花粉症皮膚炎による肌荒れ対策!スキンケアと治療方法は?

目のかゆみや鼻水などの症状に苦しめられる花粉症ですが、気がついたら肌も荒れているなんてことがありませんか?

実は、花粉は肌にも大きなダメージを与えてしまうのです。

そこで今回は、花粉症が肌荒れを起こす仕組みや、予防と対策などについてお話ししたいと思います。

花粉症の主な原因

花粉症とは、主にスギやヒノキなどの花粉によってくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が引き起こされるアレルギー反応のことをいいます。

それと同様に生活環境大気汚染(ホコリ)、衛生状態(ダニ)などの、日常生活でのさまざまな要因が関与しているとも考えられています。

花粉症の仕組み

人にはもともと、細菌や微生物などの異物が体に侵入するのを防ぎ、体を守ろうとする「免疫機能」が備わっています。

「抗体」と呼ばれる物質を作ることで、体内に侵入しようとする異物を排除するのも、この免疫機能の働きによるものです。

花粉症の場合も同様で、侵入する花粉を異物と判断した体がlgEという抗体を作りだし、体を守ろうとします。

吸い込んだ花粉がこのlgEと反応すると、皮膚に炎症を起こすヒスタミンという物質が放出されて、くしゃみや鼻水、目のかゆみといったアレルギー反応を引き起こすのです

これが花粉症の大まかな仕組みになります。

参考:アレルギーの病気とは(一般社団法人 日本アレルギー学会)

春だけじゃない、秋の花粉症にも注意

花粉症は春だけでなく、秋のシーズンにも注意が必要です。

秋の飛散する花粉にはブタクサやヨモギなどがあり、多くの人に花粉症の症状が出ています。

ブタクサなどの花粉は粒子が小さく、器官に入ってぜんそくの症状を引き起こす恐れもあります。

スギやヒノキ、ブタクサ以外にも、なんらかの花粉が一年中飛散しているので、季節に関係なく花粉対策やケアは必要です

また自分は大丈夫だと思っていても、いきなり発症することもあるので、決して油断はせずに予防対策もしっかり行いましょう。

参考:花粉症は春だけじゃない!秋の花粉症にご注意!(エスエス製薬-アレジオン)

花粉症はなぜ肌荒れを引き起こす?

アレルギー反応はくしゃみや鼻水だけでなく、肌荒れを起こす原因にもなるのはなぜでしょうか。

その原因を探っていきましょう。

免疫の過剰反応

lgE抗体は肥満細胞に付着することで、ヒスタミンという物質を分泌させます。

ヒスタミンは涙や粘膜を使って、できる限り花粉を外に追い出そうとします。

そのため鼻がムズムズしたり、くしゃみや鼻水、涙目などの症状が出てくるのです。

このヒスタミンはいわゆる「かゆみ成分」で、過剰に分泌されると肌に刺激を与え、かゆみやかぶれなどの皮膚炎を起こす元となるものです

ヒスタミンが過剰に分泌された肌は敏感になり、少しの刺激でも肌トラブルを悪化させかねません。

摩擦による肌への刺激

花粉が肌表面に付着すると、それに反応して肌がかゆみや赤みを引き起こすことがあります。

かゆみでつい掻いてしまう、目や鼻をしきりにこする、鼻のかみ過ぎなどは肌に摩擦による刺激を与え、肌を乾燥させてしまいます。

また花粉をブロックするのに欠かせないマスクですが、これも実は摩擦で肌を痛める原因にもなるのです。

摩擦による刺激は角質層を傷つけ、肌の保水力を低下させる原因になりかねません

肌の保水力が低下すると肌表面が亀裂を起こし、ざらざらしたドライスキン(乾燥肌)や、少しの刺激も敏感に感じる敏感肌といった肌状態に陥る恐れがあるのです。

参考:なぜ、かゆい?|かゆみと真剣勝負(順天堂大学 環境医学研究所)

