セラミドオイルは乾燥肌に効果アリ!保湿効果やおすすめアイテムを紹介!

乾燥肌に効果的なケアを探しているあなた。

セラミドオイルを使ったことがありますか?

「セラミドが肌にいいとは聞いているけれど、オイルはベタつくからちょっと」なんて敬遠しているかもしれませんね。

ですが、セラミドオイルは上手に使えば、実は乾燥肌のケアにもピッタリの優れものなんですよ。

どんなセラミドオイルを選べばいいのか、どういうふうに使うのが効果的かなど、ここで探っていきましょう!

乾燥肌に足りない保湿成分は3つ

潤いのある肌とは、角質層にある保湿成分がしっかりと水分を保持した状態のことを指します。

水分保持の働きを持つために、肌が持っている成分は以下の3つです。

  • 角質細胞間脂質
  • 天然保湿因子
  • 皮脂

上記は保湿力が高い順です。
セラミドの不足は、アトピー肌にも関わっているといわれています

角質細胞間脂質

このうち、角質細胞間脂質は保湿機能の80%を担っていると言われています。

セラミドはこの角質細胞間脂質に存在する、強力な水分保持力を持つ保湿成分です。

角質細胞間をつなぎ合わせ、水分をサンドイッチして逃さない働きをするセラミドは、水分保持に非常に重要な役割を担っています。

天然保湿因子

天然保湿因子(NMF)とは肌表皮の角質層に存在し、角層の水分やバリア機能を守る大切な成分です。

天然保湿因子はその約半分が、潤いの元となるアミノ酸で構成されており、水となじみがよく、水分を抱え込む性質があります

皮脂

皮脂は皮脂腺から分泌され、毛穴から排出されることで肌表面に皮脂膜(保護膜)を張り、肌の水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

天然の保湿クリーム」とも呼ばれ、角質細胞間脂質、天然保湿因子とともに、人が本来持つ3大保湿成分です。

皮脂は肌のバリア機能の役割を果たす一方、分泌量のバランスが乱れることで、脂性肌や乾燥肌、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなります

セラミド不足は肌トラブルが起こりやすくなる

セラミドが不足すると肌内部の水分も逃げてしまい、水分量が減少した肌は乾燥肌などの肌トラブルに見舞われやすくなります。

セラミドの種類

水分保持に大切なセラミドにはいくつか種類があり、特徴も少しずつ異なります。

種類 成分表示 特徴
ヒト型セラミド
  • セラミド2
  • セラミド3

など

  • セラミドを真似て酵母から作られた
  • 人の肌にあるセラミドと同じ構造
  • 安全性が高い
  • 保湿力が非常に高い
天然セラミド(動物性セラミド)
  • ビオセラミド
  • セレプロシド

など

  • 動物(主に馬)から抽出される
  • 人の肌と相性がよく、肌なじみがいい
  • 保湿力が高い
  • 使い続けることでセラミドの生産量を増やす働きが期待される
植物性セラミド
  • 植物性セラミド
  • コメヌカスフィンゴ糖物質

など

  • 米やトウモロコシ、小麦などから抽出される
  • アレルゲンになりにくい
  • コンニャクセラミドも注目されている
類似セラミド(合成・疑似セラミド)
  • セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど
  • セラミドに似せて作られている
  • 安価で大量生産しやすい

セラミドの原液で価格を比較した場合、もっとも高いのがヒト型セラミドで4,000~5,000円、またはそれ以上が一般的です。

これに対し安価なのが植物性セラミドや類似セラミドで、大量生産が可能なこともあり1,000円程度から購入できます。

ただし化粧品に入っているものになると、価格=セラミドの種類や量とは限りません

他にどのような美容成分が入っているかなどによって製品の価格は変わり、価格基準もメーカーごとに違います。

値段が高いから質のよいセラミドが使われているとは限らないので、成分表示欄などをしっかり確かめることが必要です。

乾燥肌にはヒト型セラミドがおすすめ!

