効果抜群!オールインワンジェルの正しい使い方

化粧水・乳液・美容液・クリームなど女性のスキンケアは行程が多く、さらにメイクまでするとなると億劫ですよね。

そんな毎日忙しい女性にオススメなのが、1個で化粧水・乳液・美容液などの役割をもつ人気のオールインワンゲルです。

しかし、「本当に簡単に時短美容できるの?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。
オールインワンゲルは、ただ塗るだけでは美容効果が十分に発揮されにくいのです。

そこで今回は、オールインワンゲル化粧品の正しい使い方をご紹介します。

ゲルの効果を最大限に発揮する使い方やメリット・デメリットなどもあわせて参考にしてみてくださいね。

オールインワンゲルの特徴

オールインワンゲルはその名の通り、スキンケアの基本の化粧水・乳液・美容液・クリームなどの行程が1つで済むスキンケアアイテムです。

毎日忙しい女性には、時短で美容ケアができる頼もしいアイテムですね。

オールインワンゲルのメリット

ここで、オールインワンゲルのメリットをご紹介します。

肌への負担が少ない

化粧水・乳液・美容液など肌に塗る行程が多ければ多いほど、肌に接する回数も多くなるため、摩擦が多くなり肌の負担となります。

オールインワンゲルだと1種類でスキンケアの行程が済むため、負担を最小限に抑える事が出来るのです。

忙しい時の時短ができる

洗顔の後にゲルを塗るだけで、化粧水や乳液、美容液などの行程が完了します。

オールインワンゲルには化粧水や美容液・クリームなどの機能があるため、忙しい時や疲れている時は時短になり、とくに重宝しますよね。

コスパがよい

化粧水や乳液・美容液・化粧下地などのアイテムを一つひとつ揃えると、ある程度のお金がかかりますよね。

たとえ、高価なものではなくても、ゲルを1つ購入する方がコスパはいいのです。

オールインワンゲルのデメリット

次にオールインワンゲルのデメリットをご紹介します。

単体の効果が薄い

化粧水は乾燥したお肌に水分を届けるもの、美容液は栄養を補うものなど、通常のスキンケアアイテムには、それぞれの役割があります。

また、肌につける順番でスキンケア効果が得られるようになっているため、単体で付けた時と比べると、効果は弱い傾向にあるのです。

日焼け止め効果はない

オールインワンゲルの美容成分は、保湿効果やハリ・弾力・シミのケアなどが中心となっています。
そのため、紫外線から肌を守る効果はあまり期待できません。
(一部日焼け止め効果のあるオールインワンゲルもあります)

外出時は、ゲルを塗った上から、日焼け止めを塗る必要があるのです。

肌状態に合わせたケアがしにくい

女性の肌の状態は、ホルモンバランスなどの影響で変動します。

そのため、今日は肌の調子が良くないから、クリームは止めようという時もありますよね。

オールインワンゲルは、そういった使い方が出来ないのが難点です。

オールインワンゲルの正しい塗り方

ここで、オールインワンゲルの正しい使用方法をまとめました。
この機会におさらいしてみましょう。

洗顔後に使用する

通常にスキンケア同様、洗顔後にオールインワンゲルを使用します。

塗る量は、商品によってさまざまですが、基本的なゲルの1回量はおよそ500円玉1個分です。

5点置きをする

適量を手に取ったら、両頰・額・鼻・顎にゲルを分けてのせていきます。

乾燥しがちな頬は多めに、ベタつきがちな鼻には少なめに塗るのがキレイに仕上げるコツです。

下から上へ入れ込むように塗る

毛穴は下に向かって開いているため、毛穴の中にゲルを入れ込むようなイメージで上から下に塗っていきます。

すると、ジェルが毛穴に入りやすくなるため効果的なのです。

軽くパッティングしてハンドプレスをする

顔に馴染ませたら、化粧水を入れ込むように優しくパッティングをし、両手で顔を包みこみ、優しくハンドプレスをします。

この時も力を入れすぎたり、擦らないように注意してくださいね。

気になる所には重ね塗りをする

ゲルを付けても、エアコンなどですぐ乾燥してしまう場合もあります。
そんな時は、気になる部分にゲルを重ねづけしてみるのもオススメです。

この時も皮脂の多い額から鼻などは少なめにし、頬や目の下・口周りなどとくに乾燥しやすい部分に集中して塗ってください。

効果を最大限に発揮するオールインワンゲルの使い方

ゲルの美肌効果をさらに上げる使い方をご紹介します。
裏技などもあるため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

