日焼け止めの使用期限は?未開封だと何年使える?長持ちさせる保管方法とは?

太陽の照りつける季節になると、お肌のためにも健康のためにも、紫外線対策・UVケアとして日焼け止めが欠かせなくなってきます。

「去年のシーズンに買った日焼け止めがまだ残っているから、それを使おう」という人もいるでしょう。

そこで、気になるのが日焼け止めの使用期限です。
日焼け止めに使用期限の目安はあるのでしょうか?

また、日焼け止めを長持ちさせるためにできることはあるのでしょうか?
日焼け止めの期限の疑問について、お答えします!

去年の日焼け止めは使える?期限切れ?

日焼け止めを買ったものの、使い切らずに残ってしまったという場合、使えるものなら翌年の夏も使いたいですね。
実は、日焼け止めの種類と保存期間によっては、去年の日焼け止めでも使うことができます。

ただしその場合でも、成分が分離していたり、明らかに変な臭いがしているものは変質していますので、使ってはいけません。
未開封であっても、開封した時に変だなと思ったら、十分注意しましょう。

日焼け止めに消費期限はあるの?

日焼け止めも、多くの化粧品と同じように消費期限があります。
長く放置されたり、開封したあと空気や肌に触れて化粧品成分が酸化したり、雑菌が繁殖したりして、人体に有害になってしまうからです。

日焼け止めを含む化粧品には、未開封の状態で3年以内に性状や品質が変化する、変質してしまう可能性のあるものについては消費期限の記載の義務があります。
これは医療品医薬機器等法(旧:薬事法)にはっきりと規定されています。

第五号 使用の期限
 (1)アスコルビン酸、そのエステル若しくはそれらの塩類又は酵素を含有する化粧品
 (2)(1)のほか、製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品

引用:サイト東京都健康安全研究センターHP「化粧品の表示」

つまり、消費期限が記載されていないものについては、未開封の状態でメーカーの提示している適切な保存方法のもと、3年以内に製造・輸入されたものであれば安全性に問題はないと判断されているのです。
ただし、念のため一度はパッチテストを行ってから使うことが望ましいです。

日焼け止めは消費期限や保存方法を正しく把握し、賢く使いましょう!

未開封で適切な保管をしていれば3年は使える!

日焼け止めを保管するためには、直射日光や高温多湿の環境を避け、日の当たらない室温で保管しましょう。
適切な保管をされていて未開封のものであれば、先ほどご紹介した医療品医薬機器等法のとおり、3年間は安全に使用することができます。

ただし、これは一般的な防腐剤の添加されているスプレータイプ・クリームタイプ・ジェルタイプの場合で、防腐剤フリーの無添加化粧品の場合、未開封でも消費期限はもっと短くなります。
無添加の場合は後述しますので、参考にしてください。

スプレーの期限は開封済みでも3年

スプレータイプ、別名エアゾールタイプと呼ばれるタイプの日焼け止めは、未開封でも開封済みでも適切に保管しておくことで、製造から3年以内であれば使うことができます。

スプレータイプのものは乳液などの液体成分が少なく、手や肌・空気中に直接触れることがないため、変質しにくいからです。

クリーム・ジェルなどの期限は開封済みなら1年

クリームタイプやジェルタイプ、ミルクタイプの日焼け止めの場合、未開封で適切な保存状態ならスプレータイプと同じく3年は安全に使うことができます。
ところが、開封済みのものの使用期限は1年程度と格段に短くなります。

クリームタイプやジェルタイプ、ミルクタイプの日焼け止めはスプレータイプのものと違い、開封後は直接空気に触れたり、肌や手に触れる頻度が高い日焼け止めです。
そのため、酸化したり雑菌が繁殖したりして変質しやすいのです。

クリームタイプやジェルタイプ、ミルクタイプの場合、夏の終わり頃に買った去年の残りであれば、長くても盛夏になる前に使うのを止めるくらいがよいでしょう。

防腐剤フリーの期限は未開封でも1年以内

防腐剤フリー、いわゆる無添加タイプやオーガニック系の日焼け止めはお肌に優しい化粧品として人気がありますが、その分どうしても使用期限は短くなります。
防腐剤のおかげで抑えられている雑菌の繁殖や、酸化による変質などがどうしても進みやすいからです。

開封済みのものはできるだけシーズン中に使い切ってしまい、未開封のものであっても1年以上前に購入したものは使わない方がよいでしょう。

変な臭い、変色、分離していたら要注意

変色や分離、明らかに変な臭いがしているものは要注意です。
成分が変質していて、日焼け止めとしての効果が失われているだけでなく、人体に有害な物質に変わってしまっている可能性が高いです。

容量が残っていても、こうした日焼け止めは決して使わず、新しいものを買って使いましょう。

古い日焼け止めを使うとどうなるの?

