日焼け止めの成分は危険!?肌に負担をかけない日焼け止めとは?

日焼け止めの成分は危険!?肌に負担をかけない日焼け止めとは?

日焼け止めは肌への刺激が強く、「肌がかゆくなった」「肌に湿疹ができてしまった」などの肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

しかし、紫外線によるシミやシワを防いでくれるアイテムとして日焼け止めは手放せないですよね。

そこでこの記事では、「日焼け止めの成分と肌に負担をかけない日焼け止めの扱い方」について解説します!
日焼け止めの成分によるリスクを理解し、できるだけ安全に使用しましょう。

なぜ肌荒れする?日焼け止めの成分とは

日焼け止め(サンスクリーン剤)には酸化防止剤という紫外線を防止する成分が含まれており、この成分が肌荒れの原因になります。
酸化防止剤は、大きく分けて2種類あります。 

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し熱に変えて放出することで紫外線による肌へのダメージを防いでくれる成分です。
伸びがよくさらっとしていて白浮きしないので使用感が良く、紫外線の防御効果が高いというメリットがあります。

しかし熱に変える過程で肌の上で化学反応を起こすため、肌に刺激を与えたり乾燥の原因となります。
肌に負荷がかかるため、アレルギー反応や肌トラブルを引き起こしやすい成分となっています。

紫外線吸収剤にも刺激が強いものと弱いものがあります。

肌への刺激が強い 肌への刺激が弱い
  • オキシベンゾン-3(オキシベンゾン)
  • ブチルメトキシジベンゾイルメタン(アボベンゾン)
  • ドロメトリゾールトリシロキサン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

使用する際は紫外線吸収剤の成分にも着目してみましょう。
また化学反応を起こすことで成分が壊れてしまうため、紫外線を防止する効果は持続しません。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、物理的に紫外線をはね返して、紫外線が肌に当たることを防いでくれる成分です。
その名の通り紫外線を散乱させるだけなので、肌への負担はほぼかかりません。

さらに、紫外線吸収剤のように成分を消費しないため、効果が長く持続します。

紫外線散乱剤の代表的な成分はつぎの2つです。

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

金属アレルギーの方は酸化亜鉛が合わないことがあるので注意が必要です。

紫外線散乱剤は成分が粉末状なので、落ちやすい、白浮きしやすい、紫外線吸収剤に比べて紫外線の防御効果は低めというデメリットがあります。

デメリットを改善したナノ化散乱剤も要注意

最近では、使用感の悪さや紫外線ガード効果の改善をねらって、紫外線散乱効果が高く、白さが目立たず伸びがよいナノ化された(微粒子の)紫外線散乱剤が開発されました。

肌に優しい成分である紫外線散乱剤の性能は向上していますが、ナノ化された紫外線散乱剤は粒子が小さいため人体への影響が懸念されています。

呼吸器から体内に取り込んだ場合の危険性が否定しきれず、安全性がまだ保障されていません。
使用する場合には注意が必要です。

肌を刺激するほかの日焼け止め成分

日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の他にも、さまざまな成分が含まれています。

ジェルタイプの日焼け止めはアルコール系の溶剤が多く入っていて、肌が刺激を感じる可能性があります。

アルコール溶剤の含まれた日焼け止めを顔に使うと目に沁みたり、ヒリヒリを感じることがあるので、身体につけて問題がなくても顔には使わないようにしましょう。

界面活性剤は気にしなくてOK

反対に、肌に悪いイメージのある界面活性剤は化粧品を乳化する際に欠かせない成分です。

日焼け止めを含め、肌に塗る化粧品に使われている界面活性剤は、肌への刺激が少ない「非イオン系」の成分がほとんど使われています。

基本的には気にしなくても安心して使えます。

「無添加」の表記でも安心できない

オーガニックや無添加などの肌に良さそうな日焼け止めもありますが、必ずしも肌にいいわけではありません。

日本ではオーガニックの定義が曖昧に使われていることがあります。
植物性由来の成分が一種類のみでも、オーガニックということができます。

無添加についても、表記する際のルールは設けられていません。
旧指定成分が配合されていないだけで他の石油系添加物を配合しているものや、着色料か防腐剤のどちらかが使われていないだけでも無添加と言えます。

このようにかえって肌に刺激となる成分が使われている可能性もあるので、注意が必要です。

紫外線と日焼け止めの基礎知識

肌にダメージを与える紫外線の種類とは?

