足が太い理由の大半は生活習慣?足痩せのために気をつけたい5つの対処法

食事制限や運動でダイエットを頑張っているのに、足がなかなか細くならない。

そんな悩みを抱えている方は、決して少なくありません。

足が太くなるのは、実は食べ過ぎや運動不足など、カロリーの問題だけではないのです。

普段、何気なくやっているクセや、姿勢などをはじめとした生活習慣も、足を太くさせる原因となります。

今回は、足が太くなる原因と足痩せのために気をつけたい5つの対処法、そして足を細く見せるファッションコーデも紹介します。

脂肪だけじゃない!足が太くなる原因とは?

まずは、足が太くなる原因を見ていきましょう。

普段の行動を思い出して、自分に当てはまっていたら、今日からでも気をつけてみましょう。

足を組むだけで生じる【骨盤の歪み太り】

太ももが気になる方は、骨盤が歪んでいるのかもしれません。

骨盤と、太ももの内部にある大腿骨は連結しています。

骨盤が歪むことで大腿骨との連結部分にズレが生じ、大腿骨上部の大転子という部分が外側に出っ張ってしまいます

結果、お尻から太ももにかけて幅が広くなり、足が太くなってしまうのです。

<骨盤が歪む原因>

  • 足を組む
  • 重いカバンを、いつも同じ側の手でもつ
  • 出産
  • 姿勢が悪い
  • 間違った歩き方をしている
  • 横向きの姿勢で寝る

普段、あなたが意識せずに行っていることが、骨盤を歪めているかもしれません。

ちょっとずつ意識して、骨盤の歪みを防ぎましょう。

影響するのは足の形だけじゃない!【X脚・O脚太り】

X脚や、男性女性問わず日本人に多いO脚は、足の形だけでなく太さも左右します。

足の歪みは骨盤の歪みが生じやすく、また骨盤の歪みも足の歪みの原因となります。

骨の歪みは筋肉のつき方や血流、リンパの流れにも影響するので、遺伝だと諦めずに整体や歩き方を変えるなどして、予防や改善を目指しましょう

血行不良や筋力不足でおこる【老廃物・水分のむくみ太り】

朝はスッキリしていた足も、夕方になるとむくんで足首が太くなり、メリハリがなくなってしまうなんて経験はありませんか。

むくみを放っておくと慢性化し、足が太くなっていきます

<むくみの主な原因>

  • 同じ姿勢を長時間続ける(立ち仕事やデスクワーク)
  • 筋力不足
  • 血行不良(冷え性)
  • 塩分の摂りすぎ

老廃物や水分がたまると、むくみが生じます。

地球には重力があるので、老廃物や水分が体の下の方に溜まりやすいのはしょうがありません。

本来は歩いたり足踏みをしたりすることで、足の筋肉がポンプの役割をし、老廃物を流すリンパ液や水分を上へ押し上げ、むくみを予防します。
しかし、同じ姿勢を続けたり、筋力が不足したりしていると、筋肉のポンプ機能がうまく働きません。