一口にセラミドといっても、上の表で述べたように種類がいくつかあり、特徴も構成も異なるものです。

そして結論からいうと、乾燥肌にはヒト型セラミドがおすすめです

ヒト型セラミドは、人の肌内部に存在するセラミドと同じ構造をしているため、肌の角質層に浸透しやすく保湿力も非常に優れています。

またセラミド不足で乱れた角質を整え、肌内部のセラミドが欠けた部分にピッタリとはまりやすい性質も持っています。

乾燥肌やアトピー肌の人は肌のバリア機能が弱く、刺激に敏感な状態です

その点においても、刺激が少なく肌の回復作用の大きいヒト型セラミドがおすすめだといえるでしょう。

セラミドを守るには皮脂(天然オイル)が必要

肌にとって大切なセラミドを守るには、いったいどうすればいいのでしょう。

それには、実は皮脂が重要な役割を果たします

皮脂の役割は主に以下の2つです。

  • 刺激から肌を守るバリアとなる
  • 肌の常在菌の餌となって、肌に油分を与える

皮脂は肌表面に皮脂膜(保護膜)を張ることで、肌をホコリや紫外線などの外的刺激から守ってくれます。

また、肌にもともと住み着いている常在菌(善玉菌)は皮脂を餌として食べ、排出物としてグリセリンなどの油分を残していきます。

つまり皮脂は天然のオイルであり、肌に適度な油分を与えて乾燥を防ぐために、必要不可欠なものなのです

乾燥肌はこの皮脂が不足している状態なので、肌のバリア機能が弱まり、うまく刺激を防ぐことができません。

そのため、セラミドなどの保湿成分が失われやすくなっています。

スキンアドバイザー

乾燥が原因の肌トラブルで悩んでいる方は、セラミドを補うのがおすすめです!

セラミド+オイル美容でしっとり柔らか肌に!

不足しているセラミドと一緒に、皮脂の代わりとなる美容オイルも一緒に補給することで、乾燥肌などのトラブル肌を緩和させることが期待できます

また、美容オイルには角層を柔らかくする効果もあり、セラミドともなじみやすいので、セラミドオイルは美肌にも優れた効果を発揮するアイテムといえます。

セラミドを選ぶ際のポイント5つ

それではここからは、どんなセラミドオイルを選べばいいのかをお話ししていきましょう。

ポイントは大きく分けて5つです。

1.ヒト型セラミドが配合されている

角質細胞の隙間を埋めて、肌を刺激やトラブルから守るのがセラミド。

そのセラミドが不足してしまうと、肌内部の水分を留めきれなくなり、バリア機能が弱まって肌は乾燥してしまいます

そんな乾燥肌には、やはり肌なじみ、保湿力ともに優れたヒト型セラミドが配合されているものがおすすめでしょう。

人が本来持っているセラミドの構造に近いので、安全性も高く、肌にとてもなじみやすいです。

2.セラミドの配合量が多い

セラミドの配合量は、メーカーや製品ごとに違います。

通常、配合量の数値は成分表示欄には表示されていないので、入っていても少量の場合もあります。

ですが、正確な量は分からなくても、配合量が多いかどうかは成分表示欄でチェックすることが可能です。

医薬部外品以外の商品は、配合量の多い順に記載されているので、セラミドが上の方に記載されているかどうかをチェックしましょう。

3.1本3000円以上のもの

安く購入できればうれしいのですが、セラミドは比較的高価な成分です。

価格帯に比例して配合量も変わってきますので、あまり安価なものだとセラミドが少ない可能性が高いです

メーカーや製品によって価格には幅がありますが、できれば1本3,000円以上のものをおすすめします。

先ほども述べましたが、セラミドの配合量が多いかどうかを調べるには、成分表示欄の上部にセラミドが記載されているかを確認してみてください。

4.他の保湿成分も配合されている

セラミドには相性のよい保湿成分がいくつかあり、それらと一緒に肌に補うことで、さらに効率のよいスキンケアが期待できます。

セラミドオイルに限らず、セラミド入りの化粧品を選ぶ際は、他の保湿成分もチェックしてみましょう。

ここに代表的なものを挙げておきますので、参考にしてみてくださいね。
<セラミドと相性のよい保湿成分>

成分 特徴 セラミドとの相乗効果
ヒアルロン酸
  • 真皮の中に存在
  • 水分保持機能
ヒアルロン酸が角質層の内部を潤し、セラミドがその水分を挟み込んで閉じ込める効果が期待できる
コラーゲン
  • 真皮層に存在
  • 潤い、弾力、ハリを与える
肌表面や髪に保護膜を作る作用もあるので、セラミドに挟み込まれることで肌のバリア機能を高める効果も期待できる
エラスチン
  • 真皮層に存在
  • コラーゲン同士を結びつける
セラミドによってキープされることで、コラーゲンと結びつきやすくなり、肌のハリや弾力を維持できる

