肌荒れしない日焼け止めの選び方!原因やケア方法・治し方を解説

「夏になると必ず肌が荒れる」「ブツブツがでる」といった方は、もしかすると日焼け止めが原因で肌荒れを起こしているかもしれません。

日焼け止めは効果が高ければ何でもいいわけではなく、配合成分を知ることで肌荒れしにくい日焼け止めを選ぶことが大切です。

そこで今回は、肌荒れしないための日焼け止めの選び方を、原因とともに解説します。

また、肌荒れが起きた場合の治し方、肌荒れを防ぐケア方法やオススメの日焼け止めも紹介します。

日焼け止めによる肌荒れにお悩みの方、新しい日焼け止めを買おうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日焼け止めによる肌荒れは紫外線吸収剤による刺激かも

日焼け止めに含まれている紫外線から肌を守る成分には、肌荒れしにくいものと、しやすいものの2種類があります。

日焼け止めを選ぶときに、どちらの成分が含まれているかを確認することで、肌荒れしにくいものを見分けることができますよ。

では、それぞれの成分を詳しく見ていきましょう。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは、吸収した紫外線を熱に変えて放出するという化学反応を起こすことで、紫外線のエネルギーから肌を守る成分です。

塗ったときに白くなりにくく、伸ばしやすい使い心地が特徴です。

しかし、この化学反応により生じた熱を感じやすい人がまれに存在し、熱が刺激となって肌が乾燥し、肌荒れを起こす場合があります。

とくに敏感肌の人は熱を感じやすいため、紫外線吸収剤の入った日焼け止めには注意が必要です。

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤とは、肌に張った膜で鏡のように紫外線を反射させることで、紫外線のエネルギーから肌を守る成分です。

紫外線吸収剤に比べて肌に優しいのが特徴ですが、伸びづらく、塗ったときに白くなりやすいというデメリットがあります。

とはいえ、塗り方を工夫すればいいだけなので、紫外線吸収剤タイプの日焼け止めで肌荒れしたことがあるという人は、紫外線散乱剤タイプの日焼け止めに変えてみることをオススメします。

参考:花王「製品Q&A」

SPF値・PA値の高い日焼け止めは肌荒れの原因に

日焼け止めに記載されているSPFとPAの値は、紫外線から肌を守る効果を表しています。

◆SPF
紫外線B波(赤い日焼け)から肌を守る効果を表す。数値が高いほど効果がある。

◆PA
紫外線A波(黒い日焼け)から肌を守る効果を表す。+の数が多いほど効果がある。

   
どちらも値が高いほどUVカット効果が高くなりますが、そのぶん肌への負担も大きくなります。

とくに、SPF50は普段の生活では必要ありません。

日常生活で浴びる程度の紫外線なら、SPF20~30・PA++で十分にブロックすることができます。

SPF・PA値の高いものは、日差しが強い日に外にいる時間が長いときや、レジャーのときのみに使用するようにしましょう。

肌荒れしない日焼け止めの選び方

ここでは、肌荒れしない日焼け止めの選び方を紹介します。

日焼け止めを変えたいと思っている人や、肌荒れしにくい商品を見つけたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ノンケミカル商品を選ぶ

ノンケミカルとは、紫外線吸収剤の代わりに紫外線散乱剤を使用した商品のことです。

肌の弱い人はとくに肌荒れを起こす可能性があるため、より肌に優しい紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを選ぶようにしましょう。

