保湿クリームの必要性とは?役割・使い方・おすすめプチプラ商品を紹介

保湿クリームの役割をご存じですか?

よくわからないまま使っているという方も多いかもしれませんね。

保湿クリームは肌に何をしてくれるのか、どうやって使うのが効果的なのか。

保湿クリームをお肌にもっと役立てるために、そんな疑問をここで解決しましょう!

また、プチプラでおすすめの商品も紹介していきますよ!

保湿クリームの必要性とは?

保湿クリームの一番の役割は「水分の蒸発を防ぐ」ことです。

皮脂と汗で作られる天然の保護膜である「皮脂膜」。
これの代わりをしてくれるのが保湿クリームというわけです。

基礎化粧品の役割

人の肌表面に張られている皮脂膜は、水分の蒸発を防いだり、外からの刺激や異物から肌を守る働きがあります。

これは「肌のバリア機能」と呼ばれ、この機能が低下すると、肌は乾燥やシミ・シワなどのさまざまな肌トラブルに見舞われてしまいます。

このバリア機能を守るために、保湿成分などが配合され、いろいろな形でサポートするのがいわゆる基礎化粧品です。

保湿クリームの役割

たとえば化粧水は、肌に必要な保湿成分を水分と一緒に補うアイテムです。

美容液はその水分を保持したり、肌に不足している美容(保湿)成分をピンポイントで与える役割を持ちます。

そして保湿クリームは、皮脂膜と近い働きで、角層の水分の蒸発を防ぐ役割があります。

乳液があればクリームはいらない?乳液と保湿クリームの違い

乳液もまた保湿作用とともに、適度な油分で肌に皮脂膜を作り、水分の蒸発を防ぐ役割を持ちます。

そして角質を柔らかくし、キメを整えてなめらかにする作用を持つのも乳液です。

保湿クリームと乳液の違いを簡単に述べると、クリームの方が油分の量が多いことです。

乳液でなめらかになった肌を、クリームの高い保湿力でよりいっそう守るのが、クリームの役割といえます。

エイジングケアにも欠かせない保湿クリーム

30代半ばになると、多くの女性の皮脂量は減っていきます。

それに伴って、美容成分やエイジングケア化粧品成分が配合された、スキンケア化粧品を選ぶ傾向が見られるのです。

しかし、エイジングケア用の化粧水や美容液を使っても、保湿クリームで水分の蒸発を防いであげなければ、せっかくの効果は薄れてしまうのです。

最近ではエイジングケア成分を配合した保湿クリームなど、クリームの用途や目的も多様化していますが、基本の役割は変わりません。

エイジングケアに重点を置いて化粧品を選ぶ場合も、保湿クリームの重要性をしっかり認識しておきましょう。

メンズにもニキビ肌にも保湿クリームはおすすめ!

ニキビ肌の人は、オイル系の化粧品成分はニキビによくないと考え、クリームの使用を避けがちです。

しかし、ニキビの根本的な原因の一つ乾燥が挙げられるということをご存じでしょうか。

肌表面に水分が足りないため、肌を刺激から守ろうと皮脂が大量に分泌されてしまうからです。

また、皮脂量が多いとされる男性にも、同じような理由が当てはまります。

ニキビ肌の人や男性も、保湿のためにしっかりクリームを使ってケアしましょう。

スキンアドバイザー

ベタつきが気にならないよう、軽めのテクスチャーのものや、医薬部外品のクリームを選ぶのもおすすめです。

保湿クリームの使い方

保湿クリームが持つ効果が十分に発揮できるよう、正しい使い方を知っておきましょう。

塗るタイミングは?