5.ホホバオイル・スクワランオイルと組み合わせてある

セラミドと相性のよいオイルと組み合わせてあるものもおすすめです。

成分 特徴 セラミドとの相乗効果
ホホバオイル
  • 油分と水分のバランスを整える
  • 新陳代謝を高める作用がある
  • 肌のターンオーバーを促進させるため、バリア機能が高まり水分の蒸発を防ぐ
  • セラミドとのW効果でやわらかい、弾力性のある肌をキープできる
スクワランオイル
  • 人の皮脂に近いオイルで水となじみやすい
  • 抗酸化作用が高い
  • 角質を柔軟にする効果もあり、セラミドが水分をつなぎとめやすい

このように、セラミドと相性のよい成分を一緒に肌に補うことで相乗効果が発揮され、よりセラミドのパワーや即効性が期待できます。

おすすめ!人気セラミドオイル5選

数あるセラミドオイルの中でも、とくに人気が高い5つをご紹介

どれを選んでもリピ間違いなしの優れものです!

トゥヴェール/ディープトリートメントオイル


引用:公式サイト

内容量 40ml
価格(税込) 2,700円

植物性浸透湿潤セラミドを70%、残り30%にサトウキビ由来のスクワランを配合した、軽い使用感で肌なじみのよいオイルです。

肌だけでなく、髪や唇のトリートメントとしても使えます

容量も多くリーズナブルなので、色々なスキンケア化粧品に混ぜて気軽に使えるのがうれしいですね。

口コミ

何度もリピしている欠かせない化粧品の一つです!どんなクリームもこれを数滴垂らしで使うだけで高保湿クリームに早変わり。またアイクリーム代わりに使っているおかげでしょうか、シワを気にすることがありません。無くなると困る一品です!
引用:公式サイト

肌なじみもよくベタベタ感がないので、髪や全身に使いやすいと評価もいいです。

いろいろな化粧品に混ぜて使う人が多いようですね。

お値段がリーズナブルなので、たっぷり使えると喜ばれています。

PURECERA(ピュアセラ)/美容オイル

内容量 18ml
価格(税込) 4,860円
初回お試しキャンペーン(Web限定) ミニボトル(3ml)
864円→500円(税込)

天然ヒト型セラミドに加えて、浸透性の高いマカダミアナッツオイルや、抗酸化力の高いアルガンオイルなどをふんだんに配合。

他にも自然治癒力を高めるといわれる12種類の和漢植物エキスが、健やかないきいきとした肌に導きます

着色料・香料・防腐剤など6つの無添加で、肌トラブルを抱えた敏感な肌にも安心して使用可能です。

口コミ

乾燥がひどいので、お風呂上がりにすぐ顔に塗っています。オイルなのに、すぐ肌に浸透して全くベタつきはありませんでした。冬は男性でも肌が乾燥してデリケートになるようで夫も一緒に使っていますが、肌の調子が良くなったようです。オイルのイヤな所がないのでこのまま夏も気持ちよく使えそうです。
引用:公式サイト

乾燥肌、敏感肌の方達から高評価を得ているオイルです。

シワが気にならなくなった!肌にツヤが出てきた!などの美肌に関するうれしい声も多いようですね。

≫ピュアセラの公式サイトはコチラ≪

made of Organics/オーガニック モイストリペア アフターバスオイル

メイドオブオーガニクス(made of Organics) モイストリペア アフターバスオイル

内容量 100ml
価格(税込) 2,700円

天然ヒト型セラミド配合で、天然成分100%の敏感肌ケアシリーズのオイルです。

米ぬかオイルをベースにさまざまなオイルや植物エキスを組み合わせました。

水分がもっとも蒸発しやすいタイミングで肌を乾燥から守る、お風呂上り用のオイルです

口コミ

これをつけてから、夜寝ているときのかゆみもなくなり、本当に重宝しています。これを知ってからは、リピ確実です!!
引用:公式サイト

お風呂上りの肌にもスルスル伸びると、テクスチャーの評価も上々です。

乾燥性敏感肌向けの商品なので、刺激の少ない肌への優しさが、敏感肌の方にも使いやすいようです。

Treat Treat(トリートリート)/ピュアスキン セラミドオイル

【美容オイル オーガニック 無添加】トリートトリート ピュアスキン セラミドオイル(クリア)

