皮膚科処方の保湿クリーム「ヒルドイド」とは?おすすめの市販アイテム3つも紹介

皮膚科で処方してもらえる、保湿剤のヒルドイドが美容に効果的!のような記事や口コミを目にしたことはありませんか。

しかし、ヒルドイドを美容目的で処方してもらうことが、大きな問題になっています。

今回は、なぜヒルドイドが美容にいいと言われているのか、なぜ美容的使用が問題になっているのか、そしてヒルドイドに代わるおすすめの市販アイテムを3つ紹介します。

今現在、ヒルドイドを美容目的で処方してもらっている方も、なぜ問題なのかを1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ヒルドイドとは

製薬会社のマルホが製造販売しているヘパリン類似物質が薬効成分の外用薬で、抗炎症血行促進剤、血行促進、保湿剤として使われます。

ヒルドイドには大きく分けて2つのタイプがあります。

<ピンクのフタがついたソフトタイプ>

  • ヒルドイドソフト軟膏0.3%(チューブタイプ・ジャータイプ)
  • ヒルドイドローション0.3%

<赤いフタ、またはラベルの通常タイプ>

  • ヒルドイドクリーム0.3%(チューブタイプ・ジャータイプ)

ピンクの方は乳化されているため質感が柔らかく、赤い方は油分が多くしっかりとした質感をしているのが特徴です。

これらは、季節や使う部分によって処方されるものが変わります。

ヒルドイドローション 春〜秋 背中・頭皮など
ヒルドイドソフト軟膏 秋〜春 手・肘・膝・かかとなど
ヒルドイドクリーム 肌状態により1年を通して 手・肘・膝・かかとなど

次に、ヒルドイドの薬効成分であるヘパリン類似物質について見ていきましょう。

ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質とは

ヘパリン類似物質とは、高い水分保持能力・血流促進・抗炎症作用のある物質で、以下のような治療に使用されます。

  • 皮脂欠乏症
  • アトピー性皮膚炎
  • 乳幼児の乾燥性皮膚炎
  • しもやけ
  • ケロイド
  • 血行障害による炎症
  • 外傷後に起こる炎症や痛み

では、なぜヒルドイドを美容目的に処方してもらう人が増えたのでしょうか。

参照:マルホ「ヒルドイド
マルホ「ヒルドイドの使い方

ヒルドイドが美容目的に使われる理由

治療ではなく、基礎化粧品代わりの美容目的でヒルドイドの人気が高い理由として、いくつかのことが考えられます。

高い保水力を期待できる

皮脂欠乏症やアトピー性皮膚炎など、極度の乾燥に対する保湿剤としても処方されるので、保湿クリームのような感覚で使われている方がいるようです。

血行促進による美肌効果が期待できる

皮膚に必要な栄養は、血液によっても運ばれます。

血行が悪くなると目の下にクマができたり顔色が悪くなるだけでなく、新陳代謝が落ち、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れて肌トラブルが起こりやすくなります。

ヒルドイドには血行促進の効果もあるため、基礎化粧品として使うと美肌へ導いてくれるという期待を持って使い始めた方がいるようです。

参照:全薬工業「冬のスキンケア
ヒルドイド「製品情報

赤ちゃんや子供にも使える

ヒルドイドは、乳幼児湿疹や子供の乾燥性肌荒れなどにも処方されます。

そのため、敏感肌のスキンケアとしてもつかえるという情報が広がったようです。

保険適用で安く手に入る

ヒルドイドは、治療目的で医師が処方することで保険適用になります。

1つ数百円で手に入るため、医師処方という信頼と、基礎化粧品が安く手に入るというような感覚で病院へ行く方がいるようです。

ヒルドイドの美容目的処方NGはなぜ?