入浴中のパックとして使う

オールインワンゲルは、スキンケアアイテムとしてだけではなく、パックとしての効果があります。

入浴中にパックをすると、湯気で毛穴が開きやすくなり表皮への浸透力も上がるのです。

ゲルを顔に塗ったまま、風呂に浸かり5分程置きましょう。

さらに、ゲルを塗った上からラップパックをすると、より配合成分が蒸発しにくくなります。

ぬるま湯で洗い流したら、すぐオールインワンゲルを塗り直してください。

入浴直後は肌そのものの保湿効果が上がっているため、肌表面のオールインワンゲル浸透効果も上がり効果的です。

マッサージをする

ゲルを塗ったついでに、顔のマッサージをするのもよいでしょう。

リンパの流れに沿ってマッサージすれば、老廃物が流れ、顔のむくみケアができます。

マッサージでリラックス効果も得られるのも嬉しいポイントですね。

朝と夜で違うタイプを使い分ける

朝と夜でゲルの使用量を変えてみるのもいいですね。

朝はとくに忙しく、ゲルを乾かす時間も難しいですし、メイク崩れの予防にもなります。

朝は薄く伸ばす程度にして夜はたっぷりめに塗り、じっくりと保湿ケアするのもいいですね。

自分に合ったオールインワンゲルを使う

敏感肌や乾燥肌など、肌質が人それぞれ違うように肌のお悩みなどもさまざまです。

口コミや使用感がいいからという理由だけではなく、自分の肌のお悩みに合ったオールインワンゲルを選ぶとより美容効果が高まります。

たとえば、乾燥肌にはセラミドなどの保湿成分配合、シミをケアしたい方にはビタミンC誘導体配合などがオススメです。

また、敏感肌には刺激の強いエタノールなどは避けた方がよいですね。

他の化粧品と併用する

人により肌質が異なるため、オールインワン基礎化粧品を塗るだけでは、保湿力が物足りなかったり、商品そのものの保湿力が弱い場合もあります。

なんとなく物足りない時は、ゲルを重ねづけする他に、手持ちのスキンケア化粧品と併用するのもいいですね。

その場合は、テクスチャーの異なるアイテムによって、つける順番を意識すると美容効果が上がりやすくなります。

テクスチャー別に塗る順番をまとめました。

  • 化粧水や美容液と併用する場合
    導入化粧水や導入美容液の後にゲルを塗りましょう。
  • 乳液やナイトクリームなどと併用する場合
    ゲルを塗った後に乳液や美容クリームを塗りましょう。

化粧水などの前にゲルを塗ってしまうと、ゲルが化粧水などを弾いてしまいます。
クリームなども同様に、ゲルより油分が多いため、先に塗るとゲルを弾いてしまうのですね。

このように、みずみずしいテクスチャーのアイテムはゲルの前に、油分の多いテクスチャーのものはゲルの後に使ってくださいね。

オールインワン商品を使う上で注意すること

オールインワンゲルを使う時に、注意するポイントがあります。
肌トラブルやメイク崩れなどを起こさないためにも、ぜひチェックしてくださいね。

ゲルを乾かしてからメイクする

オールインワン化粧品のお悩みでよくあるのが、メイク時にモロモロが出るという問題です。

これは、オールインワンゲルが乾かないうちにメイクをする事で、摩擦が起こりゲルがポロポロと出てしまうのですね。

また、メイクがヨレる原因にもなるため、必ず乾かしてからファンデーションを塗ってください。

肌に合わない場合は使用を中止する

万が一、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルがある時は、ゲルの使用を控えてください。

肌が炎症を起こしている時にゲルを使用すると、炎症が悪化する恐れがあります。

また、ゲルを塗ってかゆみや腫れ・ヒリヒリするなどの肌トラブルが出たら使用を中止し、様子を見てください。

それでも、肌の状態が悪化してしまったら、皮膚科へ行ってくださいね。

効果的な時短ケアで美肌を目指そう!

今回は、オールインワンゲル化粧品の正しい使い方をご紹介しました。

オールインワンゲルは正しく上手に使う事で、美容成分が肌に作用し美肌効果がアップするのです。

忙しい朝はゲルのみにしたり、乾燥しがちな時はプレ化粧水の後にゲルを付けたり、お風呂でラップパックしたりと自分なりのいろいろな使い方を楽しんでくださいね。

オールインワンゲルの正しい使用方法と上手な使い方をマスターして、肌美人を目指しましょう!
オススメのオールインワンゲルはこちらでご紹介しているので、気になる方は見てみてくださいね。

■参考文献

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

効果抜群!オールインワンジェルの正しい使い方

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…

つけたまま眠れるファンデーション6選!すっぴん風メイクに使える夜用ファンデは?

女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機…