肌にダメージを与える紫外線はUV-A波とUV‐B波の2種類あります。

UV-A波

UVーA波は紫外線の中でも弱いエネルギーで長く届く光線のことです。
浴びても肌が赤くなるなどの変化はすぐには見られませんが、長く肌の奥に届くため細胞を徐々に傷つけます。

DNA、エラスチンやコラーゲンを作る細胞が何度も傷つけられるため、皮膚免疫力が低下しシワたるみといった肌の老化減少を引き起こします。

UV-B波

UV-B波は紫外線の中でも強力なエネルギーの光線のことです。
強力なエネルギーを浴びるため、肌がすぐに炎症を起こし日焼けシミの原因となります。
皮膚がんのリスクを高めるのもUV-B波です。

このように紫外線は肌に悪い影響を及ぼすのです。
紫外線によってバリア機能が低下すると、肌質が混合肌や乾燥肌などになってしまいます。
日焼け止めが肌に悪くても、紫外線量が多い日などは日焼け止めを使ったUVケアが必要です。

SPFとPAとは?

日焼けどめのパッケージには、SPF・PAといった日焼け防止効果についての表記があります。

SPFやPAの数値は日焼け止めをかなり厚塗りして測定したものなので、実際は表記ほどの効果は期待できないと考えておきましょう。

SPF(紫外線防御指数)

SPFとはSun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略です。
紫外線防御指数とも言われていて、UVーB波の防止効果を表しています。

日焼け止めを使用していない時に比べ、肌に炎症(サンバーン)が起きるまでの時間をどのくらい引き延ばせるかを示す指数です。

紫外線に当たると20分で炎症を起こす肌が、SPF30の日焼け止めを塗ると30倍の600分まで炎症が起きるまでの時間を引き延ばすことができます。

PA(UV-A防御指数)

PAとは、Protection grade of UVA(プロテクショングレードオブUVA)の略です。
UV-A波の防止効果を表しています。

PA値はPAに続く+の数で防止効果のレベルが表されています。

  • PA+   → UVA防止効果がある。
  • PA++  → UVA防止効果がかなりある。
  • PA+++ → UVA防止効果が非常にある。
  • PA++++ → UVA防止効果が極めて高い。

参考:池田書店 吉木伸子著「素肌美人になるためのスキンケア基本事典」P.114~P.133

肌に負担をかけない日焼け止めの選び方

肌に負担をかけずしっかり紫外線ケアができる、日焼け止めの扱い方について解説します。

自分の肌にあった成分を選ぼう!

日焼け止めの成分で肌トラブルを引き起こさないようにするには、自分にあった成分を使うことが大切です。

紫外線吸収剤である酸化亜鉛が合わない方もいるので、一概にこれが安全!とは言えません。
試供品や量が少ないもの、またはお友達などに借りて、自分に合うものを探すとよいかもしれません。

敏感肌の方は、赤ちゃん用や敏感肌用の日焼け止めがあるのでそちらから試してみてください。

使用前は必ずパッチテストを

日焼け止めを選ぶ際は、パッチテストを行いましょう。
パッチテストは目立ちにくい腕の内側などに、直径2cm程度の量を薄く塗り乾燥させます。
 
塗った後30分と2日後に発疹や赤み(発赤)、水泡、かゆみなど皮膚の異常があるか確認します。

異常があったときは手などでこすらず、すぐに洗い落としてください。
異常があった場合はその日焼け止めを使うのはやめましょう!