医師から処方されたヒルドイドは、治療目的で顔や体に塗ることができます。

では、なぜ同じ塗るのでも、ヒルドイドの美容目的使用は問題になっているのでしょうか。

答えは、医療保険制度の中にあります。

薬代の自己負担以外は保険料や税金が使われている

保険適用の薬を購入するとき、患者は薬剤費の一部しか支払っていません。

残りの金額は、私たちが国民健康保険などで支払っている保険料や税金から支払われています。

医療費の圧迫で保険適用されなくなる可能性がある

自分が健康なときには気づきにくいものですが、自分自身や家族が大きな病気にかかったり、長期の治療や入院をすると、想像以上に金額がかさみます。

薬や治療費をはじめ、高額医療控除があることで支払額がかなり抑えられますが、それでも決して安くはありません。

国の医療費は、枯れることなく湧いてくる水のようにあるわけでなく、私たちが使えば使っただけ減っていきます。

美容目的で国の医療費を圧迫していくと、医療費の予算の中から本来の目的である治療へ割ける金額が減ってしまうということが起こりかねません。

スキンアドバイザー

最悪の場合、ヒルドイドが保険適用外になり、全額自己負担なんてことも考えられます。

子供に処方されたものを使っている人がいる

子供が病院で診察や治療を受けたり、薬を処方してもらったりするのに医療費を助成する自治体が多いのをご存知ですか。

しかし、子供のために処方してもらうヒルドイドを少し多めにお願いしたりして、自分のスキンケアに使っているお母さん方の声がネット上で見られることも。

美容目的で使うことに問題があると知らなかったのかもしれませんが、これを続けるとどうなってしまうのでしょうか。

長期使用は副作用を起こす可能性がある

ヒルドイドを含め、医薬品には強い作用があります。
そのため、長期間使用することによって、副作用など肌への影響が懸念されるのです。

症状が治まったら、医薬品以外の化粧品へ切り替えるようにしましょう。

医療目的の人が保険で買えなくなる可能性がある

美容目的でヒルドイドを処方してもらったり、医療目的で処方してもらったものを本人以外の人が美容目的で使っていたりなどということがあり、すでに問題になっています。

そのため、保険適用外にしてはという議論もされています。

しかし、美容目的の処方が原因で、本当に困っている患者の方々の負担が増えるのも問題です。

医療用医薬品を美容目的で処方してもらうのはNG

美容皮膚科などで受ける全額自己負担の治療に関しては、国の財源に負担がかからないので問題ありません。

しかし、ヒルドイドと同じくヘパリン類似物質が薬効成分の外用薬であるビーソフテンや、保湿剤として使われる白色ワセリンなどの医療用医薬品を美容目的で処方してもらうのはNGです。

参照:厚生労働省「我が国の医療保険について
厚生労働省「加藤大臣会見概要

ヒルドイドに似ている市販のおすすめアイテム3選

実は病院で処方してもらうヒルドイド以外にも、同じ成分を使っている化粧品や、似た働きをするアイテムが販売されています。

今回は、ヒルドイドと同じヘパリン類似物質を配合したアイテムと、乾燥肌におすすめのアイテムを合わせて3つ紹介します。

HPクリーム(第2類医薬品)/グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン

【第2類医薬品】HPクリーム 60g

内容量 25g/60g
価格(オープン価格) 25gは800〜1500円くらい、60gは1,200〜2,500円くらいで販売されている
特徴
  • ヘパリン類似物質を100g中0.3g配合
  • ステロイド不使用
  • 無香料
  • 無着色

ヒルドイドクリームやローションなどと同じ%のヘパリン類似物質が配合されているクリームです。

ヘパリン類似物質以外の添加物も、同じ、または似ているものが多いので、今までヒルドイドクリームを使ってきた方も違和感が少ないのではないでしょうか。

赤ちゃんも使うことができ、ヒルドイドとおなじように保湿、抗炎症、血行促進作用があります。

ベタつきがなく心地よい使用感で、乾燥の季節だけでなく汗ばむ季節も使いやすいでしょう。

クリームの他に、オイリー肌にも使いやすいローションタイプも発売されています。

参照:ヒルドイド「製品情報
HPクリーム「製品紹介

ヘパキュアクリーム(第2類医薬品)/フェルゼア・資生堂

【第2類医薬品】フェルゼア ヘパキュア クリーム 90g

内容量 90g
価格(税込) 1,728円
特徴
  • ヘパリン類似物質を100g中0.3g配合
  • ステロイド不使用
  • かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン配合
  • 組織修復成分のアラントイン配合
  • 血行促進成分のトコフェロール酢酸エステル配合
  • 無香料

ヘパリン類似物質がヒルドイドと同じ濃度で配合されているだけでなく、かゆみ止めの成分が配合されています。

肌の乾燥がひどく痒みを感じて、無意識に肌をかき壊してしまう方や、顔だけでなく全身に使いたい方におすすめです。

また、組織修復成分のアラントインが配合されているため、すできかき壊して荒れてしまった肌の修復にも役立ちます。

エッセンスクリーム/ヒフミド・小林製薬

内容量 22g/40g
価格(税込) 4,320円/6,480円
トライアルセット(税込) 980円
トライアルセット内容
  • メイク落とし10g
  • せっけん13g
  • 化粧水20ml
  • 保湿クリーム4g
  • 日焼け止め・化粧下地5回分
定期購入(税込) 3,801円(22g)/5,637円(40g)
特徴
  • 肌なじみのよいヒト型セラミドを3種類、4%配合
  • 製薬会社が作った基礎化粧品
  • 乾燥による小じわを目立たなくする※効能評価試験済み
  • 無香料
  • 無着色
  • パラベン・エタノール不使用
  • 低刺激性