それでも不安な場合は、使用する前に一度パッチテストを行うといいでしょう。

紫外線散乱剤には2つの種類が

紫外線散乱剤には、「酸化チタン」「酸化亜鉛」の2種類があります。

「酸化チタン」は白い粉状なので、塗ったときに白く浮き出ることがあるのが特徴です。

一方「酸化亜鉛」は金属のため、人によってはアレルギーを起こす場合があります。

金属アレルギーの方には、酸化チタンの紫外線散乱剤が使われている商品がオススメです。 
     

SPF値・PA値が適したものを選ぶ

SPF・PAの値は高ければいいというものではありません。

日常生活での紫外線は、SPF20~30・PA++の日焼け止めでしっかりカットすることができます。

SPF・PA値があまり高すぎるものは使わず、値の小さいものをこまめに塗りなおすようにしましょう。

毎日使うものと、外出・レジャー用の2つの日焼け止めを使い分けるのもオススメです。

日焼け止めの用途を確認する

日焼け止めには、顔用とボディ用、顔・ボディ兼用の3種類があります。

ボディ用は広範囲に塗るためよく伸びるようになっており、合成界面活性剤や紫外線吸収剤が使われている商品が多いという特徴から、顔への使用には向いていません。

ボディ用を顔に塗ってしまうと、肌荒れにつながる可能性もありますので、日焼け止めを選ぶときは、必ず用途を確認してから購入するようにしましょう。


日焼け止めによる肌荒れの治し方

ここでは、日焼け止めを使用して肌荒れしてしまった場合の治し方を紹介します。

皮膚科での治療と、自宅で治す方法の2つを紹介していますので、自分の肌荒れの状態に適した方法を検討してみてください。

皮膚科での治療が早くて確実

皮膚科での治療は、セルフケアに比べて早い改善効果が期待できます。

自宅で応急処置をしたにもかかわらず改善が見られなかった場合は、すぐに皮膚科を受診するのがオススメです。

肌荒れの治療薬として代表的なものには、以下の3つがあります。

消炎鎮痛剤 抗ヒスタミン薬 ステロイド
種類 内服薬 内服薬 内服薬・外用薬
効果 痛みや炎症を抑える かゆみを抑える 炎症やかゆみを沈静化する
副作用 代表的なのは胃腸障害 眠気が起こることも 赤みがでる
皮膚が薄くなる

参考:疼痛jp「薬物療法とは」全日本民医連「副作用モニター情報〈193〉 消炎鎮痛剤の副作用」MEDLEY「抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤)」大木皮膚科「ステロイド外用薬の作用と副作用」

皮膚科では外用薬だけでなく、内服薬の処方も行われています。

診察の上、医師が適した薬を処方してくれますので、決められた用法・用量を守りながら使用しましょう。

自宅で治したい場合の対処法

日焼け止めによる肌荒れの自宅での対処法を紹介します。

自宅で肌荒れを治すには、正しいケアを行うことが大切です。

これから紹介する方法を参考にした結果、もしも肌荒れが悪化してしまった場合には、すぐに皮膚科で診てもらうようにしましょう。

まずは荒れた肌を冷やす

日焼けした肌は、軽いやけどを負っている状態です。

そのため、まずは日焼け後すぐに肌を冷やし、火照りを抑える必要があります。

冷やす際は、冷水で濡らしたタオル、冷たいシャワー、タオルで巻いた保冷剤などを利用しましょう。

市販の薬を塗る

薬局には、非ステロイド抗炎症薬という炎症を抑える市販の塗り薬があります。

薬剤師に肌荒れの症状を説明し、相談して選んでもらうのがオススメです。

薬を塗るタイミングは保湿前・保湿後のどちらでも大丈夫です。

ただし保湿前に塗ってしまうと、保湿剤を塗るときに薬が広がってしまうので、肌荒れが全体でなく一部分のみの場合は、保湿後に塗るようにするといいでしょう。

過剰に使用してしまうと、副作用が起こる恐れがありますので、しばらく塗っても肌荒れが治らない場合には、皮膚科を受診するようにしてください。

参考:日経メディカル「非ステロイド性抗炎症薬 (内服薬・注射剤)解説」

日焼け止め以外でUV対策

肌荒れしている場合は、日焼け止めの使用は避け、できればメイクもしないようにしましょう。

どうしても「すっぴんは嫌だ」という人は、パウダーファンデーションやCCクリームのみに抑えてください。

肌への負担を減らし、肌荒れを悪化させないことが最優先です。

ただし、UV対策を何もしていない状態で紫外を浴びると、肌荒れがさらに悪化してしまう恐れがあります。

UVカットパーカーやアームカバー、帽子やサングラスなど、日焼け止め以外の紫外線カット効果のあるアイテムを使用するようにしてください。

日焼け止めによる肌荒れを防ぐケア方法は?

「今ある日焼け止めでもう肌荒れしたくない!」という方は、使い方を少し変えてみるだけでも肌荒れを抑えることができるかもしれません。

日焼け止め使用の際に注意しておくべき点とともに、肌荒れを防ぐケア方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

こまめに塗り直す

日焼け止めの塗りムラがあると、紫外線に当たった部分だけが炎症を起こし、肌荒れの原因となる場合があります。

日焼け止めの効果は、1度塗れば1日中つづくものではありません。
また、汗をかけば日焼け止めはすぐに落ちてしまいます。

とくに暑い日でなくても人は自然に汗をかいているので、「今日はあまり汗をかいていないから…」と塗り直しをおこたっていると、紫外線からしっかり肌を守ることはできません。

日中ずっと外にいる日は、2時間おきに日焼け止めを塗りなおすのが理想です。

室内にいる時間が長いなら、お昼に1度塗りなおすだけで十分でしょう。

日焼け止めを塗る際は、適量をまんべんなく塗り、ムラができないように心がけてください。

帰宅したらすぐに落として保湿する

日焼け止めは少なからず肌の負担となっているため、帰宅したらすぐに落とすようにしましょう。

落とさずにそのまま寝てしまうのは厳禁です。

ウォータープルーフの日焼け止めはとくに落ちづらいので、念入りにクレンジングを行ってください。

クレンジングは肌に刺激を与えないよう、ゴシゴシせず、しっかりと洗い流しましょう。

ミルクタイプやクリームタイプなら、クレンジング後に乾燥しにくいのでオススメです。

1日中日焼け止めをのせていた肌は、とても乾燥しやすくなっているため、洗い終わったら必ず化粧水などで十分に保湿しましょう。

顔以外の腕や足などに日焼け止めを塗った場合でも、ボディークリームでしっかりと保湿し、ボディケアを忘れないようにしてくださいね。
   


日焼け止めの期限に注意!

