なサンバーンを引き起こす可能性が高いため、注意しなくてはなりません。

参考:紫外線と皮膚・眼について(横浜市衛生研究所)

冬は体の代謝が滞りがち

雪の反射光によって、あらゆる方向から強烈な紫外線を浴びるため、メラニン色素も大量に生成されやすいのが雪焼けです。

大量のメラニン色素を排出し、肌が受けたダメージを修復するのには時間がかかってしまいます。

それに加え、冬場は体や肌の基礎代謝が非常に落ちている時期でもあります

肌の生まれ変わりも滞っているため、代謝が活発な夏場などよりも、日焼けのダメージが抜けにくくなっているのです。

過剰に生成されたメラニンと代謝の滞りなどによって、メラニン色素が表皮に沈着すると、日焼けが戻らないだけでなくシミとなって残ってしまう危険性もあります。

参考:基礎代謝の季節変動について(日本生気象学会雑誌)

雪焼けの予防と対策法

ウィンタースポーツなどの紫外線を浴びやすい状況下では夏場と同じように、いえ、それ以上に日焼け対策が重要になります。

紫外線を予防するためのUVケアをしっかり行いましょう。

日焼け止めでしっかりUVケア

まずはしっかり日焼け止めを塗ることが、やはり一番の対策です。

雪や汗で濡れることもあるので、できればクリームやウォータープルーフなど、落ちにくいタイプのものがオススメです。

SPF/PAは高めのものが安心

日焼けも雪焼けも仕組みはほぼ同じなので、普通の日焼け止めを共有しても問題ありません。

ただし、雪焼けの方がより多くの紫外線を浴びるので、SPF/PA値は日常使いよりも少し高めのものの方が安心です。

塗り方にも注意を

日焼け止めが正しく効果を発揮するためには、適量を使うことが必要です。

日焼け止めに記載してある使用量を、必ず守るようにしましょう。

雪や汗で流れ落ちてしまうこともあるので、こまめな塗り直しも必要です。

雪山の紫外線は、反射によって下や横からも降り注ぎます。

顔だけでなく、体の忘れがちな部分(耳や首元など)にもしっかり塗ってください。

唇も意外と忘れがちな部分ですので、UVカット効果のあるリップクリームなどで日焼け予防しましょう。

オススメ日焼け止め・資生堂 アネッサ 薬用美白エッセンスフェイシャルUV AB


アネッサ 薬用美白エッセンスフェイシャルUV AB (SPF50+・PA++++) 40g 【医薬部外品】

容量 40g
参考価格 2,980円
SPF/PA値 50/++++

朝や水に触れるとパワーアップする独自の技術で、紫外線を長時間ブロックできる日焼け止め用美容液です。

メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸や、紫外線ダメージを補修するエッセンスで、日焼け後の肌もしっかり守ります。