炎症やかゆみなどの症状がない乾燥肌対策であれば、ヘパリンを配合していない高保湿タイプの基礎化粧品を使ったスキンケアもおすすめです。

小林製薬が作っているヒフミドのクリームは、もともと肌に存在するセラミドと近い構造のヒト型セラミドを3種類も使用しています。

乾燥肌で悩まれている方や、乾燥がひどくなる季節などは、クリームと同じく、ヒト型セラミドを配合した保湿化粧水とのライン使いをしてもよいでしょう。

≫ヒフミドの公式サイトはこちら≪

市販の保湿クリームを使うメリット

わざわざ病院へ行って、感じていない肌の不調やトラブルなどを話さなければならない。

美容目的で、保険適用の処方薬を出してもらうのは問題があるのを知っている。

肌がきれいになったとしても、後ろめたさを感じるようなことは、精神衛生上いいこととは決して言えません。

また、病院が空いている時間は多くの薬局よりも短く、診察の待ち時間や処方箋で薬を出してもらうまでにも時間がかかります。
もちろん、副作用の問題もあるでしょう。

ムダな時間を使うことなく、堂々と市販の商品を購入し、美しい肌を目指して毎日のスキンケアを行えることがメリットと言えるのではないでしょうか。

▼その他の顔用保湿クリームはこの記事をチェック!

皮脂欠乏症が疑われる場合は皮膚科を受診しましょう

大きな疾患に見えなくても、肌に違和感や、いつもと違うトラブルを感じた時には我慢せず皮膚科を受診しましょう。

ただのひどい乾燥肌かと思っていたら、皮脂欠乏症だったり、糖尿病が隠れていたりする可能性があります。

ヒルドイドが処方される皮脂欠乏症とは

ヒルドイドが処方される疾患の一つである、皮脂欠乏症の症状や原因を見ていきましょう。

初期症状
  • 角質が剥がれる
  • 肌が白い粉をふくようになる
  • かゆみがある
進行が進むと
  • 皮膚に赤みが出る
  • 皮膚がひび割れる
  • かゆみが強い
さらに症状が悪化すると
  • 湿疹や水疱ができる
  • 非常に強いかゆみがある
  • かゆみで夜中に目がさめる

初期であれば市販のクリームなどでも対応できますが、赤みや湿疹、掻きむしってしまうほどのかゆみがある場合にはムリせず皮膚科で診てもらいましょう。

皮脂欠乏症はアトピー肌でも見られます。

初期段階でもアトピー性皮膚炎やアレルギーなどがある場合は、皮膚科で相談した方がよいでしょう。

また、糖尿病になると乾燥しやすい肌質へ変わることがあります。

スキンアドバイザー

糖尿病の方、糖尿病予備軍と言われたことがある方、健康診断は受けていないけれど、ひどい乾燥肌が続く方も病院で診てもらう必要性があるかもしれません。

参照:マルホ「乾燥肌・皮脂欠乏症
参照:ジョンソン・エンド・ジョンソン「糖尿病患者さんのスキンケア習慣

皮脂欠乏症の原因と対策

皮脂欠乏症の原因として、さまざまなものが考えられます。

  • アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患
  • スキンケア不足
  • 体を洗う時にナイロンのタオルやスポンジで肌を強くこする
  • 空気の乾燥
  • 紫外線

刺激を与えない、保護するなど、スキンケアの基礎的ポイントを守りながら乾燥ケアをすることが大切です。

ヒルドイドが本当に必要か考えてみましょう

皮膚疾患や他の病気、怪我などでヒルドイドを必要としている人は、たくさんいます。

ヒルドイドを美容目的で処方してもらう人がいると、本当にヒルドイドを必要としている人が、保険適用の価格で処方してもらえなくなる可能性も出てきました。

また、医薬品には副作用のリスクもあります。

スキンケアの無料サービスやプチプラコスメを買うような感覚で、皮膚科の処方薬を使うのはやめましょう。

美容目的であれば、ヒルドイドの薬効成分であるヘパリン類似物質が入っている市販のクリームや、保湿効果の高い基礎化粧品もあるので、検討してみてください。

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事でいうエイジングケアは、年齢に応じた化粧品のケアのことです。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
prBox_img
ワキとVライン+10か所が100円で脱毛できる!?夏に向けてつるすべ肌に!
6月限定のお得なキャンペーンをご紹介!

皮膚科処方の保湿クリーム「ヒルドイド」とは?おすすめの市販アイテム3つも紹介

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

夏の肌トラブルを解決!保湿もできてサッパリ使えるスキンケア化粧品7選!

日差しも強くなり、肌トラブルも多くなる夏。 毛穴にニキビ、紫外線…普段使っている化粧品だとカバーしきれない悩みも増えてき…

【口コミあり】年代別!おすすめ美白化粧水ランキング2017

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級…

【2018年度版】安全で効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏場はもちろん、通年を通して紫外線対策は欠かせませんよね。 でも、毎日日焼け止めを塗…