【2018年版】皮脂崩れしない!夏のベースメイクアイテムとやり方決定【第7回:コスメマニアさくのcosmemo】

こんにちは、さくです。
梅雨も終わり、7月に突入しましたね。
早いもので2018年の夏がきてしまいました。

楽しいイベントがたくさんある反面、悩みも多いのがこの季節。
ベースメイクの皮脂崩れに誰しもが一度は悩んだことがあるのでは?

私も夏が来る前から試行錯誤し、6月末にやっと夏ベースメイクを安定させました。
ということで今回は、私の皮脂崩れさせない夏のベースメイク方法をご紹介します!

手順1 下地

下地は崩れにくいタイプの2種類使って塗っていきます。

【左】セザンヌ 皮脂テカリ防止下地(ライトブルー)SPF28・PA++ ¥648円(税込)
【右】エテュセ オイルブロックベース  ¥1,296(税込)

下地はどちらもプチプラのものを使用しています!

まず初めに、テカリやすい部分にオイルブロックベースを手で塗ります。
私の場合は、鼻・口周り・おでこ・目の下の部分。
オイルブロックベースはかなりサラサラになるので本当に夏おすすめ。

次に、セザンヌの下地を手で伸ばしてからスポンジで馴染ませながら全体に塗ります。
6月に発売されたライトブルーは、とても自然に顔色を明るく色白に見せてくれます。
不自然に白くなったりしないのに、塗らない時との差は歴然でかなり好きです!

手順2 ファンデ&コンシーラー

ファンデは今年の上半期ベスコスにも入れた程お気に入りのこちら!

【上】エテュセ オイルブロックファンデーション ¥1,944(税込)
【下】ザセム チップコンシーラー ¥842(税込)

エテュセ のオイルブロックファンデーションは、まさに革命。
皮脂・テカリに悩まされつづけた私にとって救世主!
全然テカらない。驚くほどにテカリません。しかもこの価格。

私はカバーしたい部分の頬・顎などに点置きして余りでその他の部分は塗ります。
出した時は液体ですが、すぐパウダーのようなサラサラな質感に変わるので素早く塗るのがコツです。

ニキビなど隠したいものがある時はコンシーラーをその上から塗ってきます。
特にない時には、ファンデーションのみでカバーしていきます。

手順3 パウダー&フィックスミスト

仕上げの工程ですが、パウダーとミストが何気に重要だったりします。

【左】クラランス フィックスメイクアップ ¥4,320(税込)
【右上】セザンヌ UVクリアフェイスパウダー ¥734(税込)
【右】メイクアップフォーエバー ウルトラHDルースパウダー ¥4,860(税込)

なしでもOKくらいのサラサラ度ですが、私はパウダー叩かないと不安なので少しだけ。
メイクアップフォーエバーのパウダーを頬・顎・鼻周りに歯ブラシ型のブラシでのせます。

粒子がほんっとに驚きの細かさで、歯ブラシ型が専用のブラシを使うのがおすすめ。
皮脂吸収の効果がこのパウダーはあるのでベタつきを無くしてます!

ですが透明なお粉でカバー力がないので、セザンヌのパウダーを大きいブラシでふわっと仕上げに軽く顔全体に。

お粉をパフで叩いで馴染ませたら、フィックスミストを3プッシュ程顔にかけます。
クラランスは、ミストが細かくてローズの香りが強いので苦手な人もいるかもという印象。
軽くスポンジで馴染ませたら、ベースメイク完成!

今年の夏はメイク崩れを仕方ないで諦めないで!

私の今年の夏ベースメイクを細かく紹介させていただきました。

この方法で6月半ばから過ごしていますが、ほぼお直しなしでいけちゃいます!
朝メイクして、夜ビアガーデンに行って帰ってきても鼻周り少しヨレてるかな?程度。

それでもお直しする時は、ティッシュオフかリフレッシュシートでヨレを押さえてから
また皮脂を吸着してくれるパウダーを叩けば深夜になってしまっても大丈夫!

夏、綺麗に可愛く思いっきり楽しむためにもメイク崩れはさせたくない。
そんな皆様に少しでも今回のコラムが参考になれば嬉しいです!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事はライターの感想を元にしており、効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

【2018年版】皮脂崩れしない!夏のベースメイクアイテムとやり方決定【第7回:コスメマニアさくのcosmemo】

この記事が気に入ったら