古い日焼け止めを使い、その中身が変質してしまっていた場合、かぶれニキビなどの肌トラブルを起こす可能性があります。
できるだけ使用期間内に使用し、未開封であっても、3年以上経過したものを使用するのはやめましょう。

使用期限を過ぎた日焼け止めは酸化する

食べ物も化粧品も、空気に触れると、空気中の酸素と結合して酸化という反応が起こります。
この変化はいわゆる鉄のさびなどと同じ性質のもので、物質を少しずつ劣化させてしまうものです。
酸化して変質した食べ物はもちろんのこと、化粧品も身体に良くありません。

酸化が起こりやすいのは、やはり空気中に触れることの多いクリームタイプやジェルタイプ、ミルクタイプの日焼け止めです。

かぶれ・ニキビ・色素沈着などの恐れも

酸化したり雑菌が繁殖して変質した日焼け止めを使うと、肌トラブルにつながる恐れもあります。

  • かぶれ…日焼け止めの中で繁殖した雑菌によって引き起こされる
  • ニキビ…酸化した日焼け止めの中の油分が毛穴に詰まり、ニキビ菌を繁殖させてしまう
  • 色素沈着…酸化した日焼け止めの活性酸素によって、メラニン色素の生成が過剰になる

色素沈着はシミそばかすの原因にもなり、非常にやっかいな肌トラブルの一つです。
とくに、敏感肌の人ではこれらのトラブルが起こりやすくなります。
使用期限はしっかりと守って使いましょう。

使わなくなった日焼け止めの保存方法

使わなくなった日焼け止めをできるだけ長持ちさせるには、

  • 直射日光の当たる場所に置かない
  • 酸化させない
  • 雑菌を繁殖させない

ということが重要です。
日焼け止めの保存場所は、高温多湿を避け、直射日光の当たらない場所にしましょう。

直射日光の当たらない場所に保管しよう

日焼け止めに限りませんが、直射日光の当たる場所にものを置いておくと、紫外線によってものは劣化していきます。
これは、お肌への紫外線ダメージと同じように、分子レベルでものをぼろぼろにしてしまう紫外線の影響なのです。

また、直射日光の当たる場所に日中ずっと晒され続けると、最高気温よりもはるかに高い温度になって、中身がすぐに変質してしまうことがあります。
使用期限内であっても、直射日光の当たる場所に長時間放置するのはやめましょう。

高温や低温を避け、常温で保存しよう

夏の直射日光はもちろん、冷房のない車内など、室温よりもはるかに高い温度になる場所に放置してしまうと、すぐに変質してしまうことがあります。

また、冷蔵庫で保管するという説もありますが、これには根拠がありません。
そればかりか、出し入れの温度差で水分と油分が分離してしまったり、使用感が変わってしまうこともあり、劣化を早めてしまうこともあります。

高温や冷温の場所は避け、15度〜25度程度の常温の環境で保存しましょう。

なるべく湿気の少ない、乾燥した場所に保存しよう

湿気の高い場所は、雑菌の温床になってしまいます。
特に、お風呂場の付近はカビなどが繁殖しやすく、長期間の保存には向きません。

できるだけ乾燥した場所に保存しておきましょう。

日焼け止めの変質を防ぐ使用方法

使っている間も少しだけ使い方、使用状態に気をつけることで、日焼け止めの品質を保ち、長持ちさせることができます。
雑菌を繁殖させない、高温になる場所に置かない、という二点から、注意点を解説していきます。

雑菌を繁殖させないようにする

日焼け止めの中で雑菌が繁殖してしまう大きな原因は、皮膚や空気中の菌が入り込んでしまうことです。
皮膚の常在菌は、常在菌でいる間はいいのですが、皮膚を離れて増えすぎた菌は雑菌となり、それをまた顔などの肌に塗ってしまうとかぶれなどを引き起こしてしまいます。

日焼け止めを使う前に手を洗おう

日焼け止めは、その性質上どうしても手で触れざるを得ないことが多いものです。
しかし、注ぎ口に皮膚が触れてしまうと、触れた場所から日焼け止めの中に皮膚の常在菌が移ってしまい、日焼け止めの中で繁殖してしまうことがあります。

日焼け止めの口に触れない

できれば、化粧水などと同じく、日焼け止めも直接、注ぎ口に手で触れないことが望ましいです。
少し手から離し気味にして「つける」というよりも「注ぐ」「たらす」というイメージで手のひらに出すとよいでしょう。

使い終わった後の液ダレはティッシュなどで拭き取る

日焼け止めを出し終えた後、液ダレが日焼け止めの口についてしまうことがあります。
これも、放置しておくと空気中の雑菌が入り込み、液の中を伝って日焼け止めの中に入ってしまうことに繋がります。

使い終わった後の液ダレは放置せず、必ずティッシュなどで拭き取るようにしましょう。

期限を気にせず使える日焼け止め

最後に、期限を気にせず使える日焼け止めをご紹介します。
小さめサイズの日焼け止めは1シーズンで使い切りやすいのでおすすめです。
また、かさばらないのでハンドバッグやポーチにも入れやすく、真夏の軽装でも持ち運びしやすいです。