数値や効果はTPOに合わせて選ぼう!

基本的にSPFとPA(UVカット効果)の数値が高いものは肌への負担が大きくなりがちです。

肌に負担かけないためにはTPOに合わせて使用する日焼け止めを選ぶことが大切です。

  • 日常生活:高くてもSPF20~30、PA++程度のボディソープで落とせるものを使用
  • レジャー(海や山)や長時間紫外線に当たるとき:SPF50、PA+++以上のウォータープルーフの日焼け止めを使用

このように日焼け止めを使い分けて、できるだけ肌への負担を減らしましょう。

敏感肌にオススメの日焼け止め

この記事では紫外線吸収剤不使用でノンケミカル、酸化亜鉛が含まれない日焼け止め製品をご紹介します。

普段使いにぴったり!ノブUVローションEX

NOV ノブ UVローション EX SPF32 PA+++ 35ml

特徴
  • ミルクタイプで伸びがよく、みずみずしく軽い塗り心地
  • 石鹸のみで洗い流せます
  • お子様や、ニキビにお悩みの方も使える
紫外線防止効果 SPF32 PA+++
価格 2,160円(税込)
購入方法 ドラッグストア、楽天・Amazonなど

クレンジングが不要で、肌への負担が少ないのでオススメです!

酸化亜鉛がお肌に合う方は、NOV UVミルクEXの購入も検討してみてください。
こちらはお湯で簡単にオフすることができます!

顔にもOK!ミノン アミノモイストブライトアップべ―ス

ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV 25g

特徴
  • 紫外線防止剤は酸化チタンのみ
  • 紫外線、乾燥などから肌を守ってくれる
  • 肌色を自然な明るさに補正
  • 日焼け止め、化粧下地やファンデーションで肌に刺激を感じる方にオススメ
  • 使い心地がよい
  • 崩れにくくメイクノリが良くなる
紫外線防止効果 SPF47 PA+++
価格 1,373円(税込)
購入方法 ドラッグストア、楽天・Amazonなど

顔には日焼け止めを使いたくない!という方にオススメです。
紫外線防止効果も高く、しっかりお肌を紫外線から守ってくれます。

乾燥肌のかたにオススメ!キュレル UVエッセンス SPF30

キュレル UVエッセンス SPF30 50g

特徴
  • セラミドケアしながら紫外線から肌を守れる
  • 植物性由来の消炎剤で日焼け後のほてりを防いでくれる
  • 赤ちゃんでも使える
  • 乾燥性敏感肌の方にぴったり
紫外線防止効果 PF30 PA+++
価格 1,620円(税込)
購入方法 ドラッグストア、楽天・Amazonなど

潤い成分が配合されており、乾燥肌の方でも使うことができます!
敏感肌向けに作られているので、敏感肌の方の協力によるパッチテストが行われています。

▼飲む日焼け止めについて知りたい方はこの記事をチェック!

日焼け止め効果を上げる正しい塗り方

SPFやPAの低い日焼け止めであっても正しい塗り方を心がければ、しっかり紫外線を予防することができます。
そのポイントについて、お伝えします。

しっかり保湿をする

日焼け止めを塗る前に肌を化粧水などで保湿しまょう。
日焼け止めで乾燥肌が促進してしまう恐れがあるので、乾燥肌の方はとくにしっかり保湿するようにしましょう。

日焼け止めを安全に使用するには、日ごろのスキンケアも重要です。

塗りムラをなくす

塗りムラをなくすためには、1円玉程度の少ない量をしっかり伸ばして塗り、もう一度同じように丁寧に重ね塗りする方法があります。

日焼け止めは汗・皮脂・摩擦などによって崩れてしまうと効果がでなくなってしまいます。
効果を持続させるためにも2~3時間ごとにこまめに塗りなおしましょう。

塗り直しをこまめにおこなう

顔の皮膚は体の皮膚より薄く刺激を受けやすいので、日焼け止めを塗りたくない時ありますよね。
化粧下地やパウダーファンデーションなどにもUVケア効果がついたものがあるのでそちらを使いましょう。