内容量 15ml
価格(税込) 4,860円

天然ヒト型フリーセラミドを、合成界面活性剤を使わず配合した美容オイル。

アボカドオイル、マカダミアナッツオイル、ホホバ種子油など、豊富な栄養を持つオーガニック植物のパワーをふんだんに取り入れました。

敏感肌やアレルギーに悩む人の「お守りコスメ」を目指して作られた、肌に優しいスキンケア商品です。

また、オーガニックの持つ自然の力と、界面活性剤なしでセラミドを配合できたことで、安心して使えると喜ばれています。

量は少なめですが少量でも十分で、かえって酸化を心配しなくていいという声も多いです。

CERAPLE(セラプル)/ラグジュアリーオイルセラム


引用:公式サイト

内容量 30ml
価格(税込) 9,504円

天然ヒト型セラミドを主成分に、肌に必要な美容成分を贅沢に配合。

これ1本でブースター・美容液・化粧水・乳液の役割を果たす多機能美容液です

濃密美容成分が加齢とともにゆらぐ肌のバランスを整え、ブレない肌へと導きます。

また、値段は若干お高めですが、それに見合った効果が感じられる人が多く、スキンアップ美容液としての評価は高いようです。

セラミドオイルの効果的なスキンケア方法

セラミドオイルの効能を、肌にうまく取り入れるための使い方もチェックしてみましょう。

化粧水のブースターとして使用する

オイルは化粧水のブースターとして、スキンケアの最初に使うと効果的です

オイルには肌を柔らかくしてくれる効果があるので、化粧水をよりなじみやすくします。

また、水分と油分のバランスを整え、皮脂の分泌量をコントロールしてくれるので、とくに脂性肌の方にはおすすめです

スキンケアの最後に馴染ませる

もちろん、スキンケアの最後に使ってもOK。
保湿力がアップして、肌を刺激から守ってくれます。

バリア機能が高まるので、敏感肌(あるいは乾燥性敏感肌)の方の肌荒れ予防にも効果的です

乳液やクリームに混ぜる

乾燥肌の方は乳液やクリームなど、お手持ちの基礎化粧品に混ぜてもいいでしょう。

保湿力がアップしますし、化粧ノリやもちもよくなります

リキッドファンデーションに少し混ぜると、肌との密着度が増して滑らかに仕上がるので、こちらもおすすめです。

目元・口元のパックに

目元、口元などのシワや、ハリ感が気になるところにも1滴2滴垂らして、10分ほどホットタオルでパックしてみましょう。

保湿機能が高まるので、肌の潤いが引き立ち気になるシワのケアにも役立ちます

洗顔後のマッサージに

洗顔後にオイルをたっぷりと手に取って、顔全体を優しくマッサージしてみましょう。

古くなった角質や汚れが落ちて、血行もよくなり肌のトーンがアップします。

あいちゃん

セラミドオイルの使い方は難しいイメージだったけど、これなら私もできそう!

セラミドオイルを使用する際の注意点

化粧品用の美容オイルには、医薬品医療機器等法で定められた品質の安全や使用方法に関する規定があります。

品質の劣化や肌への危険性を防ぐためにも、必ず注意表示をよく読んで、使用方法や使用期限を守るようにしてください

使用期限を守る

保存状態にもよりますが、開封した時点から酸化が始まるため、開封後は3~6ヶ月以内には使い切るようにしましょう

酸化は品質が劣化し、肌に使うとトラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

傷口や粘膜を避ける

低刺激で肌によいとされるオイルでも、医薬品ではない限り、やはり傷口や粘膜への使用は危険です。

傷や湿疹、腫れや赤みなど、肌に異常がある部分には使わないようにしてください。

保管温度に注意する

オイルの種類やメーカーごとに違いますが、高温多湿の場所では酸化がより早く進みます。

開封後は高温多湿の保存場所は避けましょう

乾燥肌はセラミドオイルでケアしましょう!

セラミドオイルは水分油分のバランスを整え、バリア機能を高めてくれると同時に、肌内部の水分をしっかりキープしてくれる優秀な化粧品です。

皮脂分泌が少ない人の乾燥肌を緩和できるほか、髪や爪など全身にも使えるので、ボディケア、ヘアケア用としてもおすすめです。

いきなりたっぷり使うと肌がベタベタしてしまうので、肌状態を見ながら最初は1~2滴から始めてみましょう。

スキンケア効果が高く、肌力アップが期待できるセラミドオイル。

これを機会に毎日のスキンケアに取り入れてみませんか?

■参考文献
・花王 肌の必須成分「セラミド」とは
・東京都健康安全研究センター「化粧品の表示」

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ

ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!

6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

セラミドオイルは乾燥肌に効果アリ!保湿効果やおすすめアイテムを紹介!

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

【厳選】オススメ顔用保湿クリーム15選!プチプラ&高保湿ランキング!

種類が多い顔用の保湿クリーム。 一体どれを使えばいいの…?そんな方のために、プチプラからデパコスまで、保湿効果の高いフェ…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…