バリア機能の低下

肌表面近くにある角質層は、肌内部の水分を保持し、肌を刺激や遺物から守る働きをしてくれます。

この働きを「肌のバリア機能」と呼び、バリア機能が正常に働いている肌は潤いに満ち、細胞と細胞が隙間なくみっちりと並んでいる状態です。

しかし、花粉によって肌が摩擦などのダメージを受けると、角質層の水分が失われ細胞間に隙間を生じ、角質はめくれて荒れてしまいます。

荒れた角質からは花粉や異物などが侵入しやすくなり、肌にさらなる刺激を与え、ますますバリア機能を低下させてしまいます。

バリア機能の低下は、さらなる肌荒れや炎症といった肌トラブルを呼び込む大きなリスクとなることを知っておきましょう

参考:皮膚のバリア機能を回復させるために必要なこと(環境再生保全機構)

ニキビにも影響を与える花粉症

花粉症もニキビを引き起こす原因の1つと考えられているのをご存じでしょうか?

花粉によってバリア機能が低下した肌は、刺激から身を守るために角質が固く厚くなっていきます。

そのため肌の柔軟性が失われ、毛穴は開きがちになります。

開いた毛穴には皮脂や汚れがたまりやすく、結果的にニキビの原因となるアクネ菌を増殖させてしまうことが考えられるからです。

ニキビの発生にはさまざまな原因が挙げられますが、肌が弱っているときにとてもできやすいものです。

花粉症やアレルギーともけっして無関係ではないので、肌が弱っている時期はニキビにも注意を向けるようにしましょう。

参考:秋にできるニキビの原因と対策(プロアクティブ【公式】)

花粉症の肌トラブル対策

花粉症は、今まで大丈夫だった人でもいきなり発症する可能性があります。

完全に予防することは難しいですが、症状やダメージを軽減し、長引かせないための対策方法をとることが肝心です。

刺激を与えない

花粉症の肌状態は炎症を起こしやすく、バリア機能も低下していて非常に敏感な状態です。

気になって触ったり、いつも以上に念入りにお手入れをしようとすると、かえってよけいな刺激を与えかねません。

極力触らず、肌への摩擦や刺激を避けるケア方法を行いましょう。

クレンジングや洗顔も刺激に

顔に花粉が付着しているかもしれないので、外から帰ったらまずメイクを落とすことが大切です。

しかしクレンジングや洗顔も肌への摩擦となるので、なるべく肌に触れる回数を減らさなくてはなりません。

丁寧にメイクや花粉を落とすことは大切ですが、それを気にしてゴシゴシと力を入れてこすったり、何度も洗顔するのはNGです。

また、乾燥を施す合成化学成分にも注意が必要です。

洗顔料やクレンジング剤は、なるべく成分がシンプルなものを選んで肌への負担を減らしましょう。


メイクもなるべくシンプルに

トラブル肌の時は、なるべく肌に刺激を与えないことが肝心ですので、メイクもシンプルな方がいいでしょう。

化粧のりが悪くなっているのを、濃いメイクで隠そうとするのは禁物です。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、落ちにくいものが多いので、クレンジングの際に肌に負担をかけてしまいます。