UVケア効果のついたパウダーファンデーションなどを化粧ポーチなどに入れて持ち運び、こまめに塗りなおすようにしましょう。

肌に日焼け止めを残さないようにしよう

とくに紫外線吸収剤などの成分は、肌に長時間塗った状態にしておくと、肌に負担がかかります。
正しい落とし方を心がけて肌への負担を減らしましょう。

落とす際に専用のクレンジングを必要とするものは、専用のクレンジングを使いましょう。
とくにクレンジングの指定がなければ、お家にあるクレンジングを使用します。
ボディソープや洗顔料で落とせるものは、丁寧に泡立てて優しく洗い落としましょう。

水洗顔だけでは肌に残った成分が毛穴に詰まり、赤ニキビの原因になってしまいます。

落としにくい日焼け止めに注意!

落とす際にクレンジングが必要な日焼け止めには注意が必要です。

ウォータープルーフで落ちにくい日焼け止めは、効果も十分にあり魅力的です。
しかし落とす際に、必要な肌の油分や水分も一緒に洗浄してしまいます。

お肌の乾燥の原因になる可能性があります。

  • ジメチコン
  • メチコン
  • シクロメチコン

これらの成分が含まれるものは落としにくい日焼け止めの可能性が高いので注意が必要です。

紫外線散乱剤をベースに使う

紫外線吸収剤や数値の高い日焼け止めを使用するのが不安な方は、肌に優しい紫外線散乱剤ベースの日焼け止めや、化粧下地の上から重ねて塗ることをオススメします。

落としやすくなりますし、肌への刺激をある程度防ぐことができます。

また、ボディ用の日焼け止めを顔に塗るのはNGです。
顔の皮膚は体よりも皮膚が薄く弱いため、肌への刺激につながる可能性もありますので注意しましょう。

数値の低い日焼け止め+それ以外の紫外線対策

数値の低い日焼け止めでは紫外線対策がしっかりできているか不安…
という方は日焼け止め以外の紫外線対策方法と併用してみましょう。

  • つばの広い帽子をかぶる
  • 肌の露出している面積を減らす
  • 日傘をさす

などが有効です。

しかし、これだけでは地面から反射した紫外線は防げないので、日焼け止めは塗るようにしましょう。

肌荒れしない日焼け止めで紫外線対策を!

今回は日焼け止めクリームの成分が肌トラブルを引き起こす原因、日焼け止めの扱い方についてご紹介しました。

自分の肌にあった日焼け止めを選ぶことや少しの工夫で、肌トラブルを引き起こさず日焼け止めを使用することができます!

肌に負担をかけたくない女性のみなさんは、この記事を参考に日焼け止めでの紫外線対策(UVケア)に挑戦してみてください。

■参考文献
 ワニブックス かずのすけ著 「オトナ女子のための美肌図鑑」

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ飲む日焼け止めランキング

商品 特徴
ランキング1位アイコン ランキング1位ホワイトヴェール 効果もバッチリ、日本製で最安!お試しでも試しやすい980円サプリ
詳細はコチラ
ランキング2位アイコン ランキング2位インナーパラソル 日焼け止め成分、美容成分もたっぷり!高い効果を求める人に人気
詳細はコチラ
ランキング3位アイコン ランキング3位ポルク 日本製ながらアメリカ&フランスでも人気のサプリ
詳細はコチラ
化粧品診断テストバナー
日焼け止めの成分は危険!?肌に負担をかけない日焼け止めとは?

日焼け止めの成分は危険!?肌に負担をかけない日焼け止めとは?

この記事が気に入ったら