保湿クリームを塗るタイミングとしては、化粧水→美容液→乳液→クリームの順番がベストです。

化粧水や美容液は水分が多く蒸発しやすいため、肌に保湿成分を長時間とどめておくことができません。

そのため、皮脂膜に近い成分を持つ乳液や保湿クリームでよりなじませ、長時間肌にとどめておく必要があります。

とくに夜のおやすみの間など、水分をしっかりガードするためにも保湿クリームは必須。

肌全体を高い保湿力でカバーしてくれるので、スキンケアの最後に使うのが効果的です。

肌質別にみる保湿クリームの使い方

肌質によっては、クリームはベタベタして脂っぽくなるので使いたくないという人もいるでしょう。

ですが、クリームの持つ効果を活用しないのはもったいないことなんです。

そこで、肌質別に合ったクリームの上手な使い方を見ていきたいと思います。

乾燥肌

乾燥肌は、肌の水分も皮脂も不足している状態です。

そこで保湿効果の高い成分が配合されたものを選んで、朝も夜もたっぷり使いましょう。

水分をはさんで逃さない性質を持つセラミドの中でも、より肌になじみやすいく刺激が少ない「ヒト型セラミド」などがおすすめです。

目元・口元など気になる部分には、重ねづけしてしっかりガードしましょう。

混合肌

混合肌は一般的にTゾーンがベタついて、Uゾーンはカサつきがちです。

そこで部分ごとにクリームを使い分けるのがおすすめ。

Tゾーンにはサッパリめのクリーム、Uゾーンはしっかり保湿できる乾燥肌用のものなどでケアするとよいでしょう。

敏感肌

敏感肌はバリア機能が弱まって、皮膚が少しの刺激も敏感に感じてしまう状態です。

そのためクリームは刺激が少なく保湿力の高いものを選ぶことが大切です。

アルコールや合成添加物が入っているものは極力避けましょう。

なるべく肌に刺激を与えないよう、こすらず優しく、手のひら全体を使って顔を押さえるように塗っていきます。

脂性肌

脂性肌(オイリー肌)の人は全体的に皮脂の分泌量が多い状態です。

そのためクリームを使わないという人も多いようですが、脂性肌の主な原因は乾燥による皮脂の過剰分泌によるもの。

なのできちんとクリームを使って、水分の蒸発を防ぐ必要があります。

さっぱりめの軽いテクスチャーのものなら使いやすいはず。

とくにTゾーンは皮脂分泌量が多くテカリやすいので、保湿クリームは薄めにつけるようになど、肌のコンディションを確認しながら使いましょう。

朝はメイクが崩れやすいという方は、朝は乳液やオールインワン化粧品などですませて、夜にクリームをたっぷり使うといいですよ。

普通肌

普通肌の人は肌の潤いが保たれており、割合どんなタイプの保湿クリームでも合わせることができます。

美白やエイジングケアなど、さまざまな種類の中から気になるクリームを選んでみてもいいですね。

ただし肌の調子がいいからといって、クリームを使わなくていいわけではありません。

加齢やいろいろな要因によって、肌は変わっていくもの。

これからのことも考えて、保湿クリームはきちんと使って肌をケアしていきましょう。

▼保湿クリームの正しい使い方についてはこの記事をチェック!

保湿クリームの使用期限・保存方法

ずっと前に買いはしたけど、全然使っていないということもありますよね。

化粧品の使用期限が3年以内の場合は、その旨を表記する必要があります。

逆に言えば、使用期限が書かれていない場合は、3年は使用できるということです。

保湿クリームは使用期限が書かれていないことが多く、その場合は、3年は使っても大丈夫と考えていいでしょう。

ただしこれは未使用・未開封の場合。

開封後は菌の繁殖が活発になり、品質が劣化する恐れがあるため、開封後はなるべく早く、半年以内に使い切ることをおすすめします。

保存方法としては直射日光の当たる場所、温度変化が激しい場所は避けましょう。

スキンアドバイザー

化粧水などを冷蔵庫で冷やすなどよく聞かれますが、クリームは温度が低いと硬くなって肌になじみにくくなります。

なじみやすくするためにも、常温での保存をおすすめします。

おすすめのプチプラ保湿クリーム5選

数ある保湿クリームの中でも、プチプラで使いやすい人気商品を5つご紹介!

機能性が高いもの、シンプルなものといろいろですが、どれも保湿力の高いコスメばかりですよ!