フェイスパウダーなど落としやすいものに変えてみましょう。

化粧品選びに注意するだけでも肌への負担をかなり減らせるので、肌荒れ予防につながります。

乾燥を避けるスキンケア

花粉症の時期の肌はバリア機能が低下して、非常に乾燥しがちです。

まずは保湿力の高い化粧水や乳液、クリームなどで、肌の保水力を高めるケア(乾燥肌ケア)をすることが最重要ポイントです。

細胞が水分を留めておけないため乾燥が進み、極端に刺激に弱い敏感肌になる恐れもあるので、敏感肌用の化粧品を使うのもよいでしょう。

ひとくちに敏感肌化粧品といっても、配合成分もさまざまで、人によっては肌に合わないものがあります。

必ず自分の肌でテストしてから使ってください。

また何度も肌に触れるのは、かえって肌に刺激を与えて乾燥を促してしまうので、基礎化粧品もなるべくシンプルなものに変えてみましょう。

オールインワンゲルなどはスキンケアが1度で済み、肌への負担を減らせるのでオススメです。

紫外線対策

紫外線も肌を乾燥させ、バリア機能を低下させる要因の1つです。

日焼け止めなどでしっかり紫外線対策を行いましょう。

エイジングケアのためにも、紫外線対策は季節に関わらず毎日行うことが大切です。

バリア機能アップの生活を

普段の生活を見直し、バリア機能の向上を心がけていくことが重要です。

適度な運動や睡眠は体の代謝をアップさせ、肌の生まれ変わりを促してくえます。

また食事にも気を使いましょう。

肌の補修に必要なビタミンC・E、代謝を促すビタミンB群、細菌から体を守るビタミンAなど、ビタミン類はとくに必要な栄養素です。

以下でビタミンが多く含まれる食品を簡単に挙げておきます。

ビタミンC イチゴ、柑橘類などの果物
野菜、芋など
ビタミンE アーモンド、ナッツ類、植物油、魚介類など
ビタミンB レバー、うなぎ、かつおやまぐろなどの魚類、乳製品、豆類など
ビタミンA レバー、うなぎ、バター、チーズ、卵、緑黄色野菜など

食事から摂るのが難しい場合は、サプリメントなどを上手に活用してください。

市販薬で症状を軽減

毎日のスキンケアや生活習慣の見直しは基本ですが、できるなら症状は早く抑えたいですよね。

肌荒れの症状がまだ軽く、痛みやかゆみを抑えたい場合は市販薬を使ってみましょう。

我慢できずにかきむしったりしてしまうと、細菌が侵入しよけいに悪化する恐れがあります。

スキンケアや生活改善などのセルフケアと並行して、市販薬をうまく取り入れてください。

花粉症皮膚炎に役立つオロナイン

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

かゆみや炎症を軽減させる応急処置として、オロナインが最近注目されているのをご存じですか?

オロナインには皮膚の保護やひっかき傷、ひび割れに効果のあるワセリンや、肌の水分を保護するグリセリンなどの成分が含まれています。

また、抗菌作用のある消毒剤も配合されているので、細菌による炎症も防ぐ効果もあります。

乾燥などの肌ダメージを抑え、皮膚のバリア機能の代わりをはたしてくれるオロナインは、花粉症の予防と悪化を防ぐアイテムとして使えるでしょう。

ただし、皮膚炎がひどくなった場合や、傷口が膿を持っている場合には対応しきれません。

また保湿用の化粧品ではなく医薬品ですので、症状が落ち着いたら使用を控えるようにしてください。

参考:オロナイン公式サイト(大塚製薬)

症状がひどい場合は皮膚科を受診

肌荒れの症状が出てしまうと、セルフケアで治すのはなかなか難しく、かえって悪化させてしまう恐れもあります。

肌に異常を感じた場合は、なるべく早めに皮膚科を受診してください。

花粉症皮膚炎はアレルギー体質なども含め、さまざまな要因が複雑に絡み合って起きることが多い症状です。

場合によってはアレルギー検査を受けるなど、皮膚科専門医に詳しく相談することがとても重要になります。

相談することで原因を見つけられることも多いので、セルフケアにこだわらず、受診は選択肢の1つに入れておきましょう。

かゆみどめのヒルドイド

皮膚科では症状に合わせ、内服薬や外服薬などさまざまな薬が処方されます。

中でもよく処方されるのがヒルドイドで、刺激性が弱く、高い保湿効果を持ちます。

肌のバリア機能を改善する作用を持ち、傷跡にも処方されるため、花粉症皮膚炎の強い味方です。

ただし保湿効果が高いとはいえ化粧品ではないので、美容目的で使うのは絶対にやめてください。
参考:血行促進・皮膚保湿剤(ヒルドイド)

肌に優しいケアと生活で肌荒れを未然に防ごう

花粉の時期に起きる皮膚トラブルは、花粉症皮膚炎も疑ってみましょう。

肌が荒れるのは、花粉によってバリア機能が低下しているサインかもしれません。

予防策として、丁寧なスキンケアや生活習慣の見直しで代謝を高め、バリア機能を正常化させるよう努めましょう。

医師や薬剤師などの専門家に相談して、悪化を防ぐことも大切です。

花粉トラブルをできる限り未然に防いで、花粉シーズンを快適に過ごしたいですね!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

花粉症皮膚炎による肌荒れ対策!スキンケアと治療方法は?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…