ウォータープルーフタイプなのに、石鹸で落とせる優しさも安心です。

オススメ日焼け止め・ニベアサン ウォータージェル SPF50


ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50 PA+++ 80g

容量 80g
参考価格 748円
SPF/PA値 50/+++

ジェル状タイプでのびのよい、化粧水感覚の日焼け止めです。

白浮きしない自然な仕上がりで、強い日差しからも肌のうるおいを守ります。

化粧下地としても使えますし、石鹸で落とせる便利さも魅力です。

飲む日焼け止めサプリもおすすめ

スポーツ中は汗をかきやすいので、日焼け止めが落ちやすくなっています。

しかし、なかなか日焼け止めを塗りなおす暇がないかもしれません。

その場合には日焼け止めサプリもオススメです。

日焼け止めサプリは1日1~2回飲むだけで、日焼け止め対策ができるのでとても便利です。

肌に直接塗らないので、敏感肌の人でも使いやすいのもメリットでしょう。

また、紫外線防止効果のある成分に加え、各種のビタミンや美肌に効果的と言われる成分も配合されているので、女性にとってはうれしいアイテムです。

飲む日焼け止めサプリ・ホワイトヴェール



容量 60粒
価格(税込) 7,560円
初回限定価格(税込) 980円
定期購入価格(税込) 4,980円

国内での製造にこだわった100%植物由来の成分で、肌に体に優しいサプリメントです。

太陽から身を守る成分が紫外線から肌をガードしてくれるので、太陽の下でも安心して活動できます。

女性に不足しがちなビタミンやミネラル、鉄分なども補給でき、体の内側からキレイと健康をサポートしてくれます。

≫ホワイトヴェールの公式サイト≪

紫外線を浴びる部分をできるだけ少なく

外では紫外線を浴びる部分をできるだけ隠しましょう。

ニット帽や手袋、ネックカバーやマフラーなどを身に着けて紫外線をブロックします。

顔もなるべくならフェイスマスクで隠してあげるとよいですね。

肌と同様に目も注意しましょう。

長時間雪を見続けることで紫外線の影響を受け、表層角膜炎(「雪目・雪眼炎」と呼ばれる症状)を起こす危険性があります

目も必ずゴーグルやUVカットのサングラスで守ってください。

日焼け止め化粧品も併用して

日焼け止めだけでなく、ファンデーションやパウダーなども、日焼け止め用化粧品(紫外線防止用化粧品)を使うといっそう安心です。

日中ケア用の美容液や日焼け止め乳液、日焼け止めスプレーなどと合わせて、上手に活用してくださいね。



雪焼けしてしまったときのケア方法は?

万が一雪焼けしてしまっても、慌てず丁寧にケアしましょう。

放置しておくことが一番いけません。

基本は日焼けと同じようにケアします。

炎症があれば冷やす

雪焼けも日焼けと同じように、火傷の一種です。

そのため肌が赤くなったり、ヒリヒリとした症状があります。

肌が熱を持っているので、まずは冷やして熱をとりましょう。

冷水を含ませたタオルなどを当てて、しっかり冷やすことが大切です。

火照っているカ所は、こすらないよう気をつけてください。

炎症や痛みがひどい場合は決して放置せずに、すぐに皮膚科を受診してください。

しっかりと保湿を

紫外線を浴びた肌はとても乾燥しているので、しっかり水分を与える必要があります。

雪焼けがひどくなければ、化粧水や乳液、保湿クリームなどで丁寧に保湿ケアしましょう。

焼けたカ所をこすったりしないよう、優しくケアしてください。

保湿効果のある化粧水でパックすると、雪焼けの熱もとれるのでオススメです。

ビタミンCを補給

抗酸化力が高く、メラニン色素の生成を抑える作用のあるビタミンCは、肌の補修を助けてくれます。

細胞と細胞の間をつないで、肌に弾力を与えるコラーゲンの生成を促したり、皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素です。

また、すでに肌に蓄積されているメラニン色素を無色化する作用もあるので、雪焼けした肌にも効果的です。

ビタミンC以外のビタミンも、それぞれ皮膚にとって非常に大切な栄養素です。

体内ではほとんど作ることができないので、食品やサプリ、化粧品から積極的にとるようにしましょう。

参考:ビタミン(グリコ)

冬の日差しをみくびらない!お肌の雪焼け対策も万全に

短期間で急激な紫外線を浴びるため、雪焼けは通常の日焼け肌よりも戻りにくく、炎症や痛みがひどい可能性があります。

紫外線の弱い季節だからと、けっして侮らずに、しっかりと予防対策を行いましょう。

雪焼けになってしまった場合も、日焼けケアと同じように丁寧なスキンケアやビタミン摂取などで、なるべく早い対処が必要です。

日焼け対策法を覚えて、ウィンタースポーツや雪山を思いっきり楽しみましょう!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ飲む日焼け止めランキング

商品 特徴
効果もバッチリ、日本製で最安!お試しでも試しやすい980円サプリ
詳細はコチラ
日焼け止め成分、美容成分もたっぷり!高い効果を求める人に人気
詳細はコチラ
日本製ながらアメリカ&フランスでも人気のサプリ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

雪焼けと日焼けの違いとは?雪焼けの原因・対策・治す方法を紹介!

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…