ニベア(花王)

ニベア クリーム 大缶 169g

ハンドクリームやボディクリームのイメージが強いニベアですが、実は顔用としても使える優秀なクリームです。

ニベアにはワセリンという油性成分が含まれており、皮脂膜の不足を補ってくれるため、乾燥肌には実に効果的。

コスパが非常によく、パッケージから「青缶」とも呼ばれて親しまれている、ロングセラー商品です。

内容量 169g
参考販売価格(税込) 453円

注意したいのが、ニベアにはあまり保湿成分は含まれていないという点。

ニベアは油性なので、肌に油膜を張って水分の蒸発を防ぐことはできますが、ニベア自体が肌に水分を与えるわけではありません

必ず化粧水などで肌に水分を補給してから使いましょう。

ナイトメモリーモイスチャー(オルビスユー)



ORBISのエイジングケアシリーズ、オルビスユーの夜用保湿クリームです。

内容量 30g
価格(税込) 3,240円
トライアルセット 1,296円

ジェルのようなぷるぷるのテクスチャーで、肌にスッと溶け込む使い心地。

形状記憶性のあるジェルが、寝ている間も肌の乾燥を防ぎ、朝に潤いのあるハリ肌に整えてくれます。

エイジングケア化粧品として、コスパの高い点も人気です。

公式HPを見てみる

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)




敏感肌の人たちのために考えられた、ディセンシアのスキンケアシリーズ、アヤナス。

内容量 30g
価格(税込) 5,940円
定期コース 5,346円
トライアルセット 1,480円(期間限定)

化粧水・美容液・保湿クリーム・アイクリーム

30代から40代に絶大な支持を得ている、敏感肌用エイジングケアクリームです。

独自の成分「ヴァイタサイクルベール」で皮膚や角層を刺激から守り、保湿しながら肌本来のバリア機能を高めます。

お値段が少々高めですが、まるで美容液のようなリッチな成分に、コクのあるもっちりとした使用感で、肌にハリとツヤをもたらしてくれる優れものです。

公式HPを見てみる

保湿クリーム しっとりタイプ(ちふれ)

ちふれ化粧品 保湿クリーム しっとりタイプ 56G

潤い成分ヒアルロン酸トレハロースを配合し、高い保湿効果で肌をなめらかに保ちます。

内容量 56g
価格(税込) 756円

詰め替え用648円

無香料、無着色、ノンアルコールで、敏感肌の人にも使いやすいようシンプルに作られています。

お値段が安いので他のしっとりタイプのアイテムとあわせて使ったり、ボディケア用にたっぷり使うのもおすすめです。

モイスチャライジングクリーム(エトヴォス)




ヒト型セラミドを5種類の他、ヒアルロン酸天然保湿因子(NMF)など、肌の保水力維持に必要な保湿成分を配合。

内容量 30g
価格(税込) 4,104円
定期コース 3,402円
トライアルセット

(モイスチャーライントラベルセット)

2,052円

洗顔石鹸・化粧水・美容液・保湿クリーム

油溶性のセラミドはクリームに非常になじみやすく、肌の角質層にスッとなじみ、潤い肌へと導きます。

パラペンや鉱物油、石油系界面活性剤など使用しておらず、肌に優しい低刺激。

乾燥肌対策に加え、インナードライ肌や敏感肌用としても効果の高い商品です。

公式HPを見てみる

保湿クリームのランキングを見たい方はコチラ

保湿クリームの役割を理解して正しく使おう

保湿クリームの役割を簡単にまとめると、こちらです。

「皮膚に油分を与え柔らかくする」
「肌にバリアを張ることで水分の蒸発を防ぐ」
「外的刺激から肌を守る」

たとえ化粧水や美容液で肌に必要な化粧品成分を与えたとしても、それらが蒸発してうるおいを逃がしてしまっては意味がありません。

保湿クリームはそれらを守る意味でも、肌にとって必要なものだといえるでしょう。

また敏感肌化粧品としても欠かせないアイテムです。

機能性も高い保湿クリーム、肌悩みや肌状態に合わせて選んでみてはいかがでしょう?

参考:東京都健康安全研究センター

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

保湿クリームの必要性とは?役割・使い方・おすすめプチプラ商品を紹介

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…