また、血行不良の原因となる冷えや塩分の摂りすぎは、老廃物や水分が溜まりやすい状況を生み出します。

靴が足に合っていないのかも?【筋肉太り】

筋肉の張りや、筋肉のつき方によっても足は太くなります。

学生の頃に運動部で頑張っていた方が、筋肉が原因で足の太さを気にしているということがあるようですが、筋肉のつき方で足が太くなる原因は運動だけではありません

人は、1日に約7500歩も歩くと言われています。

自分の足に合っていない靴を履いて、毎日それだけの歩数を歩いていると、足に負担がかかるのはもちろん、筋肉のつき方も変わってくるのです。

明らかに合っていない靴はもちろんですが、疲れやすい、心地よくないなどの違和感がある場合も、あなたの足に靴が合っていないのかもしれません。

もちろん食べ過ぎや運動不足も影響大!【脂肪太り】

脂肪がつくと足は太くなります。

これは足に限ったことではありませんが、食べたカロリーよりも運動量が少なければ太ってしまいます。

足痩せをかなえる5つの対処法

足が太くなる原因が分かったところで、次は対処法を見ていきましょう。

1:水太り対策に⇒水分や塩分を摂りすぎない

水をたくさん飲むと健康やダイエットに効果的!というような話を目にしたり、聞いたりしたことはありませんか。

たしかに水分摂取は大切ですが、飲み過ぎはよくありません

寒い季節よりも、汗をかく季節は多めに飲むなど、季節や自分の体に合わせて水を飲むようにしましょう。

水分を摂りすぎた日や、汗をあまりかかないと感じたら、利尿作用のあるお茶を飲むのもよいでしょう。

また、塩分の摂りすぎも代謝が悪くなり、体に水を溜め込みやすくします。

スキンアドバイザー

ちょっと塩分を摂りすぎたなと感じたら、塩分排出を促す、カリウムをとるのもよいでしょう。

<カリウムを多く含む食品>

  • キュウリ
  • アボカド
  • 大和芋
  • ひきわり豆
  • インスタントコーヒー

塩分を排出に役立つ、カリウムのサプリも販売されています。

ただし、体質や持病などによってはカリウム摂取量の制限があるので、通院や経過観察をされている方は、必ず医師に相談してから飲むようにしましょう。

2:代謝アップ&冷え対策に⇒体を温める

体温が下がると代謝が低下するため、消費されるカロリーも少なくなります。

体が冷えるのは冬の寒い時期だと思われている方もいることでしょう。
しかし、冬は体温を維持するために体が熱を発生させるので、代謝がアップします。

反対に夏は暑いため体温を高くさせる必要がなくなり、代謝も低下するのです。
クーラーのかけすぎや、冷たいものばかり飲んだり食べたりすることは、体の冷えに繋がります。

冬だけでなく、夏も常温や温かいものをとるようにしましょう

3:脂肪燃焼&むくみ対策に⇒エクササイズやストレッチをする

筋肉量が増えると、体温や代謝がアップするので、カロリー消費量もアップします。

また、足の筋肉は老廃物や水分がたまったリンパ液を流すのに必要です。

筋肉を鍛えるためにエクササイズをしたり、運動が苦手な方や体力に自信のない方はストレッチだけでもしたりするとよいでしょう。

足全体の筋肉を鍛えるのに効果的な、スクワットを1つ紹介します。

<足の筋肉を鍛えるスクワット>

  1. 足を肩幅に開く
  2. つま先と膝の方向揃えて、ほんの少し外側に開く
  3. 両腕をまっすぐ前に伸ばす
  4. 膝がつま先より前に出ないよう意識して腰をおとす
  5. 膝がまっすぐになる前で止めるようにして立ちあがり、スクワットを繰り返す

普段運動をしていない方は膝や筋肉を傷めないように、最初から膝を曲げる角度は深くせず、浅めの角度から始めましょう。

1日30分歩くなどの有酸素運動を行うだけでも違うので、いつもはバスや電車に乗る1駅ほどの距離を歩くなど、できることから始めてみるとよいでしょう。

4:デトックス&むくみ対策に⇒リンパマッサージをする

老廃物や水分がたまったリンパ液を流すためには、リンパマッサージも効果的です。

憧れるような美脚を持つ芸能人も、足のリンパマッサージを日課にしている方は多くいるようです。

血流がよくなっているお風呂上がりに、コップ一杯の水を飲んでから行うとよいでしょう

<リンパマッサージのやり方>

  1. 両手で足首を包むようにする
  2. 左右の手を交互に膝裏に向かい、圧力をかけながらなで上げる
  3. 膝裏のくぼみを押す
  4. ひざ下のリンパマッサージを終えたら、膝上のマッサージに移る
  5. 両手で膝上を包むようにする
  6. 膝上から股関節に向かい、圧力をかけながらなで上げる
  7. 太ももの外・内側、表・裏側をしっかりとマッサージする
  8. 足の付け根を押す

マッサージをするときは、マッサージクリームやオイルを使いましょう。

何も塗らないでマッサージを行うと、摩擦で肌を傷めてしまう可能性があります

▼むくみ解消についてはコチラもチェック!


5:ひとまずファッションでカバーしたい!⇒足の細見えコーデを実践

エクササイズやマッサージなど、継続して行うことで脚やせを目指す方法は、1日で目に見える効果が現れるわけではありません。

ファッションを工夫すれば、下半身ダイエットをしたかのように今すぐカバーできます
どのようなカバー方法があるのかみていきましょう。

コーデ(1)色でカバー!黒やグレーのボトムで引き締める

同じ大きさの丸でも、色が違うと小さく見えたり大きく見えたりするのをご存知ですか。
この効果を利用して、細見えを手に入れましょう。
具体的には、収縮色で引き締めをねらいます

暖色や明度の高い色の多くが膨張色、黒と明度の低い寒色が収縮色に分類されます。

<主な収縮色>

  • 濃い紫
  • ネイビー
  • ダークブラウン

寒色であっても、明るい色は膨張色に分類されます。

<主な膨張色>

  • ピンク
  • 黄色
  • オレンジ
  • パステルブルー
スキンアドバイザー

収縮色だからといって全身黒ずくめだと、黒の面積が多くなって、シルエットが強調されてしまうので注意!
膨張色との対比で収縮色の効果がアップするから、トップスを白にしてボトムスを黒にするなど、2つの色を組み合わせてコーディネートするのがポイント。