アリー エクストラUVBBジェル

アリィー エクストラUVBBジェル 30g

価格 1,728円(税込)
内容量 30g
特徴
  • 汗や皮脂で落ちにくいウォータープルーフタイプ
  • 衣服や鞄・タオルなどの擦れに強いフリクションプルーフ
  • ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿美容成分を配合
  • 化粧下地としても使える
  • 普通のクレンジングで落とすことができる

カネボウ アリーから出ているUVBBジェルは、30gという軽さを誇ります。
スマートな形状はどこにでもスッと入れることができ、サッと取り出しやすい手軽さです。

また、ウォータープルーフとフリクションプルーフ対応がされており、こまめに汗を拭きたい真夏のことを考えて作られています。

アリー エクストラUVBBジェルの口コミ

これって日焼け止め?塗った感じがとても優しく塗ってます感がほしくない私は大満足☆この上からパウダーだけで仕上がりますからなんて簡単笑この歳になると厚塗り感+シワが目立つので、これくらいが丁度いい。しかも日焼けもしないとなると、これしかないでしょう。

引用:@cosme『エクストラUVジェル(ミネラルBB)』

アリーの日焼け止めのような、水々しいジェル状ではないです。
が、品的には値段も使用感もよいです!
これにパウダーをつけてますが、厚塗り感もなく、紫外線から守られてる感じはします。
何より日焼け止め→ファンデの工程が省けて簡単なのが嬉しいです。
色は少し濃いですね。ザ・オークルです。
パウダーつけてちょうど良いです。普通肌色なので。色白さんは暗すぎます。

色々使いたくなる私には、使い切れそうな小さめな所も好きです。

引用:@cosme『エクストラUVジェル(ミネラルBB)』

口コミからも、使用感やメイク下地として優秀なこと、また、小さめサイズの使いやすさがわかります。

肌荒れの心配ナシ!飲む日焼け止めホワイトヴェール


価格 【定期購入】初回980円(2回目以降4,980円)
【通常購入】7,560円
内容量 60粒(約1ヵ月分)
特徴
  • 1日2粒飲むだけで全身のトータルケアができる
  • 安心・安全の日本製サプリメント
  • 100%植物由来の有用成分
  • 女性に不足しがちなビタミン・ミネラル・鉄分などを配合
  • 飲みやすく持ち運びに便利な小粒、パウチパッケージ

※価格は全て税込です。

ホワイトヴェールは、サプリメントで身体の中から紫外線ダメージを減らすという日焼け止めです。
肌に塗らないので、成分の変質による肌トラブルの心配が要りません。
内容量も1袋1か月分とわかりやすく、計画的に飲めば1シーズンで使い切ることができます。

女性に嬉しいビタミン・ミネラル・鉄分などの成分を含んでおり、日焼け止め以外にも美肌効果を期待できます。

ホワイトヴェールの口コミ

8月から飲み始めました。
半信半疑でしたが、いまひと月経って、色が白くなってます。
あまり外に出歩いてはいなかったですが、それでも川遊びや子供のサッカー観戦などありましたが、以前よりも白く透明感があります。
きっとこれのおかげかと思うので、飲み続けたいです。

ちなみに外に出歩く日は4錠飲みました。
普段は2錠です。

引用:@cosme『WHITE VEIL (ホワイト ヴェール) 通販限定・飲む日焼け止め』

国産で粒も飲みやすいタイプなので、錠剤が苦手な私でも飲めるくらいです。始めたばかりですが今年はいつもより焼けてない気がしています♪

引用:@cosme『WHITE VEIL (ホワイト ヴェール) 通販限定・飲む日焼け止め』

口コミからも、内側からの肌の変化、そして飲みやすい小粒タイプであることがわかります。

≫ホワイトヴェールの公式サイト≪

▼ほかの飲む日焼け止めサプリについて知りたい方はこの記事もチェック!

日焼け止めの期限を守って正しいスキンケアを

日焼け止めの期限は、種類によって1年〜3年とばらつきがあり、使用方法や保存方法によっても変わってきます。
自分の使い方に合わせ、ひと夏の間に使い切れるサイズを購入することも一つの方法です。

肌トラブルを起こさないためにも、ぜひ、普段の使い方に一工夫取り入れつつ、快適なスキンケアを行いましょう!

■参考文献

  • 池田書店 吉木伸子著「素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典」
※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ飲む日焼け止めランキング

商品 特徴
効果もバッチリ、日本製で最安!お試しでも試しやすい980円サプリ
詳細はコチラ
日焼け止め成分、美容成分もたっぷり!高い効果を求める人に人気
詳細はコチラ
日本製ながらアメリカ&フランスでも人気のサプリ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

日焼け止めの使用期限は?未開封だと何年使える?長持ちさせる保管方法とは?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…