実は、日焼け止めには期限があるのです。

期限切れの日焼け止めは、成分が分離したり酸化したりして、雑菌が繁殖している恐れがあります。

そのような日焼け止めを使用していれば、当然、肌荒れを起こしてしまいますよね。

とくにオーガニックの日焼け止めは、防腐剤が入っていないため使用期限が短く、注意が必要です。

1年前程度のものなら使用可能ですが、開封後は早めに使い切ることを心がけてください。
   
「この日焼け止めいつのだろう…?」と思ったら、すぐに新しいものに買い替えるようにしましょう。
  

飲む日焼け止めを活用する

最近は、塗るタイプ・スプレータイプの日焼け止めに加えて、飲む日焼け止めが数多く販売されています。

飲むタイプなので肌荒れの心配がなく、めんどうな塗り直しもいらないため、乾燥肌や敏感肌の人でも使用しやすいというメリットがあります。

ただしあくまでもサプリなので、万全な効果が期待できるわけではありません。

とはいえ、塗るタイプの日焼け止めではカバーしきれない部分を補い、体の内側からUV対策することができるので、塗る日焼け止めと同時に使用することをオススメします。
   

手軽にUV対策!オススメ飲む日焼け止め3選

飲むだけで手軽にUVケアができる、オススメの飲む日焼け止めを3つ紹介します。

インナーパラソル


【公式サイト】

通常価格(税込) 7,560円
定期コース(税込) 【初回限定】1,069円
【2回目以降】6,048円(20%OFF)
内容量 60粒入り(約1か月分)

紫外線のダメージから肌を守る効果のあるニュートロックスサンが、1日分あたり250㎎配合されています。

他にも肌代謝を促進してくれるパインセラ、メラニンの生成を抑制するコプリーノ・ビタミンC、肌の老化を防ぐ作用のあるビタミンPが配合されており、UVケア効果が期待できます。

生産工程では厚労省のGMP基準認定を取得しており、放射能検査を行うなど、安全面についても安心できる商品です。

ホワイトヴェール

【公式サイト】

通常価格(税込) 7,560円
定期コース(税込) 【初回限定】980円
【2回目以降】4,980円(34%OFF)
内容量 60粒入り(約1か月分)

美容家の監修のもと、100%植物由来の天然成分で作られた日焼け止めサプリです。

こちらも紫外線ケアのできるニュートロックスサンが配合されており、1日4粒の服用で250㎎を摂取することができます。

90日間全額返金保証がついており、効果を実感できなかった場合にはパッケージを返品するだけで全額が返金されるため、はじめての方でも安心です。

マスターホワイト

【公式サイト】

通常価格(税込) 10,800円
初回限定価格(税込) 5,832円
※ひとり1回限り5箱まで、毎月250名限定
内容量 120粒(約30日分)

16種類の美容成分を配合した美容サプリです。

美白ケアに有効なビタミンC・ビタミンE・アスタキサンチンが配合され、L-シスチンとともに透明感のある肌へと導いてくれます。

製造しているのは、販売会社である株式会社ヴィジョンステイトの提携工場で、検査・殺菌・封入までを手作業で行っており、品質への強いこだわりが見られます。

肌に優しい日焼け止めで肌荒れを防ごう!

日焼け止めを正しく選べば、肌荒れは防ぐことができます。

肌荒れを起こしている人は、今の日焼け止めが本当に自分の肌質に合っているのか、一度見直してみてください。

新しい日焼け止めを購入するときは、今回の記事を参考に、肌荒れしにくいもので紫外線対策するようにしましょう。

また肌荒れを起こさないために、日焼け止めは正しく使用し、使用後のスキンケアをおこたらないようにしましょう!

■参考文献
・池田書店 吉木伸子著「素肌美人になるためのスキンケア基本事典」

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ飲む日焼け止めランキング

商品 特徴
効果もバッチリ、日本製で最安!お試しでも試しやすい980円サプリ
詳細はコチラ
日焼け止め成分、美容成分もたっぷり!高い効果を求める人に人気
詳細はコチラ
日本製ながらアメリカ&フランスでも人気のサプリ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

肌荒れしない日焼け止めの選び方!原因やケア方法・治し方を解説

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…