コーデ(2)縦ラインを意識。ロングタイプのアウターで細みせ

ロングカーディガンやジレなど、ロングタイプのアウターを使って、縦長のラインを作りましょう。

中に着る服とアウターの色を変え、アウターの前を留めずに着ると、より縦長のラインが強調されて、細見え効果がアップします。

この時に、トップスとボトムス、さらにショートパンツとタイツなど、すべてのカラーを変えてしまうと縦ライン効果が薄れてしまいます。

中に着る物は一色、またはワントーンでコーデするとよいでしょう。

コーデ(3)スタイルアップ!ハイウエストで細見え&脚長効果

ハイウエストなら、ボトムスだけで縦長ラインを作ることができます。

ハイウエストを履くときは、必ずトップスをボトムスにインしましょう。
外に出してしまうと、せっかくの縦ラインが台無しになってしまいます。

アイテムとしては、Aラインのロングスカートやワイドデニム、センターライン入りのワイドパンツがおすすめです。

足のラインをひろわないので、ウエストラインがすっきりとしたハイウエストでメリハリがつき、足が細く見えます。

コーデ(4)スカートのボリュームで錯覚を。フレアスカート

小さい物だけを置いておくよりも、大きい物と小さい物を並べて置く方が、それぞれの大きさが強調されます。

レディース感ある着こなしを叶えてくれるフレアスカートも、スカートのボリューム感との対比で、足を細く見せてくれるのです。

足の一番太い部分にスカート丈がきてしまうと、足の太さが強調されてしまうので、丈感を大事にすることが細見せのポイントです。

短い丈であれば、太ももで一番細い部分である膝のすぐ上の丈を、ロング丈ならふくらはぎの太い部分よりも下まであるものを選びましょう。

コーデ(5)足が太いからムリ?スキニーパンツで細見せ

足の太さを気にしている方にとって、足にぴったりとフィットしているスキニーパンツは、ハードルが高いと感じるアイテムの1つでしょう。

腰やお尻からボリュームがある方や、ふくらはぎが張っている方は、より体型が強調されてしまうので、おすすめしません。

しかし、体型や選び方によっては、スキニーパンツも足の細見せを叶えてくれます。

<スキニーパンツを選ぶポイント>

  • ジャストサイズ
  • ハリのある生地
  • 黒スキニーなどの収縮色
  • 無地
  • かかとまである長さ

ちょっと大きめサイズの方が、ぴったりしないで細く見えるかなと思いがちですが、スキニーパンツに関してはジャストサイズであることが大切です

大きめサイズを選んでしまうと、すっきりとしたラインが特徴のスキニーパンツの良さがなくなり、逆に太く見えてしまいます。

硬めのデニムなど、ハリのある生地を選ぶと体のラインを拾いすぎず、すっきりと着こなせます

色は収縮色であることと、柄は縦ラインをじゃましてしまうので、無地がおすすめです。
細かい柄や、カモフラなど、縦ラインをじゃましない物もありますが、最初の1本は無地を選びましょう。

縦ラインを強調したり、足首の太さを目立たなくさせるなら、かかとまである長さのスキニーとヒールを合わせたりするとよいでしょう。

ファッションを楽しみながら生活習慣を見直して脚やせを叶えよう

姿勢の悪さや筋力不足など、自分に当てはまる足太りの原因がないか、まずはチェックしてみましょう。

ミニのワンピースやショートパンツ、スキニージーンズが着こなせる日を目指し、体を温めたりリンパマッサージをしたりするなどの対処法を取り入れてみてください。

自分に合ったダイエット方法で努力している間も、脚やせを叶えるファッションコーデで、毎日を楽しみましょう。

▼足痩せについてはコチラもチェック!

※本記事の情報は掲載当時の情報となります。
※本記事の口コミは個人の感想です。効果・効能を示すものではありません。

おすすめ保湿化粧品ランキング

商品 特徴
VoCE乾燥&化粧水ランキング1位!104万人が愛用するもちもち肌化粧品
詳細はコチラ
簡単ケア!66種類の美容成分配合のオールインワンゲル
詳細はコチラ
自ら潤うお肌へサポート!ハリや毛穴にもオススメ
詳細はコチラ
化粧品診断テストバナー

足が太い理由の大半は生活習慣?足痩せのために気をつけたい5つの対処法

この記事が気に入ったら